« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

2011年の終わりに

今年最後の夕日。

Sunset

2011年。色んな大切な出会いと…
人それぞれに、たくさんのお別れが有りました。
大切な人との別れ、自分の夢との別れ…

でも、自分は生きています。
震災をきっかけに、音楽の道をたたざるをえなかった若い人に
そして自分自身に、宮沢賢治の詩を。

「告別」

おまへのバスの三連音が
どんなぐあいに鳴っていたかを
おそらくおまえはわかっていまい
その純朴さ希に充ちたたのしさは
ほとんどおれを草葉のようにふるわせた
もしもおまえがそれらの音の特性や
無数の立派な順列を
はっきり知っていつでも自由に使えるならば
おまへは辛くてそしてかがやく天の仕事もするだろう
泰西著名の楽人たちが
幼齢弦や鍵器をとって
すでに一家をなしたがように
おまへはそのころ
この国にある皮革の鼓器と
竹でつくった管とをとった
けれどもいまごろちょうどおまへの年ごろで
おまへの素質と力をもっているものは
町と村との一万人のなかになら
おそらく五人はあるだろう
それらのひとのどの人もまたどのひとも
五年のあいだにそれを大抵無くすのだ
生活のためにけづられたり
自分でそれをなくすのだ
すべての力や学や材というものは
ひとにとどまるものではない
ひとさえひとにとどまらぬ
云わなかったが、
おれは四月にはもう学校に居ないのだ
恐らく暗いけはしいみちをあるくだろう
そのあとでおまえのいまのちからがにぶり
きれいな音の正しい調子とその明るさを失って
ふたたび回復できないならば
おれはおまへをもうみない
なぜならおれは
すこしぐらいの仕事ができて
そいつに腰をかけているような
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ
もしもおまへが 
よくきいてくれ
ひとりのやさしいむすめをおもふようになるそのとき
おまへには無数の影と光りの像があらはれる
おまへはそれを音にするのだ
みんなが町で暮らしたり
一日あそんでいるときに
おまへはひとりであの石原の草を刈る
そのさびしさでおまへは音を作るのだ
多くの侮辱や窮乏の
それらを噛んで歌うのだ  
もしも楽器がなかったら
いいかおまへはおれの弟子なのだ
ちからのかぎり
そらいっぱいの
光りでできたパイプオルガンを弾くがいい

               宮沢賢治

(一部、旧仮名を分かりやすく変えたものです。)

2011年12月29日 (木)

終了!

今日で年内の学校通いも終了!

4gou 練習棟2階

さすがに、年末朝9時半ともなると空いています。

私も今日の17時をもって年内の学校通勤は終了!
また来年。

年間もっとも学校に縛られるオソロシイ日々が始まる。

しっかりオサボリした(!?)分、この2カ月はしっかり頑張るのだrock

  多分…sign02

2011年12月26日 (月)

なんとまぁ

のぞみ122号 新大阪→東京

のハズが…。
なになに、ニュースを見ていると「米原~岐阜羽島」で
雪の重みで木が倒れて停電。
とな。

あぢゃ~。

っというわけで、慌てて予定よりはやく出発して
運転再開しはじめた新幹線の自由席に乗り込んだ。

久しく冬に新幹線に乗っていなかったので忘れていたけれど
そうだ、関ヶ原の辺りはいつも雪で徐行になるんだった。

Sekigahara 関ケ原付近。


この日は大寒波。

名古屋まで徐行が続きました。
急に寒くなりましたが、みなさまお身体にはご用心くださいませ。

2011年12月25日 (日)

第30回クリスマスクラスコンサート

今年も、寒い日となりました。
朝、ホールまで運転するハンドルも冷たい冷たい!

ホールにつくと、すでにおなじみのスタッフの方々、
そして、楽器店の皆様が舞台セッティングの作業をしてくださっています。
ありがとうございます!

手作りのコンサート。
毎年、舞台袖でセッティングのお手伝いをさせていただいていますが
舞台スタッフさんの音響づくりも舞台づくりももちろん、
ゲネを聴きながらM先生のひと声とのやりとりも素晴らしいチームワーク。
そして私の大切な役割でもある、舞台での膨大な場ミリ取りや
椅子や譜面台セッティング、そして、出入りのタイミングのQ出しも、
みんなが手伝ってくれます。

自分も幼稚園の頃から舞台に上がり、まるで兄弟のように
自分より小さい子たちの面倒をよくみてくれています。
そして、大きくなった子どもたちは更に大きな力仕事もしてくれます。

音楽は人。

こうして、家族のようにみんなで支え合う事を当然のようにして育ったみんなは、
嬉しい時はもちろん辛い時も心に温かい灯しびを忘れない人になるんだろうなぁ。

今年も、プログラム最後のキャロルで指揮をさせていただきました。
みんなの目をみて歌えるなんて幸せな時間です。
去年は、その澄んだ瞳の中にみえるものを目にして、
なんだか涙が出てきてしまいましたが、今年は…。

みんな一緒です。
時空を越えて。

みんな見守ってくれてありがとう。

また来年。

過去も今も未来も、そしてこちらの世界も天界もみぃんな。
心あたたかな大きな家族が、音楽の元に集まる日を楽しみにしています。

Family

メリークリスマスxmas

2011年12月24日 (土)

毎年…

もう何年も、この時期はいつも神戸・芦屋で過ごしています。
子どもたちから大きくなった子どもたち(!?)みんなでクリスマスコンサート。

今年はどんな音に出会えるんだろう。

いつもの作曲講座を終えて上に上がると、
もう練習が始まっている。扉を開けると…

エンディングのキャロルが。

今年も聴けるんだ!

本当に幸せに思います。

夜は今年も、クリスマスイブ燭火礼拝へ。
手に手に蝋燭をもって、讃美歌を歌います。

牧師さんのお話に、なんども「ひかり」という言葉が出てきました。
未曾有の大震災、そしてその後。
さまざまな思いを持って年末を迎えています。

すべての人の心に、温かなひかりが届きますように。

2011年12月22日 (木)

ぷはぁ

ANA149 羽田→関西

今日で年内の授業も終わり。

本当に、この秋は幸せな事にコンサートだらけでした。
12月に入って、やっと学校の本番だけになりつつも秋のしわ寄せが…。

気が抜けてオソロシイ日々が続く。

なにぃ!? 今日は試験だった…。(作らねばsweat01
なにぃ!!! 来週が研究発表の本番だって!? きいてないぞ。曲はなんだ?
なにぃぃぃ!!? 明日は秋に休んだ分の補講か!

そんな毎日。  そして今日は!
 

なにぃぃぃぃ!?

・・・あ、今日は本番終わったらヒコーキだった。

なぁんてスゴイ状態のまま、20時半に飛び込むように羽田に着くと
飛行機の出発が遅れるという。

もれなく水分補給beer のち 搭乗。
よく考えたら、朝からの空腹状態で飲んじゃったから撃沈。 くったり…
関西に降り立つと、冷たい海風にシャキーンっ。


まるで、漫画のような一日。

さぁ、明日からは元気な子どもたちに会える日々。
楽しみ楽しみ。

2011年12月18日 (日)

手作りのかおり

手作りのジェノベーゼソースをいただきました。

Bajiru


というわけで、冷蔵庫をあさってあまりものお野菜でパスタを。
ん~いい香り。

オタマジャクシでこんがらがった頭もリラックス。
ありがとうございまっす!

2011年12月17日 (土)

ヒココなのだ!

先日のエコプロダクツ。

いつも利用する関西空港や成田空港も出展。
飛行機の滑走誘導灯の展示も有りました。

夜にお世話になる誘導灯。

Narita こんな風になっているらしい

発光ダイオードで消費電力が従来の10分の1。

色んな工夫がされています。

そして…

ヒココなので、飛行機にまつわるマニアック問題(簡単なのも有ったけど)
に挑戦。

飛行機はなぜ飛ぶのか、や
最新鋭機のボーイング787の飛行高度やキャパシティなどなど。


なんと、全問正解してしまったscissors

「おぉ、すごいですねぇ。」

と、職員の方に声をかけていただき、景品までいただいてしまい…。


ありがとうございます!

今後もお世話になりますが、よろしくお願いいたしまっす。


2011年12月16日 (金)

エコプロダクツ2011

今年も行ってきました「エコプロダクツ」。

日本最大級の環境展示会。

たまたま、両親の会社が毎年出展をしているため、
ご縁を頂いて、ここ数年足を運んでいます。

環境に配慮したよりよい社会やライフスタイルの情報発信を
各企業や研究機関、自治体や市民グループが各々の角度から提案。

たった数時間ではとてもまわりきれないけれども、
いくつか、自分の興味あるブースへは足を運んでお話を伺いました。

ボルネオ島の植樹NPOさん。
いつもお世話になっている生協パルシステム。
UCCコーヒー。
石鹸シャンプーでお世話になっている太陽油脂。
他にもたくさん!

そして、しっかり宣伝。両親の会社

「山陽製紙/リーズデザイン」

Eco1


オフィスで発生する紙ごみ、使用済み産業古紙、
茶粕やみかんの皮など製造副産物を抄きこんで
オリジナルな紙として製品化。

拡大↓

Eco2 Eco3 Eoco4_2

そして…

こんなかわいいものまで。
捨てられるはずのもので作った「地球を想うレターセット」

Eco5_2

捨てられるハズだったお酒の紙パックや梅の種、いちょうなどでできています。

これらはそのまま抄きこんでいるけれど、もうひとつ注目は


「炭再生紙プロジェクト」

食品加工の工程において排出される
梅の種やビールの大麦粕、コーヒー粕などの製造副産物の
排出抑制と資源としての有効利用をめざし、
これらを炭にして再資源化し、紙に抄きこむ。

これらの紙は、消臭・調湿・抗菌などの効果があって、
例えば、靴の中に入れておくと臭いをとったり、
洋服箪笥などに入れておくと、湿度調整もしてくれる。

大阪南部の小さな企業ですが、でっかく地球を考えている会社です。

http://www.sanyo-paper.co.jp/

よろしくお願いいたします。ハイ!

2011年12月14日 (水)

ありがとう!

今日で、高校3年生の音楽教科授業最終日。

この学年も本当に個性的でした。

皆さんとは主に2年生の時から授業を共にしていますが
ホント宇宙人。

まともに授業の進んだためしがありません。

 ・・・手ごわい。

なぁんて。

いやぁ、楽しかった!

動物園の動物たち(失礼っ)の本能は、本当に素晴らしくて
自分が当たり前と思っている事に、ぐさっと横やりを入れてくれる。


いつも、自分の心に
「今教えている事は、本当に表面的な先入観によるものではないか。」
を問いながら授業をしていました。

たとえば、ソナタ形式一つとっても
第1主題、第2主題がありますということが重要なのではなく
なぜ複数主題があるのか、ということを観察することが必要になって来るのです。
正解を一つ示し、それを求める事は確かに成長もよく見えて伸びていくかもしれない。
でも、そんな事より大切なものが有るという音楽人の根本を
本当によく体現してくれる学年でした。

個性的な学年の象徴のような「6204の仲間たち」。

和声の時間、1年にわたってN山さんが提案してくれた「本日の国歌」。
ここから発展してできた「クラス歌」を今日の視唱授業でみんなで歌いました。

この学年の作曲やさんM川さんの監修のもと、みんなで作曲した曲。

作り始めたとき、例は少し挙げたものの技術的誘導はほとんどしませんでした。
このクラスの素直さがどこまでものを創り上げるのかを観てみたかったからです。

結果は…。

だれにもまねできない、個性の権化のような作品が出来上がりました!

みんなで考えた歌詞。
これも、心に素直に。

韻を踏むとか、歌詞の言葉数を揃えるとか関係なし!

それをもとに、
ピアノやさん、サックスやさん、それをまとめる作曲やさんの持ちよった作品が、
実は偶然にもつながりがあり、その歌の主題をもとにして
ジャズやさんが素敵な導入コードを創ってくれました。

歌詞のなかでも問題となったのは

あいっ あいっ あいっ あいっ あいっ・・・・」 (なんだ!?)

どうするのか…と思っていたら、
N山さんの「この響きが素敵です!」で決まった和音(しかも減三和音)を
さらに、弦楽器やさんがボーイングや奏法まで考えて作曲してくれました。

本当に文字通り、みんなで創った作品。
ジャズ、クラシック、ミュージカル、みんな一緒に。

行きの電車で、必死に歌詞カードを書きながら、
色々と思い出して、なんだか涙が。

6204_2 6204の仲間たち!

本当に素敵な仲間たちでした。
もう終わりなんて寂しいなぁ…。

本当に素敵な時間をありがとう。

みんなのこれからの人生、辛い時も楽しい時も
きっと素敵だ。

いつも、みんな仲間です!

「おかげさまで」

本当にありがとう。

2011年12月12日 (月)

お月さまを見るのは昔から大好き。

震災後は更に、あらためて不変のひかりを探してよく空を見上げる。

それなのに!

皆既月食の日は、欠け始めを帰宅時に観た後
家で撃沈…。

週明け、やっぱり空が気になって振り返ると

Oboro

季節外れのおぼろ月もどき。

節電をうたった電飾もきれいかもしれないけれど、
やっぱり、自然が見せてくれる表情にはかなわない。


2011年12月 8日 (木)

なんだ?

先日、上野の国立博物館へ行った帰り、
駅前で変な車を発見!

Kuruma

何をきいているんだろ…

2011年12月 4日 (日)

みゅぅ…

ボクは知っている。

Nyan_2

日暮れでもあたたかい場所。
木のぬくもり。

Minato_3


晴れたなぁ。
夜は冷えるどコリャ。

2011年12月 3日 (土)

羽休め!?

11月のある日…

羽田空港でのご飯が、偶然ゲートの真上になった。
というわけで、ヒココairplaneの観察開始。

19h01
Air1すべて乗り込み終了。
この5分後ボーディングブリッジは離れ
バックして滑走路へ去って行った。

19h38
Air2
次の飛行機到着。
引っこんでいたボーディングブリッジが
にゅぃ~んと機体へ吸い寄せられていく。

19h42
Air3_3
ぴたっ。

乗客をおろしながら、
次のフライトにむけて、機内飲み物用の
ケータリングの搬出搬入がはじまる。



19h43
Air4_3
トラックの荷台は、ぎゅぃ~んと
機内搬入の高さにまで上がるのだ。
便利。
よく見ると、手前には
貨物担当のおにいちゃんがやってきた。



19h52
Air5おにいさん一人で!
コンテナを動かしている。
ゴロゴロゴロ。
ちなみにこのコンテナ、
機体のお腹のカーブに沿って角がとれているのだ。



拡大eyeglass
注目!⇒Air6 力持ちsweat01

19h54
Air7_2

こちらもまた、ぎゅい~んと
搬入の高さまで上がる。
おそるべし、飛行機仕様。

20h03
Air8
ごろごろごろ~
収納!

このころには、乗客のボーディングも
同時進行。




そして…

この10分後、またこの飛行機も
また旅立っていった。

飛行機が目の前を去るまで、
整備員さんたちが、手を振ってくれている。

飛行機のブンブン飛んでいき、ブンブン飛んでくるラッシュ時刻。


さてと。
私もラッシュの電車に乗って帰るかのぅ。

それにしても!

短時間ですごい量の仕事が…。
いつもいつもありがとうございます。

2011年12月 2日 (金)

テッちゃんその2「立山ケーブルカー」

11月20日。
コンサート会場である標高2450メートル、
日本最高峰のホテル「ホテル立山」へ行くルートは2つ。

今回は、立山駅から。

Tateyama

ケーブルカーは、ホームも階段。
このケーブルカーは、後ろに貨車を連結するのが特徴。


車両の中身も階段。Tateyama1

お客は4人ほどで発車!!

ガランゴロンなので、運転手さんの間横で撮影させていただけました。

スミマセン。画像も真横なので、首を左に倒してご覧ください…。




約7分で標高977メートルの美女平に到着。
その後は、高原バスで2450メートルまで。


ところが…乗ってしばらくすると、どんどん雪景色に。
滝やナントカ平など、名所の案内が放送で流れるものの、
悪天候にて、

「残念ながら…」の放送が。ららら。

それでも、10名ほど登山の姿をされた方々が同乗。
みなさん、山の上は吹雪なのにどちらへいらっっしゃるのでしょうか。

っというわけで、高原バスは真っ白すぎて、
何も写真はありません…。

てっちゃんとしては、鉄道じゃないからいいか。

ちなみに、雪でこちらのルートが閉ざされた場合、
長野県側から入るルートとなり、飛行機以外の乗り物に
みんな乗れるという、テッちゃん狂喜乱舞
(いや、鉄道じゃないものがたくさん…)なルートとなります。

Murodo_4 私たちは高原バスで富山側。


downwardright 標高2450メートルの室堂で一瞬みた、トロリーバス。

普通のバスとは違って、ガソリンではなく電気を動力として走ります。
バスなのに、鉄道の一種として区分されていて
テッちゃんとしては…

Murodo2 いつか乗ってみたい!


今回は、なぁんにも見えなかったから
また必ずくるぞ。

2011年12月 1日 (木)

テッちゃんその1「サンライズ瀬戸」

鉄道大すき。

オソロシク本番続きだった先月。
…っということは、テッちゃんbus&ヒココairplaneの月。

11月4日の夜本番後、新幹線も飛行機も終わっている。
明日も本番だしなぁ…

flair

久々に、サンライズ瀬戸に乗ってみよう。
1限高校の授業に間に合わない時には、
時々お世話になっていたけれど、しばし乗ってない。

っというわけで、打ち上げを途中で失礼して(もつ鍋、ありがとうございました!)
向かうは、神戸の三ノ宮。

Sunrize


約7時間の旅。
左下のシャワーカードを使って、シャワーを浴びる事も出来ます。
(リンスインシャンプーとボディーソープ設備)
Sunrize2 枕元には、電気やラジオのスイッチ。


まぁるく半天窓のような車内窓は、スイッチで自動開け閉めなのです。

狭いながらも個室。Sunrize3 電子ロックです。
 

身長と比べると分かりますが、みっちり。
私の背後には、階段と収納ボックスを兼ねたような棚があります。

7時過ぎ、東京駅入線。Sunrise4

いやぁ、ハードな関西滞在でした。
いつも、ふらふらになっていたおサルを演奏では手綱を引き
前夜は譜めくりにメンタル的に、ガッチリ助けて下さった石田センセ撮影。

最後の最後まで、本当にありがとうございました!

しかし、すごい寝ぐせだ…。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢