« 日だまりに… | トップページ | 熱さめやらぬ »

2010年11月19日 (金)

四次元旅行

のぞみ33号 東京→名古屋

Fujifuji よく見えました!


いやぁ、ホントに楽しかった。
N先生による、ゴールドベルク変奏曲の管弦楽編曲版初演。

ここのところ本番もたてこみ、ゲネと本番の間はおろか
1部と2部の間の休憩ですらカキカキカキコキする姿を見ていたので

  間に合うんだろか・・・

と、ずっと心配しつつも楽しみにしていた。

だって、あのゴールドベルク変奏曲ですよ。
眠るために書かれたとされる曲を、管弦楽にしてしまったら
目が覚めちゃう。

それに、あれだけの曲。
普通に編曲するのって、意味あるのかなぁ…と漠然と思っていたら
やっぱり!

普通じゃない。
あっという間に時代と空間を越えて旅している自分がいた。
ときどき、演奏ミスが起きるたびに現代の地球が少しみえたけれど
後は、完全に4次元旅行。

ある時は森林の中に、ある時はジャズハウスに
ある時は18世紀初頭の宮殿に、ある時はおもちゃ箱に、
そして宇宙のブラックホールに・・・

ゲネで初めて聴いて、どこにいるのか分からなくなっちゃいそうだった。
本番は、それこそお客様に交じって聴かせていただいたので
お仕事モードも完全オフ。
完全に異次元の旅へ出かけてしまった。

これは一種の催眠音楽じゃないのか!?

スゴスギル。


今日のプログラムは、これ以外に
権代さんの沈黙への7つのコラール変奏曲と
矢代先生のピアノ協奏曲。

本当に意欲的なプログラム。

ピアノ協奏曲、実はソリストN先生の爪が前日にはがれてしまい、
ゲネも弾かず本番を迎えた。
隣に居る身としては、いつ流血するか気が気でなかったけれども
それでも、呑みこまれた。やっぱり凄い作品。
終演後、「矢代がのり移ったみたいだった」と
矢代夫人がおっしゃってくださったけれど、ホントにそんな気がした。

終演後の打ち上げビール、ホントおいしかったことbeer
(たいして何もしていないけれど!?)

ゴルトベルク変奏曲は、来年3月21日にも
東京のすみだトリフォニーホールで再演予定。

みなさま、ぜひお越しくださいませ。

« 日だまりに… | トップページ | 熱さめやらぬ »

新幹線」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日だまりに… | トップページ | 熱さめやらぬ »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢