« 長年の夢へ | トップページ | 300年の音から »

2011年7月 1日 (金)

きたぞ!

ワクワクしすぎて、眠ったのは空が明るくなってから。

朝8時すぎ。
新しくなった携帯(←噂のスマホに昨日変えた。ワケがワカラヌ!)には、
何件かの着信履歴。 なんで音が鳴らへんのやannoy

えっ!? なになに?

もう、ピアノが来ているって!?
えらいこっちゃ~run

パジャマのまんま、部屋を飛び出すと、すでに皆さん総出で
階段をピアノがのぼっている。

本当にすみません!
あんなにワクワクしていて… 爆睡してしまった。
やっぱり子供だ。

階段途中から運搬に参加!Piano ぶつからないように…

Piano2


到着次第、ピアノが無事がチェック。

その横で、シンプルな構造のハンマーをにぎって

喜ぶサル→Piano3 完全寝起き顔

さっそく、音出し開始。

Aiaiai              

たった61鍵盤の幅に3人でピアノ !? なぁんてことはありません。
左のひかるくん、今回は譜めくりも大活躍!
ありがとうございます。

それにしても、ずいぶん狭い幅でモーツァルトも連弾をしていたものです。
2つの椅子に所狭しと3人座ってこれですから、
お相手のお弟子さんと、そりゃあもう仲良く弾いていたのだろうか…

なんて。

それにしても、子供たちが練習中もよく聴いています。

Aiaiaiai おっとsweat01 逃げなきゃぶつかる。

こうして、いつもの雰囲気の中、なぜか1784年の音を奏でる楽器がいて
しかも、世代をこえて普通に楽器の音に戯れているんだから。

もちろん特別な事かもしれないけれど、音の前には
みんな一緒。
時代はもちろん、立場や環境もこえてみんな同じでありたい。

こういう時間と空間が大好き。

音楽はいつも、心を奏でる手段の一つ。
だからこそ、いつも自分自身にしっかりと向き合う。

昨日、不変のひかりをはなつ星たちをみあげながら
祈ったことをひとつひとつ思い出した1日。

番外編:

この赤いTシャツ、西表島から牛にのって渡った由布島で買ってきた
「ウンのつくTシャツ」 (さぁて、どうしてでしょ?)

これを着てガニ股で歩いてたら、長男に間違われてしまったscissors

« 長年の夢へ | トップページ | 300年の音から »

コンサート」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長年の夢へ | トップページ | 300年の音から »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <歌って健康!>

     ~三世代でつなぐ声の輪~
     10月20日長野市芸術館

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン