« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

お人柄

今日で9月も終わり。
かなり涼しくなったというのに、なぜか…

 ミンミンゼミが鳴いている! 蝉さん大丈夫か?


今朝も、アイロン台の上でアイロン待ちしている白や黒のシャツの山から
比較的シワの少ないシャツを、ヒョイっとピックアップしてお出かけ。

  おいおい…sweat02

さすがに、アイロンかけないとなぁ。


そんな日々の中、今日は大学4年生によるリサイタルの日。
ゲネの時間もたっぷりもらって、
ピアノ位置とソリスト位置、そして、ライティングなど、
コンサートにかかわるあらゆることを、経験できる。

いいなぁ、学校でこんな機会があって。
自分を振り返ると、なかった…。(作曲科だったからか!?)

そんなわけで、いつもなら決められた位置で一発勝負なソロも
ゲネの時に、いろんな立ち位置で音響を確かめ、
お客様によく響き、かつ
自分の音楽に集中できる場を探していく。

今日の共演者はコントラバシストTさん。
コントラバスはバランスの難しい楽器で、いつも神経を使う。
どんなふうに響くか、実はものすごく心配していたら
同じ4年生の仲間が、客席で聴いてくれている。

そして、ゲネが終わって聴いてくれていた二人の最後の一言。

「楽器が斜めになった時の音がいいよ。」

 へ!? 斜め?

っと一瞬思ったけれど、その角度で弾く時の楽器の向きを観察すると、
なるほど、F字孔がどうも正面を向くらしい。
今日はいつもと違う立ち位置で初演奏だったので、
言っていただくすべての言葉が、発見になる。

いいなぁ、こうして同世代同士で良い部分を
見つけあえるなんて。

音を奏でる人間に、とっても大切なことだ。

演奏後、彼女の後輩たちがたくさん袖まで会いに来てくれていた。
これもきっとTさんの人柄。

Recital_6 終演後。あら、着替えちゃったの!?

コントラバスという楽器の大きさを感じさせないほど
ダイナミックに弾くTさん。
もう大学4年生に。あらまっ。

高校生の頃に最初に会った時は、
コントラバスは大きいなぁと思ってみていたけれど
だんだん、楽器が小さくなっていったんじゃ?と思えるほど
彼女が大きくなりました。

(あ、体が大きくなったという意味ではありませんよ。)

いつもまっすぐに、音楽に向き合う彼女の音は
本当によく、そのことが音にそのまま出ていて素敵。

音楽は、音にその人柄が見えてこそ聴いていて嬉しいから!

今日は、彼女のお人柄にあつまる更にたくさんの温かいお人柄に出会えて
心がほんわかとなった1日。

ありがとうござりました。

2011年9月27日 (火)

本日の衝撃の一言。

 「いかに薄めるかだよねぇ。」

年間30回に及ぶ授業回数。
しかし、音楽は受け身だと始まらない。

なんだか肩の力が抜けた。
そんな考えもありだよなぁ。

…ってすでに、授業はいつも脱線しまくっているけれど。

以上、コンサートの打ち合わせ中の衝撃な一言デシタ。

2011年9月25日 (日)

なんだか…

必死だから仕方ないけれど…

Baroque バロック譜を研究中eyeglass

もうちっと、整理整頓して勉強できんかね。

本番だらけの秋。
さらう曲は膨大だけど、それ以前に勉強する事もたくさん。

あまりに膨大で先が見えず、まだ恐怖。
楽しくなるのは、まだまだ先。

さてと、ご飯はどこで食べりゃいんだ!?

2011年9月22日 (木)

台風一過!?

朝6時45分。

Sky3


出勤時には、こんなにきれいな空だったのに…
夕方には雨。

台風帰って来たんじゃあるまいな。


だからというわけではないけれど・・・・

Beer タワーリットルビール!?

コンサート後、ひっかけてしまった。
20分後には電車の人。

どんな速さで飲んでるんだ!?
帰って寝てしまったらどうしよう。

2011年9月21日 (水)

ひょえぇ~

スサマジイ台風が通過。

道路のアチコチに傘が散乱し、
看板や張り紙が、ひらひら飛んでいく。

あげくの果てには、ナゼだか?
車もあおられたか、道路の真ん中で分離帯に頭をむけて停まっていた。
運転手さんも苦笑いの表情。

傘をよけ、木をよけ、
何度か「ディフェンダー・ゴミバケツ(←強風であおられて動くのだ。)」
避け避け運転し、家に帰ると

車がピカピカポンshine

いやぁ、まるで洗車の後のようにきれいになっていた。

朝4時半までかかって作った試験曲は、
途中休校によりパーになってしまったけれど、
良いこともあるもんだ。

数字と格闘しながら成績もつけられたし、
天から降ってきた臨時休校で、たまっていたお仕事がチョイと進んだ。
(お疲れのところ、ご協力ありがとうございました。)

学生さんたちみんな無事に帰れたかな…

2011年9月19日 (月)

おサル4兄弟なのだ

Saru1


おサル4兄弟banana

左から

心優しいららら。
でっかい子供 aiai。
兄弟を見守る、るるる。
風の子元気な子、おそら。

みんな、笑顔の素敵な少年ばかり。

今朝は、早朝基礎練の後にみんなでお散歩に行く事に。

Saru2 朝日ものぼった!


今日の南は雲海 Saru3_2


こんな大自然の中で育つ少年たち。
あまりにも純粋で真っ白いので、一緒に合わせをしながら

 音を奏でるのに大切なものはなんだろう…

と、真剣に考えてしまう。
気づいたら、ふだん大人同士でもやらないような
純粋な響きを探す旅へ。

耳は、小さい時にこそ最も育つ。
人の事を思いやる優しさを持った人間は、
一緒に演奏する仲間の音も、心から聴けるはず。

そして、ひとりひとり自分が本当に音楽で伝えたいものが見えたら、
それを描くためのテクニックは、自ずと求めたくなる。

ハズだぞ。

なんて。
それは自分自身にもいつも問いかけている事。

あっという間の3日間。
まだまだ、やり足りてない事は山ほどあるけど、楽しかったなぁ。

最後は、やっぱりごはん!

Saru4

今日もお野菜たっぷりなのだ。
みんなでくるくる生春巻き。

左手前のスープは、とうもころしの絶品スープ。
昨日のカレーもおいしかったなぁ。
おでんも、目玉焼きも、おみそ汁も、圧力鍋で炊くごはんも。

大自然や家族の愛情たっぷりのご飯な日々でした。
本当にありがとうございます。

そして… 
最後も手作りデザート。Saru5

毎日ありがとう!らららくん。

その傍ら、あま~い香りが漂う。

Saru6 じゃぁ~ん 

初日から、色んな形に変貌を遂げてなにが出来るのかなぁ…と
思っていたら、手作りスイートポテト!
これがまた、スンごく美味しいのです。

すごいなぁ。るるるくんありがとう!
手作りの包みで、お持ち帰りもいただきました。

もっともっと、一緒に音楽を創っていきたいけれど
そろそろ下界へ帰らねばならぬ。

また、さらにパワーアップした姿に会えるのを楽しみにしていまっす。
頑張るぞ。おぉscissors

2011年9月18日 (日)

練習の合間に

Plai1

子供たちってすごい。

昨晩、今日の練習を踏まえて明日の計画を立てようっ
と言ったら・・・・

朝の5時から夜の9時までの練習計画をお立てになった!

っというわけで…
早朝から基礎練習をしている間、
お役御免をいただいたので、お散歩へ。



根子岳の山裾 Plai2

南を見ると…

Plai3_2

空が広い…

高原は秋も早い Plai7

さてと。

Plai5_3


この後はみっちり練習。

みっちりの合間に、撃沈sleepyの少年も。
でも、ひとたび自分の番が来ると、真剣なのだ。

お夕飯のあと。
「あいちゃん、どーぞっ」

 Plai6

更にパワーアップした手作りデザート。
ありがとう!

食後も練習は続く。

また、明日も充実した日となりますように。

2011年9月17日 (土)

いつもと違う

あさま521号 東京→上田


いつもほとんど外食をしないので、いつもと違う食べ物を。

Eki

発車まであと5分!

ふぅ~ Eki2


間に合った。
それにしても、新幹線ごと遠足のような大騒ぎ。
新聞を読みながらいただこうと思うけど、
おばちゃんたちの、箸が転げてもおかしいという笑い声で
記事の内容が頭に入っていかない…

今日のお夕飯は、野菜と果物たっぷり!

Dine


そして、愛情もたっぷり!

手作りなのだ Desert_2

おそらとらららくん、ありがと!

さてと。もりもりさらうぞ!ね???
楽しみ楽しみ・・・

2011年9月14日 (水)

ヨルダン

本日の国歌はヨルダン。

正式には「ヨルダン・ハシェミット王国」という、世襲の国王が統治する国。
現在は国民のの半数以上が、パレスチナからの難民という。


どうして、アジア諸国からいきなり中東の国の国歌にしたのか尋ねてみると

「素敵だからです!」

との事。

なんと、楽譜を見てみると8小節の曲の和音は
I  と V しかない。
しかも、メロディーも1オクターブ以内。

なんと、シンプルな。

というわけで、ぜひお聴きください。

…と思ったら、
吹奏楽版はさすがに途中を I ではなく、VI に置き換えて
偽終止にしていました。
最後も、楽譜とは違って、II2 VI になっている…

そういえば、誰が吹奏楽版に編曲するんだろう。


ヨルダン国歌

2011年9月13日 (火)

大阪クラシックその2

今日は奉職の高校がお休み。
久々に午前中、自分を振り返る事が出来ました。

この夏は本当に家に居なかったので、なかなかブログも書けず…
少しずつですが、振り返りながら過去の日付で記憶帳を残していこうと思います。

今朝、9月10日の所に大阪クラシックを、
それから、写真をいただいたので、それを伴い少しご紹介。



Osaka1_2


カフェ・ド・ラ・ペ。
素敵な空間です。

本当にたくさんのかたにご来場いただきました。

Osaka2


このように、御堂筋の並木が大きく窓に広がります。
演奏しながら、何度も見てしまいました。

1曲目のキャンディード序曲。

7月に選曲で、楽譜を片っぱしから弾破しながら
石田センセに「これはどう?」と言われた時は、チョイとびっくりしました。
実は私とは性格が全くの逆の石田先生が、
この曲を弾く姿が思い浮かばなかったのです。

・・・実に面白い2カ月でした。(いや、2週間!?)

何度も、「コラっおサルっ 尻尾を振らないの!」と怒られ…

いえいえ。
編曲がバーンスタイン自身ではないことから、
ここは、もっと音域を忠実に再現した方が
楽器が減ったことなどが表現しやすいのでは?などなど、
スコアを何度もみて話し合いました。
それらの事ももちろんですが、演奏する指の使い方やタッチのスピードなど
丸反対の二人で一つの音楽を作る事は、
ちょっとしたオーケストレーションと似ています。

今回は、上パートを石田センセ、aiai は下を担当しました。
この上下が逆になると、全く別性格の音楽が出てくるので
またいつか、逆パートで演奏してみようと話しています。



2曲目のグリーグ「ノルウェー舞曲」

こちらは連弾が原曲。
ノルウェーの大自然や、伝統音楽舞曲が
自国を愛したグリーグの人柄を通して音に描かれています。

純粋な器楽曲というより、動物の顔や大自然が浮かんできそうな音楽。
いつも色んな情景が頭に浮かんできてしまい、相棒には多大な迷惑を。

このオチャラケaiai 今日はどう弾くんだ(!?)と、いつも
左隣から、怖ぁーい…
いえ、温かい視線を感じて安心して遊んでしまいます。



そして最後はスペインの作曲家、アルベニス「アラゴン(幻想曲)」

スペインは大好きです。
そして、アルベニスのとんでもない生い立ちも大好き。
大好きで、ついついみなさんにご紹介してしまいました。

この楽譜が、これまたスペイン産(!?)でスゴイときたもんだ。
なんせ、印刷がガビガビな上に五線紙の端っこが切れているので
どこを弾いているんだか、ワケが分からなくなってしまう。
楽語もアヤシイ。
念のためにと、ソロの原典版と照らし合わせてみたら
rit(だんだんゆっくりと)が実は ritmo(リズムを感じて)だったり。
えんらい違いで大笑い。

そんな楽譜に、更に我々の書きこみ。ここにも性格の違いが…

例えば同じ箇所(246から248小節目あたり)

Osaka3 石田センセ

考え抜かれた運指が丁寧に書きこまれているのだ。

それにひきかえ…


Osoka4 aiai

ネコがねずみって…sweat02
しかも、今となってはどういう意味だかワカラン。



こんな二人にも共通するのが、マイク苦手病。
会議でも、多くの人がいると聴く側にまわってしまう。
どうやって授業をしているのだか?と演奏仲間に不思議がられるほど。

ところが…

Osaka5 あらま、話している!

こうして、お話しさせていただけるのも大阪クラシックならでは。
でも、実は頭が大混乱なのです。
うまくお話しできず、すみませんでした。

温かい拍手をいただいて、アンコールに
去年も演奏させていただいたシャブリエの「エスパーニャ」を。

弾きながら、昨年の大阪クラシックを思い出していました。
あの経験があったからこそ、人前で連弾だけのコンサートを続ける決心ができ
たくさんの出会いが広がっていきました。
多くのみなさんに感謝の思いでいっぱいです。

そして。
いつも我慢強く付き合ってくださる、石田多紀乃さんに感謝です。
毎回、あちこちに飛んでいく aiai を右に左にコントロールする気配を
実はいつも一番近くで感じています。

ありがとう。

最後のフォーレは、感謝の思いと祈りです。
演奏しようか、迷っていたと皆さんに申し上げましたが、
あの場で演奏させていただけて、幸せでした。

たくさんの温かい心が、隣へと、次世代へとつながっていきますように。

2011年9月12日 (月)

田舎の風景

暑い大阪の空にも、秋の気配。

Kuma1_4

滞在中、息抜きに田んぼのあぜ道を歩いてみた。
いいかおり!



Kuma3_2 稲の葉に

また少し歩くと…

あっ Kuma2


飛んで行かないように、遠回りして歩く。

しばらくして、左に広がる棚田から…

  しゃっぽ しゃっぽ しゃっぽ しゃっぽ シャポっ!


不思議な音がする。
カエルかな… っと思ったら ぬぁんと。

 ぴょこっ! 
 


稲穂の間から、ピョコンっと顔を出したのはイタチ。


 (あ゛sweat01  なんで人間が居るんだ?)

という顔をして、カサカサカサカサ・・・っと草むらに消えて行った。

驚かせてごめんよ。

そのまま、ゆっくりと歩く。
稲もまだ青々としているものの、ずいぶん伸びた。

Kuma4 結構な身長なのです


お花たちも、青い空へ風に吹かれて伸びる。


Kuma5


あと、1カ月もしたら棚田は金色にそまり、
夕日が注ぐと黄金のじゅうたんになるなぁ。

Kuma6_4


今度みられるのはいつだろう…

2011年9月11日 (日)

月のひかり

あの日から半年たちました。

今日は、月がきれいです。
東京へと移動しつつ、何度も何度も見上げました。

地震数日後、東京で初めて月明かりを感じて空を見上げたら
まん丸お月さまだったのを思い出します。

大切な半年でした。
悲しみ、そして悲しみを背負った人だからこその温かさ。
たくさんの出会い、そしてお別れ。

ひとつひとつが愛おしく、自分の中で大切に生きています。

不変のひかり。

そのひかりのもと、こうして音楽に携われることを幸せに思います。

世界中が少しでも心穏やかに過ごせますように。

2011年9月10日 (土)

大阪クラシック

2011年大阪クラシック第81公演に参加させていただきました。

大阪クラシックでは、大阪市の御堂筋界隈のいろんな場所で
大阪フィルの団員さんを中心に1週間、コンサートが行われます。

第81公演は、最後から3番目。
去年にひきつづき、ピアノ1台4手。
相棒は、もちろん石田多紀乃さん。

思えば、1年前の大阪クラシックで初めて
この組み合わせで演奏させていただいたのでした。

あれから1年。

このデュオでずいぶん色んなところで演奏させていただきましたが、
改めて、原点大阪に帰ってこれた事を本当にうれしく思います。

毎年演奏させていただいている、カフェ・ド・ラ・ペ。
ここの主であるピアノは骨董品のようなベーゼンドルファーで、
あたたかい、ウィーンの薫り。
毎年のように、このピアノの良さをひきだしてくださる調律師さんがいらして
カフェの雰囲気もあって、ただいまぁ!と言ってしまいそうな安心感が有ります。

そんな中、ピアノ位置や椅子の位置、音のバランスなどを確認していると、

「すみません、並ぶ列が地下鉄の改札までのびてしまって…」

と、係りの方が。
リハーサル時間をできるだけまいて、開場時間を早められるかどうかを
確認しに来て下さったのでした。
こうして、お客様のことを大切に思ってくださる方々がいて
私たちも安心してリハーサルに取り組む事が出来ます。

本番は…

最初の曲、キャンディードの1音目を弾いて、わっ!っとっと。

音のエネルギーがあっと言う間に吸い込まれていくのです。
去年にも増して、沢山の方々が来てくださっているのが
耳から手元から、よぉく分かりました。
本当に、ありがたい事です。
暑い中1時間半以上も前から並んでいただいたうえ、
体育座り?や立ち見の方々も本当にたくさんたくさんいらして…。
すべてが、耳に伝わってきました。

そこからは、集中。
4手は、88鍵盤のなかに20本の指が行きかうので神経を使うと同時に
相手の心がどう動いているのかがすべて伝わりそうなほど
近い位置に居るからです。

二人羽織?いや、一心同体???

そこに、更にお客様の温かさや熱気にも助けていただき、
あっと言う間のコンサートでした。

いつもいつも、このような世の中において
音楽に携われる事を幸せに思っていますが、
こうして、会場にかいする皆さんとの一期一会を心から感じて
演奏出来る機会をいただいた事に、感謝の思いでいっぱいです。

会場セッティングや温かい場を作ってくださるカフェ・ド・ラ・ペのみなさん、
1日に何公演もあるコンサートを、お客様を大切に運営してくださる係りのみなさん、
骨董品ピアノを、表現しやすい状態に優しく持っていって下さる調律師さん、
隣で、ドキドキさせてしまい、それでも力強くめくってくださるYさん、
そしてそして、すさまじい暑さの中、
たった40分ほどのコンサートに集まってくださった沢山の聴衆のみなさん。

とてもとても、すべてを受け止めきれないほど未熟者なおサルですが
また、大切な経験が増えました。


終演後、預けたものをとりに会場へ戻ると沢山声をかけていただきました。


「エスパーニャ、よかった!」 長いアンコールですみません。
「覚えてますか?」 ありがとう。岸校時代の同級生でした!
「また、来年も来てやぁ」と、声をかけていただいたのもとっても嬉しいです。

他にもたくさんたくさん!


また、ぜひどこかでお会いできますように。

本当にありがとうございました。



あ…

最後の曲について質問を多くいただいたそうです。

フォーレのレクイエムより、「Pie Jesu」です。

地震の日に、デュオ・リサイタルだった私たちにとって
なぜ、音を奏でるのか、生きているのかに向き合う
大切な曲になりました。


皆さんとの出会いに感謝をこめて。
そして、世界中に少しでも心穏やかな時がおとずれますように。

2011年9月 9日 (金)

いい湯だな

大切にとっておいたもの。


おサルがお風呂に!?

Iyu

じゃぁ~ん!

Iyu2

久々に、心もほぐれました。

ありがとうございます!

2011年9月 4日 (日)

台風は?

のぞみ7号 東京→新大阪
ANA3828 関西→羽田

遅いtyphoon
高校の授業が始まる火曜日ころに来ると思いきや、来ず。
大学の授業が始まる木曜日ころに来ると思いきや、来ず。

おまけに、ぐぃ~んと西へ曲がっていった台風。

ただでさえ、雨の量が多い地域に尋常でないたくさんの雨をもたらした。

そのニュースを新聞で読みながら、台風を追いかけるように関西へ。

新幹線に乗車したとたん、富士川の橋を徐行すると放送が。

Fujiriver 富士川!

富士山はおろか、いつもなら見える河川敷も濁流に。


お仕事を終えて、帰りは関西空港から。
いつものように離陸前に爆睡し、右から気配を感じて目を覚ますと…

Moon


地上ではみられなかった夕焼けと月。


今日は半月。
この月が、満月になるころには皆にひかりが注ぎますように。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢