« 番外編 in 峰の原 | トップページ | 汗だく・・・ »

2012年7月15日 (日)

魚津へ

朝から富山県魚津へ移動car

今日は、魚津で特別授業とコンサート。

昨日のコンサート会場、長野県峰の原高原から魚津へ、
そのままフォルテピアノを運んでくださることになったのです。

13時からは、まず竹田時康先生によるピアノの歴史授業。

調律のしくみや、アクションの仕組みなど。


シュタイン製のアクションPiano1

現代ピアノのアクション Piano2

どぉんと出して見せてくださいました。
シュタイン製にいたっては、鍵盤をはずして
1本1本学生に渡してしまう一幕も。

講義の途中では、何人かの学生さんにモーツァルトの作品を
弾いていただきました。
慣れないアクションやペダルにもめげず、
頑張ってくれました。ありがとうございます!

「人のご縁を大切に。」

調律師ご一家に育った竹田さんが大切に考えられていることです。
こうして、高校生のみなさんとシュタイン製のピアノが出会ったのも
たくさんのありがたいご縁によるものです。
みんなが大人になったときに、さらにどう広がっていくのだろう。

また、楽しみが増えました。

竹田さん、本当にありがとうございました!


夜には・・・
昨日に引き続き、石田先生と聴き比べコンサート。

<あわてて作ったプログラム>
Tokuju  ←石田センセ直筆pencil

途中、ヴァイオリン専攻のお二人には
今年400才を迎えるヴァイオリン「Pasta」と現在の自分の楽器を
演奏していただきました。
突然のお願いにも関わらず、演奏してくださってありがとう。

いつも授業の面しか見ない皆さんの前で演奏するのは・・・
楽しかったなぁ。
クリスティアン・バッハの途中のカデンツァ即興なんて
あまりにも予想外のやり取りになってしまったので、
くすっと笑ってしまった。

21時過ぎに終演。

最後はみんなで、シュタイン製ピアノを竹田さんの車へ運びます。
みんな竹田さんが大好き。

「ありがと~!」

見えなくなるまで手を振り続けました。

いいな。
技術を教える、学ぶはもちろんだけど、
やっぱり、音は人。

音楽の授業をしているようで、実はこの世に生まれた意味、
そして生き方を、ともに考え感じているのだから。

本当に素敵な一日になりました。

みなさん、本当にありがとうございました。

« 番外編 in 峰の原 | トップページ | 汗だく・・・ »

コンサート」カテゴリの記事

授業<高校>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 番外編 in 峰の原 | トップページ | 汗だく・・・ »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ