« 手紙 | トップページ | 本日の授業0510 »

2010年5月 8日 (土)

カフェ・コンサート with チューバ

さわやかなお天気になりました。

こんな日に、外が見えるカフェでコンサート。

Cafe1_2  幸せです。

今日は、アンサンブル・ヴァリエのメンバーとして
大阪市音楽団のチューバ奏者 近藤陽一さんとデュオ・コンサート。

チューバとのデュオは、実は2年ぶり。
あの大きな楽器と、そこからは想像できない機敏な動き。
そしてそして・・・全身がぶるぶる震える低音。

おぉ~ しびれます。ハイ。

コンサートをさせていただいたイマジンさんは、壁が広く窓となっていて
実は演奏する私のすぐ左も外の景色がよく見えます。

コンサートがはじまって最初のうちは、
ピアノの癖やチューバとのバランスに神経が行っていましたが
そのうち・・・

フォーレの歌曲2曲あたりから違う星に行ってしまった。

なぜなら、左に初々しい新緑が風に揺れているのが見えるから。
それがあまりにも気持ちよさそうで・・・。

いつも、企画構成とお話をしてくださる古曽志先生は
コンサートをまるで一つの演劇のような舞台ととらえるかた。
今回もそのようなコンサート。
演奏前にヴェルレーヌの「月の光」を朗読された辺りから、記憶がない!

私の頭の中では、ヴェルレーヌのよんだ大理石と噴水が、
いつのまにやら、時のとまったようなやわらかい陽の光と新緑に置き換わって…

ららららら。

こちらの世界に帰ってこれたのは、後半。
なんたって、「ゾウに追いかけられるサル」という、これまた
今日のコンサートにぴったりな曲から始まるエフィー組曲が待っていたから。

おサル aiai 必死で逃げましたよ。(ん、弾きました!?)

あぁ、楽しかった!

それもこれも、とっても心の温かい近藤さんと一緒に演奏させて頂けたから。
聴いて頂くお客様もみなさん温かい方々で、いつのまにやら
安心して、音楽と自然の中で戯れていました。

Cafetuba_2

みなさま、本当にありがとうございました!

« 手紙 | トップページ | 本日の授業0510 »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手紙 | トップページ | 本日の授業0510 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ