« 時空を越えて | トップページ | フランス縦断 »

2010年3月 4日 (木)

国境を越える道

朝起きると、雪景色。

Trino1 寝台にまたのってしまった

午前826分にトリノ駅に到着。

今日は、ローカル線で地元の人に交じってアルプスの端っこを

地中海へ抜けるルートを選択しました。

乗り換え時間5分。いやぁ、走りましたrun

だって、次がいつ来るんだかわからない。

これに乗り遅れたら…

国境に近付くにつれて、雪が深くなっていきます。

Trino2_3

ついに国境LIMONNEに到着。

ここからフランス領に入ります。

ここまで来ると、トリノから乗ってきた人もほとんど居ない。

この先、地中海に降りるに従って渓谷を走るこの路線は景観路。

車窓の右に左に大騒ぎしながら感動していたら

車内のおじさんが、「ホラこっちがいいよ。」「今度はこっち」と

教えてくれる、ほのぼのとした車内。

途中、地中海に抜けるルートが2つあって、迷った結果ニースに直接抜ける方を選んだ。

そして、時刻表を見ると…あと1時間も電車が来ない。

っというわけで、駅の食堂にふらりと寄ってプラ・ド・ジュールをいただく。

Trino4_2

ワインは何がいいの?っと聞かれ

ヴァン・ルージュ」

といったものの何故か伝わらない。

そう、南仏ははっきり野蛮に言わないといけないんだった!

発音のレッスンが始ってしまい

「セ・ディフィシル!」(私には難しいよぉ)

っといったら、食堂のおばちゃん。

「何いってんの。簡単よ!」っと返されてしまった。

それにしてもみんなよく食べるなぁ。量が多い。

フラフラしながら予定の時間になってホームに行くと

どうやら予定していた電車がホームに来る気配なし!

駅員さんにきこうにも「お昼休み」の札が下がっている。

なぬっ?

っというわけで、その辺の兄ちゃん達に尋ねて回ると…

なんと、「カー」というではないか。

へ?電車じゃないの?

信じられなくて、駅のロータリーに停まってたスクールバスの運転手に聞いても

「このバスじゃないけど、来るよ。待ってな!」と言われるし。

かくして、予定より遅れること10分後、どうやらそれらしきバスがやってきた。

乗せて!っというとお金も切符も出さずに乗せてくれるという。

なんだなんだ???

そこからは、絶景が待ち受けていた。

Trino5

電車ならトンネルでぬけるはずの山々を、斜面を伝って超えて行く。

あまりにも美しくて右に左に席を移動しながら見ていたら…

酔ってしまった!

チーン!途中から記憶がありません。

 爆睡sleepy

気づいたら予定より1時間も遅く、ニースに到着していました。

気温は20度。さっきまで居た雪山はどこへやら。

都会から離れたくて、ニースではなく15分ほど離れた鷲の巣村の一つ

カール・スュル・メールのグリマルディ城のほとりに宿をとりました。

Trino6_2

ルノワールが晩年に住んだこの村は、小さな小さな光あふれる村で

ヨーロッパ最後の夜を、静かに過ごしたくて。

Trino7

明日はいよいよ日本へ向けて飛び立ちます。

それより前に、ニースからシャルル・ド・ゴールへ行く必要がありますが!

« 時空を越えて | トップページ | フランス縦断 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 時空を越えて | トップページ | フランス縦断 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <歌って健康!>

     ~三世代でつなぐ声の輪~
     10月20日長野市芸術館

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン