« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

3度目の

関東平野、またもや積雪です!

Snow


授業時より人の少ない学校。
木にうっすら積もった雪がきれいです。

ほら!Snow2


しっかし…今年は寒いsnow

2012年2月26日 (日)

耳か知識か

今回のデュオ・リサイタルには、両日ともモーツァルトの作品が有ります。

1日目は、アンダンテと変奏曲 ト長調 Kv.501
2日目は、4手のためのソナタ 変ロ長調 Kv.358

アンダンテと変奏曲は、現代ピアノでも弾いた事が有り
4手のためのソナタ 変ロ長調 Kv.358は、実は
1784年製のピアノのレプリカでしか演奏した事がないのです。

そしたら!

なんとなんと、演奏の仕方が全く異なる二人が居ました。
あははぁ。

二人とも、知識ではなく耳の経験が身体に残っているのです。
勝手に、1784年製用の弾き方をしてしまう。


そう。
振り返ると去年の6月末~7月。

初めて1784年式のピアノで弾いて、二人とも

「あぁ…。」

と絶句したのでした。
モーツァルトの作品を弾く時にいわれる、アーティキュレーションが
知識による考えた演奏ではなく、勝手に楽器がそう導いてくれることに。

きちんと、その時代に必要とされたものがあり、
その後、沢山の進化がもたらしたものを知っている人間として
本当に大切な響きが何かを知らしめてくれるような経験だったのです。

その、深い経験があまりにも身体にしみこみすぎて
現代ピアノで合わせをしていても、手が勝手にそれを探してしまう。

無駄に欲を音に乗せる出なく、響きを意図的につくるでなく。
ほぼ、ノン・ペダル。

そして、現代ピアノでも本番をしたことのある「アンダンテと変奏曲」
のほうは、どうやらペダル担当の私が
両方のヴァージョンを住み分けているらしい。


今度演奏するのは現代ピアノ。
しかも、芳醇な響きをもつもの。

そこで、自分は今生きる人間としてどんな音を出したいんだろう…。

まだまだ見えてはいないけれど、とても楽しみです。

本当に大切にしたいものが似ている石田センセとのデュオならではの
楽しみ。

おサルの成長はこれからです。

…きっと。ハイ。

2012年2月25日 (土)

自然体

今年の寒さは厳しいようで…

去年の同じ時期こうだった熊取町も
http://aiharada.air-nifty.com/blog/2011/02/post-6aac.html
http://aiharada.air-nifty.com/blog/2011/02/post-24ca.html

今年は、梅の花の開花がおそく、梅見お散歩はできませんでした…。

それでも、お庭には小さくも春の香りが。

Ume かたいツボミの中にも頑張って咲く数輪

蝋梅も、良い香りを放っていました。Robai

練習三昧にあって、
いつも熊取に来ると、楽しみにしているのが
やまねさんちのお食事。

「Bistro Rue de la Gare」

熊取駅近くの古民家に、フランス帰りのやまねさんの個性が宿ります。

東京ではなかなか味わえない、ガツンと来るお味。
しかも、ハーブをはじめとして素材の香りが…。
色も思いきりがよくて、目からも味わえます。
しかも、ビストロ!という人間っぽさ。

やまねさんのお人柄がそのまんま、お皿の上に再現されます。
音楽もそうだけど、やっぱりその人らしさがでる作品は大好き。

写真では、キチンとそのエネルギーをお伝えできないと思うので
載せませんが、ぜひ実際にいらしてください!

熊取に来ると、ふっと無駄な力が抜けます。
電話もメールも忘れて(ごめんなさい。)本来の自分と向き合う時間が増えます。

自然と、鳥の声にも耳が傾き、自分が奏でる音の意味じへもまたしかり。
表現者として大切なスタンスが少ぉし帰ってきたかな…。
寒い熊取にも、鶯の声が響いていました。

春はもうすぐ!?

2012年2月24日 (金)

音・三昧

昨日パンも野菜も買い込んで、一日籠る。

ようやく、来月のデュオ・リサイタルに向けて本格始動。
昨日のラフマニノフに引き続き、今日はメンデルスゾーン。

これがまた…。
連弾というか、二人のソリストによる1台4手というか。

よっぽど、デュオの相手とくっついて演奏をしたかったのか
何も考えずに書いたのか、敢えて遊んでいるのか!!??

まん中に一人で座って弾いたら、なんてことないのに
あえて一人ひとりに、体をねじってソロ・パッセージを弾きあう事で
その変化を出しているのか、とにかく弾きにくいったらありゃしない。

一人で家でさらって、ようやく弾けるようになった所が
なんと、二人で合わせとなると弾けない。
一人でさらう時も、きちんと上鍵盤半分の位置に座っているにも関わらず。

なぜだっ?

っというわけで、石田センセにお願いしてゆっくりポジション確認を。
そしたら、どうも腕の使い方がいつもと違うらしい。
石田センセに肘テツを喰らわせないように、遠慮している。

(そういや、殿方同士の連弾でかなりな避けあいを繰り広げていたな…)

っというわけで、ここはどちらの腕が上か下かを確認したら
一気に解決。

ホ…dash

それにしても、aiai はかなり基本がぶっ飛んでいるらしい。
今日も、アルペジオをボロボロはずすので、もがいていたら
なんと!基本と言われる運指と全く異なる指使いで弾いていた。

っというわけで、突然ピアノ教室開始。



石田センセ:「コラっ、その音は4ではなく3!基本中の基本です。」

aiai:「うぅ~sweat01 ムズカシイ…。」

そこで終わらないのが石田センセ。
キチンと練習の仕方まで教えてくださる。

石田センセ:「まずは、ここまで。ここにポジションが移動したときに
        次の和音をつかむ指の形が出来ているかどうか。」

aiai: 「・・・・。」 (←真剣?に実践中。)

石田センセ:「そうそう。ほぅら、できた。そう!…うん。今のとても良い。」


ってな具合に、しっかり乗せてくださる。
スゴイ。

キチンとピアノを勉強せずにスクスクと育ってしまったので
大人になって初めて、頭を使って自分の描く音色を安定して
出せるためのお勉強をしている気がする…。

いつも、音色や材料などは沢山あっても
それが出しきれなくてもがいていたので、本当にうれしい。

時々、頭でっかちになりすぎてワケが分からなくなるけど
(↑そして、ものすごい不機嫌になる。まるで子どもscissors

おサルはおサル並みに野生は大切にしつつ、
少しずつ吸収中。

Minami 今日の夕日。

aiai:「太陽が動いてるよ。」

石田センセ:「地球が回ってるんです。」

・・・・・・ チ~ンtyphoon

夜、遅めのご飯の後…
なぜだか、モーツァルトが弾きたくなって大初見大会。

あまりの面白くて、リピートの時に沢山変奏したら
みんなおかしくなってしまった。

明日は、1日目のプログラムをすべて通してみる予定。

しばらく演奏していないものも有り、寝かせた結果がどうなのか
楽しみ楽しみ。

2012年2月23日 (木)

働く自動車・関空

SFJ21 羽田→関西

朝から関西へ。
今日から日曜日まで、こもって練習です。

楽譜が大量すぎて、荷物を貨物に預けました。
受け取り回転台で待っていると・・・・


Kanku バッテリータグの紹介が!

ヒココには嬉しいサービス。
これは、荷物を飛行機から運んでくれる牽引車かな。

例えば、飛行機が車庫(飛行機庫?)から、私たちが乗る
ボーディングブリッジまで出てくる時、
まさか、飛行機のエンジンを始動するわけにはいかないので
こうした牽引車が大活躍します。

早朝の空港は、面白いらしい。
(いつもギリギリに行くので、まだ見た事ない…)

2012年2月22日 (水)

試験は続く

昨日に引き続き、今日は高校2年生の
聴音と視唱の試験。

昨日、夜な夜な書いた8小節の視唱課題。
ものすごくシンプルな音楽にしました。

まずは、歌いやすく。

高校の授業は、ソルフェージュ分野が細分化されているのですが
視唱はみんなが身体から音を発する唯一のソルフェージュ授業。

音楽人で有る以上、まずは身体からメッセージを発せられないと。

はずしても音痴でもいい。
まずは、歌っている人の姿が声に出てほしい。

そりゃ、頭でしっかり音程をならして歌えた方がいいかもしれないけれど
音の表現者である以上、人に向かって歌う時は
音楽人でいよう。

これまた、来年。
やっと皆さんと授業でお会いします!

楽しみ楽しみ。(そして、チョイとコワイ…)

2012年2月21日 (火)

そろそろ

人間らしい?生活が帰ってきつつあります。

そんななか、今日は高校2年生のリーディング試験。
ようやく試験で皆さんの姿を拝見する事が出来ました。

楽譜の読み方の基礎を学ぶこの授業。

7つの音部記号やリズムの基礎はモチロン、
それらをもとに、オーケストラスコアや室内楽の楽譜の読み方
などなど。

どちらかというと、深く突っ込めば突っ込むほど色々見えてくる授業。

まずは、譜面をよむってこんなにオモシロイ!というところに
行きついてほしいけれど…

初見の試験となると、たやすいことではないらしい。
ららら。

そういや、私も初見の授業は大好きだったけれど
初見の試験は、キライだったな。

来年、やっと皆さんと授業でお会いします。
楽しみ楽しみ。

2012年2月20日 (月)

大切な…

神戸で素敵な贈り物。

「ありがとう」

ありがとう なかなか言えない ありがとう 少しはずかしい

ありがとう 心で思うよ すなおに言えないけど

ありがとう あたたかいごはん ありがとう 洗いたてのシャツ

ありがとう 毎日毎日 たくさんのありがとう

ぼくがころんでけがした時 ぼくが病気でねている時

いつも まほうのあたたかい手で見守ってくれる

ありがとう 小さかったぼく こんなに大きくなったよ

お父さんお母さん だいすきだよ ほんとに ありがとう

心でしっかりと見たくて、
帰りの飛行機で一人になった時、そっと開きました。
一つ一つ、ていねいに書かれた音符と思いのこもった歌詞。
空の星も一緒にひかって見えました。

いただいた写真、いつも譜面台の上に有ります。
いつも、たくさんの温かさをありがとう。

2012年2月19日 (日)

いぇい!

Yei

本番後…

いただきました!
4人なかよく、ガッツポーズsun

いや、頭ポリポリか???

このお二人から… Yei2

とっても心やさしい笑顔の素敵なYさんTさん。

今日の本番でも、チーム(!?)を組んで
大変な楽器移動もなんのその。

会場の係りの方まで、笑顔の渦にまきこんでいました。

また4月に。
新人演奏会、楽しみにしていまっす。

2012年2月18日 (土)

あらぁ

今日は入試。

Yuki


再び都心も積雪。
受験生のみなさん、ファイトぉrock

2012年2月14日 (火)

いただきました!

この日は、どちらかいうといただく方が多いsign02

Chocolat 手作りです。

食べるのがもったいない…と思いつつ、
練習の合間にパクリ。

ありがとうございまっす!



2012年2月11日 (土)

連弾って?

11月からしばらく間が空いてしまいました。
芦屋の子どもコンサート。
寒い中、今回も消防法違反なみの皆さまに
お集まりいただきありがとうございました!

今回はピアノの第2回ということで、ミニ・コンサート。

(前回の様子→ぴあのでっすよぉ

前回は、ピアノってなんだ?ということを重点的にとりくんだので
今回は、連弾って?をテーマに進めました。

まずは…

ブラームス:ハンガリーぶきょく第1番 第2番 第5番

 
 むかし、ブラームスがジプシーのおんがくを取りこんで連弾にかいた曲から3曲。

「連弾は、なかよくないとできない~!」

という、げんきなことばをいただいた後、みんなにも連弾をけいけんしてもらおっかな。

aiai:「やりたいひと!」

 「はぁいpaper

おぉ!何人かのゆうきある(!?)人が。
ありがとうございまっす。

まずは、げんきじるしのHくん。

Ash1 ほら!I とVのわおんだよ。

aiai のたりないせつめいにもめげずいっしょにひいてくれてありがとう。
とってもたのしそうなので、いっしょにわらっちゃいました。


続いて…勉強家のTくん。

Ash2 おぉ!すごいのだ。

初見なのに、なんだか楽しいぞ。ありがとうTくん!
Tくんと初連弾。とってもうれしかったです。

さてさて。ここからは、ふたたびコンサート。

ラヴェル:マ・メール・ロワ

1曲ずつ、もとのお話しを。

「ねむりの森の美女のパヴァーヌ」
 多紀乃センセがくわしく話してくれました。

「おやゆびこぞう」
 とちゅう、おやゆびこぞうたちがすてられた森の様子が音にあらわれています。
 って話だけのつもりが、これまたこわぁいお話しまでしてしまいました。

「パゴダのじょうおうレドロネット」
 とうきで(っとこの説明がこまってしまった。)できたおにんぎょうのおはなし。
 「どこかのくにっぽいよぉ。ゴワァ~ン」といったら、あっというまにばれてしまった。

「びじょとやじゅう」
 このお話は、たくさんのひとが知っていました。
 っということで、びじょのテーマとやじゅうのテーマをあててもらったあと、
 びじょがやじゅうからせまられるところをきいてもらっったり、
 おとでかかれたおはなしをたのしんでいただきました。

「ようせいの園(その)」
 この曲がわたしたちは大好きです。
 みんなの心に、いつもやさしさがありますように。

ひとつひとつおはなしをしていたら、すっかりじかんがたってしまいました。
っというわけで!

バーンスタイン:「キャンディード」じょきょく

aiai:「さいごは、みんなすきなところできいてみよっか。」

といったら… Ash3_3 あらまぁ、ちかい!
 

手がこんなにモモクレテ?いるなんて、そうちかくでみることもないかな。
もちろん、なかのよさ(!???)もかんじていただけたら、
こんなにうれしいことはありません。

そう。おんがくはやっぱり人。

あいてのこころにみみをひらいて、じぶんもおとでこころをつたえられるから
やっぱり、おんがくはすてきなのだ。

いつも、いろんなころにきょうみをもってきいてくれてありがとう!
つぎはなにしようかな…。

また、みなさんにあえるのを、たのしみにしていまっすsun

まだまだろっこうおろしのさむい日がつづきますが、
からだをたいせつにしてくださいね。

2012年2月 8日 (水)

終わったぁ!

本日をもって、大学の試験期間は終了!

いやぁ、てぇへんな2ヶ月半でした。


しばらくお休みしたい…。
一人になりたい逃亡したい。

なぁんて思うのは一瞬。

やっぱり音楽が好きです。

ってなわけで、次はなんだ!?

(実際、身体はかなりのガタが来ております…。)

2012年2月 7日 (火)

ひとりひとりの役割

昨日と今日の卒業演奏はサクソフォーン。

この学年は、縁あって多くの方々の伴奏をすることとなりました。
やるからには、一人ひとりとの音楽を大切にしたいと思って
あまりお引き受けしすぎないように調整していたはずが…

自分のキャパシティーを越えてしまうほどになってしまった。

1月の下旬ごろは、ひとりひとりの音楽に向き合う限界を越えて

「あぁ…。」

と毎日それに対する罪悪感と、身体の限界とにらめっこしながら
ひとりひとりの音楽(人間)と自分は何を表現していけるのかにもがいて
それがほどけてきたのが数日前。

秋田から帰って数日後でした。

合わせをする音の向こうに、やっと人間らしさが見えてきた。


「うまく演奏する。」のではなく、
「その人らしい音楽を奏でる。」事の面白さをやっと共有できるようになってきたら
音楽が流れ出した。

何かしらを背負ってきた人がほとんど。
普通の人より、遠回りをしたり悩んだりもしたし、
いわゆる表街道は歩いていないかもしれないけれど、
辛い思いや、悲しい思いをしたことが人より多い分、本当は
誰よりも、他の人に対して優しい音が奏でられる人でもあるのだ。

その人ならではの音が聞こえてきた時は
本当にうれしかったぁ。
逆に、まだまだそれを受け止められる器でない自分に気づいて
一瞬、ゆら…とした事もあったけれど、それもまた自分自身。
受け止めてもらって、いつしか安心して私自身も相手に乗せていただいていた。

音で話してくれて、本当にありがとう!


人には、ひとりひとり役割が有ります。
卒業して、人それぞれに色んな人生が待っていると思いますが
まずは、自分自身の本当の良いところを大切に。
それがあって、初めて地球に生きている自分の役割をみつけていける。

私も頑張んないとなぁ。
応援していまっす!

2012年2月 5日 (日)

毎年のことながら…

この時期特有の破滅的日々を送っております…

学校に住んだ方がいいくらい、授業以外はずっと弾いています。
沢山の学生さんの人生と向き合うガッツリな日々。

もっとも擦り減っていた時期に行った秋田羽後町では、
沢山の心の栄養をいただきました。本当にありがとうございます!

たっくさんたくさん、書きたい事はありますが
明日からが、山の中の山fuji
この1ヶ月でリサイタル何個分の本番をやっていることやら。

さらいまっす。

あ!

ご報告が遅れていました。
石田センセとのリサイタルのチケットですが
おかげさまで3月17日(土)の方は、発売8日目にして完売。
当日券はありませんとの事です。
(3月16日は(金)は、まだ30席ほどあります。)

あぁ、はやくさらいたいなぁ。

もうしばし、ブログも封印。
後日、落ちついたら抜けているところを書き足します。

以上、生きてます!の記事でした。

2012年2月 2日 (木)

おめでとう!

今日の試験のうちの一つ、弦楽器は今日が卒業演奏。

これで卒業。おめでとう!(だよね?)

Yuchan 試験のドッタバタ後、合わせの部屋にて

早いなぁ。

T嶋さんと演奏していると、色んな人の笑顔がよぎります。
それはきっとお人柄。

色んな方々からいただいた心が育ててくれた音と
自分に向き合い続けた音がそのまま出ていて素敵でした。

4年間ありがとう!
これからも、楽しみにしていまっす。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ