« 200年とチョイの旅 その1 | トップページ | お休み »

2012年8月14日 (火)

200年とチョイの旅 その2

7月14日の午後、峰の原高原の
ペンション・ぷれじ~るで行われたコンサート

石田センセのJ.S.バッハ:平均律の演奏に続いて演奏した
J.C.Bach の4手のためのソナタ第3番の記録です。

携帯で撮影したため、画質音質とも良い状態ではありませんが
お許しくださいませ。

大バッハの息子で、モーツァルトの影響を受けた息子クリスティアンバッハ。
この作品の面白さも、まさに対位法的なやり取りときをてらわない素直な作風。

現代ピアノである程度、解釈や演奏法の議論をしたものの
やっぱり、実際にこの時代の調律法と楽器で演奏すると
アーティキュレーションやフレーズのとりかたなど、
その時代に聴いていたであろう音楽が、自然と見えてくるから不思議だ…。

結局、今回もニーペダルはほとんど使わず。
快く、富山から楽器を運んで下さった竹田時康さまに感謝です。

フォルテ・ピアノ(シュタイン1784年製・レプリカ) 
楽器協力:竹田楽器さま

石田多紀乃 原田愛(ピアノ連弾)

« 200年とチョイの旅 その1 | トップページ | お休み »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 200年とチョイの旅 その1 | トップページ | お休み »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <歌って健康!>

     ~三世代でつなぐ声の輪~
     10月20日長野市芸術館

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン