« 月 | トップページ | エコプロダクツ2011 »

2011年12月14日 (水)

ありがとう!

今日で、高校3年生の音楽教科授業最終日。

この学年も本当に個性的でした。

皆さんとは主に2年生の時から授業を共にしていますが
ホント宇宙人。

まともに授業の進んだためしがありません。

 ・・・手ごわい。

なぁんて。

いやぁ、楽しかった!

動物園の動物たち(失礼っ)の本能は、本当に素晴らしくて
自分が当たり前と思っている事に、ぐさっと横やりを入れてくれる。


いつも、自分の心に
「今教えている事は、本当に表面的な先入観によるものではないか。」
を問いながら授業をしていました。

たとえば、ソナタ形式一つとっても
第1主題、第2主題がありますということが重要なのではなく
なぜ複数主題があるのか、ということを観察することが必要になって来るのです。
正解を一つ示し、それを求める事は確かに成長もよく見えて伸びていくかもしれない。
でも、そんな事より大切なものが有るという音楽人の根本を
本当によく体現してくれる学年でした。

個性的な学年の象徴のような「6204の仲間たち」。

和声の時間、1年にわたってN山さんが提案してくれた「本日の国歌」。
ここから発展してできた「クラス歌」を今日の視唱授業でみんなで歌いました。

この学年の作曲やさんM川さんの監修のもと、みんなで作曲した曲。

作り始めたとき、例は少し挙げたものの技術的誘導はほとんどしませんでした。
このクラスの素直さがどこまでものを創り上げるのかを観てみたかったからです。

結果は…。

だれにもまねできない、個性の権化のような作品が出来上がりました!

みんなで考えた歌詞。
これも、心に素直に。

韻を踏むとか、歌詞の言葉数を揃えるとか関係なし!

それをもとに、
ピアノやさん、サックスやさん、それをまとめる作曲やさんの持ちよった作品が、
実は偶然にもつながりがあり、その歌の主題をもとにして
ジャズやさんが素敵な導入コードを創ってくれました。

歌詞のなかでも問題となったのは

あいっ あいっ あいっ あいっ あいっ・・・・」 (なんだ!?)

どうするのか…と思っていたら、
N山さんの「この響きが素敵です!」で決まった和音(しかも減三和音)を
さらに、弦楽器やさんがボーイングや奏法まで考えて作曲してくれました。

本当に文字通り、みんなで創った作品。
ジャズ、クラシック、ミュージカル、みんな一緒に。

行きの電車で、必死に歌詞カードを書きながら、
色々と思い出して、なんだか涙が。

6204_2 6204の仲間たち!

本当に素敵な仲間たちでした。
もう終わりなんて寂しいなぁ…。

本当に素敵な時間をありがとう。

みんなのこれからの人生、辛い時も楽しい時も
きっと素敵だ。

いつも、みんな仲間です!

「おかげさまで」

本当にありがとう。

« 月 | トップページ | エコプロダクツ2011 »

授業<高校>」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月 | トップページ | エコプロダクツ2011 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ