« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

よく乗った!

Sora
飛行機がすきだ。

東京⇔関西は微妙な距離で、新幹線と飛行機の両方の派が存在するが
私は断然ヒコーキ派。

かといって外を見るわけではない。
長時間じっとしているのが苦手というのもあるが、
あのデカイ図体が飛ぶことが楽しくてたまらない。
どうして飛ぶのか、たくさんの本を読んだ。
羽の角度、車輪が出た音、滑走路への進入方向、そしてその理由などなど
乗りながらさまざまなことを想像してしまう。

ヒコーキの中の珍事件も多数。
そのうち、記憶から消える前にここにめもらないと!ってほど面白い。

新幹線も嫌いではないけれど、揺れて楽譜を書けないし読んだら船酔いしてしまう。
あと、電話がつながってしまう事。

たまにはだれにも縛られず、ぶぅ~ん と一人で宙に浮いていたい。

そんなわけで、今月の「新幹線」対「ヒコーキ」の乗車(搭乗!?)回数。

              3回 対 9回

圧倒的ヒコーキの勝ち!(←ほとんど家に帰らなかったって事!? Sさんよく会いましたねぇ。)

ってなわけで、マイルをしっかり貯めて、逃亡計画をたてるaiaiでありました。

        逃げるぞっ!!おぉ!!

琉美の島 

Air_2 
久米島にはプロペラ機でわたる!いつも荷物入れに頭をぶつける…。

Dentyu
隣の奥武島にわたる電線は海に立つ。

Kame_2
その奥武島にある畳石。自然の作り出すものは本当に不思議…(拡大できます)

Kame2 一つ当たり、こんなに大きいのです!

Gusikawa  具志川城。東シナ海を見渡せる。

Banana
タクシーの運転手さんにもらった島バナナ。すんごく甘い!

Satou_3
サトウキビの花。黄金に輝く…

また行きたい!

 

2008年11月29日 (土)

ちゅらうみ

Ukki_2
海が大好き。
言葉を介さず生命を感じるから・・・

ポイント名<黒石 クルシ>すごい名前だ!苦しいのか!?

Yadokari カンザシヤドカリ。触覚のネバネバでゴハンをゲット。青いサンゴの家にて。

Budai
イロブダイの幼魚。大人になるにつれてブルーに変化する。
大人になると、夜はお布団を作ってスヤスヤ眠る。
ちなみに沖縄ではお刺身でも食べる。マズイ。

<ガラサー山沖>

29umiushi
モザイクウミウシ。小さい頃は、モザイクの間に白い点がある。

Tenkuro
笑顔のテンクロスジギンポ!

Uki291_2
ノコギリダイと…

Shima29
やさしい光につつまれた島。

2008年11月28日 (金)

久米島

久米島に初めて訪れたのは3月…
プロペラで那覇から35分の美しい島。

ポイント名:<ムーチーグーモドキ>6つのナントカ!?って意味らしい

Oiran
オイランヨウジ。いつもは暗い所にいるのに出てきてくれた!

Ebi
ニセアカホシカクレエビ。透明で繊細…

<きんめの根>

Haokoze
ハダカハオコゼ。葉っぱみたいでわかりにくいが、真剣な瞳とチョイと受け口が笑える。
個体によっていろんな色。

Nandai
ヒトスジギンポ。近づきすぎるとストレス!!?でいろが黒っぽくなるらしい。
黒いなぁ。ごめんよ。

Hitozura
ヒトヅラハリセンボン。必死に岩陰に隠れるのを腕をのばしてゲット。
ちょいと不機嫌な目つき…。すんません。

ネプチューンダイバーズさんにガイドしていただきました。
プロ意識満載のみなさんに教えられること多数!

2008年11月27日 (木)

甘いもの好きな男たちは・・・

友人にすごい人がいる。
ホルン吹きでありながら、公認会計士の試験に合格してしまった!

すごいなぁ。

こりゃぁ、お祝いだ!っということで急きょ新宿御苑近くのイタリアンでM夫妻とお食事。
彼の主宰する、アンサンブル・つばさの合わせがある時は
いつもおいしいものを食べに行く。
ってくらいおいしんん坊のお二人だから、今日もモリモリ食べた。

さんざん食べてフラフラしていると・・・
Cake1
男二人による真剣な会議が始まった。サムライ業のお二人の難しいお話?と思いきや…

Cake2
ガハハ、デザートを何にするかの真剣な相談だったらしい(笑)
彼らの隣には、甘い物の苦手なYさんとaiaiがあきれ返っていた…

それにしても、合格おめでとう。
いやぁ、何度も繰り返すけどほんとにすごいすごい!
また、素敵なホルンもきかせてくださいね。

2008年11月26日 (水)

本日の授業1126

聴音:8分の6拍子総復習 d-mollのスケールを和声短音階・旋律短音階を歌い分ける。
   
     ミュージカルとジャズ科のメンバー。何が必要なのかをいつも考えさせられる時間。

視唱:リズミックまめまめ発声。ラシーヌ賛歌仕上げ。フレーズの持っていきかた、作り方など。

     今日は、ステージアでオルガンを模して歌ってみた。Oさんの尽力に感謝。

2008年11月25日 (火)

本日の授業1125

リーディングIII リズムの学習(変拍子の楽譜の読み)
         ズッペ:軽騎兵序曲 多様な桁の楽譜で拍をしっかりたもつ。

リーディング II 鍵盤と手の形の認識。I V それ以外の和音の聴き比べ。

和声2 属七の和音(全終止とVIの前の扱いについて) 宿題は②の課題集
      

和声3  ドッペルドミナントの第2回。配置、連結。

     冬休みの課題に以下の曲より1曲選択して、伴奏を創る。
     無伴奏チェロ組曲より第1番プレリュード 第3番 アルマンド ブーレ

2008年11月24日 (月)

またまた爆睡・・・

神戸空港→羽田空港 JAL158

さすがに、一日暴れたらエンジンが切れてしまった。
気づいたら羽田で皆さんが荷物をひっぱりだしていらした。

手には、学生さんのアナリーゼ。
あぁ、よだれがたれてなくてよかった…

疲れた時には、お酢が食べたくなるらしく
帰りに行きつけのお寿司屋さんにふらりと寄ってみた。
今日の板さんは、お客を楽しませるのが絶妙。
ツマやシソをいつもの癖でしっかり食べていたら
なんと・・・

ツマをご飯にみたてて、具はシソとゴマの絶妙に笑える巻きずしを作って下さった。

締めには、これまた心ニクイ工夫が…
コハダを中に、間にシソとゴマを挟んで外はご飯の逆巻きずし!
Osusi_2

疲れがふっとんだひとときだった。


いつも夜中にお世話になっていたお寿司屋さん。
下町にはこういう気取らず楽しめるお店があるからうれしい。

子供たちと!

昨日は大人のみなさんとコンサートでしたが
今朝は芦屋で小さな子どもたちとピアノを囲んで暴れました!そのピアノは・・・

ベーゼンドルファーのアップライト!

以前、掛川のコンサートでお世話になったGala工房に鎮座ましましたピアノが
納品されたとのこと。早速再会しに伺わせていただきました。
こどもたちからはどんどんどんどん曲が出てくるでてくる(笑)
すごい勢いで弾き続けた気がします…

Ashiya
小さい頃から、こうして楽器を楽しめるなんて幸せだなぁ。

午後は、神戸で小中学生と作曲講座。
最初はなかなか発言してもらえなかった子供たちも
いまや、ずばりずばりと自分の意見を言ってくれるようになりました。
作曲は音でつづる自分の言葉。
自分の思いを精一杯音にこめてもらいたいです。

さて、東京に帰るかなぁ、なんて思っていたら
「指揮!やって!」とお言葉が降ってきました。
声の主は・・・小学生のころからお世話になっておりますO先生。
しばらく小学校1年生のつぶらな瞳をみながらキャロルを歌いました。
そしたら本番にも振ることになってしまった!

っというわけで、右手3拍子、左手2拍子の宿題をいただきました。
12月25日までにクリアしなければ(笑)

コンサートは12月25日 芦屋ルナホールです。(JR芦屋駅徒歩5分)
子供たちのパワーを感じるひとときです。ぜひ足をお運びくださいませ!

ひたすら爆睡・・・

bullettrain東京→新大阪 のぞみ5号 9号車
 6h50 → 9h26

さすがに金曜日から今日までの移動距離に体がぴろ~んとなってしまった。
長距離運転と本番で体はバキンバキン!

今日は元気な子供たちに向き合う楽しい日。
充電のためにグリーン車両にしていただき、ひたすら眠る。

座ってから京都まで何の記憶もなし!

快適カイテキ・・・いやぁ寝る子は育つ。しっかり回復!?

2008年11月23日 (日)

古曽志音楽サロンコンサート

銀世界の長野から転がり落ちるように町田へ。
いやぁ、すんばらしい楽器たちを乗せて雪道を運転するのは気を使います。
標高1600メートルから下界におりると、雪を乗せて走っている車はaiai号のみ。
朝、早かったので上田カンペーIC横の農協市場で大急ぎ野菜購入。

Ichiba2_2  野沢菜。どっさり一束300円!さすがに買えないなぁ。

Ichiba1_2 りんごもいっぱい。

さてさて、12時のG.P.に間に合わすべく、aiai号を走らせ
会場の古曽志サロンに12時到着。ふぅっ・・・。
4時間運転し続けた手は、長時間振動にブルブルしているが
ホルンやさんと声楽やさんに合わせをしていただいて13時開演。
いつもお世話になっている古曽志先生の生徒さんによるコンサート、
身近にこういう機会があるということは、本当にすばらしいなと思います。

さて・・・今日はゲストとしてお招きいただきました。
昨日に引き続きチェロのSさんと今日はDuo。
ショスタコのチェロ・ソナタを演奏しました。

学生の頃に出会ったこの曲。なぜか自分の楽譜にアナリーゼが。
まったく記憶がないんですがね…いつ分析したんだろ??
アナリーゼの重要性は、確かに曲を理解する上で大事だといえるけれど
それより、自分の発する音にシンから意味を持つためにあるともいえる。
今やったらまた違う分析になるなぁ…なんて思いながら今回は向き合いました。

コンサート終了後、古曽志先生とお母様と手作り料理をいただきました。
赤ワインとともに…。

ポジティブなお二人と本当に楽しいひとときでした。
私もこんなふうに年を重ねていきたいな!

さぁ、明日も朝6時台の新幹線。飲みすぎて寝坊しないようにしないと…。

2008年11月22日 (土)

「表現」作曲やさんのモノローグ20

別に座ってじっとしてなくていいじゃ。
お客様も外をみたくなったら見るもよし、眠くなったら眠るもよし。
突然絵を見たくなったらロビーの絵を見に行くもよし!

ずぅーっとそんなことを考えていた。

コンサートの話だ。
去年の12月、2008年度のコンサート計画をたてていて
良いメンバーに恵まれたら…そうもくろんでいたら11月22日それが実現の運びに。
曲は、メシアンの「時の終わりへの四重奏曲」だ。

4月に合わせが始まって、練習していくにつれて色々アイデアが頭に広がっていく。
なんせ、演奏メンバーがとても個性的。
不可逆リズムなど、体にはいらない!ともがくクラリネットYさん、
とうとう、みんな言葉に置き換えてしまった。

「イケブクロ タカダノババ キタノタケシー」
「タタタタタタ キタバタケサン!」

合わせ中に笑い転げてしまったが効果テキメン。
言葉にしてからというもの、完璧な演奏となった!

時のおわりへの四重奏曲が書かれる経緯の本(←おすすめです)を
みんなで読みながら、

この部分はチェロは後光で、鳥など各々の世界が並行していつの間にか
全員があっている感覚がよいのでは?
そのトリへんだよ(笑)
この和音はブルーオレンジ、なんだその色は!??
ここは、足がどぉ~んと踏み下ろされたところだよ!

などなど、なかにはメシアンの考えていたことから暴走してかけ離れた事もあったけれど
着々と私の頭にいろんなアイデアを吹き込んでくれる合わせだった。

そしてとうとう、11月22日長野の峰の原高原へ。
着いて、ワークショップをやったあと練習開始。

「演奏者の配置だけど、普通じゃなくていい?
たとえば6曲目のトランペットなどはみんなが頭を突き合わせる配置で
お客さまに周りを囲んでもらうとか、
1曲目は、後光は(チェロです)お客さまの背後にるような形で・・・」

なぁんて、おそるおそる言ってみたら!
さらにスゴイことになってしまった・・・

このメンバー、アイデアが出るわ出るわの大騒ぎ。
結局、1曲ごとに配置が換わるスンバらしい構成となった。
しかも後半はピアノが会場の真ん中でクラリネットとチェロとヴァイオリンに後ろから
脅される!という、前代未聞の配置に決定してしまった!

本番、かなり怖かった・・・(←演奏がというよりその迫力が左から来るのがデス)

というわけで、翌日の本番ではお客様の椅子もあっち向いてホイ!
ある椅子は外を向いておき、演奏家の間に適当に並べてみた。
始まる時に、椅子は好きな所に移動していただいていいですよーなんて言ったら
少年がピアノのすぐ右手に。ついでに譜めくりをたのもうかなぁなんて思ってしまった(笑)

表現。
音楽に携わる人間としてふだんから思っていることは、常にフレッシュな状態であること。
自分で枠を作ってしまわない。
さらいながら、合わせをしながら、決まっていくことはたくさんあるけれど
そこから、常に新しくありたい。
先入観をもたず、いつも耳をひらき、心に素直な時間をすごしたい。

その時の天気、お客様の息遣い、
そして演奏仲間から発せられる音のほとばしり
などなど。

それらすべてに、その時にしかない一期一会があり
それらの偶然に、心から身をゆだねられたら・・・。

音へのあこがれ、仲間への信頼、
そして、その一期一会への感謝。
それらがきっと、表現そのものなんだとおもう。

最後の曲の前に、「生きる」という詩を読んだ。
あの状況で、こんなにも美しい音をのこしてくれたメシアンに感謝して。

11plaisir
11月の演奏メンバー。みんなありがとう!
左の少年は晃くん。プレコンサートでスンバらしい演奏をして下さいました。

長野2日目

夜にシンシンと降った雪は…

Yuki

ひぇ~。一面真っ白!
あまりのまぶしさに朝からの合わせはサングラス着用。

Asama_2
夕方、近所のゲレンデに浅間山を見に行ってみた。
噴火の煙も、まるで絵のよう…

Yuuyake
スキーシーズン間近のゲレンデの後ろには、夕焼けに映えるアルプスの山々
本格的なスキーシーズンは間近!

2008年11月21日 (金)

長野へ!

晴天に恵まれ、朝8時に自宅を出発!
今回はメシアンの時の終わりへの四重奏曲ツアー。
メシアンイヤーなので、やたら聴いているけれども今回は演奏。

朝が苦手で前日から泊まったYさん(クラリネット)と出発、
途中近所のチェリストSさんを迎えに行き、日本橋でヴァイオリンのCさんをピックアップ。
この4人が今回の演奏メンバーだ。

Asama2_2
          途中、どどぉんと浅間山!

Unten メシアンツアー運転手aiai (撮影:宇宙人クラ奏者Y)

上田カンペイインターに無事お昼前に着いた一行、そのまま上田名物蕎麦屋へ。
ただでさえ、てんこ盛りで出てくる「草笛」。今回は大盛が見たくて頼んでみた。

そしたら・・・

Oomori_2
草笛の大盛。Kg だって!3人がかりで食べました。

世の中、寒波襲来と聞いていたので暖かいうちにと14時着を目指して
aiai号carを走らせ、無事到着。

やいなや、すごい勢いで雪が降り始めた。
標高1600メートル。この雪の勢いは半端ないです。

えんらいコッチャ。

        

2008年11月20日 (木)

もう一つのシュニトケ

朝から、Cさん宅でメシアンの合わせ。
夕方から、1本本番のあと千駄ヶ谷へと急いだ。

今日は、大好きなチェリスト山崎伸子さんのリサイタル。
特に、シュニトケはSさんと演奏したばかりだったのでとても楽しみにしていた。
トコさんはいつも全身から音楽が響いてくるような演奏をされる方で
学生の頃からとてもワクワクその演奏を聴かせていただいていた。

そういや、客席でゆっくりとその演奏を聴かせていただくのは実は初めてかもしれない。

いやぁ、楽しかった。
数か月前、あーだこーだと話し合いながら演奏したシュニトケは
また、全く違う姿となってあらわれたのだ。

違う出版社の楽譜か!?なんてすっとボケたことを言ったら
「そんなことないでしょ。」とSさん。

同じ楽譜から、いろんな味。これだから音楽はやめられない。
これでaiai は明日からも間違いなく読譜中毒scissors

2008年11月19日 (水)

本日の授業1119

聴音 複合拍子の復習とそのリズムを用いたF-dur
    四声体の導入。

    全員勢ぞろい。一生懸命くいついてくる姿にいつも元気をもらう!
    

視唱 引き続き、ラシーヌ。今日は各グループに別れることなく
    
お互いの歌を聴きあってディスカッション。
    発声は、マメマメスキップヴァージョン。こちらも独創性!?
    原曲形体のひとつ、オルガン伴奏に取り組んできてくれたOさん。とても楽しみ。
    こちらも全員勢ぞろい!

2008年11月18日 (火)

本日の授業1118

MR III: 桁の多い楽譜について2。
      ベートーヴェン5番の2楽章の冒頭でそのリズムの奏法

MR II: 和音の響きの聞き分け。(I V) 鍵盤で演奏する時の楽譜の読み方、目の送り方。(個々の人別)

和声 II: 初「七の和音」…。しかしこの部屋はいつも暑い!空気の入れ替えをすると秋の風。

和声 III : 準固有和音演奏確認。ドッペルドミナント導入。

2008年11月17日 (月)

本日の授業1117

和声III  順固有和音2 総合問題 および ドッペルドミナント

  それにしても週頭の朝1時間目。みんな眠気と必死にたたかっているらしいけれど
  みんなよい子で、心が温かくなる。今日の日差しは柔らかい。

和声 I 音楽分析 シューマン:ミルテの花…の予定がVIのV7(副七)にて終了。
     三和音第一転回形 IIの第一転回形も含む。

  ニコチャンぴかり。今年のクラスはみんな個性的な笑顔をお書きあそばす・・
  しかし、あいかわらず賑やかな教育音楽学チーム!

2008年11月16日 (日)

眠れん!

関西空港→羽田空港

今日は朝から雨。
いやな予感が的中して、飛行機は離陸後から揺れっぱなし。
気圧の変化に弱い乳児たちが耳が痛いのか、代わる代わるに大絶叫。

心配で眠れなくなってしまった。

揺れがひどくてお飲物サービスもなし・・・。
書類を読んでいたら珍しく船酔いしたのでおとなしくじっとしていた。

じっとするのは大の苦手だぁ。

2008年11月14日 (金)

鳥の羽音

大阪はよい天気。

あまりに日差しが温かいので、朝のメールもテラスで打った。
ついでに朝ごはんもコーヒーもテラスでいただく。

久々に鳥の飛び立つ羽音をきいた。
筋肉と羽毛とそれに伴う空気の音。

あとついでに、超単調なカラスの鳴き声。
ヒヨドリがけたたましいので「静かにしてね」なんていったら

  ホントに静かになってしまった・・・

聞こえちゃったかな。

今日から熊取でSさんと来週の2本分コンサートのあわせ。
長年のお友達と忌憚なく音楽に向かえるのは、なんとも幸せなこと!

久々に人間に戻った1日。

2008年11月13日 (木)

必死に携帯!?

新横浜→新大阪

某先生に、携帯電話の「国盗りゲーム」を紹介されて半月。
(ちなみに、“あいあいダラハー”は、このN先生ご夫妻がこのゲームで命名して下さいました)

今日はやっと東海道新幹線に乗る。
いつも、移動は飛行機派なのだが、今回は予約たのに決済するのを忘れていた・・・。
急きょ勤め先から新横に移動して新幹線にのる。

 今日は、しめて40国くらい制覇!

手にしていたもうひとつ、宿題の添削がホトンドできへんかった…。

しかしN700系はコンセントが付いていて便利。というか
仕事ができてしまうので休めない。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢