2018年5月 7日 (月)

働き者

連休明け1限の授業は和声学。
学生さんも、お休みボケ気味だ。

ところが…
奉職先の中庭には、春ごろから働き者のウサギが。

ん?

Dsc_3414

ある時は…

Dsc_3417 仲良く!

ある時は…

Dsc_3419 お互い我が道を行き…

ある時は・・・・

Dsc_3420 孤高に

晴れの日も雨の日も

Dsc_3459 懸命に走り続ける!

すっかり、学園のアイドルだ。


2018年5月 6日 (日)

マグノリア・サロン・コンサート

連休最終日。

Dsc_3421

たくさんの方々にお越しいただき、感謝申し上げます。

前回も、なかなかなプログラムでしたが今回も

フォーレ:チェロ・ソナタ第2番
フォーレ:エレジー
ブリテン:チェロ・ソナタ

最初の曲があの晩年の作品、
チェロ・ソナタ第2番というのが
なかなか難しいものがありました。

大学生の2年の頃、熱中した曲ではありますが
年を取ったからこそ見えるものもあって・・・

今回初めて取り組んだブリテンのチェロ・ソナタ。
ゲネの時には、響きが加わった音の聴き方に慣れず
集中力を要しました。

でも、チェロは聖子ちゃん。

何があっても、揺らがないという心のクマさんのような存在?が
迷いを一蹴してくれます。

あっという間に楽しい時間は過ぎていきました。
また来月。

Dsc_3412

今度は、御前崎でpaper

2018年5月 5日 (土)

お散歩

昼間は、琵琶湖音楽祭に出かける聖子ちゃん。

よって、その間試験問題をつくり、
モーツァルトの演奏法についてまとめ…

と真面目にすごしていたが、夕方プツン。

サルになり・・・Dsc_3403

大阪を10000歩歩いた。
とにかく普段朝から晩まで建物の中で歩いているので
光合成をしようと。

とつぜん街角に発見。

Dsc_3406 近松門左衛門のお墓。

え。
こんなに突然あるのか。
しかもあ、だぁれも気づかないような一角に。
奥に入って小さなお社に手を合わせてきました。

上方文化の功労者に感謝。

2018年5月 4日 (金)

再び西へ ~鉄道あるある

レッスンを終えて新幹線へ。
めったに東京駅からは乗らないが、今日は連休。
飛行機が取れず、新幹線を早めに予約した。

座席に座ると、気になるのが東京駅のホーム下。
今日は…

Dsc_3395 みえますか?

そう、自転車が置いてあります。
16両ともなれば、かなりな距離です。
しかし、運転する空間はどのくらいあるのだろう…

連休は良い天気。
途中の富士山も…

Dsc_3399 このとおり!
茶畑もきれいな色が広がっている。

新大阪について、本町のスタジオへむかう。
で、
オドロイタのが・・・・

Dsc_3400 ん?

どうやって、エレベーターまで何メートルと読むのだろ?
よく見ると、ここだけでなく他の場所でも
「エレベーター・メートル」
表記が。

ようワカラン…

2018年5月 2日 (水)

コラボ

来週末のコンサートに向けて合わせをしようとしていたら、
個性のかたまり、N山さんが会いに来てくれた!
なんでも、テキサス生活を終え今度はヨーロッパなんだとか。
そのハザマの帰国。

N山さんといえば、高校和声学名物「本日の国家」。

今日は、国家とはいかないけれども、
専門職のジャズのマウスピースを付けたまま
グラズノフのサクソフォン協奏曲を一緒に演奏。

「ん、締めればいいのか?」など独り言を発しながら
瞬時に音色の対応していく。
たくましいなぁ。
テキサスに留学する前、一緒にこの曲を演奏していたことを
懐かしく思い出す。

Dsc_3393

サクソフォンだけでなく、ピアノはもちろん
作曲も。曲を聴かせていただいてビックリ!
解決しない七の和音の連続sun

そういえば、あの和声学クラスは常に規則と熱意の戦いだった。

それが、さまざまな経験を栄養にして人間的に成長し、
この作品になったのかぁと思うと、うれしい。

また、夏に会えるかな。
楽しみにしていまっす!



2018年5月 1日 (火)

暑うござる

連休さなかの平日。
久々の母校へ。

上野公園にて。

Dsc_3389 霧を噴射中。

もはや、真夏か?

2018年4月29日 (日)

江戸の風景?

歩いていると視線を感じる。

Dsc_3379 じぃ~

きみは、額縁の令嬢?
「何言ってんだい。」と返されてしまった。

夜。不思議な色のタワーが出現。

Dsc_3385 空木。

何か行事だろうか…




2018年4月28日 (土)

大阪あるある6

謎なもの。

西梅田駅にて。

Dsc_3370_2 百葉箱?

ここは屋内。
温度と湿度をはかっているのだろうか…
いつも、通り過ぎようとしてなぜだ!?っと気になる。

夜の関西空港。

Dsc_3371 読めるかな?

東京行きです。
関西空港は、ピアノ氏のデザイン。
実家から車で15分なこともあり、親しみを感じる。

最終便に乗って、羽田に着いたのは23時頃。

Dsc_3374 がろ~ん

羽田空港第2ターミナル。
骨組みの具合が、似ているなぁといつも思う。



新旧

昨日と今日は、5月のコンサートの合わせ。

同級生の聖子ちゃんと大学2年生の時に取り組んだ
フォーレのチェロ・ソナタ第2番。
師匠の河野文昭先生の影響もあってか
とっても魅かれて、とにかく深く深く。
変な大学2年生だった!?もんだ。

あれから、20年以上たつのか…。

Dsc_3376

褐色の楽譜に書き込まれた文字から学生時代の必死なもがきを。
そして合わせでは、色んな人生をお互いに歩んでこその音楽を
感じつつの時間。

同じコンサートでとりあげるブリテンのチェロ・ソナタも
ロストロポーヴィチさんの演奏に魅かれて書かれたもの。
自分も中学生の頃、ソビエトに生きた彼の背負うものと
「伝えていきたい」と思うエネルギーに影響を受けた。

会場の逸翁美術館も魅力です。
連休最終日どうぞおこしくださいませ。

2018年4月27日 (金)

新生!伊丹空港

つい10日ほど前に来た時には、
大工事中大会で、食事をするところに困っていたのに。

なんと。

Dsc_3368 エアポートワイナリーwine

醸造所はある、クラフトビールはある…
夢の国へと変貌しておった。

なになに、バルもあるではないか。

Itami

新生・伊丹空港。楽しそうだ。
合わせが無ければ飲むけれど!?

«季節のめぐり

コンサートのご案内

  • <第45回 つくしコンサート>

    ~第45回つくしコンサート~
     6月9日静岡県御前崎

  • <フォルテピアノとモダンピアノ>

    ~フォルテピアノとモダンピアノ~
     5月12日(土)富山県砺波市

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ