« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

作曲の友

大きなスコアを書くときに必要な長い物差し。

ある日祖母に、「長い定規ない?」ときくと出てきたもの。
Syaku

今は見なくなった尺の竹尺。

祖母は、昔お針子で着物職人でした。

うぅーん、編曲はまだしも作曲がすすみません。
完全に現実逃避bomb

2009年3月29日 (日)

洗車

初めて、自働洗車を実行!

Sensya2

ボボボボボボボボぉー!

Sensya3

ぶぅ~んdash

乾燥して仕上がり!
3分の出来事でした。

ピカピカの aiai 号で東京に帰還car

2009年3月28日 (土)

文豪の館にて

「春にやります!」なんて言ってたまりにたまったお仕事とともに
40時間ほど40万に逃亡run
ではなくて、四万温泉spa

Insen
まずは、飲泉。四万温泉は4万もの病気にきくといわれるが
おもに、消化器系にもいいらしい。
胃潰瘍に効くかな…。

泊まらせていただいたところは、その昔、太宰治や井伏鱒二が滞在したところ。
Rouka

aiaiも、ならってスコア用五線紙をもちこんだ。

渓流沿いの部屋でマイナスイオンを浴びながら
頭がオタマジャクシで煮詰まれば、温泉で頭を冷やし…

Furo1 いーい湯だぁなっspa

足の療養も兼ねていたので、かなり充実した時間となりました!
しかし…終止線への道遠しsweat01

あと2日で書けるのか!?

四万温泉のおいしいもの

Onsenzosui
温泉雑炊。飲泉効果もかる温泉で作った雑炊。
つかれた内臓にとてもやさしい。

Iwana
いわなのお刺身。
3月から解禁の川釣り。
新鮮な川魚は臭みも全くなく、大好きな白身と似た食感。

2009年3月26日 (木)

ダブル・リード

スタジオな一日。
ほぼ一か月ぶり・・・

Studios

しかも、作曲やさんとして興味の尽きないダブルリード族のダブルヘッダー。
午前中はオーボエ、夕方からはフランス式バソン。(バスーンではありません!)

スタジオ仕事にしては、異例の午前収録…。
ぼぉっとしているなかにも、さわやかに耳に届く美しいオーボエの音。
贅沢な目覚めとなりました!

一本、下界で仕事をして再び夕方にスタジオへ、ただいまーsign05

来年公開となる某映画用に収録。しかも楽器は大好きな音色、バソン!
第一人者のKさんとは、2回ほど素敵なご自宅で合わせをさせていただきましたが
曲の大変さとは裏腹に、その特徴ある音色に心は魅せられ続け。
あっという間に(実際は長かったのですが!)時間が過ぎ去りました。

バソンの高音は本当に病みつきになります。
あの、表情に長けた個性的な音色。
伝説の楽器と一緒に演奏できるだけでも楽しくてたまりません!

また、出会えますように…。

2009年3月23日 (月)

米原の駅弁

ひかり518号 米原→新横浜 

Oaseのヴァイオリニストコンジョーさん、美少年ヴィオリストYちゃん、
おなじみチェリストSさんのメンバー全員に駅の改札まで見送っていただき
無事、東京さに向かいました。
(いや~ぎりぎりで間に合わないかと思ったら
皆さんに荷物を運んで、間に合いましたscissorsありがとうございます!)

米原といえば井筒屋。
駅弁がおいしいと音楽やさんのなかでは有名です。

Hikari1
値段入り…。久々に買いました。
そのむかし、通過待ちの間にマニアはホームに買いに行ったのです。

Hikari2
湖北のおはなし。
中心はなんといってもカモ!とのことですがどれもおいしいです。
この、簾式のふた(覆い)がこれまた風情たっぷり。

名古屋につくまでに、ぺろりと頂きました。
もし、ひかりに乗ることがありましたら一度お試しください。
ちなみに左上のサイコロの中には、お口なおしのしょうゆ飴が入っています。

この後、夕方からのお仕事の楽譜をみていたら
ほどなく爆睡。
恒例の、今日の富士山はいつの間にか通過してしまった…。

なんたって、昨日寝たのは朝の4時前。
よって、ジョリベの楽譜はすべてが星にみえてしまったのでした!

代わりに近江富士
Omifuji

2009年3月22日 (日)

土星の日

昨日、天文手帳で確認した土星観測によい日。

しかしながら、コンサートの前からすごい勢いで雨が降り始め、
残念ながら観測することができませんでした。

コンサート後、ご飯をダイニックアストロパーク天究館で頂いたのですが
なんと、その天究館長さんが土星についての講義をして下さいました。

Dosei3
2009年、土星のわっかは、2回消えます。
しかも、理由は2種類。

Dosei2

Dosei1ガリレオ・ガリレイが土星のリンク発見!

ご飯を頂いた後、夜な夜な天体望遠鏡を見させていただいたりしたのですが
残念ながら外は大雨。

翌朝、少し日が差していたので太陽を観測させていただきました。

Sun
今年はなんでも、太陽が10年に一度ほどのおとなしい年だとか。
いつもならどぉん見える炎も、今日は糸くずくらいでした。

Tentai
手を腰にあてて牛乳!ならぬ天体望遠鏡をのぞくaiai。
 (by チェリストSさん。なんでいつもこんな写真を撮るかなぁ。)

実は aiai 天体観測好き。
コンサート会場は、天文施設。
しかも、宿泊まで天文施設の観測つき。
幸せでしたheart02

あっ、肝心のコンサート。
Oase
今日は、Oaseの一員として、滋賀県多賀町で演奏させていただきました。

イザイ:子供の夢(大人っぽい曲です)
コープランド:ロデオ
グラズノフ:スペイン風セレナーデ
フォーレ:ピアノ四重奏曲第1番

ピアニストは降り番なしです。
でも、本当に楽しい本番でした。

大雨の中、お越しいただいたみなさま。
本当にありがとうございました!

そして館長様。いろんな謎にお答えいただいて本当にうれしかったです。
また、お目にかかれますように…。

Oasemember
左から
おなじみチェリストSさん ヴァイオリニストIちゃん(別名:KONJO!)
おサルピアニストaiai  ヴィオリストYちゃん(昨年9月14日芦屋でお世話になりました) 

2009年3月21日 (土)

祝!開通

久々の奈良です!
大学2年生の時から、なぜか仲良くしていただいているCさんnote
ユーモアたっぷりで、いつも一緒にいるだけで楽しくなります。
昨日も、天体大好きなご主人と夜遅くまでお付き合いいただきました!

さて、その奈良から…
今日は、開通したばかりの阪神なんば線に乗って神戸にやってきました。
昨日、なんだか近鉄の難波駅で交通整理がすごいなぁと思っていたら
なんば線開通当日だったらしい。今日もたくさんの方々が利用していました。
新しくできた駅をとおると、そのたびに
「うわ、きれいやな。新しぃ駅やぁ。」とみんな騒ぐのはやはり関西!
全然しらない隣のおばちゃんに話しかけられ、
みんな家族みたいにはしゃいでいましたsun

明日は、滋賀県でコンサートです。
なんでも天文台があるところだとか。
昨日のよる、天体に詳しいR旦那さんと星の話していたら
「本番後、土星がみごろ。」とメンバーからメールが…。
ちょうど、天体手帳なるマニアックな予定帳を見せていただいていたので
あまりの偶然に大笑い。

不思議なコンサートになりそうです。
楽しみ楽しみ!

2009年3月20日 (金)

魚・さかな

<泉州地域の魚たち・春>
aiai 体内年齢18歳の源。公開!

Gacho
がっちょ。
小さいながらユーモアのある顔。

Gasira
がしら。煮つけにします。
だいたい、骨がいっぱいの魚はおいしい!
めばるもやっぱり煮つけがおいしい。

東京にでてから、なかなかおいしく頂けない魚たち。デシタ。

2009年3月19日 (木)

飛行機渋滞

ANA143 羽田→関西

Hane ひそかに左エンジンにイルカの絵

今日は午前の便。
羽田空港は時間によって、離陸待ち渋滞が起こる。
今日も大渋滞!
順番待ちで15分くらいかかった。
おかげで到着も15分遅れ…。

2009年3月18日 (水)

「厄年が教えてくれるもの」作曲やさんのモノローグ21

今年は、女性最後の厄年。
少年っぽい aiai も一応女なので…。

今までの厄年は、訳がわからないうちに過ぎていたのですが
今年は、本当に厄年の王道。

まず1月に、いつの間にか歯が割れていました。
   (おかげで素晴らしい歯科医師に出会いました。)
そして2月の頭に過労と胃潰瘍で倒れました。
   (同僚の優しさを心から感じました!)
  
そして3月頭に…実は足を痛めました。

ボケボケ aiai は、痛めた足を、
まっ大丈夫かな!なんて一晩放置したら
翌日仕事をしているとどんどんアキレスけん辺りが膨らみ始め…。
ただならぬ状態になってしまい急きょ時間外診療へ。

「こりゃぁえらいこっちゃなぁ、骨おれてるやろ。」とお医者様がひとこと。

トホホ。仕事先の地方でやってしまいましたので
心細いったらありゃしない。

さまざまな検査の結果、骨はおサルのため丈夫で無事!
ただし、骨折よりたちの悪いじん帯損傷。


医師:「こりゃひどいから、本当は固めたほうがええんやけどなっ。」

aiai:「えぇeye!!あさっても本番で次の週も毎日舞台に上がるから
      それだけは困ります…。」

医師:「しゃあないな。ほなすぐに外せるようなギプスにしとくわ。」

取引成立!?

っというわけで、ここ3週間ギプスで過ごしております。
ドレスなのをいいことに、ロングスカートの中身はギプスと紳士靴の右足。
ひそかに足を引きずり舞台に上がり、ロングスカートの中では、
左足で3つのペダルを扱うために大暴れ!

怪我をしてみて…。
気づいたことがたくさんありました!
関西でけがをしたのですが、関西人は本当によく席を譲ってくれ、
また、いろいろと手伝ってくれました。
東京に1日帰ったのですが、人間性の違いをすごく感じます。
(関東人が冷たいというわけではありませんよ。)

電車に乗っては、各駅でエレベーターを探すのが大変。
駅によって、前方に会ったり後方に会ったりしたので
相当歩き回りました。
横浜の関内駅では、下りエスカレーターもエレベーターもなく、
2週間分の衣装と楽譜をもってボーゼンとしてしまい
1段に30秒かけながら必死に階段を下りていたら、
少年野球少年をつれた殿方が
「大丈夫ですか?この駅エレベータがないのをどうかした方がいいと思ってたんです。」
っと言いながら、下までスーツケースを持って降りてくださいました。

怪我をしてみて、人間の本質というものにいつもと違う視点で
出会うことができました。
いつも元気が取り柄の私にはとても新鮮な体験です。
元気な人も、そうでない人も、根本的な人間性は変わらないのです。
人はみな一緒。生きているものみんな兄弟sign02

そんなこんなで、不思議なことに音楽に対する自分の感覚も
ものすごく素直になりました。

うまく言葉ではいえませんが・・・。

モチロン、日々欲があってこそ技術も伸びます。
ここの和音はこう表現したい!この部分はこんな音色がほしい!などなど。

でも、いざ演奏会や共演者と一つの音楽、空間、時間を共有する時には・・・。

いろんな欲を超えて、
その瞬間に出会う一期一会のありがたみに感謝し素直に身を委ねられてこそ
音楽やさんとして、表現ができる、生きていけるのだと。

厄年も、ギプスの足も、私には貴重な経験です。





2009年3月16日 (月)

操舵室

今回のビータ最終日は終日航海。

もともと、操縦系統が好きなので最終日は本番の間をぬって
まず操舵室見学。

2008_03110071

近頃は、すべてコンピューター。
どの船がどこに向かってどれくらいの速さで進行しているのかが
レーダーに出ていました。
でも、航海図はいまでも手作業なようで、分度器やコンパスを使って
地図に線がひかれていました!

お昼前には一等航海士さんの船についての解説授業があり
お客様にまぎれて、もちろん出席。

錨(アンカー)の仕組み、プロペラの仕組み、
船についている目盛りは何を意味するかなどなど
aiaiがよだれをたらしそうなほど知りたかったことを
たくさんお勉強させていただきました。

この船のアンカーは6900Kgで、長さは東京タワーほども
あるんですよ!
なぜそんなに長いかというと、その長さによる地面との摩擦も
船を係留するのに大きな力を発するとの事。

Reda レーダーなのか!?(操舵室横から)

2009年3月14日 (土)

奄美大島

島々を訪れるこの旅も、これで最後の島。
Amamikou 今日の天気は雨!

今日は、夕方まで降り番をいただいたので、
オペラ歌手とサクソフォニストと3人で、行き当たりばったりのドライブに出かけました。

Kanu

何にも決めないうちに出かけてしまったので、私のわがままをきいていただいて
マングローブカヌーへ。
ずっと運動不足で、とにかく運動したかったのです!

Fujitubo
普段は海水に浸かっているだけあって、マングローブにはフジツボが!

マングローブの葉には、黄色いものが少しあって
その葉が犠牲になって、塩分をため込んでいるそうです。
なので、黄色い葉を食べると塩っ辛いとか。
不思議な生態です。


マングローブを満喫して続いては、奄美クレーターに!
「なぬ?クレーター!?っ」と地図をみて不思議だったので
とにかく行ってみました。
そしたらなんと、本当にその昔に隕石が落ちたとみられる穴らしい。
きれいにまぁるい湾ができていました。
その海の色の美しいこと…
Kureta
こんなにたくさんのブルーのグラデーションがみられるなんて
とても不思議な体験でした。

気づくと、出番まで25分。
いそげっrun

2009年3月13日 (金)

石垣島から

昨日は、石垣に到着。
石垣にはよくひそかに潜りにきますが、今回は音楽やさんの仲間と一緒。
音楽やさんに有るまじき早起きをして離島に行ってまいりました。
(約一名遅刻!)

とはいえ、午後から本番なので超かけあしrunの西表島探検。
西表島の大原港からレンタカーのに乗って出かけた先は
以前に一度いっておもしろかった由布島。
水牛にのって西表島から渡ります。

Sugyu2

今日は干潮でしたが、満潮時には90センチもの深さを
この水牛たちは20人近く乗せてひっぱります。
すごい!

行きは由美ちゃん号に乗せてもらいました。
由布島に渡ると、なんとナンバー1モデル「しずか」がいるとのこと。
さっそく会いに行ってみました。

肖像権保護のため、私が惚れたうなじ?を公開。Sizuka_3

ここの水牛車には時刻表があります。
毎時0分に出発するということで11時にいったらなんと!
「あ、もうでました、次は11時半です」とのこと。
なんやそら?
どうやら由布島じかんは、10分前行動らしい…
っというわけで、われら11時20分に水牛乗り場に行って
今度は無事乗せてもらいました。

実は、このあと遅刻のTくんを港に迎えに行き、
私だけまた水牛に乗り ました。
1日に2回も水牛に のって由布島に渡るなんて
きっと私くらいだtaurus

大急ぎで石垣にもどって、少し市場も探検。
島バナナを購入しました。
Marche_2

午後、本番が終わって外にでるとちょうど出港中でした。
こうして船員さんに見守られながら船は運航されているのですね。

Syukko竹富島にそそぐ夕日

2009年3月12日 (木)

地方空港

飛行機が好きだ!airplane

もう、何度も書いている気がしますが、今回は離島が多いので
珍しい空港に出会うたびにキョロキョロ。

Yakusima
屋久島空港。

えっsign02というくらい小さい。
どうやら、荷物が出てくるベルトコンベアーなんてものもなく
すべて手作業で運ばれるらしい。
したがって、悪天候では中々着陸できないらしく、
今回も、チェリストが鹿児島へ帰ってしまった…。

でもどうやら、屋久島の人たちには毎度おなじみらしく
運休が決まったとたん、じゃあ船だ!っと一斉に港へ大移動していました。
すごいなぁ。

Yoron

与論空港。
この日は強風でうねりがすごく、船は予定外の港に停泊。
したがって予定の港町「茶花」にむけてシャトルバスが出たのですが
その途中偶然にも与論空港の前を通りました。
「わぁ~空港だ!」なんてわけのわからん大騒ぎshineをしていたら
バスの運転手さんが、停まってくれました。
その時の一枚camera
この空港に、屋久島に降り損ねたチェリストは無事到着しました。

2009年3月11日 (水)

宮古島

宮古島もよい天気!
今日も午前が空きということでドライブに繰り出しました。
レンタカーやさんが超地元民な人で、
8人乗りの車なのに、破格な値段で貸して下さいました。

東平安名崎がとても美しいという情報を得て
総勢6名の楽隊でお出かけ。

Higasihen_3

そこには、美しい海の風景が…
写真ではうまく伝わりませんが、もうため息の透明度。
沖縄の鳥も気持ちよさそうに鳴いて久々に自然の香りを
胸一杯に吸い込みました。

たまには、外で食べようぜ!っと訪れたそば屋で
宮古島の「お金持ちそば」をいただきました。
Miyakosoba_2

食べていると増えるんだこれが…
あっさりしたおだしで、軟骨たくさん入り!
ヘルシーでした。

Fujimaru_2 大きな船!

2009年3月10日 (火)

与論島

今朝は鹿児島県与論島に到着。
うたやさんの永安さんと一緒に急きょお散歩に出かけました。

Irezumi_2 注:イレズミではありません。

昨日の大荒れがうそのように、今日はピーカンお天気です

Buranko_2

大きな木にはブランコ。この島には不思議な植物がいっぱい!Shotyu_2
途中、黒糖焼酎工場でを発見。手作業で瓶にラベルを貼っていたので
面白くて見ていたら、工場を見学させてくれました。
これは、蒸留して出来上がった原酒。
こうやって蓋をあけると、

ぶぉ~ん…spa

と、ものすごいアルコールの香り!

酔っ払いそうになってしまった、今日も本番なのにイカンイカン。
慌てて戻りました。


与論町役場となりの、お刺身やさん。

Sasimi_2

なぜか冬瓜も一緒に売っていました。
のほほ~ん のほほんjapanesetea

2009年3月 9日 (月)

屋久島

ずっと行きたかった島、屋久島。
ついに上陸!

今回は、お仕事なのでなかなか時間が取れないのですが
意地でも降りてみたくて、楽隊の3名を空港に迎えに行く口実で
レンタカーをかりて繰り出しました。

しかし、あいにくの悪天候。
かろうじて最初の便の2人は迎えられましたが
あとの便のチェリスト飛行機は、残念ながら鹿児島へ引き返し…。

さよ~ならぁ~paper
 って明日のコンサートはどうするんだ!?

ハラハラどきどきです。

途中、大きな滝を見つけました。

Yaku

私の仲間、屋久サルにも会いましたよ!
(運転手で撮れませんでした…)

原生林生い茂る屋久島。
今度はゆっくりと歩いてみたいです。

2009年3月 8日 (日)

横浜から

しばらく今日から連絡がとれなくなります!
すみません!

今日から、オペラ歌手2人、チェリスト2人、サクソフォニストと
ビータ仕事です。

ピアニストはもっとも出番が多いので、ちょいと気が重いですが
そうはいっても、東京から離れると自分の時間がたっぷりとれるので
とてもとても有意義な日々となりそう。

山ほどたまった譜読み楽譜と、委嘱、編曲の数々。
すべてを携えて旅立ちの時を迎えました。
Huji_2 お世話になります

途中神戸にもよります。
Kobe_2
つい3日前にきたばかり。

Akasiohasi 明石大橋

Setoohasi 瀬戸大橋

Osaki
瀬戸大橋を渡ると、母の故郷である
広島県の大崎下島の近くを通ります。
このころにはちょうど日も暮れて、瀬戸の島々もたそがれ。



2009年3月 6日 (金)

バソン

今日は某映画のために 演奏する曲の合わせがありました。

その人間的な音色!その名は、バソン。
フランス人そのものです。

Bason

曲はジョリベのコンチェルトですが、私の耳は自分の音より
バソンの個性的な音色にほとんど奪われていました…。

Bason2_2 私の好きな部分のひとつ。

アールヌーヴォーっぽくて、見ていてもステキ!
幸せしあわせ…。

2009年3月 5日 (木)

中学生以来!

こだま554号 新大阪→新富士

芦屋の次は新富士でコンサート。
というわけで、またもやこだまbullettrainで大移動。

お昼なので、お弁当をゲット!

Haruran_2 季節限定!この言葉に弱い

春らしくたけのこご飯!だあれもいない車両で
京都あたりから食べてみた。
・・・と思ったら、車窓どころかトンネルが続いてガガーン。

すごいいきおいで食べてしまった。おいしいです!
野菜の炊いたんが関西風で大好きな味でした。

昔から、車窓を楽しむのが大好きで
高校生の時など、新幹線から見える歴史をしらべて
あの山は、○○合戦では誰の陣だっけと絵をかいて確かめる変なやつ。

Sekigahara
ちなみに、これは関ヶ原付近。
山がせまって平地が少ないので合戦むきです。

2時間40分かかってようやく新富士。
この駅ができたばかりのころ、来たことがあります。
というのは、なんと中学の修学旅行の帰り!

ディズニーランドで一日、
上野公園と国会議事堂で一日、
富士山で一日
(←こんなに遊ぶ学校見たことないと添乗員さんに言われた。)

3日を堪能した熊取北中の生徒たちは
富士急行バスでこの駅に到着し、新幹線で帰途についたのでした。
駅は壁が透明で、富士山がどどぉ~んと見えたのを思い出します。

今日は・・・

Sinfuji
なぁんにも見えません!
曇りでした・・・cloud

そういや、朝ごはんの納豆が関西人でみんな食べられず
納豆がおやつで育ったaiaiは何人分食べただろか??なんて
懐かしいことまで思い出しました。

おかげで、ずいぶん骨太に育ちました!

2009年3月 1日 (日)

かわいい瞳にかこまれて

掛川の翌日は芦屋でコンサート。

2回1クルーのうち、1度目は楽器に親しんでもらって
今回は第2回ということで、ミニ・コンサートでした。

前回もすごいいっぱいだなぁと驚きながら、
けがをしないよう細心の注意をはらっての演奏でしたが
    (前回の様子:http://aiharada.air-nifty.com/blog/2009/02/post-d163.html

今回もぬぁんと!25人もの人がいらしてくださいました。

Asi02 (まさに私の30センチ後ろのみなさま!)

最前列など、半歩足を出したらぶつかっちゃいそうな距離。
しかも端から端までも数歩で行けそうなキャパシティのなか

  「これはきっと、消防法違反だ!?」

なんて、わけのわからないことを考えてしまいました。

場外になってしまったみなさま、寒くなかったでしょうか。
どうぞ、風邪などめされませんように…。



最初に子供たちと前回歌ったドレミの歌をうたったあと、
本気のコンサート開始。

演奏した曲目は

愛(あい)のあいさつ
 あいするしあわせかんじた?ときいたらかたまられてしまった!

チャルダッシュ
 からだごとのりのりできいてくれてありがとう!

ロンドンデリー
 とおいくにのおんがくです。でもにほんのかおりもしますね。

エンターテイナー
 ジャン!っですごいつよいおとをだしたら、みんなびくっとしていましたね。

ブラームスの子守歌(こもりうた)
 ねていいよぉ~っていったらほんとうにぐっすりsleepyのしょうねんがいました!
 ねむってくれてよかったよかった…これでほんとうのこもりうた。


バンジョーとフィードル
 とちゅうからかわいいてびょうしがきこえました!おもわずあわせてひきました。

みなさん、からだごときいてくれてありがとう。
わたしたちもほんとうにたのしかったです。

Asi01

そして・・・・

最後に、なんと白雪姫が4人もいたということで、

(あっ。幼稚園の発表会で白雪姫の役をしたお子さんが4にんという意味です。)

いつか王子さまがを演奏させていただきました。

あっと言う間にすぎさったミニコンサート。
コンサートのあとに、シャンパンをいただいてしまいました。
1杯でおいとまするつもりが・・すばらしい味わいにつられて
さらに飲んでしまったwine

お料理までいただいて本当においしかったです!


幸せなヒトトキありがとうございました。

次回からはすこぉーし大きくなってヴィオラの登場です。
お楽しみに。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢