« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

最後の夕暮れ

Sunset2
2008年度最後の夕日。
実家熊取のピアノ背後の窓から。

来年も、よろしくお願いいたします!

2008年12月30日 (火)

買うてやぁ

実家に帰ってまいりました。
やっぱり、育ちの地は落ち着きます。

今日は、祖母と朝から魚市場へ。
お正月の買い出しに田尻漁港にやってまいりました。

Marche2 人・人・ひと!

新鮮な地魚がいっぱい!です。
途中、ハハハと笑い声が起きているので見てみると

タコが売り場から大脱走中run

「大事な売りもんがにげてまうわぁ!」と、
お店の方が連れ戻していました。

Marche3 ほうれん草は「ポパイ」と呼ぶのだ

Yokowa
「よこわ」

鮪の子供です。
和歌山の人はよく食べます。
私の実家は、大阪府でも南で和歌山のすぐ裏のため
この辺では、よくみかけます。

Marche1

新鮮なお魚がいっぱい!
私たちも氷見のブリや地魚、お野菜などをかって
充実した買い物となりました。

2008年12月28日 (日)

南紀白浜

  今年最後の旅は、家族と魚のおいしい温泉地、和歌山へ。Maguro_2 (祖母はこれを鮪の開きと言ったcoldsweats01

さっそく、とれとれ市場に寄ると、さすが和歌山。
新鮮な魚が、ピッチピチ。

市場好きの祖母と一緒だったので、名勝も少しよったものの
ほとんど、市場に終始して大阪に引き返しました。

以下、チミっと寄った名勝です。

Senjo_2<千畳敷>
地層の面白さがよく見える。

Sandan<三段壁>
昔から自殺の名所らしい!向かいの絶壁から下をのぞいたら
「やめなさい!」と声が飛んで、その声にびっくりした。

それとは裏腹にSandan2
エメラルドグリーンの海が洞窟の元にひろがる。

Aroe<アロエの花>
どうやら、キダチアロエの産地らしいです。
珍しいので撮影。

2008年12月25日 (木)

クリスマス・コンサート in 芦屋

毎年、12月のクリスマスは芦屋で過ごす。
O先生の生徒たち主役のクリスマスコンサートがあるからだ。
子供たちを、音楽を通した全人教育として育て続けて数十年。
O先生のスンバらしいエネルギーをいつも尊敬しています。
毎年行われるコンサートも今年で27回目。

西ドイツと言われた時代にドイツ・オーストリア演奏旅行にいった折り、
「寝る子は育つ」の代名詞のような私は、いつも眠りこけて起きず
O先生に背負っていただいていたそうだ。スミマセン・・・
そのころの恩返しとはいかないけれど、
ここ5年ほどこのコンサートでは、ごろにゃぁ~んと舞台に転げまわっている。
(ネコ役をかってでているのではなく、ステージマネージャーとしてです!)

なんといっても、子供たちの真剣なまなざしがとても素敵。
その目は、音でメッセージを伝えるという音楽の原点をいつも教えてくれる。
そんな子供たちに魅かれて、毎年ゴロニャっているのかもしれない。
毎月一緒に、作曲という形で音を追求している子どもたちも自作を演奏。Ashiyaタイトルは「空」

最後は、クリスマス・キャロル。
今年はぬぁんと、総勢50名以上のキャロル隊の指揮を仰せつかってしまった。
一番前列は、今年コンサートデビューの小学1年生。
ひとりひとり、顔を見ながら大きな口をあけて一緒に歌う時間は
本当にほんとうに、幸せでした!

メリー・クリスマスxmas

2008年12月23日 (火)

巻きずしとタコのマリネ!

今日の2品。

祖母がつくってくれた、巻きずし。
Makisusi
シンプルでとてもおいしい!
いつも、楽しみにしています。

午後に、作曲講座が神戸であり
そのあと、打ち合わせがてらTさんとお食事。
メニューにタコのテリーヌとある。

なんだ???

Takomarine
ぬぁんと、こんな美味しそうなものが登場しました!

おいしかった・・・

おいしいもの好きのTさんとIさんにご紹介いただいた隠れ家のお店。
ワインボトルが2本ほど、体にすいこまれました!

2008年12月22日 (月)

最終便

ANA3829便 羽田→関西

前田ホールでのコンサートを20時まで聴いて羽田へ。
離陸はほぼ22時。便利な時代になりました。

スーパーフライヤーズのラウンジは人もまばら。
明日からの関西ドタバタに向けて手に取ったるは・・・

やっぱり、生ビールとおつまみでしたscissors


夜の空港は幻想的。
外には冬将軍をつれてくる雨・・・

使用機到着遅れで、離陸も遅れる見込み。
さらにビールを飲んじゃいそうだrun

よっぱらい aiai イッチョあがりぃ!

12月!ランドスケイプ

12月はクリスマス・コンサートだらけ!

Taimesiたいめしとサンタ」
掛川のコンサートの休憩時間。
手作り鯛飯最高です!

                 xmasxmasxmasxmasxmas

歴史博物館でのコンサートを終えて、デパートのコーヒーやさんに
行くエスカレーターであやしい人影発見!

すると・・・
Christmas 「普段とはちがう!」

なぁんと、自分の生徒でした。
学校ではありえない格好をして、みんな頑張ってますなぁ。

        

         bottlebottlebottle

千葉での本番後、少しだけ打ち上げに参加させていただいた。
その途中・・・
Glass 「複雑なグラスハーモニカ」

んなわけなくて、利き酒セットでした!

2008年12月21日 (日)

読売名曲コンサート

千葉市青葉の森公演芸術文化ホールでのコンサート。
関西人にとって、関東地方は野性的カンの働かない未知なる地。
千葉は遠いということがわかった・・・。

それにしても、大きなホールが満席。
開演1時間以上前からたくさんの方々が並んでくださいました。

コンサートを無事終えて、空を見上げると・・・
Aoba
今日は、冬至ですね。

これからどんどん日が長くなります。

2008年12月20日 (土)

おら トリオ!

世の中、クリスマスです。

 おかげで、コンサートだらけです!

今日は、横浜歴史博物館に行ってまいりました。
メンバーは、オーボエのMさんとヴァイオリンのRさん。
「おら トリオ」 ん!?、「Hola トリオ」 のメンバー3人によるコンサートでした。

Holatrio
天井が高いというのは、気持ちがいい!

バッハのドッペル・コンチェルトをはじめ、
最後には満員のお客様といっしょに演奏させていただくなど、
とっても楽しいひとときでした。

Trioおら・トリオ!

ありがとうございます!

2008年12月17日 (水)

本日の授業1217

聴音 みんなの耳力を試してみようシリーズ2回目。
    8小節ほどのメロディーをついてうたってもらった。
    とはいっても有名な曲、ウェストサイドの「アメリカ」から。
    数名は、音程もリズムも素晴らしくうたえる。しかし・・・
    記譜となると、とたんにトーンダウン。
    読譜力は身につけたい!と希望してくれているので、メロディーに含まれる様々な工夫に
    耳を開きながら頑張って書いてもらう。

視唱 今年最後の授業。臨時記号の嵐でみんなの頭がこんがらがる。
    下方刺繍音の音の取り方、考え方を学ぶ。Fa-Fa-病は卒業ですよ!みなさん。

2008年12月16日 (火)

本日の授業1216

MR III  後期試験。
     
Sクラスが半数に増えました。みんな頑張ってくれています。
     誘導官を務めましたが、試験場からでてくる学生さんの表情はいつも面白い!
     Sの問題は、リズム重視だったようです。

MR II  久々の授業なので8分の6を復習。その後、メロディーに和音づけ。
     目的としては、
      ・できるだけ、鍵盤をみずに和音をつかむこと。
      ・メロディーをみながら、和音を想像すること。
    来年までに各種の調で弾いてくることをみなさんへのお土産にいたしました!

和声2 属七の使い方を復習+総復習。
     冬休み中の宿題をタンマリお渡ししました。
     休み中でも作品を見せていただけるなら、どんどん送ってくださいませ。
     お待ちしております。
     

和声3 ドッペルドミナントの総復習。及び無伴奏の分析。
     正規の授業は今日で最後。3年もお付き合いいただいたみなさん本当にありがとう!
     新年も、火曜5限はみなさんに会いに行きます!
     宿題もずっと受け付けていますよ。     

2008年12月15日 (月)

本日の授業1215

和声 III ドッペルドミナントを含む総復習 および 増六の和音。

      なぜ増六の和音というか、みんなで考えてみる。
      年明けには、モーツァルトのクラリネットとオーボエのコンチェルトでその香りを味わいます。
      分析しっかりよろしく!。

和声 I  付加六の和音 三和音第2転回形
    
      音楽分析基礎講座で、付加六の和音を含むカデンツを弾いてもらう。
      なかなか、その響きに慣れないのか聴いているほうも「えぇ~!??」という空気が流れる…。
      
      和声学ものこりあと少し。しっかり基礎をみにつけてもらうべくビシビシ行きますよっ!
      

      

2008年12月14日 (日)

東京さ帰るだぁ

こだま568号 掛川→東京

楽しかった3本のコンサートの思い出を胸に、現実の世界へ戻ります。
新横浜でYさんは下車。
明日返却する答案を採点していると左からどうも左から視線を感じる…
ふっと左の窓から外を見ると、

Yさんが、こちらの写真を撮っていた!

動物的カンはまだまだ健在(笑)

Kodama ギャーと叫んだ瞬間!?

こどもたちと…

メリー・クリスマッスxmasっと大騒ぎ。
Kakegawa

昨夜の大人コンサートに引き続き、今日は親子コンサート!
午後に2回公演でしたが、たくさんの子供たちが参加して下さいました。

クラリネットの楽しさをお伝えすべく、演奏した曲目は

クラリネット・ポルカ
 一緒に腕を組んでおどった気がする!?

レオヴァイナー:2つの小品
 ジプシー音楽。走りましたなぁ。

クラリネットこわしちゃったsign02
 吹くより歌っていましたね。Yさん!

どんどん小さく
 本当にこわしちゃいました。
Kakegawa2_2 面白そうなので見たいけれど演奏中

クリスマス・ソング
 何を歌いたいかみんなに聞いてみると・・・
 赤鼻のトナカイ あわてんぼうのサンタクロース 
 そして・・・なぜかポニョっ!!

皆さん、楽しい時間をありがとうございました!

2008年12月13日 (土)

おぉ、よしよし・・・!?

今日のコンサートは掛川のGala工房さんにて。
世界のピアノを一台一台愛情もって扱っていらっしゃる工房です。

Gala工房さんにお世話になるのは3度目ですが、
いつもスンバらしいベーゼンドルファーを提供して下さいます。
到着するなり、合わせをさせていただいたいていると、
その音色にウィーンに留学していたYさん、ひとこと。

「包み込まれるぅ~」

昔、ベーゼンドルファーのサロンでコンサートをしたそうです。
なつかしいのでしょうか。


さて、今日は冷えが厳しいため、演奏をやめるとどんどん楽器が冷えます。
管楽器は、冷えるとさまざまな変化が・・・。

 水滴が管内にたまる。
 押さえる穴の部分に水分がブルブル。
 音がさがってしまう、などなど。

そんなわけで、本番前の控室では恒例の楽器あたため大会。
最初は、手で温めていたYさん。楽器の冷えが指に移ってきた!
ということで、急きょ私のセーターとブラウスをストーブで温めて
クラリネットをくるんだ。

すると・・・またひとこと。

Yosi

「おぉ、よしよし・・・」だって。

いつもいつも、Yさんには笑わせていただいております!
私は笑うことで体があたたまりました!
 

静岡へ!

こだま557号 東京→掛川

今日から掛川でコンサート。
今回はクラリネットのYさんと一緒です。
週末ともなると、こだまもいっぱい。ほぼ満席の熱気でボー。そしたら!

ぬぁーんと、パソコンだけ新大阪に旅行に出かけた…。

そう、車内に置き忘れてしまったのです。
はぁ、これで2回目。ボケボケaiai の本領発揮の季節です。

トホホ・・・

Fujiチョコンと見えるのは富士山。なぜかナナメ・・・

2008年12月12日 (金)

尊敬するひと

北千住に、尊敬するソムリエさんがいらっしゃいます。
シニア・ソムリエでフルートもチェロもお弾きになる I さん。

今日、還暦をお迎えになりました。
おめでとうございます!

いつも伺うたびに、すてきな時間をすごさせていただくVino Flute。
お祝いの気持ちをお伝えしたくて伺ったのですが
すっかりまた極上の時間を過ごさせていただきました。

人を喜ばせることが、人生そのもののような方。
しかも、それがお人柄から自然とにじみでていていつのまにか身を委ねてしまう…。


なにもかもを超えていて、人間として尊敬しています。
これからも、ワインをとおしていろんな方々に幸せな時間を創ってくださると思います。

私も、このように歳をかさねていきたいなぁ。
恣意的でなく、欲もなく、自然と幸せを感じさせる人に・・・。

これからも、健康には気をつけていつまでもお元気で!
そして・・・リサイタル楽しみにしていますよぉ。

Vino

忘年会

忘年会とは縁のない人間…

数年来そういう年末をすごしておりましたが
今日は、チェリスト・カエルの門下生女子部(KCL部!???)にお招きいただき
東京新丸の内ビルに出陣!
そんなオシャレなところに出向くことはめったにないので
丸の内にでるやいなや、高層ビル街の中でキョロキョロしていまいました。

すごいですね。世の中はクリスマス!ということをじっくり味わいました。
いつの間に・・・

ひさびさに心温まるお食事をさせていただきました。
カエルの門下のみなさんは、そのカエルの人柄を反映してか!? (どーいう意味だ!)
しっかりもので、そしてみなさん心やさしきひとばかり。
お話している間に、あっというまに2時間が過ぎてしまいました。

その後、これまたカエルの生徒さんで今日還暦をお迎えになった
I さんのワインバーに向かいました。
そしたら・・・あの名シャンパンが!
Champ(←チェリスト:カエル)

あっ、カエルは芸大時代の同級生です。
ボケボケ度はaiai とよい勝負。二人の会話は宇宙人語です。

この後、還暦お祝いにと(いや、私たちの押しつけか????!)
某名曲集の楽譜を引っ張り出して演奏し続けました。

聴いていただいたみなさん、お付き合いいただきありがとうございましたぁ!

2008年12月11日 (木)

本日の授業1211

いつも、木曜日の教科は内容記録しないのですが・・・
今日は特別!素敵なみなさんをご紹介!?

Solfège II

毎週朝の9時から、眠そうな?いえっ!爽やかな笑顔を見せてくれる皆さん。
不思議な和音が降ってこようとも、悪魔の足音のようなリズムが降ってこようとも(!?)
ボケボケ aiai に引きずりまわされながら90分過ごしていただいております。

Sol2
みんなで8分の6の曲を作曲中。
題名はどうする?ときくと、「朝一だから・・・」 !!
最後の2小節。どうやってフレーズを閉じるか、こだわりをもって作曲中のお二人。
このあと、強弱やスラーなどを考えて仕上がりました。
来週はこの作品をアルト記号で取り組みますよっ。

  notenotenotenote

Solfège II

いつも電車をこわして出勤されるみなさま。
 (遅延証明証を持って授業に来ることを我が家ではこう言います)
今日は、シューマンのペダルカノン。
あの素晴らしいメロディーを耳で聞きながら、どんどんついて歌って行くのですが
カノンで先を歌う人がしっかり歌わないと、さぁ大変!
フラットを落とす、シャープは落とす。それはもう摩訶不思議な曲になりました(笑)
楽しい時間をいつもありがとう!

  notenotenote

キーボード・ハーモニー I

個性派ぞろいのこの時間。毎週みんなに会うのが楽しみです。
今日、特別に木曜日授業記録の運びになったのも、
このクラスのみなさんがきっかけなのです。

Key
にゃにゃにゃ隊のSさんとAさん。
いつも授業をもりあげてくれる音楽療法チームのメンバー。

(それにしても…今日はなんかいぼくたぬきをうたっただろか???)

今日は、ミニ・コンサート。
みんなさまざまな工夫をこらしてコード譜を表現してくれました。

来週は、数字付き通奏低音ですよぉ。
楽しみにしています!

2008年12月10日 (水)

本日の授業1210

聴音 8分の6のメモリー。四声体の聴き方、しくみ。 
    
    4小節のメロディーくらいの長さのメロディーを聞き覚えする機会は多いと思われるので
    今日はメモリーからはじめてみると・・・
    「
楽譜に書くのではなく、弾くならできる!」という声があがった。
    書くのにはいろんな障害がまだあるけれど、純粋にメロディーを思い出すことに集中すると
    自分でどこまで本当に覚えられているのかを自分で素直に確認できていて
    隣で見ていて面白いものがありました。
    あぁ…あとちょっとなんだっけ?と思いのほか忘れていたらしいが、どんどん出来てくる。
    楽譜をきちんと書けるようにするのも聴音の目的として大事な1つだけど
    視覚より体で音楽を感じることが多いこのクラスの生徒さん達には・・・と
    とても面白い時間だった。
    

視唱 合同授業

    ヘンデル メンデルスゾーン シューマン シベリウスの讃美歌をアカペラで表現する。
    各々、好きな作曲家を選択してグループをつくってもらい
    各グループで自主的に練習してもらった。
    練習しながらいろいろアイデアはでてくるものの、いざ発表となると
    まだまだ、表現する力は弱い・・・。
    いつか、心からその音楽を感じて、聞き手に伝わる演奏を自信を持ってできる人に
    なってもらいたい!
    
    

2008年12月 9日 (火)

本日の授業1209

MR I  II  III
 今日は一斉検定。
 Sクラスは、モツレクとブラームスのクラ五の冒頭部分をしていたが、かなり苦戦した模様・・・
 なかなか、楽譜の読み方を定着させるのはムズカシイらしい。

和声2
 属七の和音、総復習。ここのところ授業が隔週とびとびなので復習しながら進む。

和声3
 ドッペルドミナント③
 来週から、無伴奏の分析にうつるので担当する曲を決めてもらう。
 そのために、ぬぁんとっ!チェロのUさんとフルートのKさんが楽器をもってきてくれて
 実際に演奏してくれました。ありがとう!

 フルート:無伴奏より「サラバンド」
 チェロ:無伴奏より第1番「プレリュード」 第3番「アルマンド」「ブーレ」

 楽しみだ!

2008年12月 8日 (月)

本日の授業1208

和声IV ドッペルドミナントを含む課題の復習。

 思ったより和音設定がしっかりできていた。
 基礎力が1年近くかけてようやく付いてきたのか!?
 暖房機器が異常に効いていて空気が乾燥。ネムイネムイ菌が蔓延しそうであった…。
 先週休んで心配していた二人に、「どうしたの?」と聞くとナント!

  ・頭を切ってホッチキスで留めた!(近頃は縫わないらしい。すごいなぁ)
  ・空腹でフラフラにだった!

 だったらしい。あまりにビックリで笑い転げてしまいました。スミマセン。

 最後に増六の和音の仕組みについて導入。

和声II  音楽分析<付加6の和音> 第2転回形の働きとバスの定型。

 今日も目からウロコ続出。
 先入観がないってこういう事なんだとなんども驚いたし、
 また根本からなぜ付加6という考え方をするのかと改めて考えた…。
 学生さんの素直さって素敵だ。

 頭がコンガラガッテきた人も多いけれど、1月の計画を再確認したのち第2転回形に突入。
 休みには宿題をタンマリ用意しないと!? ね、みなさん。

 

2008年12月 7日 (日)

沖スポだった…

ANA3822 関西空港→羽田空港

この頃、スターフライヤーとANAがコードシェアを始めたので
この路線がやたら混むようになった。
なのにこの便は、空いていることが多い。

それは…羽田に着くとそこからバスで移動の沖スポだからだ。
う~ん、確かに沖スポだと急ぐ時など着いてからかなりショックだけれど
今日はゆとりがあるのでバスから写真などとってしまった。

Hikouki
前から3列目に座っていたので、着陸直後の撮影ですが
すでに作業が始まっています。
右奥には、荷物をおろすコンベアーもすでに始動。
いろんな人が1機をお世話して下さっているのがわかります。

よく見ると、ガラスに私の手がうつりこんでいる…(笑)

2008年12月 6日 (土)

のほほ~んランドスケイプ

Hikaru (by晃くん。道端の除虫菊で描く)
のほほ~ん。

私の大好きなことばとぴったりだ。
そして・・・彼の心にぴったりなくったくのない温かい笑顔。

       

           budbudbud

Kumatorihon
なんだ!?
aiai の育った地、熊取駅前にある本屋の入り口風景。
こんなノドカさが大好き。

         

          budbudbud

Rokaa
あまり意味がないけれど、もらったロッカーの番号が2345だったのだ!
これって、すごい確率だよ。うれしくなった。
この中にはその後、スーツケース、チーズ、コート、服一式がほうり込まれた。
さて、なんのロッカーでしょspa

以上、完全に現実逃避中の投稿でした。
はぁ、鉛筆をもつのが大変だ。

2008年12月 5日 (金)

ナイス90!

おめでとう卒寿!

Hana
この美しい瀬戸内のそばで育って、今は大阪に住んでいる元気なばあちゃん!

とても90歳とは思えないパワフルさには、いつも元気をいただきます。

いつまでも元気でいてねぇ。

2008年12月 4日 (木)

続・おいしい時間

こんなにもおいしい時間が続くのには訳がありました。半年ほど前…

「休みたい!温泉に行きたい!ゆっくりしたい!」

と発狂したことがありました。
行きたいのに行けないので、某旅行雑誌を購入しては行った気分を味わっていたのですが
同じくバタバタ動いているチェリストSさんと、行こうよっと計画が始まったのです。

でも、悲しいかな音楽やさんは秋から冬は休みがまとめてとれない。
そんなわけで、時間もないし近場でどっぷり行こうぜ!とこの1日半が設定されたのです。

2ヶ月前に決まったときから、aiaiはこの日を心待ちにしておりました。

今回のおいしい時間メンバーは
ヴァイオリニスト:Tさん(旧姓ニックネーム:クマ)
チェリスト:Sさん(熊の都市ベルリンから帰国。自称?くま)
そして、aiai(熊取北中学校出身)

でなわけで、クマ・トリオ(仮称です)結成。
今日の場所も、クマトリですからのぅ!?

おいしい時間は、12月4日の夜にも設定されました。
aiai出身地、熊取駅近くにたたずむ「ビストロ リュ ド ラ ガール」
Gare2 
日本家屋なのにフレンチ???とずっと気になっていたのですが
めでたく半年ほど前にデビュー。とにかく美味しい!
シェフのキョウコさんがとてもパワフル!
あぁ、なんて幸せなんだ!
http://blogs.yahoo.co.jp/karaimonobu/4829430.html

おいしい時間のラストナイトは…
熊取ハウス(aiaiの実家です)で、お昼に購入したワインとチーズ!
Navarra(←ご満悦Tさん、って私が持ってと頼みました!)

今日は、NAVARRAです。Sさんが大好きなチェリストの名前と同じ、という理由で入手。
チーズも、毎度おなじみコンテとウォッシュとなんとやら?という名の3種。

そしてそして…それを引き立てるおいしいパンたち。
このパンも熊取駅前で入手できます。
Pain
ル・パン・マ・ディ。粉の風味高く、なんでもおいしい。
なかでもイチヂクのパンが最高。私たちの間では、
「ここはきっとワイン好きの人がやっているに違いないっ!」と確信している。
http://blogs.yahoo.co.jp/karaimonobu/4827862.html

こんなメンバーだから、よなよな始めたことは…

「おいしいものブログを作ろう!」デス。

上記、詳細は早速ブログまで・・・winerestaurant
http://blogs.yahoo.co.jp/karaimonobu/

もともと、辛いもの好きでつくりはじめたのですが
旅の多い音楽やさん、おいしいものも目がないので、おいしいものカテゴリーも作成。

楽しい日々は終了。
さぁ、心身ともにリフレッシュパワーで出動!

次回が楽しみ!っていつだ????

おいしい時間は続く…

お好み焼屋さんをでたのは、午前12時半。
これでも、家まで帰れるTさん宅で今日は泊まらせていただく。

ヴァイオリニストTさんとは、いつも飲むときにしかまたお会いしていない。(よね?)
メガネ屋のすてきな旦那さんとお住まいです。
まるで、我が家のように落ち着いていると、どどぉ~んとワインがでてきた。
なんて、幸せな日なのでしょ。

Allora_2
今日は右のALLORAをいただきました。

さすが、Tさん宅つまみもどんどん出てくる。
ドライトマトにサラミなどなどワインにあうものばかり。
さらに、Sさんからドライいちぢくまで出てきてもう夢心地になってしまった。

こんな幸せな休暇は、二度とやってこないだろなぁ。

2008年12月 3日 (水)

元気なワケは…

新大阪に着くやいなや猛ダッシュ!

そう、今日は市内のいずみホールで本番を終えた大フィルのメンバーと
おいしいものを食べる!という約束をしていたのだ。

食べる執念はすごい。
新幹線ホームから在来線ホームに駆け下りると、

「へい、おまちっ!」

と電車がお口を開けて待っていた。

大阪駅でも、環状線ホームにダッシュすると、これまた

「へい、うどんイッチョ!」(←うどん屋の近くで乗り換えただけです。

と、これまた大きなお口をたくさん開けて待っていた。
こちらは、そうとう口を閉めたかったらしく危うく噛みころされかけ・・・。

そんなこんなで、乗り換えの電車はみぃーんな待ってくれていたので
おっそろしくツルツルと待ち合わせの駅まで到着してしまった。

着いたら、そりゃぁもうおいしい皆様が勢ぞろい。
焼きたてのおいしい美味しいお好み焼きをたんまりいただいちゃいました。
大フィルのみなさんは、ホント面白い方々だらけ。
あっという間に楽しいヒトトキは過ぎて行きました。

Okonomi
いやぁ、知る人ぞ知るところにある、とてもホッとするお好み焼屋さんです。
Hさんご夫妻、大フィルのみなさん、仲間に入れていただきありがとうございました!

今日は元気!

新横浜→新大阪   のぞみ91号 (N700系デス)
20h29→22h43

毎週水曜日の成城授業を19hに終えて、一路関西へ!
今日はやたら元気。珍しく新幹線なのにも理由が!?

ホームでピリ辛ちくわとサントリーモルツを購入し(←定番です)、コンセント際の席を確保。
チャチャチャと仕事をするスピードも今日は速い!

さぁ、なんででしょ。

2008年12月 2日 (火)

aiai の素顔

理想の姿は孤高のサル。
Saru_2

   

     footfootfootfootfoot

実際の姿は、おトボケおさる aiai なのだ!
Aiai 
     (撮影:チェリストSさん)
しかしっ!なんでいつもこんな変な写真を撮るんですか!??

2008年12月 1日 (月)

本日の授業1201

とうとう12月に突入

和声III ドッペルドミナント② ③ (配置・連結)
     次回までに自分が演奏している曲でドッペルドミナントを探してくる

どうやら前日にブラスに大きな本番があったらしい。顔にくたびれモードが漂っている。
私が学生だったら休んでただろうなぁ…。がんばって出てくる学生とともに私も必死!

和声 I  三和音第1転回形まで復習 音楽分析「付加6」(フランク:ヴァイオリン・ソナタ)

こちらのクラスは相変わらず全開元気。
秋でふらふらしている三十路aiaiは教壇から滑り落ちて笑われてしまった…。
和音設定には苦労がみうけられるものの、考え方をともに確認。
Nさんレアリゼーションの和声課題がなかなか美しかったのでをみんなで歌ってみた。
教育音楽学チーム、まじめに歌うとこれまた美しい合唱隊!一番驚いたのはきっと私だ。
みんなありがとう!

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢