« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

こころのこり

なぜだか、関西滞在になってしまった年末。

行きつけのやきとりやさんでたのんだもの「こころのこり」

Kokoro

この1年、こころのこりは何にもありません。
精いっぱい過ごしました。

人の出会いには本当にめぐまれ…。

皆様には本当に感謝です。
また、来年もよろしくお願いいたしまっす。

あっ、ちなみに焼き鳥でいう「こころのこり」は
ハツのまわりのぐちゃぐちゃしたもので、けして見栄えの良いものではありません。
しかし、本当においしいのです。

いやぁ、最後にグチャグチャした心残りもパクリっといただいちゃって・・・
思い残すことは何にもない!

なんて、積極的な1年の締めなんでしょsign02

2009年12月28日 (月)

どんどんやってくる

さすがに師走run

どんどん楽譜やらCDが毎日のように滞在先へ送られてきます。
今日のお届け物は、ダールのコンチェルト。

さっそく譜読みしたら、指向ががストラヴィンスキーと似ていた…。
でも、なんか違う。何者?調べなきゃ。

昨日は、尾高尚忠のフルートコンチェルト。
大学1年時の和声学の師匠、尾高惇忠先生のお父様。

(よく、上野駅のホームで宿題やっていたら「先にいくぞ!」っと言われたっけ!?)

さっそく譜読みしたら、やたら増六の和音と増三和音が多くて
どこに向かってよいのやら頭が混乱。
しかし、あの時代にこんな曲が書かれていたなんてすごい。

他にも・・・ 文字通り テン・テン・テン 。

みなさん、色んな滞在先にタイムリーに送っていただき
ありがとうございます。

ついでにお正月休みも同封していただけますかsign02

2009年12月27日 (日)

食べ物スケイプ!?

冬の関西で出会ったもの

Tabe1 クリスマス!

どとうのクリスマスコンサート後に丸焼きしました。

お庭からハーブ摘んで!しかし1時間半以上もかかったなぁ。
焼きあがったのは夜中…。

冬の風物詩 Tabe2 かき!

広島の親戚から祖母のうちに届いた時に滞在。いいタイミングだscissors

ほぉらshine

Tabe3 ぷっくり!

モチロン・・・Tabe4 どどぉ~ん

2009年12月26日 (土)

ランドスケイプ 太陽

Kesiki3 11月峰の原高原 10℃

12月景福宮 -6℃Kesiki2

Kesiki1 年末の泉南 10度

太陽とそらは、地球上みんな同じ空間をみている・・・

2009年12月25日 (金)

素直な力

今年もやってまいりました、芦屋のクリスマスコンサート。

O先生の「音楽は人間を豊かにする」という信念のもと育った子供たち、
幼稚園から巣立っていった卒業生、そしてご父兄のみなさまによる
それこそ、みんなで作り上げるコンサートです。

私の役割はステージマネージャー。
みんなが、普段のそして普段以上の力を発揮できるように
舞台上を転げまわっておりますscissors

いつもなら、そのことだけに集中していれば良いのですが、
今年は、いろんな事情が重なりまして・・・全員によるバッハの
クリスマスオラトリオでオルガニスト+花形のトランペットsweat01も降ってきた。

いつも、子供たちの底抜けの素直さと緊張感、集中力に
ついつい魅かれながら、舞台袖役に徹してきたのに
その立場に自分が立たねばならんとは!っといいながら
しっかりと、楽しんでまいりましたsun

なんたって、すぐ隣にはかわいい子供たちの合唱団。
ドイツ語を懸命に歌う姿は、イッチョまえの音楽家。

そんな皆と演奏できる事が本当に幸せなのです。

最後は、恒例のクリスマスキャロル・ロンドンシンフォニー版。
演奏者全員による合唱隊の指揮をしながら皆の顔をみると・・・

「あいせんせぇ~」と手をつなぎにくる甘えん坊の幼稚園組の真剣な顔。
なんたって今年舞台デビューですから!

「あれ、どこ弾いてるかわからなくなっちゃった…」と立ち往生する
やんちゃな1年生組も今日は大きな口をあけてしっかりと。
やっぱ、そうだよね、みんな実は音楽が大すき!

そのうしろのお兄さんお姉さんたちの音楽を楽しんでいる表情。
なんだか、サンタさんも居たような?

忙しくて写真撮れなかったぁ Con1

今年も本当に幸せな一日でした。
来年も、みなさんと合えますようにxmas

2009年12月24日 (木)

メリークリスマス!

毎年、この時期は神戸に居ます。

今日は明日のコンサートのゲネをしっかりとおこない、芦屋に移動。
20時半から初めて、クリスマスの礼拝に参加させていただきました。
「クリスマスイブ 燭火礼拝」ということで、
一人ひとりがキャンドルを持って、讃美歌をうたい牧師さんのお話をききます。
まるで、みんなが家族のようなあたたかい空間でした。

それから、なんどかお世話になった芦屋のレストラン「カーサ・ベリーニ」へ。
シャンパンと葉巻のお店をAさんが始められたとのことで、
お祝いをひとこと申し上げにチョイと・・・っと思ったら、
しっかりと、すんばらしいお食事までいただいてしまいました。

おいしそうなんだもの…Cake帰れない!

今から、再び練習なんだけれどなぁーなんて思いながら
モチロンwineも。あぁ、飲んじまったsweat01

なぜか、飛び入り参加で知らない曲を弾いてしまったような???
店長Kさんの歌と大フィルカルテットとも共演させていただいたような?

不思議なイブでした。

みなさんにも、素敵なクリスマスとなりますように!

2009年12月23日 (水)

ミックスジュース再び!

兵庫県三木市にほど近いところで今日もクリスマス・コンサート。

Mix

演奏メンバーとも、9月の銀座以来のコンサートで楽しみ!
しかし…、コンサートのプログラムが不明というオソロシぃコンサート。

なんだか今日も予想外のものが降ってきそうなsign02

  ・・・ふってきました。yokoさん、どーしてっspa

最後の花のワルツでは、さらなる大事件がsweat01

途中、ピアニスト aiai はパーカッショニストに変貌。更に・・・
ピアノの中から巻き物を引っ張り出す変なヒトに。

それが、長いのよ!

ひぱってもひっぱってもどんどん出てくる。
なんたって、ラ・フォーリアのスコアですから。

なんでこうなるねんsign03

このメンツのコンサート、かならず事件が起きます。
気をつけねば…オソロシオソロシ、

  「メリメリ・クリスマス」

でも、ここのミックスジュースは最高!

2009年12月22日 (火)

どうした?

合わせに出かけようと、橋のたもとのバス停にたどり着くと…
道路反対側の家より、真っ直ぐこちらへ向かう1匹の影。


橋を歩きながら、家の塀にプクっとふくらんで丸まっている君と
確かに目が合った。そして

 すいよせられるように、まっすぐと。

デコボコの道を渡り、私の目の前にあらわれたきみ。

 (なんだなんだ?)

それなのに…
一緒に戯れる幸せな時間もそう長くは続かなかった。

プシューdashっというバスのエンジン音とともに君の姿は・・・消えた。
突然消えた。

 目で必死に追ったのに。

手に残ったのは君のぬくもり、そして滑らかな毛触り (!?)

って、ネコなんですけどね。Cat

私のコートがそんなに好きかい? また、会おうなpaper

                                        大阪府阪南市にて

けつねうろん

失礼!関西でもけして品の良いことばではありませんが・・・

 「きつねうどん」

の事です。

明日のミックスジュースコンサートの合わせが有ったのですが
ぎりぎりに天下茶屋駅に着いたので、久々に立ち食いうどんnoodle

懐かしい味・・・。

そう、高校生のころまで夜に市内へ出る日には
制服をきたまま(スカートですよsecret)立ち食いうどんやに入ったものです。

天王寺駅、もしくは新今宮の階段途中の立ち食いうどんやさん。

いつもおせわになっていたのは

 shine「かけうどん」shine

いわゆる、素うどんの事で、1杯たったの180円。
100円玉を2枚握りしめ、おじさんに交じって良く食べたもんだ。
たまぁに、少しお小遣いがあると200円のワカメうどんに格上げ。

きつねうどんなんて、なかなか食べられなかった…。
(ちなみに今日のキツネは380円)

関西のうどんは、関東と違ってつゆの色がうすく、ダシがきいている。
そして、アサツキ(細い青ネギ)が少々。

これを食べると、心も体もあったまって
「さぁ今日も頑張って弾くぞぉ。」っと、はりきって
のれんの外に飛び出したもんです。

あぁ、懐かしい味だった。

ちなみに、明日のコンサートのチケットは完売でございます。
お問い合わせいただいたみなさま、申し訳ありません。

2009年12月21日 (月)

授業おさめ

ANA975  羽田(21h→22h15)関西

今日で大学も年内授業は終了。
和声 III の皆さんにも、音楽分析および和声 I のみなさんにも
たんまり宿題をだしました。

お休み中、いつでも送ってきてください!

新年また皆さんにお会いするのを楽しみにしています。

今日の夜おこなわれた、U先生門下の試演会伴奏をもって
今年度の大学の奉職は終了!
やっと、自分の世界に戻ります。

終わったとたん・・・羽田へ直行run

ラウンジもがらぁ~んLounge

Kansai 関空到着!

関西人はセッカチ。
飛行機が停止してもいないのに立ちあがってどんどん荷物を引っ張り出す。
キャビンアテンダントも着席中だから、入口のドアはまだまだ
あかないと思うんだけど・・・sign02

早くおうちに帰りたい気持ちがそうさせるのですかね。
お気をつけてpaper

2009年12月20日 (日)

掛川コンサート延期

先日よりお知らせしさせていただいた本日の掛川の子供コンサート。
新型インフルエンザの影響により、来春に延期させていただきます。

関係者みなさまの回復を、心よりお祈り申し上げます。

演奏家の私たちも、どこに行くにもマスク。
とはいえ、気づいたら新型だった…という方々と
濃厚接触の機会多数。

なのに!全く感染の気配すら無いのです。
同僚の先生方は、「aiaiのことだから、抗体を既にもっているんでしょ!」

っと言われるのですが、そんな記憶もなし。
チョイとだるい日も有ったなぁと思っても、それはきっと二日酔いsign02

これから年間ワースト3に入る忙しさ。
過去にこの時期、同居人がノロウイルスにかかった時には
半別居状態が続きましたsweat02

帰宅して、家のドアを開ける前にまずマスク。

そして、同居人がお手洗いに行くたびに全身防御で
消毒掃除。


それ以外は、ほとんど外泊。
音楽やさんは、代わりがいないので本当にシビアです。

っとは言っても、実は譜めくりしてくれた人が気分悪げだったのが
本番終わり次第病院に行ったらノロウイルスだったとか。
その時も、半日ばかり濃厚接触だったにもかかわらずうつらなかった。

そういや、幼少のみぎりにも海外の演奏旅行で僻地に行った折にも
皆が水や疲れに体調を崩す中、私だけ全くノープロブレム。

おかげで、演奏者の誰が倒れた場合というすべての臨時プログラムにも
aiai はすべて全のりでシフトされていました。(←この子のおなかは野生並みと読まれた!?)

病気のときには、しっかり療養。

また、近々静岡の皆さんにお会いできるのを心より楽しみにしております!

2009年12月19日 (土)

世界の旅

いやぁ、楽しかった!

廻った国は

 ドイツ フィンランド 日本 フランス ハンガリー
 チェコ アメリカ スペイン ベルギー ポーランド

そしてアンコールで

 ロシア キューバ!?

サントリーホール館長のチェリスト、T大先生プロデュース

~チェロとピアノで周る世界の旅~

Sekai

国数もさることながら…曲もすごい。
お伴する方が、目が白黒しそうな曲の数々typhoon

ラウタヴァーラ(フィンランド)の曲なんて、はじめて出会いました。
クラシックから現代まで、普通に並んでいるけれど、実は!
すべてが全力疾走dashのコンサート。

なんといってもT先生のチェロがすごい。
聴いているみなさんがみんなひきつけられてしまう熱演。

あそこまで、いってしまう方もそういない・・・。ハイ。

終演後、サントリーだけあってスパークリングワインで乾杯。
お土産までいただいてしまいました。

Sunt_3TSUTSUMI PRO.

演奏家にはうれしい、消しゴムつき鉛筆pencil

あ・・・ちなみに、アンコール曲のキューバは
ラヴェルのハバネラ。これをキューバというのが大先生の魅力sun

国民性

NH1292

チョイと普通の写真も。
Asahi よぉく晴れましたsun

しかしっ、寒かった。最高気温がマイナス6度。
1年で一番寒いかもよっと地元の方。

みんなとても強い!そして心がやさしい。
言いたいことは遠慮なく言って、たまには喧嘩にもなるけれど
後はすっきり、仲良し。
ヨーロッパと似ているかも。大陸につながっているからかな。
中国でも同じエネルギーを感じた。

伝統楽器の奏者と演奏していて、とにかく強い!
理にかなってようと、かなってなかろうと関係ないのだ…。

最初は面食らったけど、でも心に正直になれるので
結局、なっとくいく音が奏でられて気持ちがよい。
なんてことを、思い出しました。

強さの元rock

焼き肉!Yoki1 


    その真上には…

Kanki 伸縮自在の換気扇typhoon

肉の間近までおろしてこれるので、強力!

鳥のおなかに栄養つめたおかゆ
Samuge サムゲタン

最後の一滴までSamu2 
こうしていただく。みんなそうしていてびっくりした!

ちなみにお隣は、兵役休みの人。町中で結構見受けられた。
北朝鮮との緊張状態も、街には普通に。

さて、日本に帰り次第再びお仕事。
元気を吸収して、向かいます。

Kimpo こっそりcamera

5時間後には抜けるよねsign02Loung

            アシアナ・ラウンジにて韓国のビールbeer 飲んじまったsweat01

2009年12月18日 (金)

なんか変 !?

昔から、旅に行くと写真の撮り方が人と違うらしい。
中学生の時に行ったドイツのアルバムを見てみると
写っているのはほとんど・・・

 道路標識scissors なんでやろ?

たまぁに、コンサートの様子もあるけれど…
あっ、あとはモチロン食べ物の写真。

っというわけで、今回も気づくとおかしなものが!

行ってみようsun なんか変!?シリーズ。

Hen1 なんだ?水やさん?

マイナス10度の夜のお散歩中に発見。寒い~snow 
シとツが難しいのかな…

街角のはんこ屋→Hen2

               「だなが」ってなんだい?

しかも、その上も豊臣秀吉だって。よく知ってるなぁ。

Hen3 サムゲタンやさんの伝票

よぉく、読むとやっぱりオカシイsnow
きっと…ってひょっとしたら要らなくなるかもしれない番号か!?

変な癖はやめられないなっscissors

2009年12月17日 (木)

ちょっくら

NH1291

ちょっくら出かけてきますpaper

Haneda 都内某所から脱出

着いた先は・・・

撮影禁止の空港airplane

街中には、見慣れた・・・しかし何か違うもの。

Seven しゅわっち!

某コンビニFami_3

ケンタ?Kfc

Macマック?

   Lottelia 王道の・・・

おっとっとOtoto

      な旅はつづく・・・

2009年12月16日 (水)

宇宙人

今週末の掛川こどもコンサートにむけて
今日もふたたび、宇宙人ゆうちゃんと合わせ。

中でも、シンデレラ・セットが更にパワーアップしてしまったsweat01

題名も「シンデレラ・もどき」から「シンデレラ・かも!?」になぜか変貌。

彼女と合わせをすると、毎回音楽が変化していくので
本当に楽しい。
しかも妄想が激しいときたもんだsweat01sweat01

基本には忠実に。でもそこから毎回毎回あふれでてくる
宇宙からの!?インスピレーションに
宇宙人同士で、よくワカラン会話をしている。


一つの楽譜から、毎回新しい発見を普通にみいだせることの
楽しさを、いつのまにやら実行してしまう。

そんなゆうちゃんとのアンサンブルを、いつも楽しみにしている
aiai でありあましたsun

でも・・・

ちょっぴりコワイsign02

2009年12月15日 (火)

ピアノの椅子

間宮芳生先生の80歳を祝うピアノ作品コンサート。

都内某所のホール。ここの響きも好きだ。

Hakuju

いずれも先生とゆかりの深いピアニストたちが集まった。
中嶋香さん、舘野泉さん、小山実稚恵さんなどなど
一度のコンサートで、こんなにたくさんのピアニストに出会うことは
なかなかない!

っというわけで、かなり楽しんでいたのですが
今日はなんと椅子が3種。しかもみんなベンチ椅子。

普通のもの、イタリア製、そしてナントカ(失念!)。

しかも驚いたのが、その特質をすべてご存じな方もいらっしゃるということ。

まだ座ってみてもいないのに「イタリア製の硬さがすきなの。」と
おっしゃるピアニストも・・・。

確かにピアニストにとっては、椅子も大事。
例えば、高音に偏った曲で椅子が横に長くないと
体重移動がうまくいかなかったりする。

(私はその辺、無頓着なのですが・・・。)

しかし、硬さとなると考えたこともなかったflair

間宮先生の作品の音選びがとても好きな人間としては
今日は贅沢な日。
ゲネが終わったとたん、ロビーに楽譜を買いに走ってしまったscissors

間宮門下の野平先生の音の選び方も、真髄はここにあったのかと
これまた妙に納得。

本当に良いものを、先入観やはやりにとらわれることなく選ぶ、
そのコスモロジーを改めて感じさせていただいた日。

幸せ。

2009年12月14日 (月)

本日の授業1214

いやぁ、月曜日はまだまだ授業があります。
今日はうっかり「良いお年を・・・」っと授業で言いそうになってしまったsweat01

<和声III>
ドッペルドミナントの下方変位。
とうとうやってまいりました。いつも頭がコンガラガッテしまうところ。

みなさんは1年生の音楽分析基礎講座で一度出会っているのですが
・・・ややこしいっという記憶とともによみがえってきたらしい。

でも、とても次を期待させる強い和音で、
実際みなさんが演奏される曲に、実は良く出てきています。

今日はモーツァルトのクラリネット協奏曲を例にあげましたが
実際自分の取り組んでいる曲で感じてくださいね。

<和声 I>

相変わらず、ノーテンキなクラスです。
いつもなら、どよよんっと暗めのノーテンキですが
今日はわりと明るい。なぜだ??

今日はいよいよ属七の和音を具体的に勉強しました。
まだ全終止のときの扱いのみですが、
いままでにない不協和音程が生む音楽の流れ方を
しっかり感じてくださいね。

では、また来週paper

2009年12月13日 (日)

そろそろ

気づくと、まちかどいたるところ・・・

Rara

クリスマス!

長野で、少年チェリストらららくんよりプレゼントをいただきました。

ありがとうsun

しかし…、再びエライコッチャな時期だな。コワイコワイ。

2009年12月12日 (土)

来年にむけて

あさま530号 長野→東京 

Sora アルプスの山々

今朝は晴れ!そしてスキー場開きの日。
朝のお散歩に出かけると、ゲレンデの準備をしている様子が
空にでていました。

Gerende 雲海のような?降雪機雲?

浅間山もきれいに冠雪していて、煙なのか雲なのか・・・!?

Asama

実は…今朝がたまで、来年のコンサートについて色々話し合いました。
次世代につないでいく、大事な機会として出来る事…。

中学生の時にロストロポーヴィチの背中から経験したことが
私にとって、自分が音で表現する事の大事な原点となっているのですが、
色んなことをお話をしながら、今一度そのことを考えました。そして
ご霊前に送ったメッセージに対して、いただいたメッセージのことも。

あの時にメッセージで自分が誓ったこと、そしてメッセージにあった
ロストロがなさっていた行動と思い。

それらは、音で表現する自分にとって大事な「使命」でもあります。

まだまだ微力とはいえ、本当にそのこととしっかり向き合っているだろうか…。

あっという間に、東京に帰る時間がやってきました。
帰ろうと思ったら・・・

Kiji

なんと、キジが横切った!これは何かのしるし??

来年の長野峰の原高原のコンサートは更に次への第1歩foot
概要は決まった!

楽しみ楽しみsun

2009年12月11日 (金)

さむぅーい

さすがに長野の1500メートルは寒いsnow

今日は一日中吹雪dash
しばらく走りっぱなしで、ゆっくりと自分を振り返っていなかったなぁ。

っというわけで、お手紙を書いたり本を読んだり
溜まりにたまったメールの返信をしたり。

そして、新たなアイデアに燃える輪に少ぉしだけ参加させていただいたり…
                        (オジャマしました!)

夜は久々に、みんなとおいしいご飯をいただいたあと

子供たちと好き放題一緒に演奏ターイムscissors

弾いても弾いても、

 「次!」


 「つぎぃ!」

 「ねぇ次はぁ?他になんか無かったっけぇ??」

っと、出てくるわ出てくるわの音の旅。

ありとあらゆるジャンルの曲を、4人で弾き続けました。
楽譜は一切ないので・・・

 ハモリあり、分業ありscissors あっ分解もあったな。


あぁ、楽しかったsun

るるるくん、らららくん、Sらくん、ありがと!

2009年12月10日 (木)

感謝の日

長野に着くと…こだわりのチーズ屋さんから発展した
イタリアンレストランへ連れていっていただきましたrestaurant

Kama 「Jioia」本格窯ピザおいしい!

地産地消をかかげて、楽しく健康。
店員さんもみなさん、喜びをもって接してくださいます。

あまりにおいしくて、「お料理の名前をもう一度・・・」と言うと

Menu すべて書いてきて下さった!pencil

あぁ、ゴルゴンゾーラ、ルッコラの濃い味、うまみが120%引き出されたきのこ…
ぜひ、直接味わってみるべきです。ハイ。


そして、デザートでビックリの大事件eye

なんと…Arigato_2

メッセージ入りのプレートがsign01

うぉ~。もったいなくて食べられないぃ~っ!

・・・て、食べちゃいました。

いつも、こちらこそお世話になってばかりいるのに
Kさん、M4さん、本当にありがとうございます。

 心がとけました。

そのあと、頭も溶けました。
なぜなら、窯の直近前まで近寄ったからsnow

炎のゆらぎは、やっぱり温かいです。
近くまで寄らせていただいて、ありがとうございました。


こうして、身も心も温かい夜は更けていく・・・。
今日も感謝!

楽しみな日

あさま535号 東京(16:44→18h29)長野 

今日で木曜日系の大学の授業も年内終了。
(月曜日系はあと2週間もありますsweat01

木曜の午後はキーボードハーモニーの授業をしているのですが
毎年、数字付き低音の根本に触れてもらいたくて、
オルガンを演奏してもらう機会を設けています。

今年もオルガンの先生の許可を頂いて、今日がその日。

Org

ふいごから送られた空気が管を響かせる感覚、その管を(音色)を選ぶ意味、
そして、音色としての8フィート 4フィート 2フィート他にも3度上5度上の音を
足したりする倍音と音色の関係をear耳で体で体験すること。

そして・・・一度間違えると響きわたってしまう恐怖感!(いや、音を発する責任感!?)

いつも、ピアノという楽器でペダルに頼っていたことも
すべて指でつなげるレガート、そしてそのことは和音の取り方と密接なこと。

などなど

こんな風に書きだすと、エライコッチャsign03と思うかもしれないけれど
みんな楽しんで取り組んでくれました。

この後、長野へrun
熱中しすぎて、完全に予定よりギリギリになっていまった。

Nagano なんとか間に合った~sweat01

2009年12月 9日 (水)

掛川の子供コンサート

学校が終わり次第、狛江へdash
今月、掛川で子供たちのコンサートをさせていただくのですが
その合わせをしに、クラリネットの裕ちゃん宅へ直行。


彼女のおうちには、
留学先から連れて帰ったプレイエルのアップライトピアノがあります。

Pureiyeru

やはり、宇宙人のゆうちゃんとの合わせはただではすまないsweat01
色々、曲目は打ち合わせていたのが・・・
会うなり

「パヴァーヌもやろうよ」っと一言。

誰のだ!?っと思っていたら、やはり王道ラヴェル。(しかしクラリネットとは初だな)
そして一緒に演奏し終わった後、


「むかぁし昔っなんて語りとか合いそうね。」っとうっかり言ってしまったら最後。


あっという間に

 シンデレラcrownもどき

が出来上がってしまった・・・
 (途中、どくりんごappleやら野獣leoやら?いろんな話がゴチャゴチャになりかかった瞬間もあったな)

いやはや、どんなコンサートになるこったら!?

そんな、子供コンサートは12月20日(日)に掛川のGala 工房さんにて。

お問い合わせ:Gala 工房 0573-21-1893 (TEL&FAX)

2009年12月 8日 (火)

本日の授業1208

2009年の火曜日の授業もこれで終わり!(あ、他の曜日はあります)

リーディングは検定。理論はテスト返却や、復習にて終了。

冬休みの宿題もたんまり出しました。
メールでもFAXでも郵便でも、どんどん送ってきてください。

更に!新たな宿題をお送りしますscissors

良いお年を・・・

2009年12月 7日 (月)

あぁ・・・試験問題

せっかく、夜には家へ帰ってきたのに!
1時間しかさらえないうちに、今日がおわってしまうsweat01 それは・・・


 「試験問題」 

学生にもイヤぁな響きかもしれないが、音楽やさんにイヤァな響き。

学校奉職をしていると、もれなくこのオソロシー現実と向き合うハメになります。
受ける方も大変だろうけれど、作る方も大変!

第一good、音楽をどうやって試験にするのかでかなりのストレス。
なので、基本と応用を明確にコントロールする必要があります。

もっとも、心がけている事は

「基礎の定着」 そして 「音楽家としてどう生かすか」

基礎というのは、後で自由になるためにも土台としてしっかりと
身につけるもの。
でも、その基礎というのも、
音楽のなかでどう生かされていうのかという視点を忘れて教えてしまうと、
音楽とはかけ離れた事務的で空虚なものになってしまう。
        (↑それでも、基礎力が確実につくなら良いという考え方もあります。)

しかも、高校や大学ともなると、調教ではなく文字通りの教育なので
ひとりひとり、個性のきらめく生徒たちとしっかり向き合わなくてはならない。

そうすると・・・ある程度試験問題も人を縛るものではなく
自ずから考えて道を創っていけるものとする必要があります。

はぁ、むずかしいdash

そして、その時同時に大事なのは、理論でも実技でも

 「教える側がまず音楽が大好きで、常に貪欲。」という状態にあること。

そうでないと、音や楽譜が単なる記号になってしまう。
普段から、どうやって教えられているかが如実にでてしまうのも
音楽の試験の特徴。

書くことでも演奏でも音にはその人の人間性が必ずあらわれるので、
授業で音を扱うという事は、一人間として生徒と対等に向き合うのと同じ。

いろんな個性を持った生徒たちと、健全に向き合うには
やっぱり、自分も健全でいないとねflair

あぁ、一日100時間くらい欲しい・・・

2009年12月 6日 (日)

政府の計画

SKY105 羽田→神戸
JAL166 神戸→羽田

今日は快晴sun
昨日のダブルヘッダーもなんのその。
神経が興奮状態のまま羽田へ。(←これはやばい証拠。年齢を考えなはれ…)
今日は、時間がギリギリになりすぎて
珍しく東京モノレールで羽田に向かったら、途中驚きのものをeye

Hanedaint
拡大すると分かりますが、羽田国際線ターミナル工事。
順調に羽田のハブ化にむけて工事が進んでいます。
森田千葉県知事にみつかったら、またひと悶着ありそうな・・・

その後、記憶のないまま着いた神戸airplane
だぁれもいない、ポートライナーに乗って三宮に向かった。

Mono 誰もいないから一番後ろで撮影camera
            (今日も元気なテツコさんです)

ポートライナーの神戸空港駅はしっこ終点。
まあるい穴が開いています。
実はその先に、明石大橋がきれいに見えるのだ。

ずず~っとポートライナーは出発し・・・
Supakon 途中に見えた!

先日の事業仕分けで予算が・・・typhoon のスパコン施設を通過。
こんなところにあったんだ!2010年5月竣工予定なのにどうなるsweat01

神戸の現実が迫るとともに、街並みも今日はきれいにみえる。

しばらく歩いてないなぁ。神戸footKobe

今日は、バッハのオラトリオをミニチュアオケと合唱の合わせ。
aiaiは、慣れないオルガンの通奏低音に四苦八苦sweat01
しかし、やっぱり子供たちの合唱が私の心をすくってくれます。

そして…クリスマスコンサートのオオトリの合わせへ。

 「クリスマスキャロルメドレー ・ロンドンシンフォニー版」

実は、去年突如として合唱隊の指揮を仰せつかったのですが・・・
今年も、突然ふってきました。今日も急きょ指揮者もどきに (ひぇ~snow

去年もでしたが、今年デビューの1年生が本当にかわいいのです。
1年生だけ途中台詞が有るのですが、緊張のあまり!カムことかむことsun

そして、みんなつぶらな瞳で(いや、真剣なまなざしを)こちらに送ってくれる。
そのことだけでも、本当に幸せになります。

もちろん!ワタクシ、引っ張る立場のなのですが、
私より長年歌ってきた年上のお兄さんお姉さんも自分の役割を知って、
リードしてくれるのです。

やっぱり、お互いにお互いの心が読めるってすごいなぁ。
みなさん、後から入った私を仲間にいれてくれて、
そして心を預けてくれて本当にありがとう!

その後、作曲のお勉強を子供たちとした後、
後ろ髪ひかれる思いで、再び神戸空港へ。

今日の帰りの便は、JAL。
先日、JALの神戸便廃止が発表されたとあって、
なんだか、たくさん写真をとってしまった・・・。

Kobport もう、あと少しなんだ。

Kokupit コクピット。打ち合わせ中!?

Kinai ここから機上の人。
  (いつの間に、JALの制服って真っ赤になったの?)

機上の人となる前、とある人の勧めでいつもひそかにお祈りする。
無事に飛行機が到着しますように・・・と。

そして、着席するなり爆睡sleepy (いつ飛んだんですかね?)

羽田について、隣の席の人に急かされるまで
完全に気絶していました。

明日、起きれるかしらんsign02

2009年12月 5日 (土)

異国の香り!?

町田の本番のあと、走りに走って上野の東京文化会館へrun

楽屋口には、大量の出待ちの人々。なんだなんだ!?っと思いながら
いつものように楽屋フロアーへ降りて行くと・・・・

 きた!この香り・・・smoking crown spa

某国のバレエ団、襲来! 

大ホールも小ホールも同じフロアーなので、
廊下には衣装がたっくさんsnow

Isho1

Isho2 ←サインだらけの柱

そう、文化会館は耐震補強のために改修した際、柱を残しました。

なので、柱には長年にわたるアーティストたちのサインがpencil

2009年12月 4日 (金)

CLAIR DE LUNE

今朝はやく、生徒からメールがmailto
水曜日の夜、いつも成城で授業をしているのですが
そこへ行く道すがら、見えた月があまりにもうつくしくて・・・。

っというわけで授業の開口一番

「月みた!???」

っと生徒さん達に叫んでいたらしい。

東の空に昇ったばかりの月ってなかななかみられないんだもの。

  Lune 写真を送ってくれました。
  「お家から撮った満月です。本当にまん丸でした」って。ありがとう!


この時分の月明かりをみるとヴェルレーヌの詩がおもいうかぶ。
つづいて、この詩に基づくフォーレの歌曲も。

明日は町田の玉川学園文化センターでコンサート。
アンサンブル・ヴァリエによる「街のちいさなコンサート。」
入場無料で15時から。お気軽にお越しくださいませ。

ピアニストの榮さんとのデュオ曲。鞭の音は?ひひぃ~んはhorse
明日になってみないとどうなるか分からないscissors

楽しみ楽しみ!

2009年12月 3日 (木)

リーディング・シート「本当のわたし」

高校音楽科のリーディング試験を作ろうと、ファイルを検索していたら
「原田愛さんのリーディングシート」という題のファイルが。

そういえば、1年ほど前に友人から教えてもらった手相のようなサイト。
あまり占いとか信じない方なのだが…実は手相だけは違う。

高校生のとき、花博へ行き、そこでお遊び半分でやった手相が・・・

  その後の人生をオソロシクあてた。

っというわけで、文字通りオソロシクなって遠ざけていたのだ。

おそるおそる1年前にやってみたらこうなった。


何ごともマジメに追求していく理論派で、知的な雰囲気が漂うあなた。
ロマンチストで、寂しがりやの一面があるけれど物欲や金銭欲には淡白で、おおらかな性格の持ち主です。思考の反射神経に富んでいて、打てば響くというあたまのよさを持つ反面、
ちょっとせっかちな一面もありそう。
感情線から判断すると、周囲に対してオープンマインドで、
おっとりと豊かにものごとを受け取る、穏やかな性質。

また、運命線から見ると、目のまえにある目標を、そのつど確実に達成しながら、
少しずつ、自分のステージを上げていくタイプです。
さまざまな実績を積み重ねたあとで、自分のやるべき仕事を、
徐々に確立していけるでしょう。「努力をする」という才能の持ち主です。

あなた自身の内面については、自分のなかにある二面性の
バランスがよくとれている人のようです。
裏表のない、正直なタイプ。

いまは、身体も健康で、行動力もみなぎっている状態。
前向きで迷いがないときです

気になるのは、いろんなことに対して少しがんばりすぎているのかも。
まわりの人に少し暑苦しい印象をあたえないようもう少し気楽にいきましょう。
性格的には、すこし用心深く、臆病なところがあるかもしれません。
こだわりが多くなり過ぎて、答えに迷っている状態ではありませんか?
たまには立ち止まって、待つということも大切。

体力的には恵まれているけれど、すこし感情表現は苦手。
喜怒哀楽をゆたかにして、人生をたのしみましょう。
自分自身に対しては、自信をもっているようですから、
責任ある仕事を進めていくことができるでしょう。
リーダーシップを発揮できる人です。

次に、生命線と頭脳線の関係から見ると、
考えて考えて考え抜いてから行動に移す、慎重派。
ミスをすることが少なく、緻密さ、精密さが求められる仕事に
とても向いている反面、「優柔不断かも?」という自覚があるのでは

気をつけたいのは、こころのなかやあたまのなかが忙しいと、
見えてこないことも、あるということ。
ちょっと深呼吸をしてみることも大事です。
あたまで考えたことや、そのときの感情だけで、答えを選ばないようにしてみましょう 周囲に対しては、輝かしい成功を成し遂げる人というより、
クラスや職場での人気者というキャラクター。
持ち前のほがらかさ、性格のよさで、今後も、周囲の人たちを明るく照らしていくでしょう。

最後に、いつも楽しく愉快で、まわりに笑顔や笑い声があふれているのが、
あなたという人。
ユーモアのセンスに富んでいるから、
これからもずっと、みんなの人気者でいることでしょう!


へぇ。自分のことは自分が一番ワカランとはよく言いますが
教えてくれた友達にこれを返信でおくったら「あたってんじゃん!」と。

そうかなぁ。そんなに頭切れないし、ロマンチストじゃないけどな。

そして、一年後の今日やってみたらこうなった。



楽天的で、おおらか。飾り気のないタイプのあなた。
喜怒哀楽ははっきりしているけれど、じつはシャイなので、
ロマンティックな愛情表現は、ちょっと苦手かも。

忍耐力があり、粘り強くマジメです。分析的にものごとを考えるちからに長けています。
理数科系統の考えかたができるので、
状況を即座に判断する対応力もたいへん高いようです。

感情線から判断すると、周囲に対してオープンマインドで、
おっとりと豊かにものごとを受け取る、穏やかな性質。

また、運命線を見てみると、あなたは子どものころから人間的な魅力を持っていたよう。
周囲から引き立てられることが多く、はやい時期から認められたり、
進むべき方向を示唆されて伸びていくタイプです。

創造的なセンスや感覚、生まれつきの「モテ運」も備わっています
。(なに!?heart04

あなた自身の内面については、自分のなかにある二面性の
バランスがよくとれている人のようです。

裏表のない、正直なタイプ

いまは、まわりの人やものごとを動かす、大きなエネルギーを持てています。
スケールの大きなはたらきをし、
強い影響力を与えるちからが備わっているときです

まわりの人に少し暑苦しい印象をあたえないよう
もう少し気楽にいきましょう
。     (今年もまだ変わらないらしい…)

性格的には、自分というものをしっかり持っていて、ハキハキとしていて明るく前向き

もともと生命力に溢れ、まわりに対する影響力も強いので、
スケールの大きな人間性を持っています

自分自身に対しては、自信をもっているようですから、
責任ある仕事を進めていくことができるでしょう。
リーダーシップを発揮できる人です

次に、生命線と頭脳線の関係から見ると、
考えて考えて考え抜いてから行動に移す、慎重派。
ミスをすることが少なく、緻密さ、精密さが求められる仕事に
とても向いている反面、
「優柔不断かも?」という自覚があるのでは?

気をつけたいのは、
こころのなかやあたまのなかが忙しいと、
見えてこないことも、あるということ。
ちょっと深呼吸をしてみることも大事です。
あたまで考えたことや、そのときの感情だけで、
答えを選ばないようにしてみましょう。
周囲に対しては、輝かしい成功を成し遂げる人というより、
クラスや職場での人気者というキャラクター。
持ち前のほがらかさ、性格のよさで、
今後も、周囲の人たちを明るく照らしていくでしょう

最後に、豊かな話術、楽しい雰囲気をもつあなた。
これからも、まわりの人たちをあたたかく、和ませていくことでしょう!

あたってるのかな…。
よくワカランけれど、私の人生は私の人生だ。
自分をふりかえる良い機会。

今から、恩師のチェリストK野先生とお夕飯。
先生とのお酒はまともに、家に帰っていたことないので(酔っ払いすぎてbottle)要注意!

2009年12月 2日 (水)

本日の授業1202

<視唱 I~III>

今日は全学年中間試験。
1年生2年生は事前課題、3年生は初見課題でした。

朝の8時半から1年生2年生の皆さんと一緒に演奏し続けましたが、
それにしても色んな楽譜の読み方が有るものです。

いつのまにやら、一番楽しんでいたのは私!?

1年生にはリズム感と変拍子を問う課題。

2年生にはFis-durで楽語や音楽内容を問う課題。

そして3年は、初見課題。アカペラ・ソロなので
ゆっくりと聴かせていただきました。
みんなが1年生のころを思うと、ずいぶんと成長したものです。

とてもうれしく思います。

あと少しの時間ですが、ともに音楽で語る喜びを分かち合えますように…
本気に楽譜と向き合うとき、みんな同じ音楽人!

<聴音>
今日はしょっぱなから四声体の聴き方。
ようやく終止形の聴きわけができるようになったけれど
内声が・・・っという皆さんと、縦の響きの感じ方を
具体的にいっしょに考えながら書いていきました。

そしたらあっという間に45分!

残りの時間はリズムと短音階聴きわけ。
リズムでは連符の書き方の考え方を学んでいただきました。

試験は1月です。

2009年12月 1日 (火)

本日の授業1201

オソロシイ事に12月に入りました・・・。

  走りますrun!?

<和声3>
準固有和音について。

長調において、同主短調から和音を借りるということをこの2回で勉強します。
課題から「わたしを使ってね。」っと言われるより、自分から今日はこの和音に
陰りを入れてみようとか、意志をもって使う必要があります。

そのため、各々準固有和音になりうる和音を書きだしてもらった後
固有和音と準固有和音を歌い分けてもらいましたが…

けったいな和音が出来がってしまったsweat02

っというわけで、来週続きを行います。

<リーディング2>

今日も動物園のようなミュージカルクラス。
本日の重要課題はセブンスコード。

いわゆる属七の和音をみんなでハモっていただきました。
なんか変?っと思った時に、どう変なのか、どうやって美しい響きに近づくのか
みんなで考えた後に、しっかり実践してもらいました。

はもったりした時に、他の人から高い!低い!っと言われるがままにいるのでなく
自分自身の耳でしっかり判断する力をつけてほしいのです。

聴く力はスンバラシイこのクラス。後は表現方法ですよ。
今日も楽しい1時間をありがとう。

<和声2>
今日は後期の中間試験です。
属七の根音省略形までですが、ここまでを来週復習したらいよいよ!

みんなが楽しみにしているソプラノ課題に入りますshine

<リーディング3>

こちらは、大人な?ミュージカルクラス。
今までやったコードの聴きわけを、ミュージカルだけに
体でポーズをとって表現してもらったらスゴイことになってしまった。

 snow  rain  run  (メジャー マイナー セブン!)  なんか変だsign02

しかもさすがミュージカル科。表現が豊か過ぎて、
前から見ている私は・・・

   授業が終わるころには腹筋プルプルでしたsweat01(←笑いすぎ)

自分たちで歌うほうは・・・、Kさんとくに神様光臨音程が上手になりました。
その調子でね。

来週は今年最後の検定ですよ。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ