« 本日の授業0525 | トップページ | 音楽大好き集合! »

2010年5月26日 (水)

本日の授業0526

<視唱3>
今日は音楽独創表現の続きから。

まず、Sさんの「冷蔵庫」の歌詞ができた!ということでみんなで歌ってみた。
冒頭のきれいな和音にどのような歌詞がつくのか、とっても楽しみにしていた。
すると・・・

「おやすみ」

一パートごと、順に重なっていく。
さっそく、この曲を練習しよう!ということになって
おやすみについてもイメージと和音のカラーから
言葉の発音の仕方にも注意を払ってみた。


続いて、「ポーカーフェイス」
作曲者Aさんのコンセプトはとてもはっきりしている。
内面は感情豊かでありながら、表面はポーカーフェイス。
テーマもフーガ風の入りになっていて、みんなで構造の確認。
途中、なんと複調で有りながら(内面の多様さ)きれいにハモるところは
みんなで「おぉ~」とその発見を喜び・・・

なによりうれしいのは、作曲してくれる人がみんな
ここはこんな部分で、だからこんな風な和音になっているなどと
音に対して明確にこだわりを持っていること。
そしてそして、その事を自分たちの音楽として皆で共有しようと
自然と頭を寄せ合うことのできるこのクラスの仲間たち。

来週は「浅草」をいよいよ…っと思ったら校外学習でホントに浅草に行くとか。
浅草で「浅草」を歌いたい!ということでしたが、はたして???

<聴音>
複合拍子の楽譜の書き方を再確認。
全員に4小節作曲をしてもらい、お互いに演奏してもらった。
意外にもみんな難しいリズムをしっている。

しかしっ なぜか単純なリズムで不思議なことになっている。
まずは基礎。
しっかりと2拍子を感じてもらい、正しい記譜法を再確認。

もう一つの目標は、転調を感じてもらう第3弾。
まず、違う星にいったと感じる事。感じたら、今日は属調に言っていることを明言。
そこから、いったい何の音が変化することでそう聞こえたのか
理論的に自分で考えて確認。そのご歌ってもう一度耳と体で感じてもらいました。

午後は・・・
年に一度のヴィオラの祭典。「ヴィオラスペース」
今年ではやくも19回。大学生のころからかかわらせていただいていますが
毎年本当に沢山のこだわりと感動が有ります。

「ヴィオラの礼讃」「ヴィオラ作品の紹介と新曲委嘱」「若手の育成」
という明確なコンセプトは、沢山のヴィオリストはモチロンのこと
音楽家、音楽ファンを増やしてきました。

それも、今井さんという人間性に魅かれて演奏家が集まり、
そして、次の世代につなげていくという根本的な音楽姿勢もあってのこと。

そんな今井さんによるシューマンのヴァイオリン・ソナタ第1番。
初めてヴィオラで聴きました。
それがとっても合うのです。
低音の深さが特に。

今井さんだから合うのかもしれない。
特に技巧的な曲ではないものの、
ヴィオラの渋さと今井さんからにじみ出る人間性が、音楽的な深さにぴったりで、
めくりながら、音楽に入り込んでしまった…。

やっぱり、その人の香りがする音楽が好きだ。
いつも思うけれど、コンサートにいくというよりも
その人に会いに行っているという感覚。

また、ぜひ聴きたい。

« 本日の授業0525 | トップページ | 音楽大好き集合! »

授業<高校>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の授業0525 | トップページ | 音楽大好き集合! »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ