« 今週も・・・ | トップページ | なんでしょ? »

2010年9月19日 (日)

色とりどりの音楽会

Varie

古曽志ワールドへようこそ。

今日は、先生の代表作でもある音楽物語をなんと2つも。
和音の音選びと、ときどき見受けられる対位法的な書き方が
先生の優しさでもあり特徴。

今日は泣かずに済んだ!

先生の主宰するアンサンブル・ヴァリエのコンサートは
いつもとは違うコンサートのように感じます。

そうだな・・・。一つの舞台芸術。
コンサートではなく、その時間と空間が一つの作品のような。

いつも、ご案内を先生がつとめてくださるのですが
なんと、そのご案内のセリフも予め用意されていて
しかも、完全に暗譜(!?)でお話しされている。

初めてヴァリエの一員として演奏させていただきた時は
かなり面食らったものですが、
先生の音楽に対する考え方や思いが分かってきてからは
その姿勢をまた、別のコンサートの有り方と楽しむ自分が居ます。

 自分の音楽に対する心を常に問われているような。

けして、一方的な表現でなく相手を温かく迎え入れるような音楽。
雪わたりで出てくるような、冷たい氷や刺すような月明かりの音にあっても
その音選びの心は基本的に温かみがにじみ出る。

改めて、音楽やっててよかった。
そう思う自分が居ました。

Yuki            
             途中パーカッションも担当したような…。Aさんありがとう!

« 今週も・・・ | トップページ | なんでしょ? »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週も・・・ | トップページ | なんでしょ? »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ