« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

雨女 VS 晴れ女

あさま578号 上田→東京

Uedaeki

楽しい長野本番が終わりました。

ちびっ子トリオを聴かせていただいたり、
ヴァイオリンを弾いたり、ダボスの丘を散歩したり…

エセ・ヴァイオリニスト

2009年5月29日 (金)

気づいたら…!

もんのすごい時間が経過していました!

本番開始から3時間scissors

みなさま長いコンサートにお付き合いいただきありがとうございました。
そして、いつも素晴らしい環境を提供して下さる
ぷれじ~るのみなさんに心から感謝申し上げます。

Dohonani <ドホナーニ:弦楽トリオ> 

降り番の私は、うしろで1歳や2歳の子供たちと
のりのりnoteで聴きましたよ。

Decluc <デュクルック:ソナタ>

けして、少年二人がタソガレているのではありません…。
噂のヴィオラ版、ここで初演です!
楽しい発見をありがとうYokoちゃん。

Pavan <フォーレ:パヴァーヌ>

いつのまにやら楽譜が天から降ってきましたsign02
でも、大好きな曲に出会えてよかった…

Nandai <フォーレ:ピアノ四重奏曲>

 Yoko:なんだい?

Meisou

 コンジョウ:フォーレに浸ってんねん。


コンジョウさん!イタリア組曲も頼もしい演奏ありがとう。
そのたくましさに惚れました…一生ついていきますsign02(って困る?)

Warai

終演後。なぜか笑っています。なんだっけかな?

あっという間の楽しいひとときでした。
みなさま、長時間おつきあいいただきありがとうございました。

そして…
Quatur_2 

練習の時からずっと、いつも幸せな時間をともにすごしてくれた仲間達です。
本当にありがとう!

2009年5月28日 (木)

長野へ集結!

あさま531号  東京→上田

一週間ぶりに授業再開!
久々にお会いした学生さんたちとともに、しっかり楽しんだ後、
走りに走って東京駅から長野新幹線に飛び乗りましたrun
乗ったとたん爆睡…。もう少しで降りそこなうところだった…。

Asama 無事に降りられてよかったぁ

改札をでると、今朝の4時sign01に大阪から到着した
コンジョウさんとYokoちゃんとクマさんが迎えに来てくれていましたrvcar
遠くからお疲れのところありがとう!

今日から、須坂市峰の原高原でコンサート。
楽しみ楽しみ・・・。

2009年5月25日 (月)

ヴィオラの祭典

Viola_2

今年も始りました!

「ヴィオラの礼賛」
「ヴィオラ作品の紹介と新曲委嘱」
「若手の育成」

この素晴らしい3本柱のもとに、毎年行われてきたヴィオラの祭典。
関わらせていただいて10年ほどになるでしょうか。

今井さんのもと、演奏家ももちろんTVマンユニオンやスタッフの皆さんの
素晴らしいチームワークをいつも感じます。


2009年5月23日 (土)

箱根

作曲家、古曽志先生と箱根の日。
春から煮詰まった同士で逃亡!…ではありません。

aiai のひそかな楽しみは、メトロはこねに乗れること!Metro 到着!

いつもの地下鉄千代田線大手町駅ホームに、ロマンスカーですよ。
すごい違和感です。

aiai のひそかな楽しみ第2弾は、登山電車に乗ったこと。

Tozan1
ただいま、前のタンクに給水中aquarius
急坂をくねくね上るため、車輪と線路の摩擦を緩和するため
水をまきながら走ります!

Suichi スイッチバックの駅!?
あまりの急坂に対処するため、
3回スイッチバックがあります。
そのたびに、車掌さんと運転手さんは入れ替わりに歩きます。

Switchスイッチバックして出発!
スイッチバックを同時にした電車が見えます。

Rikyo
あまりの急こう配をS字で登っていくので
さっき渡った陸橋もこうして見えます。


Methakone
夕方再びメトロはこねで東京さ帰還です。

あぁ、楽しかった。
乗り物大好き!



2009年5月22日 (金)

ストラヴィンスキー大好き

SFJ026 関西→羽田

Kaku

昨日の大騒ぎから今朝はばっちり回復。
長野のコンサートに向けて、最後の詰めです。

関西はインフルエンザにかなりナーバス。
基本的に、仕事以外も自宅待機なんだとか・・・。
合わせも熊取ハウスにわざわざ集合していただきました。

今日のメニューは、ストラヴィンスキー。
彼が1700年代初期のイタリアの作曲家の作品をデフォルメして書いたもの。
チェロ版はよく演奏しましたが、ヴァイオリン版は久々。
メロディーやバスラインは変わらないのに、よくもまぁ遊んだもんだ。
弾くのは大変なのですが、その面白さに体ごとハマリますscissors

ピカソの顔シリーズみたいなものかな。
いろんな表情がいろんな角度から一つのものを形成しているところが…。

そんな面白さが味わえるコンサートは

      
  須坂市峰の原高原 ペンションぷれじ~る

          http://www.nekodake.com/

です。標高1600メートルのさわやかな高原。
おいしいお食事に温かいおもてなしはもちろん!

マニアックな音楽が・・・演奏者の1.5メートル以内で聴けますflair

どうぞお越しくださいませ。

2009年5月21日 (木)

再び関西へ

ANA149 羽田→関西

Haneda 夜の羽田空港第2ターミナル

長い一日でした…。
今夜は本来の自分へ変身しに飛行機に乗った気分です。

一日も早い体の回復、
そして学生のみなさんの元気な姿に会える日を心待ちにしています!


2009年5月20日 (水)

本日の授業0520

今日もマスクと手洗いで教室に向かいます。
暑いsweat01

<視唱3>
今日はフルキャスト。
この半年の取り組みを話し合った後
フォーレのパヴァーヌを2重唱でとりくみました。
旋法と導音の捉え方を考えた後、ふた組に歌ってもらいました。
来週はさらに、深く取り組みます。

<聴音>
今日の記憶聴音はバッハの無伴奏チェロ組曲より第3番のブーレ。
ガヴォットと混乱した人が数名いましたが、
しっかり、リズムとともにスタイルを体得してくださいね。
相変わらず耳の短い皆様、引き続きポジティブに取り組みましょ!

あとは、バッハのコラール四声旋律聴音を行いました。

H.W.内声を書いてくること

2009年5月19日 (火)

本日の授業0519

今日も、授業前は毎時間手洗い消毒です。
大変!

<リーディング1 2 3>
今日は一斉検定です。
Sクラス検定は、

ベートーヴェン:交響曲第7番のホルンパート(←定番です!)
ベートーヴェン:マカベウスユダの主題による変奏曲よりチェロパート

でした。定番を選んで出題したつもりですが・・・
なかなか移調楽器の読み方のほうはむずかしいようです。
しっかりと復習をしておいてください。

<和声3>
ソプラノ課題第3回。
今日は、ドミナント定型を勉強しました。
終止の定型とともにしっかり歌って覚えてくださいね。

<和声2>
やっと和声の公理を勉強しました。
頭ごなしに覚えるのではなく、
理由とともにしっかりと認識して下さいね。

2009年5月18日 (月)

本日の授業0518

朝刊を読むとエライコッチャです。
爆発的に新型インフルエンザの感染者数が増えているではありませんか!

というわけで、週末にまさに神戸と大阪にいた身としては
自主的にマスクです。
教育機関ですし、授業部屋に行く前には手も消毒。
しかし…マスクが暑くて鼻血がでそうでしたsweat01

<和声 II>
属七の和音を総復習。
みなさんの頭はまだまだ連休モード。ポン!と飛んでいます。
そして…いよいよ今日からソプラノ課題に入りました。
頭の固いみなさま、来週からいよいよ本格的に始まりますよ。

<音楽分析基礎講座>
シューベルトの冬の旅の宿題をチェックした後
今日は、チャイコフスキーの交響曲第5番第2楽章。
非和声音の味を、味わっていただく・・・ところまでは行きませんでしたconfident

H.W. モーツァルトのクラリネット協奏曲を大譜表にかいて分析。
   鍵盤実習3をしっかり練習

みなさん、手洗いうがいをお願いいたします!

2009年5月17日 (日)

強い風

ANA36便 伊丹→羽田

Itami

今朝は本来、芦屋の子供たちにコンサートの予定でしたが
周知のとおりのインフルエンザ騒ぎで急きょ延期となりました。
6月には、また元気な子供さんたちに会えますように…。

公共の乗り物に乗ると、少しでも咳をしようものなら
ギロっと視線を浴びるので、皆さん敏感になっていることがよく分かります。
私も昨日は神戸、今日は大阪とまさに渦中を移動。
マスクを持ち歩いて…そういやぁ着用はしていませんsweat01

午後は、月末にある泉南市の混声合唱団コンサートの練習。
みなさんスンバらしい声量と歌声で、本番がとても楽しみです。

合同練習が思ったよりはやくあがり、離陸1時間前には伊丹空港に到着。
今日の大阪はオソルベシ強風。
これからのフライトは大丈夫なのかsign02

2009年5月15日 (金)

音の描いた先は…

ひかり481号 東京→静岡

静岡音楽館AOIへ。
AOIは、開館以来コンサートへ年齢制限を設けていません。
今日のプログラムも、ベートーヴェンからベルクまで
けっこう踏み込んだプログラムでしたが、
ちいさな子供たちが音の飛ぶ方向を手をかざして描く様子は
とても微笑ましいものがありました。
次世代を育てていくこと、そのことは
音楽で生きている自分にとっても大事な使命です。
そのことを、改めて強く感じました。

Sizuoka
↑静岡音楽館AOIのそろい踏み!

手前のチェンバロは特にスンバらしいです。
うっとり眺めてしまう…

その静岡音楽館にきた演奏家が時間をぬってでも通うお店。

Tonkatu

激ウマのトンカツです。
今日は時間がなかったのですが、お持ち帰りで頂きました!
あぁ幸せconfident

2009年5月14日 (木)

懐かしの穴

今日も朝から楽しい一日。

なかでもソルフェージュ I では、3人アカペラの発表。
曲はプーランクのアヴェ・ヴェルム・コルプス。
よく、声の出るクラスなので各々のグループに
なににこだわって表現したいのかを話してもらって
演奏していただきました。
真剣すぎて、あっと言う間に時間が過ぎ…のこり10分。
なぁんと、サザエさんをみんなで移旋して歌いました。

変わったクラス…sweat01でも、好きです!

その後もトロンボーン曲で連符の演奏の仕方を取り組んだり
午後はダラハー組コピーライトを新人に紹介したり・・・

半日で1日ぶん!?の濃さで過ごした後、
今日は上野へ。
母校でメンデルスゾーンの室内楽演奏会。

Geidai

懐かしい音楽学部の校門の穴です。
夜になると閉門するので、この穴から身をかがめて出入りしたものです…。

2009年5月13日 (水)

本日の授業0513

<聴音>
今日の耳をのばす訓練は、ガヴォット第2回ということで
バッハの無伴奏チェロ組曲6番より。

前回のガヴォットで1拍目に着地の強拍がどうしても感じられなかった人
今日、しっかり身についているかを試しました。
耳の短い人!しっかりと音楽を長いフレーズでとらえられるようにしましょう。

<視唱3>
今日が授業初日となりました。
3年生の大きな課題は短調とは。
当たり前のことを、歴史とともに再認識です。
完全音程だけの世界から人間の感情を表す音程へ。
人間はいったいどこで明るい暗いを感じているのかを
もう一度理論で裏付けた上で、実践してみようタイム。

なんと、例にアンパンマンが採用されました!
前代未聞だsweat01

っと言いながらも、どの旋法で表現するかをみんなで決めた後
しっかりこだわりを持って歌いました。
そしたら…さらに発展して、ジャズ科のKさんの即興伴奏にのって
さらに新しい構成がクラスのメンバーで創られ…。

この先が楽しみなメンツです。

「だれもやっていないことをやろう!」

この力強いセリフ、しっかりききましたよ。
私にとってこんなにうれしいセリフはありません。

一緒に、過ごす半年がとても楽しみです。

2009年5月12日 (火)

本日の授業0512

<和声3>
いよいよ、ソプラノ課題の取り組みへ。
今日は終止について学習。
全終止のフレーズはどこからはじまるか、
途中の終止の聴き分けなどなど・・・。
けして、紙上の学習とならないよう、これからもたくさん歌いますよ!

<リーディング2>
今日もまず冒頭は、さまざまな音部記号で移調。
いつもは元気に歌いますが、今日はピアノで弾いてもらいました。
来週は、いよいよ一斉検定です。

<和声2>
連休明けも、爆発的に元気なクラス。
たまの休みは、違う世界で心をいきいきさせてほしいので
「宿題やらない人は宣言していいよ!」といったにもかかわらず
全員宿題をやってきてくれました。
今日は、三和音基本形の総復習。

そして最後に…、みんなの合唱曲を聴かせていただきましたnote

<リーディング3>
変拍子強化クラス。
途中の5拍子7拍子で卒倒しそうになりながら
さりげない前奏曲を全員で必死に通しました。

このクラスは、今日をもって最後!の予定です。
来週の一斉検定、ファイトぉ!

2009年5月11日 (月)

本日の授業0511

<和声 II>
今日は属七の和音の続き。
もっとも重要な、全終止とVIの前の属七について学習。

来週からはいよいよソプラノ課題です!

H.W. 属七の各々の課題をやってきましょう。

<音楽分析基礎講座>
今日はベートーヴェンのスプリングソナタ。
弦楽器のクラスなので、和音とボーイングのかかわりについて少し。
最初のLaの音を、アップで始めるかダウンで始めるかについて、
意見をきいてみました。
まだまだ実感がわきにくいようですが、
考え方としてこういうのがあるのだ…と経験していただきました。

最後に少し、非和声音について。

H.W. 基本カデンツの移調と演奏。

2009年5月10日 (日)

久々の窓際

SKY 112  神戸→羽田

いつも通路側ですが久々に窓際をとってみました。
Jouku神戸から西へ…

ここから大きく旋回して東京へ向かいました。
今日は羽田がラッシュ!離陸前の段階で5分の時間調整がありました。

CO2削減です。

2009年5月 7日 (木)

雨のフライト

JAL183  羽田→関西

肌寒い日が続いています。
今日のフライトは、低気圧の前線の影響で揺れますとのこと。
本当に揺れましたsign04

しかし、それがゆりかごになって、さらに爆睡sleepy
気づいたら、どぉーんっと関空着陸の衝撃。
しっかり睡眠をとってヴィオラ・ワールドにむけて充電完了gasstation

Kanku
(↑国内線飛行機の羽の先端は軽く折れている場合が結構あります。)

今晩は、デュクルックの合わせ2回目。
ヴィオラ版のデュクルック、密かに話題を呼んでいます。
本番は今月末から始まりますよ。

2009年5月 6日 (水)

また来るけんねぇ

JAL1608 広島→羽田

Hiroku_2

広島弁満載の2日間でした。
夕方から東京で授業。はたして標準語は大丈夫かsign02

2009年5月 4日 (月)

ガランゴロン

こだま653号 熱海12h46→14h46名古屋 9号車8番
のぞみ31号 名古屋14h53→17h05広島  10号車3番

今日から広島。
人のごった返す熱海駅で、こりゃぁ、えらいこったなぁと思っていたら
新幹線の中はガランゴロン。

Beer_2 今日の地ビールは熱海のエールbeer

ひたすら4時間、楽譜とにらめっこしていたらあっというまに広島へ。
新幹線から、我が広島カープbaseballの新球場が見えた!
Baseball_2
そして、試合には負けたらしい…。トホホ。

2009年5月 3日 (日)

プチ逃亡

Kaban 旅するカバン

熱海の野中山へ逃亡。以前、同僚の組長さんのマンションに訪れて以来。
いつも、素敵な鳥の声に囲まれます。

Spring

あぁ、バッハに追いかけられる日々…。ってちゃっかり飲んでるのは

Goten

御殿場地ビール、ヴァイツェン!

2009年5月 2日 (土)

いい天気!

こだま657号  東京→熱海  9号車10番
          12h56  13h45

今がきっと一番良い気候に違いない。
今朝は、朝日をあびて5時前に目が覚めました。
Asahi 我が家から

今日は午後から静岡に出かけます。
バッハの編曲が全く間に合っていないので(本来締切は4月!)
ぎりぎりまでカキコキカキコキしてタクシーで東京駅へrun

座席に着いてふと外を見ると!不思議な光景が…
Tokio_2 東京駅16番ホーム新幹線より
なぜ、線路わきに自転車がsign02
そして、ホームの上にはピンクのユニフォームのクリーンスタッフさんたち。
連休もこうしてお 掃除して下さる方々のおかげで
とても快適な旅ができます。

乗り継いだ電車でさらにびっくり。
なんと、座席が窓のほうをむいています。
Izukyu_2そして目の前には絶景!

夜のカキコキのお供は、やはりbeer
Izu_3 全4種類ある伊豆の地ビール

うぅ、カキコキ終わらない!
学校のない連休中にどうにかせねば…。

ひぇ~sweat01

2009年5月 1日 (金)

未知との出会い

今日は金曜日。
平日のうち、唯一教員奉職のない曜日で
放浪のおサル aiai は大学に近づくことは全くありません。

しかし!今日は朝から自分の様子がおかしい…。
やたら早くに目が覚めて、そわそわと楽譜と友達。

なれた通勤電車から降りて、らったらったらぁ~noteと走った先は
新横浜駅から到着するバスのバス停。
なんと、合わせのためだけに兵庫県から新幹線に乗って
ヴィオリストyokoさんが来てくれるのだ。

そして・・・、サクソフォーンではよく演奏される曲を
今日はヴィオラで聴くことができるのです。
その作品は、デュックルックという作曲家のソナタ。
私もサクソフォーンとは演奏したことがあるのですが
ピアノ譜には、サクソフォーンではなくヴィオラの音が書いてあります。

ヴィオラで聴きたい!と思いながら妄想していた音。
想像以上でした!
音の運び、フレーズ感、色合いなどなど。
一つの景色を、全く違うタッチで描いている感触。

あぁ、これを予感して朝っぱら早くから目が覚めたんだflair

合わせのあいまに、サクソフォニストO氏と遭遇。
その時の会話、笑いました。

aiai:「デュックルックのヴィオラ版、ムチャおもろいですよ。」

O氏:「だって、あれはヴィオラの曲だよ。どう考えても!」

yokoさん:「えー、サックスの曲ですよやっぱり。」

・・・

お互い、ないものねだりですconfident ハイ。
「ほな、いつかサックスとヴィオラ両方の版を一つのコンサートでやろか。」
ということで一件落着。楽しみ楽しみ。



作曲やさんは、未知のものとの出会いは大好き。
コワイより先に、興味シンシンで頭を突っ込む。
どうやらヴィオリストもそうらしい。
誰もやっていないことに頭を突っ込む人種。
とくにyokoさんはマニアック路線。
ちゃっかり、図書館で「誰の作品やねんこれ?」という楽譜を発掘して
関西にお帰りになりました。

どの楽譜も、

「私を開いたのは、yokoさん。あなたが最初です。」

と、言ってましたぜscissors

演奏される時は、聴きに行きます!
ぜひお知らせくださいね、yokoさん。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ