« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

やまい!?

なんだかすごい勢いで日々が過ぎていく。
書くのも弾くのも同等にどっさり同時進行なのは、久しぶり。

そしたら…
ここ数日ほど、不思議な現象が。

夜中にお仕事をしていると

「いつの間にかキチンとベッドで眠っている。」

ナゼだっ!?


こんなの、飲みすぎたbottle時以外になったことない。

書いていたはずなのに…
弾いていたはずなのに…
授業の準備をしていたはずなのに…

なぜか!ベッドでキチンと眠っている。
思い起こすと、チョイと水を飲みにとか、お手洗いになどど立った後
全く記憶がないsweat01

そして、丑三つ時に「あ゛っ」と、目が覚める。
空白の2時間。

しかも、その辺で眠るのではなく
キチンお布団に入っているのがワカラン。

こりゃ、新種の病か!?
おかげで、毎朝の授業への出勤はバッチリscissors

良いんだか悪いんだか…

2012年5月28日 (月)

ドタバタ

授業を終えて走って帰る。

今日は半年に一回の調律していただく日。
っというわけで、晴れて(!?)ピアノも弾けず、しかも在宅。

明日の試験問題作成、たまったメール、カキコキ、
そしてブログも半月分。

この春は、ありがたい事ですが、本番も多ければ
カキコキ仕事も次から次へと。
どうしても、メールや連絡が滞りがちでごめんなさいです。

今は、ピアノさえなければ長野の小さな学校の吹奏楽部への
編曲カキコキにいそしんでいます。
(遅くなってごめんなさい!皆の笑顔の写真見ながら書いてます。)

あぁ、一日100時間欲しい。

がんばりまっすrock

2012年5月27日 (日)

パワースポット

今日は富士市。

なんと朝からドピーカンに晴れている。
うぉー。
ホテルから歩いていると、めったに見えない富士山が、鎮座ましまし。

Fuji

今日の本番はロゼ・シアター。

今まで、ロゼと言えばワインwineっと思っていたら
実はバラを意味するのかもしれない。

バラは今が旬。
会場の向かいに公園では、咲き誇るバラ。

自然の力は、偉大だ。
ここ数日、いつも向き合っているカキコキが
いつもに増して身近に思える。

自分のためだけでなく、次の世代に伝えていく音楽。
今日の出会いをもとに、考える事沢山。

物の豊かな時代にあって、大切にすべきことはなんだろう。

2012年5月26日 (土)

切りました!

ANA19便 羽田→伊丹

Haneda 良い天気!

今日は神戸で子供たちと作曲の日。

その前に…
3月いらい、やっと髪を切りました。

Ai セットが決まるのは今日1日のみ!?

スタイリストさんの計画が進行中。
舞台の行きと帰りで、姿が違うのがよいのだそうだ。

一生懸命、セットしてくださるのを見ていたけれど…
自分でセットする場合、まず寝ぐせと戦わねばならぬ。

前途多難…。

がんばるぞ、おぉrock
 

2012年5月25日 (金)

大きくなったねぇ

今晩は、湘南支部新人演奏会。
新しく社会に出る人にとって、地元とのご縁は大切です。

地元民の戸嶋さんの伴奏にいくと、
同じ楽屋に懐かしい面々が!

「大きくなったねぇ。」
なんて言ってはいけませんが…

高校の制服を着ている頃から見ているので
なんだか感慨深い。

思わず一緒に写真を撮ってしまいました。
これからのご活躍をお祈りいたします!

2012年5月23日 (水)

開業!

東京下町に住む人にとっての記念日かもしれない。

Tree 東京スカイツリー

開業日の昨日22日は雨がすごくて見えず…
今日が我が家から初お目見えです。

連弾の相棒、石田センセのお膝元。
しばらくは人の流れが賑やかそうですな…

2012年5月21日 (月)

金環食ダッシュ

大分から帰って、授業の準備をしながら爆睡。

おかげで朝からバッチリ観測。
しかしながら、出勤時間との戦い。

Kin1 欠け始め。

その後曇ってしまい、授業の準備をしていたら
外が騒がしい。
なぬ?
バスも来る時間で慌てて玄関を出ると…

晴れた!

Kin0 ←出勤時間定刻

Kin2_2 ←授業遅刻まで5分

Kin3_2 ←授業遅刻まで0分

いそげぇ~dash

授業開始には間に合いました…。

ふぅsweat01

2012年5月20日 (日)

日出町ランドスケイプ

帰る日。
フライトの時間まで、お散歩。

Youkokujo 暘谷城址

海への道。


Beppuwan 別府湾。

久々に海に触りたくておりてみる。

お城の下には海中に清水がわいていて
そこで育つ城下かれいは絶品!
白身好きにはたまらんです。ハイ。

もちろん…

Taki


瀧廉太郎の銅像もあります。
「昨日の<花>あらためて日出町で演奏してみるといい曲だなって。」
by チェリストYAMADAさん。
彼女の人柄も素敵でした。

なぜか気になったもの。

Post_4

背丈の低い郵便ポスト。
投函する時、あまりの低さにおもわず1周してしまった…。

写真はありませんが、共演者のみなさん。
ボストン生まれのヴァイオリニスト塩田さん。
リハ後、チャルダッシュの最初の音の表情を
本堂中を歩きながら探す姿が。
合わせの時も、解釈で色んな案を話し合ってくださいました。
まずは受け入れて、そこから動じない姿を見つけ出す
器の大きな人。

チェリスト・ヤマーダさん。
とにかく和みます。ハイ。
マイペースのように見えて実は繊細。
自然体な姿に、周りはいつも和みました。
チェロに抱きついて眠る姿が、なんとも!
どう言ってよいか分からないほど似合います。
あ!こんどゆっくりボーイングを教えてください…。

そしてそして…
今回のご縁をつないでくださった、世界的ヴィオリスト
川本嘉子さん。
その精神からあふれ出る音が昔から大好きで、
今回も、一緒に演奏させていただきながら、何度も
自分が居なくなってしまいました。
今回は更に、譜めくりまでしていただいて…
本当に本当にありがとうございました。

素敵な出会いに感謝。
みんなが知り合いのような町、日出町。
また、ゆっくりお散歩に来てみたい…

2012年5月19日 (土)

日出町西教寺

そう・・・

きみのような…。Nusi

そんな居心地の良い場所、西教寺。

着くなり、どぉんと食卓には白いにぎりめし。
ごれがまた、どういうわけだかワケが分からないほどおいしい。

本堂にあるピアノは、御嫁入り楽器!?だったそうで
長年にわたって色んな事をみてきたんだろうなぁと思うと
なんだか愛しくなってしまった。

夕方、お庭には蝋燭がともされ19時開演。
仏さま正面の扉を閉じさせていただく儀式を経て
川本さんのヴィオラが本堂の木と共振しながら響き始める。

テレマンの無伴奏、そして数曲の小品と
ドビュッシーのチェロ・ソナタ(ヴィオラ版)。
休憩をはさんで、
各々のソロとメンデルスゾーンのピアノ・トリオ。
そして4人で、シューマンのピアノ・カルテット。

あっという間に時がすぎてしまった。
年代を越えて、本堂いっぱいにお集まりいただいた皆さんとともに
最後は、瀧廉太郎の「花」を。

そう、日出町は瀧廉太郎ゆかりの町。
今日のコンサートも瀧廉太郎を記念して、
ご住職がはじめられたコンサート。

ご住職さんご夫妻が本当に素敵な方で、
その周りには、温かい輪がひろがってみんなニコニコ。

終演後には、「若婦人会」(歴史は○十年!?)のみなさまによる
たっくさんの手作りごはんが。

もう、おいしすぎて大変!


すごいなぁ。
エネルギーに満ち溢れている。しかも飾らず。

 
これはいったいなんだろう。

自然とわき出る温かさ。

Rose 

いただいたバラの香りと共に、夢の中へ。

翌朝目が覚めても、東京に帰ってからも…
思い起こすと竜宮城に行っていたかのような。

不思議な、いえ!素敵な場所。日出町西教寺。
また、お会いできますように…

本当にありがとうございました!

2012年5月18日 (金)

空飛ぶ楽器さま

JAL1787 羽田→大分

明日の本番にむけて、大分へ移動。
共演者さまたちの楽器は…

Violon シートベルトしてます!

ヴァイオリンは座席に座れるも…

チェロは…Celle



椅子から落ちます。
が、キチンとシートベルトをしておりました。

チェロは今まで大人料金で、格安の人間チケットより高い位でしたが
エービー券ができて、安くなりました。

満席のフライトで、楽器も名札を付けて座席に鎮座ましまし。

大分空港に着くと…
素敵な出会いが待っていました。

生きた心地のしなかった日々から、異次元の心地よさ感じる日々の始まり。
大分県日出町。

Hiji おサルの島、高崎山を臨む


あれは、夢だった!?

2012年5月15日 (火)

温かい

今日は、高校生たちの運動会。

最後の年。できるだけ行事に参加したいと思っていたので
いそいそと体操着を着て通勤電車に乗っていくと…

雨。

ありゃぁ。

っとはいえ、バーベキューの方は敢行。
久々に炭火を見ると、火遊びのサル本能が目覚めてしまい…

Sumibi


気づくと、食べ物より火起こし原始人。

みんなで焼いて食べる食事は最高!
なかでも、こだわって味付けをしてくれた焼きそば。

いいなぁ。
同じものを2度作る時は、更に良いものを求めて。

そういう姿勢が、きっと音楽の進化にもあらわれる。
あと半年。

少人数ならではの思い出が、たくさん心に残りますように…

2012年5月13日 (日)

1日

眠ろうとすると、東の窓がきれいな色。

Sunrise


夕方、気づくと淡い色にオタマジャクシを書いていた。

Sunset


際の美しさに呑まれた日。
やっぱり人間はちっぽけだ。

2012年5月11日 (金)

懐かしのかおり

やっぱりいいなぁ。
昔ながらの門構えに懐かしの味、そして変人の集まり。

久々に母校へ。
音校の門の前で両手を振っている人物発見。
おぉ、元気かや。

「せんせぇ~」

声がでかい…sweat01
マイペースな調子は相変わらずで良いっ!
去年まで高校で教えていた学生さんでした。

お昼どきなので、大浦食堂へ。

Oura

美校の方にある食堂。
学生の時は、音校より美校派。
今は、芸大美術館が出来て新しくなってしまったけれど、
その昔は、ふるぅ~い建物でそこから見える木に目をやりながら
1人で食べていた記憶がよみがえる。

変わらぬものも。
大浦のおばちゃん、そしてお兄さん(おじさん?)。

懐かしのバタ丼(お豆腐をバターともやしで炒めたどんぶり)も健在。
よく夕方にご飯なしバタ丼食べたなぁ。

今日頼んだのは…

山菜蕎麦 ⇒Oura2

すんごい量の蕎麦と山菜が入って(おつゆより多い!)330円。
食べていると隣からは、懐かしのカレーの香りが。
そう、大浦のカレーと言えば
香辛料の香りたっぷりで昔ながらの黄色いカレーでした。

食堂を出ようとすると…
かつての副科ピアノの恩師が。
よぉくサボっていたのに、試験が受けられるようにしてくださいました。

音校にもどって階段を歩いていると、
きれいなお姉さんが声をかけてくれる。

わぁお。

かつて、成城で教えていた生徒さんでした。
去年のデュオ・リサイタルでは、震災後すぐから放射能の正しい情報をと
一生懸命調べて文章を書いてくれた七澤さん。
その文章を一緒に校正して、プログラムに挟ませていただきました。
あらぁすっかり、お姉さまになっていて最初分からなかったなぁ。

滞在時間、たったの1時間ほどなのに懐かしさ満載の1時間。

オサボリーマンだった aiai も、やっぱり母校の空気は懐かしい。
帰りに、すっかり新しくなった上野公園を歩きながら
五月晴れフレッシュなエネルギーを吸収した午後。

今度来るのはいつかな…

2012年5月 9日 (水)

今年も

午前中の高校授業を終え、教員室に帰ってくると
懐かしい面々がお揃いでした。

今年の教育実習生たちです。

そうかぁ。みんなもう大学4年生になるんだ…。

持っていただく授業について説明をしながら
なんだか、タイムスリップをしている気分でした。

実習は6月から3週間。

教える事は、自分のためにもなる事が大切。
単に表面的にではなく、教えているものの延長上には
かならず、自分が伝えたい事を伴っている事。

そんな事を話しながら、自分も年をとったなぁ…と
おもわず振り返ってしまった。
高校で、そして大学で。
ブランクはありますが、長い人は7年のお付き合いです。

実習での取り組み、楽しみにしていまっす。

2012年5月 7日 (月)

ぶ~ん

夜な夜な浄書をしていたら…

Tento やぁ!

久しぶりだね。
そばに来てくれてありがとう。

しかし・・・
どうやってここまできてくれたんだろう???

2012年5月 6日 (日)

連休が…

終わってしまう…

Sunset

たまったカキコキと未知なる世界の楽譜束をみて
なぜかたそがれてしまった。

動き始めると楽しいんだけどなぁ。
今が一番つらい時。

さっ、行ぐべ。
おぉrock

2012年5月 5日 (土)

月が!?

深夜…

ヴィオラの世界から再び、ディズニーな世界に戻って
ふと気付くと、座っている椅子の影が月あかりでのびている。

なんと。

いつもより、とっても明るいお月さまが窓の正面にやってきていた。

Moon_2

おもわず、吸い込まれて月に焦点をあてて撮ってしもうた。
どうしちゃったんだろう…。

2012年5月 4日 (金)

編曲

ドビュッシーのチェロ・ソナタ。

今月、初めてヴィオラと演奏する機会をいただいた。
今日はその確かめ合わせ。

 へぇ…

昔、今井信子さんがシューマンのヴァイオリン・ソナタを演奏するのを聴いて
ヴィオラの方が曲の内容にあってる!(シューマンさまゴメンナサイsweat01)と、
衝撃を受けたのを思い出した。

さすがに、低音1オクターヴ足りない音域のピッチカートは
何とも補えないところも有るけれど
逆にヴィオラならではの低音域ドルチェの表現や、高音の緊張感は、
チェロ・ソナタをヴィオラで演奏していますっというのではなく
ヴィオラの曲として奏でられています…という音楽が聞こえる。
川本さんのヴィオラはやっぱりスゴイ。

カキコキの世界では、編曲という作業が
単に必要とされる編成に音を書き換えるだけか
更に踏み込んで、デフォルメするところまでをいうか
で、かなり広い範囲に考える事ができるのが当たり前だけど
そうか、演奏の世界でも、
単に音を置き換えるにとどまるものと
更に踏み込んで、その楽器にしかない表現をつっこんで求めるのか
で、こんなに面白い!ということを久々に思い出した。

幸せな時間。

まだまだ、自分が追究したりていないけれど
本番がとってもとっても楽しみ。

合わせが終わって空を見上げると、
雨上がりのとってもきれいな青空。

家に帰って、もう一度振り返ると…

Sky

スカイツリーに向かって、空が雲を追いかけていた…

自分も追いかけるのだ!

2012年5月 1日 (火)

うぅぅぅぅ

今年の連休は…

暇さえあれば、頭がディズニーランド。
学生さんからのリクエストでディズニーメドレーを編曲作業をしているものの
なんせ40年近い人生の中で、修学旅行+数回しか行っていない!
大阪府熊取町の修学旅行は東京で、まだ新幹線に乗った事無い人も
多かったので、自動ドアでさんざん遊んだものです。
東京タワーが新幹線から見えた時も大騒ぎだったなぁ。

「ゴジラとおんなじやでぇ!」っと。

そんなこんなで、セレクトしていただいた曲がどんな曲か、まともには分からず、
毎日のように音楽earや動画eyeでディズニーを勉強!?
エレクトリカルパレードなんて、もう行ったつもりになっちゃうくらい
様々な動画を見てしまった。

スプラッシュマウンテンも、何回滝に落ちたやら…。

誰よりも、乗っている(つもり)に違いないscissors

いつか実際にいってみるぞ。ハイ。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ