« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

おめでとう!

長野からうれしいお知らせが届きました!


Sinko

少人数だからこそのスペシャル吹奏楽のみなさん。
おめでとうございまっす!

久々に送っていただいた写真をみると・・・
みんな大人になっているeye
びっくりだ。

きっと、熱血N先生のもと大成長をとげたんだろうなぁ。

なかなか、会いにいけませんがいつも
みなさんの頑張りを心に描いていました。
自分がしんどいときには、特に。

たくさんの勇気とエネルギーをありがとう。
そして心から。

おめでとうございまっす!

副学長主催コンサート

石田センセとのDuo。

今月3回目のコンサートです。

洗足学園音楽大学副学長主催コンサート。

学生の身近な存在としてのコンサートと教員自身の啓発。
石田先生のご縁を通して、第1回をDuoで演奏させていただくことになりました。

普段演奏しなれている大学講堂。

とはいえ・・・。

いつも、ゲネプロなしの本番。
きちんとコンサートグランドと会話をできたことがありませんでした。

楽器と会話をし、伝えて生きたい音楽がある。
そう思い、お昼過ぎから調律師さんと在庫ピアノをならべて
引き比べ、そして置き位置を探し・・・
何度も何度も一緒に向き合ってくださった調律師さま、
ありがとうございまいした!

楽しい時間でした。

楽器の鳴りとしては、確かにベストな状態とはいかないまでも、
なによりも、楽器と会話ができえる。

そこから生まれる会話は無限大。


なんだか、いつもとまた違う音楽が流れ出した。

音楽は一期一会。

だからこそ、いつも同じ音楽なんてありえない。
信頼できる石田先生とだからこそ、安心して
新しい世界に踏み込んでいた。

本当に幸せな時間。

お暑い中、お越しいただいたみなさま
ありがとうございました。

学校の前期がようやく終わって、お疲れ満載ななか
お越しいただいた学生の皆様、ありがとうございました。

また、新学期にお会いできるのを楽しみにしています!

2012年7月26日 (木)

すごいのだ

「あと2週間でフォーレのエレジーとハイドンのコンチェルトを弾くことになった。」

 え゛・・・。

っと一瞬おもったけれど、子供の可能性は無限大。
それでも、12日ぶりに一緒に演奏して、本当に驚いた。

よく頑張ったねぇ。

今日一緒に演奏したのはエレジー。

精神的に深い作品だからこそ、じっくり時間をかけて取り組みたい
っとおもっていたけれど。

必死に自分と向き合った結果が
エレジーの音色に吸い込まれていくのがみえる。

私も呑まれてしまった・・・。

あきらくん、まだ小学4年生。

新たな試練も、きちんと意味があります。
試練は、それを超えられる人にしかふってこないから。

8月のコンサート。楽しみにしています

2012年7月23日 (月)

万国共通

下界におりて、ようやく地に足が着いてきた。
授業をしているのだか、コンサートで弾いているのだか
イマイチ線が引けないのはいつものこと。

さて・・・

今日の午後で面白かったのは、
外来ヴァイオリニストの公開レッスン伴奏。

「モーツァルトは大事。」

この一言はずしっときました。

シンプルだからこそ、基本が問われる。

フォルテ・ピアノでモーツァルトを弾くことで、その意味を
自分の中で改めて問い直していたからこそ、思わず・・・

 ふむふむ。

うなずいてしまった。

万国共通の認識。
本当に大切なものは、シンプルで普遍的。

2012年7月21日 (土)

何が大事?

東京でお仕事を終えて、夕方空をぶ~んairplaneと。
今日は神戸へ。


今年も8月にまた、やってきます。

そう。
弦楽器を弾いたことのない子供たちによるオーケストラ。

とうとう3年目を迎えました。

その編曲も、また子供たち。
演奏する子供達の顔を思い浮かべながら、
一生懸命考えて、スコアに一音一音書いていく。


今は、便利な世の中。
楽器だって早期教育がさけばれ、
この日本においても、優れた人材がたくさんでている。

そんな中で。
楽器の持ち方すら知らないのに、オーケストラ!?

3年前、尊敬する先生に「あいちゃん可能だと思う?」とたずねられた時、

「できます。」

っと素直に答えていた自分が居ました。

音楽を通して、今から次の世代を担う子供たちと何を大切にしたいのか。
それを自分に問うたうえでの返答でした。

だれしも、「不可能でしょ。」とおっしゃいます。

そりゃそうです。
普通に考えたら無理です。もしくは遠回りです。

でも。

いつも思うけれど、
こんな地球に居て、楽器を奏でられるだけでも幸せなことなのです。

だからこそ。
知識に左右されず、自分そのものにがっつりと向き合う。
耳をすませ、たとえそこに技術が伴わなくとも伴わないからこそ
あぁ、こんな音が欲しいという自分自身の声に素直に向き合い
更に人の音を聴き、ともに一緒にひとつの音楽をかなでる。

そこには、「上手に弾く。」以上の宝物がたっくさんたくさん。

音楽をとおして人間を育てる。

その信念を貫き続けている先生のプロジェクト。
今年も楽しみにしています。

今日一生懸命考えてくれた
Kちゃん、Yちゃん、本当にありがとう。
その楽譜をもとに、3日間がっつりと過ごしてきます。

また、8月会えるのを楽しみにしていまっす。

2012年7月20日 (金)

えらいこっちゃ

実は・・・

標高2450メートルでパソコンが壊れました。
旅中も、編曲仕事がわんさかで、浄書のために持ち歩いていたのに
とうとう電源すら入らなくなってしまった。

確かに長野から調子が悪かったが!
すべてのお仕事がストップしてしまいました。

音信不通になってしまった皆様。
大変失礼いたしております!
様々な方々に連絡が滞りご迷惑をかけてしまい、大変申し訳アリマセン。

とはいえ。

文明の利器がないと、自然と音楽に向き合う時間が増えます。

申し訳ないと思いつつ、がっつりと譜読みに勉強に。

便利な世の中。

本当に大切なものって何なのだろう。

内心心はあせりつつ、でもどこかでほっとしている自分も。

っというわけで、ブログも半月以上ぶっとんでしまいました。
ごめんなさい!

ご心配くださったみなさまにはお伝えしましたが・・・

おサルは今日も元気ですscissors 
(8月2日記)

2012年7月19日 (木)

下界もまた楽しいのだ

いやぁ、1週間のお留守のツケは大変だ。

まず、お洗濯。これは放り投げ・・・

次に、宅急便。山のように不在票が。
そして、授業の準備。そうだみんな前期試験前。

そしてそして・・・

本番の山。

もちろん旅中も楽譜を持ち歩いていたけれど合わせは出来ていない。

久々に会った音楽仲間。
いっときの時間を置いたことで、面白い一面を発見できたり
まったく違うことになっていて戸惑ったり。

それもまた楽し。
音楽は人だもの。 ただ・・・

学生さんとの本番は、そうは行かないことも多数。

一緒に基礎に向き合っていた途中に1週間も留守にしてしまったら!

本当にごめんなさいでした。
それでも一緒に演奏しよう!と一緒に向き合ってくれて
本当にありがとうございました。


明日も、授業の補講に合わせに本番に。


アラフォーの身体は、悲鳴を上げているけれど
それ以上に、次の世代に向き合う幸せのほうが大きい。

なぜ、今生きているんだろ。

そう考えることができるのも、また幸せなこと。
ばんがるのだrock

2012年7月18日 (水)

77777キロ

Kiro

77777キロメートル達成。

東京都お茶ノ水付近。
この後、パソコンの修理窓口に向かう…

そして・・・

今日もいい天気!

Mikurigaike みくりがいけ

学生さんたちは、雷鳥にも会ったとか。
すごい!
動画を撮ってを見せてくれました。ありがとう。

立山山頂で、大切な人にお手紙を書いて投函。

そして・・・
ここから飛行機以外の乗り物はすべて乗るという下山コースへ。

まず・・・

トロリーバス(道路上に張られた架線から取った電気を動力として走るバス)

Torori1 ←新聞運びも兼ねる

柱のないロープウェイ!

Rope

そして・・・

ケーブルカー! Cable


途中、黒部ダムでは太陽の周りに・・・

天使の輪 Rainbow

最後に再びトロリーバス

Torori2  オーダーメイド製。

本当に恵まれた旅でした。
引率の森野科長、竹内先生、みはら先生、看護師いとうさん。
細かな配慮のおかげで、無事旅を終えることが出来ました。
本当にありがとうございます!

そして、なによりみんなの優しい心が一番心にのこった旅でした。
ここに居ないお友達もいつも心では一緒。

Kokoongaku 素敵な仲間たち

一緒にすごしてくれて、本当にありがとう。

竹田さんから、メッセージありがとうのお電話
わざわざ、いただきましたよ。

よい夏休みを!

2012年7月17日 (火)

天上の世界へ

魚津名物を勉強し・・・

Sinkiro  蜃気楼DUO

特別なゲートをとおり・・・

Gato  一般車進入禁止ban 高い!

半年ぶりに雲上のせかいへ。

立山 Unjo_2

植物大好き石田センセ。
さっそく高山植物散策に出かけるとのたまう。

たくさんのお花たちとお話しながら歩いていると

前から元気な声が!Tengudaira

「雪のところまで行って手形つけてきたよぉ。」

おぉ、みんな元気だ。そんな遠くまでもう行ってきたんだ。


ワリワリはゆっくりと歩き・・・

Saruda  踊るサル・・・banana

散策路の奥に、半年前Duoで演奏しに来たホテル立山を発見。
吹雪でなにも見えなかった山じまいコンサート

まさか、半年後に再び立山に来ることになろうとは。

本当にご縁って不思議だ。

夜に空を見上げると・・・
そこには満天の星空。

みんなのおかげで、すばらしい出会いをしました。
本当にありがとう。

明日は、合宿最終日。
いい天気になるといいな。

2012年7月16日 (月)

汗だく・・・

学生さんはやる気満々rock

「自主練習の時間、石田センセと二人でよければ見るよ~」

なんていっていたら。
合宿に来る前から、あれやらこれやらたくさん曲が降ってきた。

うれしいな。(冷や汗sweat02

っというわけで、昨日も特別授業やコンサートの合間にギッチリ!
一緒に音楽に向き合っていただきました。

あぁ、もっと一日が長かったらな・・・。
伝えたいことも言いたいこともたっくさんあるし、
一緒に考えたいことも山ほど。

昨日夜に石田先生と話し合ってみると、
実は根本的な考え方を、実はみんなが知りたがっているということが
分かってきた。

「装飾ってどうやって入れるの?」

 装飾の意味を考えよう。


「テンポってどうやってゆらすの?」

 え?
 
「一緒に演奏するとき、相手にどこまで言っていいの?」

 えぇ!? 

なにぃ。
他にもたくさんたくさん質問をいただきました。

レッスンなどで、西洋音楽の根本だけを教えるというわけにも行かず
手段を教えていただく事もあるだろうけれど、
そんなときにも、きちんとその根本と向き合える人になってほしい。

そう願って授業をしているものの、まだまだ浸透し切れていない。

そうか。
私にとっても、たくさん勉強になりました。
後期はどんな授業にしていこうか。
さっそく、話し合いました。


それにしても。

あぁ・・・っという間に時間が過ぎ去ってしまった。

真実を伝えるということは、ものすごいエネルギーと根気が必要で、
時間もがっつりかかります。


なんだか消耗したなぁと思っていたら。

なんと魚津が日本で2番目に暑い37度だったんだそうな。
どうりで。

干からびるはずだ!

一緒にがっつりすごしてくれてありがとう。
時間がぜんぜん足りなくてごめんなさいでした。

これからもよろしくお願いします。

中年アラフォーなのでお手柔らかに・・・!?
ハイ。

2012年7月15日 (日)

魚津へ

朝から富山県魚津へ移動car

今日は、魚津で特別授業とコンサート。

昨日のコンサート会場、長野県峰の原高原から魚津へ、
そのままフォルテピアノを運んでくださることになったのです。

13時からは、まず竹田時康先生によるピアノの歴史授業。

調律のしくみや、アクションの仕組みなど。


シュタイン製のアクションPiano1

現代ピアノのアクション Piano2

どぉんと出して見せてくださいました。
シュタイン製にいたっては、鍵盤をはずして
1本1本学生に渡してしまう一幕も。

講義の途中では、何人かの学生さんにモーツァルトの作品を
弾いていただきました。
慣れないアクションやペダルにもめげず、
頑張ってくれました。ありがとうございます!

「人のご縁を大切に。」

調律師ご一家に育った竹田さんが大切に考えられていることです。
こうして、高校生のみなさんとシュタイン製のピアノが出会ったのも
たくさんのありがたいご縁によるものです。
みんなが大人になったときに、さらにどう広がっていくのだろう。

また、楽しみが増えました。

竹田さん、本当にありがとうございました!


夜には・・・
昨日に引き続き、石田先生と聴き比べコンサート。

<あわてて作ったプログラム>
Tokuju  ←石田センセ直筆pencil

途中、ヴァイオリン専攻のお二人には
今年400才を迎えるヴァイオリン「Pasta」と現在の自分の楽器を
演奏していただきました。
突然のお願いにも関わらず、演奏してくださってありがとう。

いつも授業の面しか見ない皆さんの前で演奏するのは・・・
楽しかったなぁ。
クリスティアン・バッハの途中のカデンツァ即興なんて
あまりにも予想外のやり取りになってしまったので、
くすっと笑ってしまった。

21時過ぎに終演。

最後はみんなで、シュタイン製ピアノを竹田さんの車へ運びます。
みんな竹田さんが大好き。

「ありがと~!」

見えなくなるまで手を振り続けました。

いいな。
技術を教える、学ぶはもちろんだけど、
やっぱり、音は人。

音楽の授業をしているようで、実はこの世に生まれた意味、
そして生き方を、ともに考え感じているのだから。

本当に素敵な一日になりました。

みなさん、本当にありがとうございました。

2012年7月14日 (土)

番外編 in 峰の原

シュタイン製ピアノの上にワルター製ミニ・ピアノ(!?)


Orugoru

コンサートが始まる直前に到着。

竹田さんのご兄弟が作ってくださった手作りオルゴール第1号!
今回初お目見えでした。

そして・・・

いつもすばらしい場を提供してくださるペンション・ぷれじ~るさま。

Palaisir 夕食時の風景

地元のお野菜や素材を活かした料理と、手作りのパン!

Dine1 新鮮なとれたてお野菜と手作りベーコン

手作り信州牛ロースとビーフ Dine2



実際に目で身体で味わないとわからない魅力。
実は、ほかにもたくさんたくさん!


そして、なによりスタッフのみなさんの温かい心が魅力なのです。

そんなみなさんのおかげで、今回もコンサートが無事迎えられました。
連休のお忙しい中、本当にありがとうございました。

いつも、ぷれじ~るさんのそこここに、
自然の香りを飾ってくださるM4さん。

今回まったく余裕がなく、写真の記録がない・・・と思っていたら
撮ってくださっていました。(コンサート♪)
ありがとうございまっす!


そしてワリワリ、凸凹デュオ。

チェリスト・多紀乃!? Cello_2

 
Nomisuke  呑み助 aiai

デシタ!

縁がつなぐもの

音で200年とチョイっの旅をしよう!

<1784年製アンドレアス・シュタン(レプリカ)使用>

J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集第巻より 第14番 
   (フォルテピアノ・ソロ 石田多紀乃)
J.C..バッハ:4手のためのソナタ ヘ長調 Op.18-6
モーツァルト: 4手のためのソナタ 変ロ長調 KV 358
ハイドン:ピアノ・トリオ ハ長調 
Hob.XV:27 第1・3楽章
   (特別出演 ガット弦ヴァイオリン:田隝晃 ガット弦チェロ:田隝晟)

<現代ピアノ使用>
ブラームス:ハンガリア舞曲 第1、2、5番
バーンスタイン:「キャンディード」序曲

楽器協力:竹田楽器さま
弦楽器提供:弦楽器ニシさま

ピアノ連弾:石田多紀乃 原田愛

世代もさることながら、国際色豊かな皆さまに集まりいただき
本当にありがとうございました。

たくさんの方々のご協力があって実現したコンサート。
朝からの大ハプニングにも、山の下まですごい勢いで降りてくださったM4さま
(連日、本当にありがとうございました。)
そして、快く楽器を貸してくださった工房さま。

このフォルテピアノに出会ったのも、ここ峰の原高原に住む
おじさまからいただいたご縁でした。

 その曲が書かれたころ、どんな音をきいていたのか・・・。


欲とは無縁に、純粋に楽器の声に向き合ってくれる相棒
石田多紀乃さんと出会い、
本当に小さな頃から一緒に山を走り回った子供たちが、
古い時代用いていたガット弦で一緒にハイドンを弾いてくれる。

音に耳を傾ける。それは心の音を聴くことと同じ。

一緒に向き合ってくれてありがとう。

このご縁はどこへつながっていくのだろう。
きっと今生きている意味とつながっていくのかもしれない。

2012年7月13日 (金)

再会。そして・・・

カッコーの声で目が覚めた気もする。

いやぁ、爆睡!
久々に、お布団の中で何も考えずに眠りコケました。


そして・・・
いよいよ富山からやってきたピアノをお出迎え。
1年ぶりのシュタインの1784年製(レプリカ)。

今年もしっかりと大騒ぎしながら、会場のペンション・ぷれじ~るさん2階へ
担ぎ込みました。
連休のお忙しい中、みなさん総出でお手伝いいただき本当に
ありがとうございます。

詳しくはこちらへ→http://ameblo.jp/nekoazuma/entry-11301943215.html

(M4さん、いつもありがとうございます。)

2回目ともなれば、ピアノの組み立ても・・・

Kinobori aiai 木登り中 !?

いえ、ピアノの足をつけているところです。
いつも、快く遠い南砺市から楽器を運んできてくださる
竹田さんには本当に感謝です。

運び込んだところで、ワリワリは朝ごはん。

Takedasan 竹田さんと・・・

午後は、1年ぶりの感触に耳も手も触覚(!?)1700年後半の世界へ。
どんどんと耳がやわらかくなっていく。

いいなぁ。
ちっぽけな人間が当たり前のように感じられる。

木の振動に耳を傾け
シンプルな構造に、手と心を合わせる。
余計な欲は一切無意味。

明日はいよいよ、コンサート。

時代も世代も越えて、今本当に大切なものは何か・・・を
一緒に感じられる時間になったら幸せです。

2012年7月12日 (木)

再び長野へ

今年もまた時空を超えた旅を。

南砺市の竹田楽器さんと、弦楽器ニシさんのご協力を得て
新旧楽器と作品に向き合います。

弦楽器ニシさんにお借りしたヴァイオリン、PASTA。
当然のごとく、ガット弦を張っているのですが・・・
去年のままなので、さっそく切れてしまった。

っというわけで、今日の授業の合間をぬいながら何度か近くの楽器屋さんへ。



Gatto ←切れた弦

切れるとリアルに繊維がリアルに分かります。
調理師さんによると、手作りでソーセージを作るときにつかうのと
そっくりだそうな。

両方、「腸」 だもんなぁ。


そんな大騒ぎを経て、夕方に長野へ向けて出発car
今日から1週間マルっと東京から脱出。

素敵な一週間になりますように。

2012年7月 6日 (金)

七夕コンサート

七夕コンサート
~出会い★星に願いを~

Suzaka 
病院のみなさんが、飾り付けをしてくださいました!


長野県立須坂病院のロビーにて。

須坂のお山のおサル3兄弟と一緒に、ぷれじ~るカルテットの一員として
参加させていただきました。

姉妹都市の三浦市と須坂市の交流を兼ねてのコンサート。
三浦市からも、おなじみカメラ小僧・高見さんと石毛さんが
参加してくださいました。

そして須坂市からは、小さなピアニストのみなさんと
平均年齢○歳の、パワフル・ママさん・コーラスのみなさん。

たった一時間とは思えないほど盛りだくさんなコンサートでした。

病院のロビーには、病院の方々ももちろん
長年、峰の原高原・ペンション・ぷれじ~るのコンサートを通して
出会ってきたみなさんのお顔も。
本当に懐かしく、そして嬉しく思います。

中心になって企画してくださった加代子さん、
そして担当のみなさま、ありがとうございました。

2012年7月 2日 (月)

ありがとう!

昨夜、久々に落ちついて帰宅すると…

ポストにうれしいうれしいお便りが。

Nec_0214


わぁ。
なんだか…涙がこぼれてしまった。

本当にありがとう。

ひとりひとりのメッセージ。
温かくてにっこり。

私もばんがらねば。
たくさんのエネルギーをいただきました。

7月末の本番に向けて今が伸び時。
楽しみ楽しみ。

また、みなさんに会えるのを楽しみにしていまっす。

2012年7月 1日 (日)

カフェ・コンサート

ここは、常夏の島か!?

Imagine 

こんな素敵な大きい窓をもつ、喫茶イマジン。

今日は、アンサンブル・ヴァリエの一員として
ここで演奏させていただきました。

座長、古曽志先生のお話しを交えながらのコンサート。
会場いっぱいのお客さまにお越しいただきました。
中には随分遠方よりお越しいただいた方々も…。

本当にありがとうございます。

ふらりと足を運べば、そこにはおいしいケーキとお茶、そして音楽。
普段の横に音楽がある。そんな場を作ってくださる、古曽志先生そしてオーナーのみやしたさん。
そして、いつも心強いコンサートのスタッフのみなさん。

いろんな立場の方々が居てくださってこそのコンサート。
そんな心温かさを、身近に感じながら演奏出来るのは
本当に幸せなことです。

ありがとうございました。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ