« 「トルコ行進曲のタタキとは?」作曲やさんのモノローグ4 | トップページ | 「くるみ割りで!?」作曲やさんのモノローグ6 »

2007年7月27日 (金)

「逃亡」作曲やさんのモノローグ5

年に2度、逃亡事件をおこす。
誰にも行き先を告げず、姿を1週間ほど消すのだ。

なぜか「毎日必死!!」なる日々を送ることが多くなり
自分を見失いそうになるのを防ぐため…

なぁんて、まじめな理由ではない。

作曲をしに行くのだ。
文明が発達した今、世の中と連絡を取らずにいられるなんて事は不可能に近い。
日本にいれば、ほぼ100パーセント携帯電話にてつかまるし、
ありとあらゆるところへ、飛行機にてほぼ24時間以内に行けてしまう。

昔など、モーツァルトは馬車で移動しつつ旅の先々で本番の曲を書いていたというが、
そんなこと、今や不可能。
日本を出て数時間後、ダイレクトにその国についてしまっては
あれま、今日はもう本番!?なんてこともありうる。

オソロシや…

というわけで、電波の届かない、しかも田舎育ちの人間が
本来の動物(!?)にもどる事のできるところに行くことになる。

いつもは、短い移動時間に集中して書く事がほとんどなのだが
やはり、それだけでは音楽が雑になってしまう。
なので、できるだけ頭をほぐして本来の自分がそのまま音になるように心がける。

今回は、数曲の委嘱作品の作曲に、フランスのバロックの楽譜の研究(←暗号がウニョウニョで、相当勉強しないと本番で弾けない。でもずっと勉強したかった分野なので楽しみ。)

そしてそして、9月1日土曜日の江戸川区小岩でのPiacellioの本番のための編曲!
今回はチャイコフスキーのくるみ割り人形からピックアップを考えている。

しかし・・・・委嘱作品がくせものだ。せまってくる!!!!
作曲やさんなるもの、なぜかぎりぎりにならないと書かない。いや、書けない。
冒頭で「逃亡事件」と申し上げたのはなぜか?

それは、締切りをせまる電話から「逃れる」ためなのでありました(汗;;)

というわけで、電話やメールが通じないときは
逃亡中ということでお許しくださいませ!

悪いことはしておりません!本当に必死なのでありますでありますありゃありゃ。

ふぅっっ。



つづく(かな…。心配だぁ)

« 「トルコ行進曲のタタキとは?」作曲やさんのモノローグ4 | トップページ | 「くるみ割りで!?」作曲やさんのモノローグ6 »

作曲やさんのモノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「逃亡」作曲やさんのモノローグ5:

« 「トルコ行進曲のタタキとは?」作曲やさんのモノローグ4 | トップページ | 「くるみ割りで!?」作曲やさんのモノローグ6 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  • ピアノ・デュオ・リサイタル

    ~石田多紀乃・原田愛~
    3月15日16日サロン・テッセラ

  • バソンの世界

    ~バソンの世界~
    5月1日(祝水)紀尾井ホール

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ