« 音を創る | トップページ | あぢゃぁ »

2010年11月 2日 (火)

本日の授業1102

<リーディング I II III>

今日は一斉検定の日です。

リズム
前回に引き続き、スタイル物。今回はシャコンヌ。

クレ読み
ブラームス:ピアノ四重奏曲第3番より第3楽章 冒頭のチェロによる主題
チャイコフスキー:くるみ割り人形より花のワルツ ホルンによる主題

<和声3>

今日から本格的にドッペル・ドミナントの世界へ。
他の調から和音を借りてくる世界に足を突っ込みます。

まずは、耳で感じてほしくて、そっくりのII7の和音と耳で比較大会。
適当に四声体を弾いて、どちらか判別してもらう。

バッチリ!(でもフェイントで準固有和音を入れたらひっかかったな!?)

そして、理論での導き方を学習。
三和音・七の和音・九の和音 そして根音省略形。

長調の九の和音がきつい響きで、配置に制約が多いという話しになり
皆に本当にきつく聞こえるかを実際に感じてほしくて弾いてみた。

aiai: じゃぁーんnote どう?

「せんせぇ、もっかい弾いて。」っと後部座席よりリクエスト。

aiai: いいよ。 じゃぁーん。(弾いてみる)

「ほらぁ、一緒だよ。」

aiai: ん?何の話?

「スーパーマリオと同じ和音!」

おぉshine ほとんどゲームしたことないけど知ってるよ。
なんたってaiai、中学1年生の時のニックネームが・・・

"スーパーマリオのきのこちゃん"

だったのだ。
かくして、スーパーマリオを弾いてみた。

 ミミッミッドミッソッ!

おぉ、長属九の和音な上に、ばっちりドッペルドミナントの和音なのだ。

  flair

おもろい。それなら、ドッペルじゃなくてII7で始めたら?
っというわけで弾いてみた。

  うっくっくっくsweat01

教員aiai 完全にはまってしまった。なんとったそがれてしまう事か。
変すぎてオカシイ。

やっぱり和音のカラーって大事。
調子に乗って、準固有和音でも弾いてみた。

ここまで来るとワケがワカラン。

あぁ~連結まで行かなかった。来週は、沢山進みますよ。

どんなに脱線してしまっても・・・、音に敏感な反応をしてくれるクラス。
それが、なによりもうれしい!

<和声2>

今日は属七の和音。きっちりと進みました。
V7→Iの進行の仕方
○→Iの進行の仕方

来週は、とても重要な第5音を含む基本形属七の扱いについてです。

« 音を創る | トップページ | あぢゃぁ »

授業<高校>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音を創る | トップページ | あぢゃぁ »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢