« 支援物資のその後 | トップページ | 東京へ »

2011年3月19日 (土)

チャリティー公演

3月11日に地震で延期になったデュオ・リサイタル公演。

3月25日(金)18時から、チャリティー公演として
サロン・テッセラで行う事を決めました。


11日のチケットをお持ちの方は、そのままご利用いただけます。

また、なにぶん差し迫った日となっております上に、
まだまだ不安を覚える方もいらっしゃると思います。
お越しいただけない場合は、払い戻しの手続きをとらせていただきます。

また、みなさんに個別にご案内申し上げます。
ご質問等ございましたら遠慮なくご連絡いただければ幸いです。

なお、安全が何よりも大切ですので
政府より、危険情報が出た場合は中止とし、
緊急地震速報が出た折りには、コンサートを中断します。

節電と安全の観点から、基本的にエレベータは使わず
また、電車の混乱も予想されることから、18時開演とはするものの
18時20分くらいまでは、遅らせられるようゆとりをみての公演となります。

迷いました。
なによりも安全を重視しなければならず、しかも相手は天。
安全を確保できるのか。これは主催者として最も考えねばならない事です。

と、同時に…
被災者に対して何かしたいという気持ちを心にもちながら悶々とし
音楽ってこういう時に何が出来るのか?何もできないじゃん
と悩む友人や卒業生がいました。

また、卒業式の延期やコンサートの中止が相次ぎ、
暗くなってしまうひともいました。

音楽人にできることってなんだろう。


少しずつでいいから、自分たちの出来る事を足元からやっていこう。
いつもそう思っています。

なにも出来ないと思うより、まず一歩。
それを音楽人としてなら・・・

ここ1週間、安全性の情報を集めつつずっと考えました。

っというわけで、今回はチャリティー公演として行うこととし、
私たちももちろんですが、その場にいらっしゃる方々皆さんとともに
自分たちが出来る事を、目に見える形でやっていくことによって
更に次の大きな力を起こすきっかけにしたいと考えています。

もちろん、人間弱る事も有ります。
そういう時は無理せず、きちんと等身大の自分に向き合う。

それでいい、そう思います。

音楽は、その人そのもの。

この震災を経験したうえで、今回の事をきっかけに
強くても弱くてもなんでも、素直に自分を受け入れる事で
自分の中に住んでいる新たな自分を発見できる日になれば
こんなにうれしい事はありません。

真の表現も、自分と向き合うところから始まるのだから。



人間にはいろんな使命があります。
総理大臣であっても、農家であっても、音楽人であっても、
その一人ひとりにしかできない役割というものがあって、
それぞれの立場で、最大限真摯に向き合って行動していれば、
それはいずれ、ひとつの大きな力となってつながっていく。

ちっぽけな一人の人間として、そう信じています。

あぁ、長くなってしまった。
考えている事がいっぱいで、それを整頓する事もできず
べろ~んっとすべて書いてしまう aiai でありました。

おぉい、飛行機の離陸まであと5時間切ったぞ。
もうちょい、自分を管理しておくれ…


そんな声が、どこからかきこえてきそうな深夜3時半。

目覚まし時計を山ほどかけなきゃ。

« 支援物資のその後 | トップページ | 東京へ »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 支援物資のその後 | トップページ | 東京へ »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ