« μーん!? 4 | トップページ | μーん 6 続ピアノって »

2011年3月 4日 (金)

μーん 5 ピアノって・・・

今日は、朝一の別件合わせをのぞいては、一日デュオ・リサイタルの合わせ。
おぉ、やっとそれらしき雰囲気がやってきた。(遅すぎ?)

そう、ずぅっと気になってきた事がある。

ピアニストはピアノをカメのように背負って運ばないので
行った先々で、そこのピアノと仲良しこよしになることが必要。
きちんと、自分の音楽を頭に描いて
いかなるピアノに出会ってしまっても(!?)その音楽を表現できないといけない。

ところが、ピアノってのはメーカーによってはモチロン、
おなじメーカーでも1台1台性格が違うのである。
それを当たり前のようにおもっていたけれど、
いかんせんピアノをきちんと勉強してこなかった aiai、
ピアニストと1台のピアノをシェアするにあたって、きちんと観察したくなった。

というわけで、チョイと無理をお願いして本番と同じメーカーのピアノのある
部屋を貸していただいた。

かつて、ハンブルグの工場にいったおり、その職人気質に感動したピアノ。
今でも、そのメーカーの調律師はハンブルグへの研修期間があり
ピアノの工場で、職人さんの勉強をする。

そう、とにかく箱鳴りがするという印象がある。
もちろん、きちんと調整されていないと、もちろん鳴らないけど、
とにかく素直に、音が反映されやすい。
逆にいえば・・・
自分のコントロールが出来ていないと、もろ音に出てしまう。
筋肉の弛緩がそのまま音色に変換して伝わってしまうというか・・・

えらいこっちゃである。
そのことは、いろんなコンサートで弾くたびに気づいていた。
ピアニストにとっては、コントロールは日常だろうし何ともないかもしれないけれど、
テクニカルをきちんと勉強してこなかった aiai には
いろいろ突っ込んで追究してみたい楽器。

いやぁ、おもしろいおもしろい。(っと同時に落ち込む落ち込むsweat01
オーケストラみたいだ。倍音が豊かで、色々できる。

但し!コントロールできればの話。
イメージは頭の中にあふれかえっているのに、キチンと指に伝えられない。

ぬぉ~!

ハイ、ドードーhorse

完全に、手綱をひいて頂かねばならぬおサル aiai がそこにおりましたとさ。

« μーん!? 4 | トップページ | μーん 6 続ピアノって »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« μーん!? 4 | トップページ | μーん 6 続ピアノって »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ