« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月31日 (日)

東京へ・・・

こまち18号 大曲(13:31→17h08)東京



羽後町を12時に出発し、東京さ向かいます。

コンサートの取材をしてくださったFMユートピア前を通過car
おりしも、ちょうど生放送中。

Fm763

たかはしさぁ~んpaperと、車から手を振ったら、生放送中にもかかわらず
しっかりとお話ししてくださいました。
・・・といっても私たちが話している(叫んでいる!?)内容は
きっと聞こえてないのですがsweat01

ありがとうございます!また、お話しきかせてくださぁいslate

さて、その数分後に湯沢駅から奥羽本線train
電車にのると、改札から驚きの顔が。先ほどお囃子してくださったSさん。
わざわざお見送りありがとうございます。

役場の皆さんとともに
電車が去るまで、手を振って見送っていただきました(涙!)

奥羽本線は、単線。
雪の中を、コトンコトン・・・Ouu

途中、後三年という駅を通りました。
Gosan もしや後三年の役と関係が?

小一時間で、こまち乗車駅「大曲」へ。

大曲駅はスイッチバックの駅。Omagari
ここで方向転換をします。

とうとう、秋田ともおわかれです。

Komati こまちが入線

沢山のおもいでをありがとう!

羽後町の文化2

夜が明けると、再び雪。

Yuki

今日は、他県からの花嫁同中見学者の方々と共に羽後町ツアーへ。

まずは、昨日の新郎さんの実家でイチゴ狩り。

Ichigo お、ふた股イチゴ

縦に長ぁ~い Ichigo2

いろぉんな表情があるものです。3種類のイチゴを食べ比べ。
それぞれに、個性があるものです。

続いて、私たちが演奏させていただいた盆踊り会館で
日本の三大盆踊りの一つ、西馬音内盆踊りを鑑賞。

Bondance

踊り手は、みんな顔を隠します。
見えないからこそ、秋田美人を妄想!
「見えない方がよかった…」ということも、という解説に
一同大笑いでした。

コンサートの日、夜遅くまで一緒に飲んでいただいたSさんも
今日は、お囃子役。たまに分かる言葉が面白くて面白くて!

これまた大笑いsun

いつか、この盆踊りの笛やうたを自分の中でとらえて書いてみたいと
決心しているので、文化的背景もたくさんみさせていただいて
本当に充実した時間でした。

背景の藍染は、縄野三女さんの作品。
もう確か80才をゆうに越えていらっしゃいますが、本当にお若い。
何年か前にお話しをさせていただいた時、
ものを創造するということが、まるで自然の所作のように感じられて
こんな風に、歳を重ねていきたいと思いました。

このあと、名物ひやがけそばを頂いて羽後町とはお別れ。

今回も沢山の思い出が出来ました。
いつもこの町にくると、本来の自分の姿に帰れる気がします。

自然とともに生きて、自分のルーツを愛しているあたたかい人柄。
情報過多の中、生きていると忘れてしまいそうな、

    「人間本来の大きさと、生きている意味」

を、あたりまえのように気づかせてくれるのです。

これらを心の糧に、東京さ帰ります。
ありがとうございまいした!

2010年1月30日 (土)

羽後町の文化

昨夜は本当に楽しい夜。
きりたんぽ鍋とおいしいお酒、そしてなにより
長年いつもあたたたかく迎えていただいた皆さんとの会話。

旅館に帰ってきたのは真夜中。
そして、さらに「えんぺっこ」(どぶろくbottle)をモエゾーといただき・・・
寝たのは午前4時前。

あさ、目覚めると・・・Ugo1

雪です。
今朝は、民話伝承館 むかしがたり館で
秋田県指定無形民俗文化財の「野中人形芝居」を鑑賞。

たくさんの町のみなさんや子供たちがぎっしり座る中で開幕!

Ugo2

涙をながして笑いましたsweat01
秋田の方言がとにかくすごくて私たちはほぼ外国人状態。
なぜ、皆が笑っているのか分からないのですが、とにかくオカシイのです。
なんだろな・・・。
そして、これを伝承していらっしゃる方がなんと90歳を超えていらっしゃるのです。
いやぁ、感動しました。

午後、羽後町の大きな行事「花嫁同中」が始まりました。
Ugo3 今日もハイテンションscissors

馬そりにのって、花嫁さんが七曲峠をこえてお嫁に行く行事です。
町には、手作りのちいさなかまくらが沢山つくられて
その中にろうそくをともして、迎える準備がすすみます。

歓迎セレモニー会場で、福引をさせていただいたのですが、
なんとなんと、モエゾーが灯油18リットルを当ててしまったbell
ギャハハ。

Ugo4「東京に持って帰るだ?」
そりの曳き手は「トキ」♂10歳。

夜が更けてくると、かまくらの幻想的な光の中道中が進みます。

私たちも途中から一緒に歩きましたfootUgo5

そしてついに、結婚式会場に到着。

Ugo7

夜空にも、大輪の花が咲きました。

Ugo8 どぉ~ん

おめでとうございます!末永くお幸せに…。

2010年1月29日 (金)

羽後町にて

ほぼ1年ぶりに、心の故郷に帰ってきました。
本当にこの町が大好きです。

今回は、オーボエの関水萌子ちゃんと二人でコンサート。

事前に何度か彼女とこのコンサートの合わせをしたのですが
「とにかく、みんな温かい人たちなんだぁ!」という説明しかせず(いや、できず!?)
やってきた秋田県羽後町の西馬音内盆踊り会館。

Bonodance

入念にリードのチェックなどをして、近くのスーパー「バザール」から帰ってくると
なんと、驚きの声が降ってきた!

 「田代小学校の校歌を弾いて!」と。

なんとなんと、羽後町の混声合唱団セブンコールのみなさんが、
校歌をうたってくださるそうなのです。

そう…、何年か前に田代小学校の校歌を書く機会を頂いたのですが
その歌をなんと歌ってくださると!しかも混声合唱で。

  完全に、頭がポンdash

みなさんが、歌ってくださるその姿に、声に、感激して
完全にどこかへ飛んでしまいました・・・

本当にうれしいものです。


動揺しっぱなしのまま、コンサートは18時に開演。
みなさんの温かい空気にささえられ、あっという間に
楽しい時間は過ぎ去りました。

  演奏していて、本当に楽しくてしかたがないのです。

それは、音で表現できる事の幸せを、
羽後町のみなさんの温かさが自然と感じさせて下さるから。

この町に来ると、自分の原点に自然とかえってきます。

  ロストロポーヴィチの背中から学んだ、純粋な音へのあこがれ。
  田代小学校の子供たちの歌う姿から心に刻んだ、
 次の世代へ伝えていく事の大切さ。


音で表現する自分の原点に、すぅっっと帰る事ができるのも
このまちのみなさんの人間的な温かさのおかげなのです。


本当に感謝です。

また、皆さんにお会いできますように…

ありがとうございました!

秋田へ

こまち13号 東京(9h56→13h27)大曲

曲線美の荷物置き→Syanai

秋田まで、スゴイ時間がかかります。でも・・・楽しみなのです。
今日は、ハイ・テンション モエゾーと一緒。
なんたって、「おはよー」とあいさつしたとたん…弁当を食べていた。
発車前からですよ。

まだ、地下を走っていて車窓もへったこれもない上野駅に着くころには
すでに、お弁当はほぼ食べつくされていたsweat01
つい9時間前まで、いっしょに晩御飯食べてたでしょbeer

つられて、栃木辺りで私も食べちまった…

<牛タン弁当>→Gyutan

これがまた、プシュっとひもを引っ張ると温まるのです。
湯気が出た~っと騒いで、開けようとしたら「5、6分待てぇ」という文字が。
文字通り「持てpaper」とくらったサルの気分…。

いつもなら、寝ても起きてもまだまだ先は長い~という旅路も
そんなわけであっという間に東北へbullettrain

途中から、車窓がだんだん白くなってきました。
はやてと切りはなして更に分岐すると

岩手山!?  Iwate

都内地下にて駅弁終了したモエゾーは早くも2個目の駅弁「海鮮小わっぱ」
を購入。なぜか13時まで我慢してお食べになった・・・。なんか意味あるんかな?

そして30分後、ついに本日の下車駅「大曲」に到着!

Komachi

モエゾーの食道楽、ここで終わらない!
大曲から1時間ほどいった羽後町で、更に名物「ひやがけそば」をペロリ!

いやぁ、演奏会前にこんなに食べちゃって大丈夫かsign02

2010年1月27日 (水)

また・・・

今週唯一、本番のない日。
久々にリラックスな服で一日を過ごすと学生たちが不思議な事を・・・

「せんせぇ~髪切ったの?」

ん?12月頭からきってないぞsign02

あまり毎時間聞かれるので、考えてみたら思い当たる節が。

 そうだ!今日は寝ぐせがついていないflair

眠気覚ましに朝お風呂に入って、ベッショベショの頭のまま自宅を出発spa
っというわけで、元来の針金一直線の髪で授業となったらしい。

今日で、高校3年生との授業は最後。
みんなが初々しい1年生だったころが思い出せないくらい
大人っぽくなりました。

また、一音楽人として、そして一人間として更に大きくなった皆さんに
会えますように・・・。

3年間本当にありがとう!

うっきーがきた!

今晩は、芦屋からうっきー2号が我が家にやってきた。

しかも、仲間のクッションを持ってsun

Ukki
これで、うちのホッとするグッズがもう一つ増えたscissors

ありがとっ yokoちゃん!

うっきー1号よりbanana

2010年1月25日 (月)

ありがと!

とうとう、月曜日の2009年度理論系の授業が今日で終了。

1限の和声III
さまざまなサブドミナントを扱うにあたって、一人ひとりに意識をもってもらいたく
和声学でなく、演奏と分析から入りました。

けして、和音に振り回されるのではなく、自分で音色を選ぶこという
演奏でも大事なことに気付いてほしいと。

今日の試験では、和声学はバス課題1題にソプラノ課題1題。
そして、アナリーゼは選択制で

「自分が試験など今演奏する曲」
「トルコ行進曲のテーマ部分」(←あの増六の和音を含む)

どちらかを分析。
自分の演奏曲分析の場合は口述諮問を兼ねることにしましたが
話してみると、みんな色々考えていることが分かります。

そう、意志を持って演奏にかかわれる人間になってくださいね!

2限の和声 I
これがまた、素晴らしくノーテンキで(!?)ホンマ大丈夫かしら?
なんて思っていたら、テストでは良く頑張ってくれました。

1年間一緒に暮らしてきて(教えるというよりそんな感覚です。)
よく、ここまで来たもんだ!っと本当に思います。

これで、解散してしまうのは本当にさびしいのですが
これからも、(いや、これからは?)たくましく育っていってくださいね。

みんなとは、演奏曲について分析があまりできなかったので
春休み中でも、もし必要なら遠慮なく声をかけてください。

みなさんのこれからも楽しみにしています。
1年間、本当にありがとうございましたsun

2010年1月24日 (日)

テッちゃんです

殺伐とした日々でも、家にはほっとするグッズが置いてある。
そのひとつ。

 メモ「Trainロールメモ」

東京駅から東京メトロ東西線に乗り換える途中、
スウェーデンの鉄道グッズとともに、特別ブースで販売されていたもの。

Memo

なかなか手に入らないのだscissors

テッちゃんとしては早速入手。
毎日、コンガラガル頭の整頓に大活躍!
(って思いついた時に忘れないようメモっているだけですが…。

今日は故郷「大阪」の日。明日は京都駅にメモるだろうなpencil

あぁ、お風呂の電球を買いに行けなったsweat01

2010年1月23日 (土)

ひぇ~

ドタバタ追いまくられるのは、演奏上精神的に良くない。

っというわけで、今日は一日自分に向き合う調整日として
一日自宅にこもって、楽譜と仲良しこよしでさらう日のはずだった。

ところが!気づくとうちに10名以上の人がsweat01
いつの間にこんなに人が増えたやら・・・。

そう。和声の試験が近いのです。

おぉい!こんなギリギリでなく、地道にしっかり積み上げてお勉強するんだぞ!

なぁんて、思いつつ自分の学生時代をふりかえると
そういうわけにもいかない。ハイ。

はぁdash

っとはいえ、学びたいと思ったら貪欲にくらいつくのは学生の権利。
そして、学びに対して決して遠慮をしてはいけないのも学生の特権。

今日うちに来てくれた学生もそんな方々。
自分の主科も含め、演奏本番が近い日々の中
必死に!?音楽理論を勉強してくれる姿は頼もしいものがありました。

まだまだ新米1年生。
これからは徐々にでよいので長期スパンで
自分をコントロールできる音楽家になってくださいね。

月曜日の試験、ファイトぉscissors

担当教官、祈っております。ハイ・・・。

楽しい一日をありがとう!

2010年1月22日 (金)

分析

高校3年生は、今が成績を出さねばならん修羅場。
大学も、筆記試験の採点が毎日続く。
(って毎朝、夜が明けたら授業1限分の採点をすることに決めているだけデスsweat01

ってなわけで、音楽三昧に生きていても、慣れない数字の世界に巻き込まれてしまう。
出席日数や、採点集計の数々、授業の平常点などなど。

朝から完全に頭がコンガラガッテしまった。


でも!
じつはそういう数学的な頭は、作曲やさんにはとても重要なこと。
音にはすべて意味があるのが大前提といことは・・・
曲をかくときには、家の設計図のように
キチンと作品全体を組み立てられることも大事なのです。

そのことは、実は演奏にもつながります。
感情的な主観だけでなく、客観的に見つめる視線。

ここのところ、合わせの合間に
バッハの無伴奏パルティータのアナリーゼを学生としているのですが
楽しい楽しい。
授業をしているのか、自分が楽しんでいるのかだんだん分からなくなってきた…。

自分が発する音が自分の魂がこもった音となるためにも
やっぱり確信をもつことは重要。
アナリーゼはそのために有るともいえます。

でも・・・数年後にもう一度分析すると、
有機的な作品ほど、全く違ったアナリーゼが見えたりするものです。

やはり、普遍的なものは分野を超えて有機的!

2010年1月21日 (木)

アラフォーです

気づいたら○才。(ゼロじゃないですよ!)

体調のすぐれない日でも、弾いていればすべてを忘れるほど元気なのに
弾くのをやめると、ドカンっと何かがのしかかってくる…。なんだ?

今日も、ゲネと本番の間に別件の合わせをしようと思ったら
なんとその演奏者の鼻血がとまらない珍事件sweat01

っというわけで、突如あわせ中止。時間があいて…

 気づいたら大爆睡sleepy

起きたら本番10分前danger 
おまけに、頭が椅子と壁に挟まったまま寝込んでしまって
頭皮がしびれてしまった・・・sun


でも!どんなときでも舞台に立てばパフォーマー。
ライトを浴びればシャキsign02っとイッチョ上がり。 だったかな・・・。

どうころんでも、しっかりアラフォー。 
そろそろ自分の事もしっかり考えないとsweat01

でもこのセリフ、実は28歳のときから言い続けてはや8年以上。
そろそろ本気に考えなはれ・・・

・・・って本番前に爆睡するのは小学生のころから変わらないんですが!

2010年1月20日 (水)

今日のほっこり3

朝一番、まだしィーんとした校舎。
誰もいないレッスン室で朝日を浴びていると…

 親友からメールmail

お正月にプレゼントしたカレンダーをみて
「今朝、カレンダーに心がとってもほのぼのしましたぁhappy01」っと。

なにげない心の動きかもしれないけれど
そこに、あたたかい幸せをかんじられる。

一番しんどい時に、まさに今日もいくぞ!っという時に…。
 当たり前で小さいことを大切に思える心。

思い出せてよかった。ありがとうAちゃんsun

で…
今日も一日ものすごい乱高下でしたがsweat01
おかげで無事に?終わりました。

気を確かに生きていこうっとscissors

2010年1月19日 (火)

今日のほっこり2

今日の本番の共演者は、家が果物屋さん。

っというわけで、本番後どぉ~ん!っといただきましたapple

Kudamono

おいしそうだ・・・。

そしてビックリしたのはメロンの柄の部分にトゲがある事flair

Meron ほら!すごいのだflair

新鮮なお届け物です。ありがとうございました。
食べごろがとても楽しみです!

2010年1月18日 (月)

今日のほっこり

毎日こんがらがっていると特に・・・ちょっとした事がとてもうれしい。

今日のとても嬉しかったこと。

  教えた学生たちがたくましく新曲をバリバリ弾いていたこと。

「現代音楽わけわかんなぁ~い」という高校生たちに

「学生のころから新曲は沢山ひくんだよ。
作曲家と対等に話しできるなんてそうないことなんだから。」

なんて話していたら、今日の作曲科作品演奏会で大活躍。
大学赴任の最初に和声を教えた弦楽器の生徒たちも、
もうすでに卒業したのに弾きにきてくれている。
本当に、うれしかったsign01

2010年1月16日 (土)

青いバラ

何年か前の新聞に「青いバラに成功」という記事を発見。

あまりにも印象的なその記事の題名に、思わず帰宅するなり
内容を座り込んで読んだのを良く覚えています。

今日のお仕事では、ついにそのブルーローズに会いました。

Blue うまく撮れない!実物はもっとブルー。

花ことばは「夢 かなう」

記事によると、開発には10年以上の歳月をついやしたとか。
古来から不可能なものの代名詞のような青いバラ。

それを得ようとする勇気と、かなえる喜び。

それらをたたえる花なのかもしれない。

そんな花をつくりだそうとした人の熱い思いを記事から
感じたのを思い出しました。

この花を開発をした企業の某ホール。
このホールの誕生についての本を読んだ時も、感銘をうけました。
日本初、ぶどう畑型のコンサートホール。

ワイン色のパス→Pass

そして、昔からこの会社のビールが好きbeer
麦100%のこだわりが好きなのかも。
我が家には、かならず常備していまっすscissors

花、ホールそしてビールにも…創り出すものにこだわりを持つその姿が
実は大好き。

2010年1月14日 (木)

来たぁ!

もう、毎日生きた心地がしませんdash
年間ワースト1の時期がやってきてしまった。

まだ、家に帰っているだけマシか…。
そのうち、翌日の仕事先近くのホテル滞在になるのだsun

さて!Linkを新しくはりました。

先日の芦屋でのコンサートで演奏していただいたフルーティスト
あやちゃんのブログです。

http://hemmiayafl.blog104.fc2.com/

のぞいてみてくださいね。

2010年1月13日 (水)

異国のかおり2

授業を終えて、今日も楽屋へと階段をおりていくと・・・

前回とは違う香りがsmokingsmokingdanger

オペラだなcrown Bunka1

 

きたぞ、この香り!

香水がすんごいのは某国。煙草の香りが強いのは・・・

そう、某国sun(パスタのおいしい国です)

Bunka2 ほうほう、「椿姫」だな。

話の上での敵味方も、楽屋はみぃんなお隣同士note

おっ「ご臨終です」のチョイ役も、特別楽屋がeye
Bunka4 ドクターhospital でも大事な役です。

今日の公演はどうやらダブルヘッダー。すごい!
でも、オケはたいへんだなぁ。

本番のうらでは、こんな光景も・・・。

Bunka3 カツラ制作中

2010年1月11日 (月)

帰ります・・・

JO 982

そう、そんなに呑気なことしている場合ではアリマセンtyphoon
いそいそと帰りますrun

Jal 久々に2階。飛行機の形が分かる



 機内食には空弁が用意されています。
行きの写真ですが…Soraben

多すぎず、おいしいのです。帰りの包みはブルー。
デザイン賞をもらったとか。

Jal2 地図を見ながら乗るのが好きscissors

この後、チャンネルをいじっていると懐かしの曲が突然流れ・・・
それはマイケル・ジャクソンの「スリラー」。

東京に出てきてすぐ、その洗練された感性に驚いた曲。
まだテレビが家になくて、ラジオから流れてきたときの衝撃を
よく覚えています。
彼は本当にすごいパフォーマー。そして表現者。

っというわけで・・・彼の「This is it」 をじぃっと見てしまった。

Sora飛行機の窓から
もうすぐ夜明け。
飛行機を降りたら・・・オソロシイ現実がすぐに待ち受けている。
睡眠とらなきゃ!

2010年1月10日 (日)

GabGab2

Location:GabGab2

風が強くて、外洋にはでられず。
変わった名前のポイントへ、どぼんsweat01 ギャブギャブトゥーscissors

潜ると・・・不思議な音がする。
水中は、空気中より音が速く伝わるため、すぐそこに何かが!?

すると、なぁ~んとっ
Sensui 潜水艦「アトランティスIV」

あちらから、しっかりと観察されました。なんだなんだ?

ロウニンアジGab1 おいしそうでない

Gab2 毒ウツボの横顔

正面から見ると・・・Gab3

                  ハニカムフィシュsun

ハナビラクマノミも潮の流れのなか上手に生きているのだ。

ヨスジフエダイかな Gab5

ブルーに吸い込まれていった・・・

それにしても、ここはフレンドリーなポイント。
アキルほど、魚と遊んでしまった。

GabGab2

ブルーの世界とはこれでお別れ。
やっぱり、海の中は最高!

2010年1月 9日 (土)

Western shoals

夏以来のDivingwave

寝たのは朝の4時。起きたのは7時55分!
ここまでして、年間ワースト1に忙しい1月に潜っているなんてどうかしてるかも…

さぁ、いってみよぉrock

Location:Western Shoals

普通のボートなので、バックドロップでドボン

Ws1

はぁっ!帰ってきたぜぃscissors

しばらく泳いでいると、タイワンカマスの群れに遭遇。
突っ込んでみた。

更に泳いでいると・・・

Ws2 パラオサンゴとスダレチョウチョウウオ

ずっとついてくるお人よし!

ダスキーアネモネフィッシュWs3

Ws4 そしてその子供
        小さくてとらえるのが大変。

さらいに浮上前、安全停止中に貝にむさぼりつく野生の集団に遭遇・・・

トゲチョウチョウウオがとくにすごい。

いやぁ、野生ってたくましいわ。

2010年1月 8日 (金)

ちょっくら

ちょっくら
JO981

仕事を終えて、急いで夜の空港へairplane

ちょっくら逃亡してきまっすscissors

2010年1月 7日 (木)

昨日のことですが・・・

のぞみ354号 大阪→品川

2010年初新幹線bullettrain

今年も、きっとチョコチョコお世話になります。
予定外の関西滞在にて、夕方からの授業の資料が皆無。

2時間半、みっちりと授業準備の作曲をしまくりました。

あっ!その前に…。

芦屋のコンサートの皆さんからいただいたものがたくさん詰まった
おいしいおいしいお弁当。本当においしかったです。

話すぎてのどが渇いていたためか、ぐびぃ~っと水をのんで
beerではありませんsweat02

京都までにすっかりいただいてしまいました。完食restaurant

新年早々、幸せな日でした。ありがとうございますshine

っというわけで、途中に富士山が・・・

Fuji 初富士fuji

2010年1月 6日 (水)

木管ですよぉ

芦屋の子供たちを楽しい音楽の時間!
とうとう今日から2010年度開幕。そして楽器も、弦楽器から・・・

「木管楽器(もっかんがっき)」になりました。

さぁ、はじめるよっ・・・と今日も出ました大人数sweat01ひぇ~。

Ashiya1 いつもありがとうございますsun

今日は、木管楽器なのに木ではない楽器「フルート」。
フルーティストとしてドイツから帰国したばかりの、
あやちゃんが岡崎(愛知県)から来てくれました。

っというわけでいってみよぉーrock

まず、がっきのおなまえをたしかめたあと…
フルートのオリジナルきょく

ビゼー:カルメンよりかんそうきょく

aiai:「どんなおとがした?」

 「たかいぃー!」「ほそながいぃ」「よこにふいてる」

aiai:「そうだね。みんなもかまえてごらん」

ぎゃはは、まえからみるわたしはおもしろかったよ。
みんな、いろんなほうこうにてがむいているんだものsnow

そのあと、どうしておとがなるのか…をびんをふいてみながら
たいけんしてみました。

aiai:「どうやっておとでるか、おねえさんのくちをみながら
    まねしてごらん」

・・・ パクっ!

そうなんです。どうしても!みんなびんをくわえてしまいます。
おひるまえだったからおなかすいてたのかしらん・・・


そのあと、びん6ぽんをあやつる、あやちゃんによるえんそう。

Bin

 かえるのうた  あぁ、手伝うaiaiも大混乱!

 ちゅーりっぷのうた みんなよくあわせてくれました

びんのおおきさで、おとのたかさがちがうのをたしかめたあと

 プロコフィエフ:ピーターとおおかみ 「ことり」(フルート)

 ラヴェル:ピアノきょうそうきょく だい1がくしょう(ピッコロ)

ピッコロのおとがなったとたん!

 「たかぁ~い」とかわいいこえがひびきました。

きょうはがっきのおとになじんでもらおうということで

 どれみのうた
 となりのトトロ

などなど、いっしょにうたったりひいたりsun
みんな、おたがいにおとをききながらいっしょにアンサンブル。
そう。よく、おたがいのおとがきけるんです。
すごいなぁ。

さいごに、おしょうがつということで

 はるのうみ

Asiya2

こんどは、ミニ・コンサート。
フルートのみりょくを、どっぷりとあじわってくださいね。

またあえるひをたのしみにしていまっす!

2010年1月 5日 (火)

レッスン始め

はじまりました2010年。

今日は神戸で子供たちと作曲の楽しさを味わう日。
みんな大きくなりました。

この1年は一つのモティーフやテーマをを、
いろんな表情で表現することを勉強してきましたが、
どんどん自分のイメージを持ってくれるようになってきました。

赤いくつという絵本を、靴とおんなのこの人生をめぐって表現するM穂ちゃん。
赤い靴がおどり狂っていくという表現をさらに追及することとなりました。
くつのモティーフが、本当に教会の鐘から狂乱まで色んな姿に変貌します。
楽しみ楽しみ。

こんとあきという本を題材にしたM里ちゃんのピアノ作品。
彼女の一言はいつも真髄をついていて、大好きです。
これも4月に小さい子たちをまきこんで、お話と絡めて発表予定。
波の音、楽しみにしています。

そしてそして、Kちゃん。彼女のテーマにだんだん息吹が入ってきて
今回はより、一味違います。
風を題材にしているのですが、風そのものそしてそれをとりまく表情など
次回がとても楽しみ楽しみ!

それにしても、みんな自分が書きたい音楽を心に持ってくれるようになって
本当にうれしいです。
表現したい!っと思うことが、なにより原点ですから…。

いつも沢山の気づきをありがとsun
私が一番楽しんでいたりして…

2010年1月 4日 (月)

大事な友達

なかなか会えないけれど、大事な友達がいる。

高校の同級生、Aちゃん。
全く畑ちがいの人生だけれど、彼女と会うといつも
自分が生きていることの原点に自然と帰る事が出来る。

自分が出来ていると思っていることも、
実は背伸びをしていたり、、必死になって見えていないこと、
そして逆に・・・
うまくいっていないことにも、実は意味がある事など。

無駄な経験はなにひとつない。

Aちゃんとの会話は、いつも何気なくて
そして普遍的。
しかも温かい。

それは、普遍的な流れの中に自分が解放されているからかも。
こんな親友、そうはいない。

いつもありがとうAちゃん!

また、どんじゅうでpaper

2010年1月 3日 (日)

さむいぃ~

っというわけで、今日は朝から熊取ハウス。

Kumatori

一人で朝から必死にさらっているのですが、
これがまた、サムイ!

鍵盤が凍るように冷たくて、ほぉっと手を温めても
鍵盤に触れる指さきから凍りついていきます。

そういや、高校生の頃も頭がシバレて目が覚めていたような…。
家族もみぃんな、温かいところへ避難。おぉーい!

そんなわけで、どうしようもなくなると床に座って手を温めながら

 ブログを更新中。
 楽譜をカキコキ中。

背中には太陽の光を浴びながら、体を丸くしております。
陽の向きに角度を変えながら・・・ハイ。

まるで、ネコsign02

コメントをかいてくださった皆さん!いま気づきました。
ありがとうございます。

2010年1月 2日 (土)

天橋立!?

信じられないくらい、長い時間寝ました。

夜の9時前から起きたら6時sweat01

Tomogasima
瀬戸内の朝もやに月。

むこうの淡路島まで10km。そこに島がテンテンと浮かびます。
まるで天橋立のよう。

これだけ狭いと、潮の流れがかなり急です。
なので渦typhoonを巻いているのが良く見えます。

すると・・・果敢にもその渦へ突撃する船。

Uzu

潮の流れが速いところで、鯛の一本釣り。
お正月にみんなで食べた鯛も、実はここで釣っていただいたもの。
竿を使わず、糸を手であやつってとるそうです。
身が引き締まっておいしい。

ここから、ピアノまでの距離は約20km。
私の身も引き締まりますsign02

ついでに、首も・・・しまりそsweat01

2010年1月 1日 (金)

紀淡海峡

予想外の関西滞在。

予定では東京でさらいたおしdashのはずが
地元関西に居ると、そうは行かない。

 今日はとうとう誘惑にまけてしまったtyphoon うぎゃぁ…

祖母と家族で、突如実家近くの加太へ。

加太は国立公園内にあって、大阪最南端岬町のうらの和歌山県。
小さい頃、アサリほりに行ったり遠足に行ったりした記憶があります。

Sima むこうは、淡路島

いつも、関空への空路が今日は目の前に広がります。
ここは、瀬戸内海のはしっこ!?

近くの淡島神社へ行ってみると・・・

でべらだっけかなDebera

そう、木につるして一夜干しを作っているのです。
なつかしい!

夜には、紀州名物クエの薄造りをいただきました。
モチロンBeer_3 地ビールも地酒も!

あちゃぁーbottle

謹賀新年

今年もよろしくお願いいたします!

Gakuhu_2 朝日がまぶしぃ!
さっそく弾き初め・・・

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ