« やっと | トップページ | 台風一過? »

2010年9月24日 (金)

てろりん

「てろりん」

あははぁー

なんじゃそりゃ?っという名前。
かわいいような、力がぬけるような。いや、おいしそう?

そのてろりんをめぐって、8人による創作が出来上がりつつあります。
高校3年の視唱前期授業で担当したクラスの仲間8人。
いやぁ、個性派そろいですよ。
作曲専攻は一人。でもみんな作曲したいって。
なんだなんだ?

世界に一つしかないものを創る、こんなに素敵なことないです。
しかも、普通には創らない。誰もやっていないことやろう。

与えられたものをしていく事も、もちろん大事だけれど
何もないところから、創造していくことの面白さを経験していてほしい。
なぜなら、先入観のないところから音をみつめるきっかけになるから。
音楽は、そうやって先入観なく自分自身と向き合うところから始まる。

そういう試みで始めたてろりん。
いよいよ水曜日に披露ということで、今日は放課後臨時練習。

前回、表現ということなら、単に歌うという事にだけに終始せず
演奏者の配置とか、空間的なことも表現に入れてもいいなんて言ったら。
今日は、おそるおそる扉の窓からのぞくと・・・

 あやしい酔っぱらいが1匹flair

おもわず開けてよいものか、タジタジしてしまった。

みんな、忙しいだろうにこんなに集まってくれて。
しかも受験生が・・・

よっぱらい!?   (←あ、演技ですよ。)

えっsweat01 



2年生の春、桜をみながら初めて話したチェリスト I さん。
ソロ最後のA線の泣き、 I さんそのものだと思います。
どっぷりハマってお願いしますよ。

ピアニストSさん。
一度だけ聴かせていただいた演奏の時の真剣な姿と
普段の等身大な自然体がステキです。それが
最初のあの和音の重なりの優しさに出ているんだろな・・・。

一見お嬢様なTさん。
びびりました。歌詞のオヤジ度と旋律のぴったり感。
ハマります、そのギャップ。
まるで自分を見ているようだ!?

電子オルガンやさんのMさん。
いつも、授業で率直に必要な事をズバリと言ってくれるしっかり者。
やっぱり、Mさんの書いてくれた音楽もしっかりと言いきってこそ
伝わるだろうなぁ。笑わず言いきりますよ。

同じく電子オルガンやのAさん。
「私、腹グロですよぉ。」と。え!?
自分でそういうセリフを言えるうちは腹グロではありませんよ。
でも、書いてくれた音にはそこはかとなく、腹グロな香りが・・・!? いい香り。

インペクMさん。
こんなインペクいません!みんなに突っ込まれる愛されやさん。
心に素直な人柄、どこまでMさんワールドについていけるかな。
いや、ついていきます、変態ワールドへ。

なんでもやSさん。
ものすごく内面的な音楽をありがとう。
色んな事に真剣なSさんだからこそ描けたもの。
内容が濃くて、表現に行きつくまでに時間がかかりますが
時間をかけてみんなで作っていける経験ができたのは大切な事でした。

作曲やさんのMさん。
この個性的メンバーが、遠慮せずに音にした個性的な曲たちを
よく、一つにまとめてくれました。
まさに、Mさんで始まって、Mさんで終わるてろりん。
演奏がとっても楽しみ。

そして教員(!?) aiai 。
そんなみんなが大好きです。
たった週に一度の50分だけど、個性派ぞろいのみんなと
半年間過ごせて、本当に幸せでした。ありがとう!

Terorin          
               アヤシイ仲間たちscissors 他にIさんとTさんが居ます。

こんな仲間の音楽。水曜日みなさんに楽しんでいただけますように。

« やっと | トップページ | 台風一過? »

授業<高校>」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと | トップページ | 台風一過? »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ