2022年9月 6日 (火)

夏季休暇後の実際

後期が始まって5日ほど。

始まってみると、コロナの影響が濃い。
昨日の午前の授業はあまり影響を受けなかったが
昨日午後から今日の午後には、レッスンや合わせで
9人中5人ものコロナ関連欠席。

感染はモチロン、濃厚接触もあるものの
この多さにはびっくり。
学生さんの無事を祈るばかりだ。

というわけで、突然降ってきた時間はお勉強。

Img_20220906_210915

ブラームスのクラリネット・ソナタ第2番。
ずっと学生の頃に使っていたヘンレ版を使用していたが
2016年のベーレンライター版を入手して文献比較。
20年以上も経てば、やはり研究が進んでいる。

ベートーヴェン作品ほどの驚きの大きな変更はないものの
オートグラフに基づく譜面の配置で見えてくる世界が全然違うなぁ
なんて思っていたら、あっという間に宙に浮いた時間が過ぎ去った。

来週本番だけど、いつから合わせができるだろうか・・・

ブログも書けないあいだにあっという間に夏季休暇も終了。
すこしずつ振り返りで書き込んでいます。
(何か月も前のものも!?)

あくまで、きまぐれ記憶帳なのだ。

2022年9月 1日 (木)

新学期

9月1日から後期授業開始。

当初の予定では31日に富山、
コロナ禍で何年か越しに9月1日に標高2450メートルで
50周年の記念コンサートだった。
夏山登山による従業員感染拡大で中止になり、落ち込んでいたものの
こうして、新しいクラスのみなさんと出会えて元気をいただいた。

授業後、関西へ。
20220901175545_p 関西空港付近

明らかに雨柱が見える。
この後、神戸にバスで向かったが
ものすごい雨だった。

2022年8月31日 (水)

大地のかおり

朝、ラッキーとお散歩に。

20220831093405_p ワレモコウとラッキー

本当に空が広い。空を見上げて色々な事に思いをはせる。

お昼前、ヒマになったのでひとりで芋の収穫。
地上に出た茎?をヒントに、その周りの土をそぎ
お芋の姿を見せ・・・

20220831113802_p

ひっぱりあげる。

20220831113910_p

2畝を1時間ほどで掘って・・・

20220831125313_p デストロイヤーの方が多い

今年も豊作!
ひたすら手掘りだったが、
土の良い香りと柔らかい感触がとても心地よい。

収穫作業をしている間に、キジの親子を何度も見かけた。
どうやら、いつもはここで砂遊びをしているらしい。

午後には、ビニールハウスへ。

Img_1471

こうやってみると、ぶどうのようにも見える。

「愛ちゃんできればヘタ付きでお願いします」

と、すっかりシェフ姿のAkiraくんに注文いただいたが
なかなか難しい。

20220831134327_p

しかし、無農薬で育ったなんとたくさんの野菜たちの
おいしそうなこと!

この後、少しブラームスのトリオを合わせ。
やっているうちに、フォーレのエレジー、そして
ベートーヴェンのバイオリン・ソナタと次々続く。

いいなぁ。とても幸せな時間だ。

忙しい中、一緒に演奏してくれてありがとう!

さて。
明日は9時から後期が始まるため・・・

20220831220438_p

最終新幹線で東京へ。
長野22時09分発でも、自宅には今日中に帰れる。
すごい時代だなぁ。

2022年8月30日 (火)

ふたたび

はくたか561 東京→長野

10年ほど前は、おサル兄弟の中で私が一番身長が高かったが、
いまや、HikaruくんもAkiraくんも車を運転して
迎えに来てくださるようになった。
山の下で、Soraくんにも会えて、久々におサル3兄弟と時を過ごせて
幸せな時間。

山の上はすでに秋の気配。

20220831073231_p

今日のハイライトはこちら。

20220831083612_p

ミョウガの花!?
初めてみました・・・

2022年8月29日 (月)

シマトリネコ?

夏休み明けから本番が続くので学校へ。

今日で車通勤も終わりだなぁと思いながら
長い信号でふと左をみると。

20220829133844_p_001

ん?ネコ?

20220829133844_p


シマトネリコでした。
人気の観葉植物らしい。

2022年8月24日 (水)

カルッツ かわさき

今日はカルッツ・かわさきのウィズ・ミューズ・シリーズ。
初めてでしたが、とてもすてきな空間でした。

20220824124116_p

横長のスペースに、なんとフルコンサートグランド。
これがまたよく響く空間なのです。

マチネのコンサートは、平日にも関わらず100席ほどが満席。
しかも、とっても熱心に聴いてくださるので
この空間らしく、聴いたくださる方も演奏者も一体に感じます。

スタッフの皆さんも、とても気持ち良い方ばかり。
このシリーズが、満席になるまでの道のりをうかがっても
芸術の役割をしっかりと、しかも自然体で感じていらっしゃるのが
とてもよく分かり、演奏人としてとても力をいただきました。

20220825113111_p

プログラムの写真は、藤井さんのお住まいの場所なんだとか。
国境まで歩いてすぐの素敵な風景。

こういう、言葉にならない素敵な音や風景を大切にできる企画
ウィズ・ミューズ。

お越しいただいた皆さまからも、驚く数のアンケートをいただきました。
ありがとうございました!

2022年8月23日 (火)

ウィズ・ミューズ シリーズ

コンサートのご案内です。

Fujiikawasaki

カルッツかわさきのアクトスタジオで
1時間ほどの、気軽に聴いていただけるプログラムです。
(演奏者は全力疾走プログラム💨)

藤井さんの素晴らしい音色を、
オーボエとイングリッシュホルンの両方でお楽しみいただけます。
聴きどころなどはこちら⇒ウィズ・ミューズシリーズ第27回

もう既に、チケットは完売なのだそうですが
もしご希望される方がいらっしゃいましたら
お知らせ下さいませ。

2022年8月21日 (日)

大阪

未明の疲れもどこへやら。
今日は大阪公演。

Img_0855

はじめましての今福音楽堂。
リハと本番までの間がとても短いので
バランスを把握できるかを心配していたら
なんと!
ヴァイオリニストの森田先生がゲネからいらしてくださった。
毎年弦楽合奏でお目にかかるたび、次の世代を育てていく姿勢に
とても心惹かれる先生。
立ち位置、ピアノ位置、曲におけるバランスなど
客席での聴こえ方を、要点を的確に教えてくださるので
短い時間で頭を整頓することができた。
大変な病気と向き合われていたと伺っていたので
以前と何も変わらぬそのお姿に、とってもとっても元気をいただいた。

ありがとうございます!

Img_0868

地元の大阪という事もあって同級生との再会も。
頭のチャンネルも関西に切り替わり?トークの勢いが違った気もする。
お越しいただいたみなさま、楽しい時間をありがとうございました。

そしてそして。
とっても気の利く譜めくりさんやスタッフの皆さんのおかげで
心置きなく演奏に向き合う事ができる事。
たくさんの素晴らしい人とつながるエネルギーを発し続ける藤井さん。
みなさんのおかげで心から笑顔の日々でした。

ありがとうございました!

2022年8月20日 (土)

なちゅら

湯田中から大好きな電車とバスの旅。
終点の飯山駅近くに現れたるは・・・

Img_20220820_125516

不思議な佇まい。
近づいてみると、地元の皆さんがたくさんいらっしゃる。
初めてのホールだけど何とも言えない親しさが。

飯山市のなちゅら。隈健吾さんデザインだ。
確か去年隈健吾展でここの設計図も見た覚えがある。
建物に入ってもこのとおり。

Img_20220820_125338

木がふんだんに使われている。
入口すぐにあったガラス張りのスタジオでは↖
子どもさんから大人の方まで色んな方がいらしたが
なんと!そこにあるグランドピアノが
嶺貞子先生から寄贈されたものなのだそうだ。
素晴らしい教育者でもあられた先生が、飯山のご出身だったとは。
何よりこうして、次の世代の方々がそのピアノの周りで
当たり前のように日常を過ごしていらっしゃることに触れて
芸術の役割を自然に感じられてなんだか嬉しくなってしまった。

今日の本番は小ホール。

Img_20220820_101731

ふんだんに使われた地元付近の木。
今日は、なにげに外の風景が見られるように舞台後方をオープンに。
隈さんは、建築に携わる人ながらいわゆる箱を否定する人ですから
今日のコンサートもなにげに生活の動線上にあるならば
これもまた嬉しいものだ。

かしこまらず、自然体で。

まさに今日のコンサートをアレンジしてくださった
藤井さんのコンセプトにピッタリのホール。

そしてコンセプトだけでなく本当に響きも素晴らしいのです。
小ホールは壁も内山和紙。

Img_20220820_125057-2

物理的な響きももちろんですが、
音を創る人間として心の持ち方が変わります。
なんと面白いことか。

建物の紹介になってしまいましたが、
本分のコンサートは、様々な珍道中をものみこむ
楽しいひとときでした!

お越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました!
終演後、17時過ぎの北陸新幹線に乗るまで時間が有ったので
ホールの一角で輪投げを。

Photo_20220902221401 真剣なサル!

これがまた、輪がかかった場所の足し算の暗算に
おサルは頭がポン!
少年にはずいぶん助けていただきました✨
ありがとう。

さて・・・
明日の大阪公演に向けて、北陸新幹線に乗ろうとしたら。
なんと大雨の運休。

えっ・・・💦

20220818104116_p

この予約は打ち砕かれた。

駅員さんに代替経路をきくと、
「あぁ、神戸には今日中に着きませんね。」

えぇぇぇぇ~!!!????

そこを食い下がり調べた結果、
名古屋経由で間に合うかもしれないとなったものの、
長野駅での乗り換えが1時間以上。

ま、これも天からのメッセージだと
しっかり草笛のお蕎麦をいただいた✌

名古屋駅で走って乗り換え、午前1時前に無事到着。
明日の本番に向けてしっかり眠ろう。
いや、楽しすぎて眠れないかも!?

楽しい激動の一日。

長野電鉄

小田急ロマンスカー 成田エキスプレス 丸の内線⁉
ここはどこだ!??

Img_20220819_144211

須坂駅。
そして、14時42分特急ゆけむり入線。

Img_20220819_144230

展望席はモチロン先客が・・・

Img_20220819_144356 最後部車両

おぉ・・・

翌日、湯田中から信州中野まで乗った電車には

Img_20220820_083030

関西と首都圏の名前が。

信州中野駅にて。

Img_20220820_085426

丸の内線に日比谷線まであとで来た。

う~ん。ここはテッチャン天国。
それぞれの駅にも、面白い売店が有って
エリンギやしめじはモチロン!

Img_20220819_144019

○○さんちの野沢菜とか、ローカルな商品がたくさん!
なんて素敵な鉄旅なんだ。

«サルの聖地

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コンサートのご案内

  • <オーボエ&ピアノ Duo Concert>

      藤井貴宏&原田愛
      長野公演8月19日(金)
      大阪公演8月21日(日)

  • <デュオ・リサイタル 2022>

    石田多紀乃 原田愛 デュオ2022
    東京公演3月11日(金)12日(土)
    収録コンサート配信中

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ