« 「トルコ行進曲」作曲やさんのモノローグ 1 | トップページ | 「カルメンはいかが?」作曲やさんのモノローグ3 »

2007年7月 2日 (月)

「サウンド・オブ・・・」作曲やさんのモノローグ2

Saundo

昨夜、家に帰ると…

びろびろびろびろぉぉぉ

電話機から何物かがフンドシのように伸びていた。
悪い予感が!
10年ほど前、作曲科なるところに属していた学生の頃、
同級生の新作発表コンサートのある日の未明は常にこの状況。
その頃、その白いフンドシに書かれたる文字、

「Hさん(←私の名前)、遅くなってごめんなさい。やっと曲が書けました。
本日の初演、どうぞよろしくお願いいたします。」

ようするに、楽譜がFAXされた数時間後にコンサートで、さも涼しい顔をして
優雅に演奏することがワタクシに要求されていたのだ。

というわけで、昨夜はビクっと足をとめそろーりそろり、フンドシに近づくと…
メンバーのSさんからの9ページに及ぶラブレターではないか!

そう、今度のコンサートで演奏予定の曲「サウンド・オブ・ミュージック」を、
パート譜をかき集めた上で、さらに総譜(スコア)に書き直してくれたのだ。
この曲はもともと、弦楽アンサンブル版でしかも楽譜が各々の楽器ごとにばらばらにしか存在せず
指揮者が使うような総譜(スコア)がなかったので、
見やすいようにとSさんが楽譜を作ってくれたのだ!

これがないと、右に左にいろんな楽器のパート譜を同時に見ながら弾く羽目になり
さらにメンバーが何を一緒に表現しているか分かりにくいので
本当に私にとってはラブレターのようにうれしいフンドシでした。

これで、まさに「サウンド・オブ・ミュージック」で
「サウンド・オブ・Piacellio」。

こうして、メンバーのいろんな思いが音になっていくのでありました。


つづく…

« 「トルコ行進曲」作曲やさんのモノローグ 1 | トップページ | 「カルメンはいかが?」作曲やさんのモノローグ3 »

作曲やさんのモノローグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「サウンド・オブ・・・」作曲やさんのモノローグ2:

« 「トルコ行進曲」作曲やさんのモノローグ 1 | トップページ | 「カルメンはいかが?」作曲やさんのモノローグ3 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo

コンサートのご案内

  • ピアノ・デュオ・リサイタル

    ~石田多紀乃・原田愛~
    3月15日16日サロン・テッセラ

  • バソンの世界

    ~バソンの世界~
    5月1日(祝水)紀尾井ホール

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ