« 対照的 | トップページ | 無事を »

2011年3月11日 (金)

地震の日に

2011年3月11日が、こんな日になろうとは・・・
被災されたみなさまへ、心からお見舞い申し上げます。

ずっと、振り返ることが出来ず何も書かずにきましたが
やはり、しっかりと見つめなければ…と書きます。
                 (3月15日記)

デュオ・リサイタルの当日にあっても、マイペース。
いつもどおり、大事なところだけさらいチェック。
その後荷物を。
衣装、くつ、楽譜の3点セットに加え、今回は自主公演なので
届いたばかりのプログラム、鉛筆、そのほか名簿や会計資料など、
冷静にすべて整え、時間にはかなりの余裕をもって家をでました。

本番当日に焦りを抱く事だけは、いつも避けるようにしているので…。

空が青いなぁ。眩しい…と思いながらサングラスをかけて。

荷物が多いので、体力負担をさけるため車で出発。
予定どおり渋滞にまきこまれ、予想外の事故渋滞にもまきこまれたにも
関わらず、予定の25分前に三軒茶屋着。
予想通り、駐車場探しに困難を極め(世田谷区は道が狭い…)
アクロバットな運転も心穏やかにこなし、予定よりかなり早くホール着。

早すぎてまだ会場には入れず、荷物だけ置かせていただいて
楽屋の飲み物調達に、お隣のスーパーに出かけました。

最初は地下にいましたが、なぜかその時お酒を…と思い1階のお酒売り場へ。

後からあがってきた石田先生が、なぜか偶然目の前に現われ
ひっつかまえて外へ走りました。
正直、あまり覚えていないのです。とにかく危ないとだけ頭にありました。

外にでたらものすごい揺れが襲い、上を見るとゆらゆら。
空から物の落ちないところへと走り、広場で揺れが収まるのを待ちました。
青空八百屋のおじさんが、ラジオを聞きながら教えてくれた情報が
「東北で地震。東京も震度5強だって。こんなの関東大震災いらい初めて。」
と。
その情報がなければ、東京が震源かと思ってしまう揺れでした。

その後も大きな地震が続くたびに、キャロットタワー前に流れ出た
人々の悲鳴が聞こえます。

東京では、なかなか東京の情報が入らず、長野や遠くから情報を頂いて
本当に助かりました。ありがとうございます。
電車も止まっていることが分かり、16時半に公演中止を決定。

すぐに、災害伝言版に書き込み、連絡をとれる方々に連絡。
電話はつながらず、外の公衆電話には長蛇の列。
メール連絡がほとんどになってしまいました。
連絡がつながらなかった皆様、申し訳ありませんでした。

中には、遠くから歩いて三軒茶屋まで来て下さった方々もいて…。
本当に申し訳ないです。なにもできず本当にごめんなさい。

その後も、連絡のついた学生さんたちから、帰宅できず
都庁にむかっているとか、勤務先で待機とか
池袋でホテルをさがしているなどなど、大変な様子を連絡いただきました。
みなさん、その後ごぶじでしたでしょうか。
新幹線で向かってくださったかたも、名古屋から大変な思いをして
関西へ引き返して下さり、
東北からいらしてくださった方々も、それはもう文字通り
大変な翌日以降が待っていた事をおもうと本当に心が痛みます。
ご無事でお過ごしでしょうか。


我々も、すべての交通が動かず泊めていただく事に。
本当にありがとうございます。
床で横になっていたのですが、揺れるたびに飛び起きて避難経路の確保。
空が白んできた頃、車で帰路につきました。

しかし・・・演奏者スタッフの家は全員川向う。
隅田川を渡るために渋滞にまきこまれ、
更に荒川を渡る橋が通行止めで動かぬ渋滞に巻き込まれ…。
そう、千葉に向かう人たちの交通が半端無かったのです。
千葉の友人宅は、液状化で家が傾いていると連絡頂きました。
みんなが、千葉以東に向かうのは最もです。

その後都内は交通が大混乱。
少し、休ませていただいたところで緊張感が切れて朦朧。
体力を回復するまで休ませていただき、夕方無事帰宅しました。
本当にありがとうございます。

色んな方々の親切が身にしみた日でした。
音楽は、その人そのものです。
だからこそ、いろんな方々の温かさを知るたびに
自分は何を発信していけるのだろう…と考えています。

公演中止。
コンサートそのものは11日でなくなりましたが、延期を考えています。
やはり、伝えて行きたいものがあるから。

まずは、みなさんの安全を優先するべきだと考え、
只今検討中です。

払い戻しも含め、決まり次第お知らせいたします。

まずは、身の安全と安心をなにより優先していただけますように…
そして、東北、上信越のみなさんが少しでも心穏やかにすごせますように…

みんな、大丈夫だったんだろうか。
いろんな方々の笑顔をおもいだすたびに、心がしめつけられます。

みなさんと、笑顔で再会できますように…
心から願っております。

« 対照的 | トップページ | 無事を »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 対照的 | トップページ | 無事を »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ