« 羽後町へ | トップページ | 羽後町ランドスケイプ »

2011年1月29日 (土)

大雪視察リポート!?

羽後町には、名物企画マンK野さんという方がいらっしゃいます。
町の文化を大切にするだけでなく、外に向かっても発信し、
どんどん行動に移して実現してぐいぐい引っ張るスーパーマン。

(実際には、かなり面白い人です・・・。)

その、K野さんたちが20年以上も前に始めた名物行事

「花嫁道中」 Umakko  

お嫁さんが、馬そりに曳かれてお嫁に行く行事。
その距離が尋常ではなく、お昼の14時に出発して
峠をこえて嫁入り先?につくのが19時半。

その道は、キャンドル・ロードといってK野さんたちスタッフや
町のみなさんが、小さなかまくらを作ってその中にろうそくを灯す。
それが、なんとも幻想的。 

Candle

七曲峠にさしかかると・・・

Cand1 道の両脇に灯る

途中、峠の茶屋でえんぺっこbottleCand2

Cand3 ←ここは地球のド真ん中。

更に峠を降りて行くと、いつも振る舞い酒を出して下さるお宅で…
炭火に当たりました。 Cand4 コワイ!?

ここの辺りは、相当気合いをいれて作ってくださっていて
本当に幻想的・・・。

Cand6

そして、ついに到着会場の旧家へ到着。
お祝いの花火が、どぉ~ん!とあがりました。

Hanabi おめでとうございます!

それにしても・・・寒い!マイナス5度よりは寒いとのこと。
長時間、橇をひっぱった12歳の馬くん。おつかれさまでした。

こうして、沿道に数え切れないほどのキャンドルが灯り、
(なんと、当日に作るのだそうです。)
たくさんの方々にお祝いされて、本当に素敵な行事です。

今年も、某番組やたくさんの取材陣が。


もう、何年もわたって続いているこの行事。
「スタッフも最初から変わらね。変わったのはうちらが年取ったことでぇゃ。」
とK野さん。

「文化や芸術など、行政にしかできないことをやっていくんだ。」

と、車の中で熱く語る背中には、
連日にわたる雪おろしのお疲れもみえました。

車に乗ると、各地区の屋根を観察して「ここは誰々んちか?」と
雪に押しつぶされていないかをチェックし、
翌朝も、朝の早くから色んな地区へ雪おろしに出かけていらっしゃいます。

こんなに寒さ厳しく、自然の猛威のふるう中
心の底から温かいみなさんが住む町、羽後町。

最初の中国琵琶の伴奏のときから、毎回会いに来て下さる
くえもんさんご夫妻、ホッとする笑顔のAさん、ご結婚おめでとうのHさん、
聖母マリアさまと呼ばれるH子先生
ヘラ餅やあまっこをごちそうしてくださったSさんご一家さま
K田旅館の女将さん、年齢不詳のFM湯沢のTさん
セブンコールのみなさん、お蕎麦屋彦三のご主人…

他にも、バッタリお会いした方々にも温かい声をかけていただいたり…。
(旅館では、顔パック中にまで話しかけていただいて
顔がテカテカのスゴイ状態で失礼しました。)

もう、数え切れないくらいの沢山の温かさと心の栄養をいただきました。

本当に、ありがとうございます。

何十年ぶりの豪雪。
どうぞ、お身体を大切にされてください。
また、お会いできますように。

« 羽後町へ | トップページ | 羽後町ランドスケイプ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽後町へ | トップページ | 羽後町ランドスケイプ »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ