« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

3台のチェロでチェロチェロ!第2回

掛川のGala工房さんで、Piacellioのこどもコンサート。

午後14時からと16時からの2回公演にむけて
大阪と東京からメンバー集結!

チェロがチェロチェロと3台も集まると、やはり目立つので
移動中も、興味シンシンな視線がとびます。

さて、肝心のコンサート。
Kake0228 沢山のみなさんとともに…

いつも、子供たちにいろんな形で参加してもらうコンサート。
今日は、プログラムの最後にボレロをみんなで演奏しました。

Ravel_2 ボレロのリズムに挑戦中

子どもたちは、目や耳ももちろんですが身体で音を感じます。
今回も、演奏しながら子供たちのパーカッションの音をきいていると
雰囲気や強弱もしっかり感じているのがよぉ~くわかるので
本当におもしろい!
中でも、カスタネットをほぼソロでお任せした少年。
最初は、すんごい弱くからはじまるよぉっといったら
負けずに雰囲気たっぷりで演奏してくれました。
ありがとう!
そして、コンサートが終わると
いつも聴きにきてくださる女の子からお手紙と折り紙をいただきました。
ありがとうhappy01 また、会おうね!

2回目の公演は、少し遅めの時間でしたがおとなの方も多く
また違った雰囲気のボレロとなりました。
一番最後の盛り上がりで、なんだか不思議な音が左から…。
タタターっタタタタタタっ!!
っと弾き終わるとさらに不思議な音が続く!しかも左からsign02

見るとまだ歩き始めたばかりのような少年がピアノを弾いていましたhappy01
共演ありがとう少年!
また、皆さんにお会いできますように…。

そして…
いつも、いろんな形で子供たちに音楽を…と機会をつくってくださる
Gala工房さん。本当にありがとうございます!

西へ西へ…

bullettrainこだま537号 東京→掛川

今日は、掛川で子供コンサート。
東京から7時56分新幹線に乗ってチェリスト二人と大移動。

ここ数日東京は日照時間ゼロ。
というわけで、今日の富士山はなし!
ずぅっと読書してたらあっという間に着いてしまった。

bullettrainこだま569号 掛川→新大阪

本番終了後、そのままさらに西へ。
Green_2 今日のグリーンはガランゴロン

乗ったらもちろん!ビール。
ワゴンのお兄さんに、ビールとお弁当っっと叫ぶと
カルタのようなお弁当の写真入りカードを沢山出してシャッフルしたのち
たった1枚!をこちらに見せてくれて

  「ただいま、このお弁当のみになります。」

と、ひとこと。(マジシャンかと思ったよ…)
というわけで、とり好きaiai はこれをゲットchick
Tori_2
うりは「ご飯の間にとりそぼろ。」

たしかに、挟まっていました、とりそぼろ。

とりとりぃ~。
くまとりに着いたのは夜中。
ヴァイオリニストと合わせのために集合!
明日は、芦屋で子供コンサート。楽しみですnote

2009年2月25日 (水)

山梨でおいしい

今日は、レコーディング。
朝8時半に東京駅を出発したら10時前に相模湖駅に到着。
意外と近くてびっくりしました。

開始は12時ころとのことで、ちょいと近くを散歩してみました。

Sagami

ここ数日関東地方は雨で、相模湖畔も雲が下りてきていました。

今日は,、思ったより収録が早く終了し、上野原へ。
本日の滞在先は、山梨県上野原。
宿泊先に荷物を置いて、おいしいものを探しをでかけた。

その中で、今日の一品。
Siroreba

白レバーのたたき。
新鮮な白レバーが絶品でした。うんまぃ!

他にもタラの芽、馬刺し。
aiaiサル一匹で、居酒屋滞在でしたbottle

2009年2月23日 (月)

Piacellio 掛川公演 2月28日

今週末、掛川のGala工房さんで

3台のチェロでチェロチェロ」ファミリーコンサートを行います。

 2月28日(土)

第1部 14:00~15:00
第2部 16:00~17:00

子どもたちにおなじみの曲から、ラヴェルのボレロまで
チェロだらけ ! ワールドでお送りします。
(あっ、もちろんピアノもいます!)

おかあさんやおとうさんの声のようなチェロの音につつまれながら
一緒に、音楽を楽しみませんか。

石田聖子 高橋泉 中村美保 (チェロ) 原田愛(ピアノ)

お問い合わせ:Gala 工房 0573-21-1893 (TEL&FAX)

Morimachi
<森町の工房前の景色。マイナスイオンたっぷり!>

Gala工房さんでは、いつもベーゼンドルファーを演奏させていただきます。
本当に、ピアノを愛していらっしゃる方々に見守られたピアノは
とても、温かいおとがします。
いろいろイメージしたことが

「おぉ、そうかいそうかい。よしよし…。」

と、そりゃもう音となって包み込んでくれるので、こんな幸せなことはありません。
楽しみです!

2009年2月22日 (日)

晴れのち雨

ANA3826 関西→羽田

熊取ハウスでぎりぎりまでジョリベと向かい合って
15時45分発のヒコーキに乗るべく急いで関空へ。
Kanku ピアノ氏設計の関空

今朝は晴れていたのに、飛行機に乗る頃は雨に…。
東京も曇り。

2009年2月20日 (金)

熊取ランデヴ

夕方まで熊取ハウスで合わせをしたのち、車移動中
ナイスな車を発見!

Open

Kトラのようなオープンカー!
こういうユーモア大好きsun

日々忙しく、ぶっ倒れたこともあり、今日はゆっくりディナーをいただくことに…
「Rue de la gare」(駅前どおり)という行きつけフレンチ。
ガラガラーっと引き戸を入ると

「あ~ら、いらっしゃい。いつもの席にどーぞ」っとシェフのキョウコさん自らお出迎え。
これで3回目ですが、いつも季節の味わいを美味しく頂きます。
Gare 古い家屋を使ったお店

今日は、急きょ行くことになったためヴァイオリニストのTさんと二人。
さんざん、ムニュにするかあ・ら・カルトにするかに迷って
食意地のはった私たちはやっぱりア・ラ・カルトを選択。

本日頂いた素晴らしい料理たちrestaurant

Eskarugo エスカルゴ!

Ebi エビソースのパスタ!

Niku フロマージュソースの牛肉

詳細はhttp://blogs.yahoo.co.jp/karaimonobu/10773651.htmlへ。

もう、隅から隅まで素材を堪能したのち、ワインを飲んだので
車の代行をたのんだ。

aiai   「もしもし、代行お願いしますぅ。」

T代行 「お店ですかぁ、店の名前教えてください。」

aiai   「リュ・ど・ら・ギャール」です。

T代行 「・・・・!?」

aiai   「農協の斜め前のビストロですけど…」

T代行 「あぁ、山根さんちのビストロかいな。うちらそう呼んでますねん。」

おやまぁ、きょうこさんは「ヤマネさん」とおっしゃるらしいことが判明。
いつも、ポジティブ元気なヤマネさんにおいしい料理はもちろん
精神的な元気も頂きます。

今度、お会いできるのはいつかなぁ。
楽しみにしていまっす!

2009年2月19日 (木)

順調なフライト

SFJ21便 羽田→関西

Haneda もうすぐ搭乗機
離陸25分前に羽田に着いたら、

「もう、機内へのご案内がはじまっています」と一言。

そう、この便は沖スポでした。
搭乗機へのバス移動中、いつもキョロキョロ。
働く自動車を見るのが大好きなのです。

2009年2月18日 (水)

本日の授業0218

昨日倒れて、どうなるかとおもいきや
ケロっと元気!90人ほどのみなさんと一緒に演奏させていただきました。

<視唱 I >
本来は、この授業を担当していませんが、今日は事前課題の試験日。
伴奏をしながら、採点となりました。
今回はリズムを重視した課題を1週間前に提示しました。
1年生の視唱は、節目節目でしか聴けないのですが
成長ぶりがうかがえてとても楽しい1時間!

これからの目標としては、音楽の表現という心をもっと持ってもらうこと。
歌うという自分自身の体を使った表現なのでなおさら
きちんと、テンポ感や音楽の持って行き方を、身体全体で(表現で)
共演者や聴いてくださる人に伝わるように伝える。
音楽本来の姿を常に、心にもてるように…。
そのために、普段の鍛練があるのですよ。

<視唱 II>
この授業も、普段担当していませんが、また伴奏しながら採点。

2年生には、調号が多いながらこまかく譜面をよむことを必要とする課題。
こちらも意外な面がたくさんみうけられて発見の多い1時間となりました。

課題はいずれもFis-dur。
みんなの普段の勉強の仕方が、如実に歌に出ていました。
耳で素直に覚える人、普段平均律になれてしまいそこから抜け出せない人などなど。
これからの課題としては、まず楽語をしっかり表現につなげること。
rit.をどのようにするかによって、ブレスの位置も考えないといけないし
転調と強弱が一致していることに気づいて歌うことで、さらに説得力がまします。
riten.が、まだrit.と混同している人が多数なのも気になりました。


<聴音>
初心に帰って、リズムの日。
今日はケチャのリズムを全員で。
自分のリズムを表現しつつ、他人と一緒になってはじめて一つの音楽となる。
四苦八苦しながら1時間でどうにか形が見えました!

2009年2月17日 (火)

いたいっ!

なんと、学校で倒れてしまった!

授業も会議も終えて、来年度の打ち合わせをしていたところ
懐かしの痛みが…

顔面蒼白、力が入らず、床に転がり
とうとう近くの病院に担ぎこまれてしまいました。
車いすには初めて乗りました。
 保健室のお姉さん。重かったと思います。
 適切な処置をありがとうございました。
 病院まで付き添ってくれたSさんYさん。
 手配から諸連絡、本当に助かりました!
 倒れていた時に、カイロや座布団を敷いてくださったMさん。
 おかげで冷えずにすみました。
 上着を掛けてくださったり、電話でてきぱきと対応して下さった番長さま。
 一生、たくましい番長についていきます!

みなさん、お忙しい中本当に申し訳ありませんでした。

診察後、即!点滴。

点滴の間2時間弱、爆睡したのち、すべてのスケジュールを変更して
家で倒れています。
しかし、爆睡しすぎて眼は元気。
っというわけで、ブログ更新中です。

音楽やさんは体が資本。
今年は体に気をつけないと…と思っていた矢先に
 「初、学校で倒れる。」

反省です。

みなさんの優しさがとても心に響きました。
いろんな皆さんに支えられて、毎日を過ごしていることを
改めて感じました。

本当にありがとうございました。

おかげさまで、明日も元気に朝から学生さんと過ごせそうですshine

2009年2月16日 (月)

バレンタイン

今日は朝から、高校生たちが和声の勉強に来てくれました。
朝10時に、我が家ということはみなさんいったい何時に家を出たのでしょう!?
もくもくと4時間、みっちり勉強していかれました。

いつも、頼もしいMさんからプレゼントが…。

Varen
とてもかわいかったので、ベランダでリアルに撮影。
手作りだそうです。

ありがとheart02

2009年2月15日 (日)

久々の小松空港

JAL1278 小松→羽田

敦賀から小松までやく1時間。
特急しらさぎに乗って、小松からは路線バスで空港へ。

Komatu

懐かしの小松空港へ到着。
この空港は私にとっては鬼門で、毎回何かが起こります。
大学院生のころ、12月の吹雪のなか着陸を試みた結果…

 タッチ・アンド・ゴーairplane

機内で悲鳴があがりました。
それ以前の時にも、着陸すらしてもらえず…。

というわけで、オソルオソル乗ってみましたが
こういう日に限って、順調に離陸。
無事、東京に定刻到着し、そのまま池袋のスタジオへ合わせにむかいました。

穏やかなひかり

東京に帰る日、Hさんが三方五湖を俯瞰できる所に連れて行って下さいました。

今日は北陸には珍しい晴れの日。
昨日自転車で回った湖が、光をあびて美しい姿に。

Mikata
右奥:三方湖(淡水湖)
左奥:菅湖(汽水湖)
手前の大きなのが水月湖(汽水)

さらにぐるっと回って、昨日見なかった湖。
Kugusi
右奥:久々子湖(汽水)
手前:日向湖(塩水)
左奥は美浜町の海岸線で日本海です。

つつんでくれるような温かい日差しの中、
しばらく、ぼぉっとながめました。

温かいひざしにてらされた日本海は…

Nihonkai
とても、日本海とは思えぬ穏やかさをたたえ、
本当に心からホッとしました。

Hさんとは昨晩、音で伝えるという音楽の原点を沢山話し合い
謀殺され続ける日々の中、いつも感じていたことが
たくさん、別の視野から見えて充実した時間でした。
Hさんと初めてお会いしたのは、まだ大学2年生の頃、
チェロの講習会でお会いしたのですが、
そのころとまったく変わらずおかあさんのような温かさ。

また、北陸に行った折にはぜひご一緒させてください!

2009年2月14日 (土)

すばらしい自然

  夜が明けるとスンバらしい大自然が待っていました。

三方五湖。ラムサール条約をも登録された自然の地形。
三方駅でレンタサイクルをして自然を味わう旅に出かけました。

5つのうち3つの湖の周囲を回ると20KMあまり。
高校生のころ毎日10キロこいでいたのでチョチョイのチョイ!?

梅の名所でもあり、ちょうど咲き始めていました。Mikata1 菅湖
メジロがあちこちで大喜び!

続いて湖畔を進むとサルに遭遇。
サル同士のにらみ合いを制して、坂を越えるとそこは…

Mikata2 水月湖

途中で

 コンコロコーン

とドラミングの音がするので自転車を停めて音のあたりをじっと見つめると…
青ゲラ発見。
地元の少年に「こんにちはぁ!」と話しかけられたので
元気にあいさつすると、びっくりして飛び立ってしまいましたが・・・

誰もいない湖畔を、ゆっくりこぎ続けて3時間。
唯一の淡水、三方湖との境界線に。

Mikata3 ここから右は淡水

その昔、湖のぎりぎりまで山が迫るため、船で行き来していたとのこと。
その名残で船小屋がありました。

Mikata4 梅と船小屋

その夜、10年ぶりくらいに再会したピアニストHさんと
春の香りをいただきました。
Fuki Hさん宅の庭先に…

しっかり、味わいましたよ。
ここは、ふぐの産地でもあり二人でフグまで味わい尽くし、
いやぁ幸せな時間!

明日東京に帰るのがコワイ…

2009年2月13日 (金)

福井は近かった

こだま581号 熱海→静岡
ひかり427号 静岡→米原

夜の新幹線が好きな友人がいます。
私も好き。

20時33分静岡発bullettrain
久々に故郷へ帰るおとうさん、おじさん。若者…。
みんな疲れた中にも、温かさが漂います。

今日から福井。
遠いなあ、なんて思っていたら米原から50分後に敦賀に!
今日は事故で遅れていたけれど、本当はたった29分で日本海らしい。

乗継ぎが事故でうまくいかず、敦賀から三方というところへは
JRさんがタクシーを手配してくれました。

夜の日本海。きっと明日の景色は・・。

2009年2月12日 (木)

前から読んでも後ろから読んでも

今日の日付は 21年2月12日。
Kippu
切符の日付をみて、なぜかにっこりしてしまった。

車窓には河津桜。おりしも4月並みの陽気とか!
Sakura

春一番も吹き荒れ、海もおおあれでした。

Riasu ざっぱ~んwave

2009年2月 8日 (日)

ご近所

発狂の日々が続いて精神的に参ったので、
突然、練習をやめて近所の某所に甘いものを食べに行きました。
甘いもの食べにわざわざ食べに行くなんて大事件!
aiai どうかしちゃったらしい…。

Toyosu 青い空を見ながら頂く

海沿い(川沿い)にはたくさんの子供たちが遊んでいました。
私も一緒に遊びたい…

2009年2月 4日 (水)

卒業演奏おめでとう!

実はここ2週間、自分の本番だらけもさることながら
学生さんと演奏する「実技試験」期間まっただなか。
毎日、信じられないくらい沢山の緊張感とともにすごしています。
(のんきな aiai は、相変わらずspaいつも次が何時に誰となんの楽器だか覚えられない…)

そんな中、今日記念すべき卒表演奏をむかえられた3人のコントラバシスト。

Cbmate 頂いたブローチを早速つけて…

4年前、彼女たちと出会ったころを思い出すととても懐かしいです。
今となっては、なんという貫録!
毎年、その成長ととともに過ごさせていただいた私は幸せモノです。

いつも、パワフルに音楽一直線の I さん。
繊細ながら、うちに秘めたる音楽性が熱く光る T石 さん。
こころのお母さん、力強さとファイトをいつも尊敬しています、E川さん。

もう卒業なんですねぇ。 (aiai も年をとるはずだ…)
おめでとうございます!

これからも、おおきな楽器コントラバスとともに
音楽の心ゆたかさを伝えていってくださいね。
また、一緒に演奏できる日を楽しみにしていまっす。

2009年2月 2日 (月)

笑顔にかこまれて

先日の芦屋コンサートの写真をいただきました!

Asiya2

わたしは、せなかをむいていたので、みられなかったのですが
みんな、しんけんにうたってくださっていたのですねぇ。

       notenotenote

Asiya4 

おぉ~い、あいあい! かみがピョンっとはねているぞぉ。
ヴァイオリニストのともちゃんと、なにをはなしているんでしょうか。


      notenotenote

Asiya1
こぉんなにたくさんのみなさんと、たのしいじかんをともにしました!
みなさん、ありがとうございましたhappy01
また3月1日、楽しみにしています。

2009年2月 1日 (日)

今日も六甲おろし

SKY110 神戸空港→羽田空港

午前中に芦屋で子供たちと楽しい時間を過ごし、
12時からは、もう少し大きい子供たちと作曲の楽しさを味わい…
・・・っと気づくと時間がギリンギリン!

えんらいこっちゃと、六甲おろしにもめげず神戸空港へ突進。

Kobeair

ポートライナーからみた神戸空港。
右端遠くに、明石大橋もくっきりみえました。

機中はまたもや気絶。年とったモンダ…。
隣のひとも同じく爆睡で、頭ぶらんこも同じsleepy
なんども髪の毛が接触して、逃げました。
(つもりです。それも夢かもしれません!?)

羽田に着くと、夕陽の中に富士山。
東京ライフがまた始まるなぁ。

コワイ!

だんだん大きく

今日は朝からハイテンション!
なぜなら、8人ものかわいい幼稚園の子供たちと楽しい時間を過ごせるからです。

今日からはじまる試みは、身近に音楽を感じてもらうこと。
それも、小さい頃から…。

っというわけで、今年は弦楽器からということで
一番小さいヴァイオリンのご紹介となりました。
朝から指が回らない大人!?の私たちが本番前に指ならしをしていると


 ・・・・・・・ テンテンテンテン

固まっている子供のかわいいヒトミ。
笑!あんな小さい物体からバカデカイ音がでるのですから。

今回は、楽器ってなんだ?ということで
この小さい木の物体がどこの国から来たのか
ヴァイオリンのお姉さんが右手でブンブン振り回している!?白い長いものがついた棒は
いったい何なのか などなどをお話ししながら
一緒に歌ったり、なんと一緒に演奏したり!
あっという間に1時間弱が過ぎ去りました。

楽器に少し慣れていただいたところで
次回は、二人で真剣に「プチ・コンサート」です。
とてつもなく楽器とお客様が近いので、ぜひ馬のシッポの摩擦のおとから
その音色の深さまで体で感じていただければと思います。

みなさんと、またお会いできるのが楽しみ!

Asi
コンサート後の会場。いかに近い距離だかが分かります!

音のエネルギーを吸収しながら、すくすく育っていってくださいね。


« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢