« 芦屋音楽都市宣言 | トップページ | コントラバス再び »

2011年11月 5日 (土)

第22回 バソンの会

朝7時すぎ、東京駅に降り立ち…

(夜行列車についてはまた後日書きます。てっちゃんですから!)

いそいそと家に帰り、パタンと眠りsleepy 必死にさらいtyphoon
13時にやってきたのは、池袋のシャロン・ゴスペル・チャーチ。

Basson


↑バソンだけのオーケストラ。

でっかいバグパイプかオルガンか!?というような、すごい迫力です。
この後、ひとりひとりのソロ及び室内楽のリハーサル。


本当に贅沢な日です。

大好きなバソンとともに、教会で
ヴィヴァルディ テレマン ラモー クープラン
ボワモルティエ ガイヤール などなど色んなバロック音楽作品を、
クラブサンとオルガンで演奏する事ができるのです。
中には、バスクラリネットやオーボエ、フルートも加わるアンサンブルも有り
いやぁ、幸せでした。

教会でオルガンを弾くのも、すごく久しぶり。
バソンとオルガンという、経験したことない組み合わせで
手元では分かりづらいバランスや音色も
みなさんの的確なアドバイスのおかげで楽しんで共演させていただけました。

コンサートの日から半月経ちましたが (この記事は11月23日に書いています…)
あえて、バソンという個性的な楽器を手にする方々の演奏は
今でもひとりひとり、思い出す事ができます。

人の顔が見える演奏。


もっとも大好きな演奏です。

貴重な機会を作ってくださった、バソンの会会長の小山先生
バソンの会のみなさま。

楽しい時間を本当にありがとうございました!

本日演奏の楽器

Cembalo


I さま、快く自由に演奏させていただきありがとうございました。

そして、オルガン。

Orgue

ここまで、電子制御のものを初めて演奏させていただきました。
すごいなぁ。ストップが光っています。

 

« 芦屋音楽都市宣言 | トップページ | コントラバス再び »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芦屋音楽都市宣言 | トップページ | コントラバス再び »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <歌って健康!>

     ~三世代でつなぐ声の輪~
     10月20日長野市芸術館

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン