« 初・・・ | トップページ | しぃ~ん »

2011年1月 2日 (日)

ヒココ・デー

年末に、学生さんとスケジュールを調整していて

「この日、宇宙に行くかもしれないからちょっと待って。」

っと言ったら、目をまん丸にされてしもうた…


っというわけで、今日は宇宙に行って参りました。正確には
「空と宇宙展」sun

昔から空を飛ぶのが好きです。
海に潜るのも、半分空を飛んでいる気分だから。

1910年に日本で初めて飛行機による動力飛行に成功してからたった100年。
ライト兄弟が初めて飛んだのも1903年な事を考えると
いまや、宇宙まで飛ぶ時代。

ものすごい勢いの発達。
思わずここ100年の音楽の進展と比べてしまった。


日本の航空100年。
1910年に日本政府は初めて欧州から機体を導入して飛行。
翌年には、国産機が飛んだという。

でも・・・
ライト兄弟が、何年もかけて自分たちで機体の周りの風の動きや
羽の揚力や抵抗を調べて設計し、
操縦方法も考えてエンジンまで作ったのに対して、
日本は、技術導入して手先の器用さで1年で作ってしまったに過ぎない。

技術の発達は、その過程に面白さがある。
こんなものが欲しい、こんなものを作ってみたい思いが、人とともに技術を育てる。
音楽においてもしかり。


そう思いながら、日本の航空100年の歴史を順に見ていると、
最後の宇宙事業のところで、とってもとってもうれしい一文を見つけた。

去年話題になった、はやぶさ。
小惑星「いとかわ」に行って、サンプルを持ち帰るという大プロジェクト。

「はやぶさの一番の大きな成果は"ひとづくり"でした。」

と。

はやぶさが7年間の数々のピンチを乗り越えられたのは
たかい意欲を持った人が集まり、大きく育ち、適材適所に配置されたから。

高い意欲は、追い続けたい夢があってこそ。
いいなぁ。



ヒココairplaneとして・・・

三菱リージョナルジェットに注目。

Mrj

YS-11以来、技術協力にとどまっていた日本において
新しいヒコーキ開発中。

只今、制作中ながら確かすでに注文を世界から受けている。

日本の新しい時代も間近。

しゅぅわっちdash

« 初・・・ | トップページ | しぃ~ん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初・・・ | トップページ | しぃ~ん »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ