« チューバの世界 | トップページ | 本日の授業0426 »

2010年4月25日 (日)

スズメの日

JAL186 関西→羽田


朝から春らしいやわらかい日差しと青い空。

おでかけ日和で、今日は来月と7月のコンサートの合わせをしに
大フィル会館に向かった。

なかでも今日のメインは、来月の泉南市混声合唱団のコンサートに向けて
オケメンバーで初合わせ。

泉南市は、私が保育園と小学1年生の1学期まで過ごした地で
今でも、両親が泉南市の男里川沿いで働いている。

2年前の岸和田リサイタルをきっかけにして
偶然にもこのお話をいただいた。
お世話になった地に、恩返しをする機会を頂いて本当にうれしいかぎり!

本当は去年に実現予定のコンサートだったのが、
インフルエンザ騒動で1年延期。


昨年春は、なんだかいっぱいいっぱいで、
雀ミサの編曲がその隙間にみっちりはいってかなりテンパっていた。

すると・・・摩訶不思議なメールがメンバーに行っちまったのだ。

演奏メンバーに向けて、事務的連絡。

「雀ミサイルの合わせ予定は、○月○日と○月○日にどこそこで。
前日のランスルーのあと、翌日の本番までよかったら熊取ハウスにどぞ。
24時間男だし可能。」

更に、別件連絡でストラヴィンスキーのイタリア組曲を

「イタリア組長」と送ってしまったもんだから、さぁ大変。
(あっ、同僚に組長という人がいまして、予測変換がこうなるのだ。)

メンバーにしばらく突っ込まれた。
本心が出過ぎ!?

たしかに男は叩き出してそうだ。
組長とも仲良くさせていただいているし・・・。

ってなことを思い出してしまった。
来月が楽しみ楽しみ。

それにしても良い天気。
大フィル会館敷地内の花水木が、だんだん咲き始めていた。
ずぅっと見上げると、青空に吸い込まれていきそうな。

やっぱり、春らしい日は心も春になる。
雀もとってもうれしそう。

練習が早く終わって、関空におもったより早く到着。

Kanku 関空から和泉の国

まさに、自分の実家の真向かい。
今日は、紀泉の山々がよくみえる。
たしか母校の校歌ににも歌われている山々、そして茅渟(黒鯛)の海。

そんな中、目の前をどんどん飛行機が離陸していく。

保育園から隣の海に地曳網漁をしに行っていたころには、
こんなデカイ空港ができるなんて、考えもしなかったなぁ。

« チューバの世界 | トップページ | 本日の授業0426 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

コメント

本日の男出し、お疲れさまでしたー!
しばらくではなく、ずっと言われ続けるでしょうsmile

なぬ!?
今年に入っては間違ってないはずなんやけど…

そろそろお許しくだされぇ~sweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チューバの世界 | トップページ | 本日の授業0426 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢