« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

あこがれの!

きみに会いたくて。

貴志駅のスーパー駅長たまsun

Tama1

君の勤務する駅舎は…

やはり、ネコなのだ!Tama2

分かるかな?

ここを走る電車だってこのとおり。

Tama3

どこも…Tama4  TAMAだらけ!

ちなみに、偶然乗れたのはおもちゃ電車。

Omoden

中だって… Omoden2

このとおり!
ベビーベッドも有るんだよ。

てっちゃん aiai 狂喜乱舞の日。

田舎の単線路。
たま駅長も、お年を召しているという。

みんなに笑顔をもたらすスーパー駅長たま。
また、会えますように。

2012年8月29日 (水)

仲間さ!

頼もしいオヤジ。

Eimei

そして… Kodomo_2

そのこどもたち。
おいおい、お股を広げて… おいしそうだなぁ。

さらなるオヤジ登場shine

Risuzaru  一緒に遊ぼうよぉ

おサル2匹。

久しぶりに野生に戻った日。

2012年8月28日 (火)

かくれんぼ

分かるかな?

Kaeru

ほうら、カエルくん!Kaeru1

そして、あぜ道をあるいていると、空を飛ぶ何者か・・・・。

誰だ?Batta

  ほい!

Batta2  捕まえた!by 石田センセ

ショウリョウバッタ。
ピアニストの指につかまれ、おとなしくなってしまった。

夕方の山にこだまするツクツク。
そろそろ、秋の気配かな…


熱中お仕事の合間に訪れた、ホッとするひととき。

2012年8月26日 (日)

元気かな…

ANA1821 羽田→関西

朝から空を飛ぶ。
今日は意図的に窓際を。

Enosima 江の島。

この春高校を卒業後、アルゼンチンに旅立ったKさんの故郷。
元気かなぁ。

そんな彼女から6月に、アルゼンチンからいただいたメール。

リヒャルトの交響詩2曲を勉強中、
ドイツ語を勉強しようにも独日辞書は無く、スコアもなく、
音源もyoutubeのみ。

無いものづくし。

「長いと余計、曲を理解して弾かないとつまらなく退屈に聴こえてしまうとおもうのです。
愛ちゃん先生、パート譜だけでも何か楽曲分析らしいことが
できる方法とか、なにかありますでしょうか。」

え…sweat02 コントラバス譜からねぇ…


彼女には、裏の手をお伝えしましたが、何よりそのエネルギーに脱帽。
と同時に、ものが無い時に見える
「本当に今、勉強したいもの。」
への飢えを、思い出した。

今は、ものが豊かすぎるのだ。


そんな彼女を思い出して、江の島を撮るのだと陣取った窓際。


Fujisan

富士山も応援しているよ。
もちろん、私も応援していまっす。

身体は大切にね。

2012年8月23日 (木)

いぇい!

昨晩20時以降に届くことになっていた、地ビールbeer

仕事の終了がおくれて、宅急便のにいちゃんと競争の予感run
久々の東京は、湿気がすごく暑いのだ。
なんとしても、帰宅してすぐ飲みたい。

うぅtyphoon 思わず地下鉄を途中下車。ホームから

「すみません。帰宅が20時をチョイと過ぎそうなので
置いておいてください!すぐ帰ります。」

とお願いの電話をしてしまった。

地下鉄から降りると、いつもの兄ちゃんから留守電が。

「お届け物のビール、玄関に置いておきました。
早く帰ってきてくださいねぇ。」

はぁいpaper

すたこらサッサ、ほいサッサ。
すぐ帰りましたよ。

Beer  じゃじゃぁん!

高山の地ビール。
この季節は特に、ヴァイツェンが似合う。

忙しいお仕事の合間、
毎年送っていただきありがとうございまっす!

2012年8月22日 (水)

居ない…

のぞみ24号 新大阪→品川

神戸のお仕事を終えて、急いで新大阪へ。
ずぅっとピーカンに晴れて東進bullettrain
なのに…

Fuji

富士山がいない!

この付近だけは、いつも雲が多い。
むぅ。この夏何度も富士山近辺をうろうろしているのに
1度もみてないなぁ。

2012年8月21日 (火)

故郷

昨日の合わせは、懐かしの故郷で。

Kumatori

時を忘れて自分に向き合う。

太陽を見ていると、心がでっかくなる。
普段時間に追われている事が、どんなにちっぽけか。

また、この不変のひかりに出会う明日が来る。
そう思えるのは、なんと幸せな事か。

2012年8月20日 (月)

忙しいんじゃけん

朝から厨房に、

ガランゴロンガランゴロン

鍋たちがが躍動する音が響く。

アナゴの処理にに錦糸卵2種、そして小さなエビを茹でて皮をむき…
8時過ぎにはこのとおり。

Chirasi

この後もニンジンを調理し、しかるべきタイミングにご飯を炊き…

祖母が昔から作り続けるチラシ寿司。

お仕事が有ったので夜遅くいただきましたが、
やっぱりおいしい。


ありがとう!

2012年8月19日 (日)

ごろにゃぁん

広域農道を車で走っていると
100メートルほど先に小さな何者かが

とっとっとっfoot

道に出てきた。

そして…

 背中かゆいにゃぁ~
 あぁホイホイホイほぉい。

道路の真ん中で、背中踊りをしておる。

おぉい。
ここは一応車道なんだけどなぁ。
ニコニコ笑いながらスピードを緩める。

あははぁ。

ごめんよ、気持ち良い時間のお邪魔しました。
人間って横暴だよな。

今日は先祖のお墓参り。

Koyasan

1年半ぶり。
たくさん報告する事が有りました。
いつも、、見守ってくださりありがとうございます。

2012年8月18日 (土)

あはは

只今、ハイドンのピアノ・ソナタをオケとの演奏譜に編曲中。

ハイドンはやっぱり面白い。
ユーモアたっぷりだ。

近頃、ハイドンに出会う事が多い。

先月も、ピリオド楽器でモーツァルトとハイドンを。
二人とも同時代の音楽家で交流もあったものの
その作風は似ているようで違う。

モーツァルトは、小説。一緒に読み進める。
ハイドンは、笑点。なぜか笑わされてしまう。

 間 がなんとも言えない。
そして、いつも予想を裏切るユーモア。

ほとんどが正当な4+4のフレーズの上でそれが行われるもんだから
演奏していると、なぜだか…

にんまり。

「驚愕」シンフォニーや、演奏家が1人1人退場していく「告別」で
そのユーモアはすでに有名かもしれないけれど、
ピアノや室内楽作品だって、音楽の端々に
「うっくっく…」と笑ってしまう要素が満載。

やっぱり人柄って音楽に出ている。
会った事ないけれど。

夕方、雷がひどくなって一時お仕事中断。
隣で甲子園を応援していた祖母も、雷で中断。

「ありゃぁ何かいね、隣のコンビニ… おぉ、サンスクflair

  サンクスじゃ?

「ほれなんじゃったかいね、カイがついてハムでくるむ…」

 貝・かい・カイ?・・・かいわれ大根だった

素でいくチン会話。

いつまでも元気でいてね、おばあちゃん。

2012年8月17日 (金)

もくもく

SFJ023 羽田→関西

家から空港バスまで歩く道のりで、茹でタコsweat01
後からきいたところによると、東京はおそろしい暑さだったらしい。

っというわけで、上空はもくもくcloud


富士山上空は特に!Sfj1

他より一層、上空に向けて雲が噴き上げている。
そのせいか、今日の飛行ルートはいつもと少し違った。

更に…
着陸に向けて、シートベルト着用サインがでていたのに
再び消えた。

Sfj3  あれ?

淡路島を通り過ぎたぞ。鳴門大橋もみえるし…

なんと!Sfj2

徳島県や香川県をかすめているではないか。


放送によると、上空は飛行機ラッシュ。

そうか、世の中夏休みだった…

2012年8月16日 (木)

そらとひかり

どこの空?

Tobikan

懐かしい場所で見上げた。


ここ数日で2つの美術館へ。

「ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年」

「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」

両方ともフェルメールが目玉。

フェルメール・ブルーは時を越えて美しく、
その表情は、さらに今生きている者をもドキっとさせる。
なぜだろう。

2012年8月15日 (水)

お休み

なんにも予定が無い日はいつぶりだか。

そんな1日は、間違って網戸にとまって鳴き始めた
セミのでっかい声で目覚めました。
思わず、実家にいるのかと勘違いしそうなでっかい声。

結局、一日一歩も家から出ませんでした。
人に会いたくないというか、なんというか…。
東京砂漠から離れるには、閉じこもるのがいいらしい。

っというわけで、ようやくパソコンの復旧作業を。
メールもこれで復帰です。
長い間音信不通になってしまい、大変失礼いたしました。

というわけで、ブログも本格復旧。

遅くなりましたが、動画記録も載せました。
1ヶ月もたつと、やはり過去は過去。

今、思い描くものとはやっぱり異なります。

「なんて演奏してるんだ…」と
コッパズカシイかぎりですが、大切にしたい記録。

恥はかき捨て、記録として公開させていただきます…。

こうして、落ちついてふりかえると更に、
一緒に音楽にむきあってくれる仲間に感謝です。

さぁてと。
明日からは、どんな日々が待っているのだろう。

2012年8月14日 (火)

200年とチョイの旅 その2

7月14日の午後、峰の原高原の
ペンション・ぷれじ~るで行われたコンサート

石田センセのJ.S.バッハ:平均律の演奏に続いて演奏した
J.C.Bach の4手のためのソナタ第3番の記録です。

携帯で撮影したため、画質音質とも良い状態ではありませんが
お許しくださいませ。

大バッハの息子で、モーツァルトの影響を受けた息子クリスティアンバッハ。
この作品の面白さも、まさに対位法的なやり取りときをてらわない素直な作風。

現代ピアノである程度、解釈や演奏法の議論をしたものの
やっぱり、実際にこの時代の調律法と楽器で演奏すると
アーティキュレーションやフレーズのとりかたなど、
その時代に聴いていたであろう音楽が、自然と見えてくるから不思議だ…。

結局、今回もニーペダルはほとんど使わず。
快く、富山から楽器を運んで下さった竹田時康さまに感謝です。

フォルテ・ピアノ(シュタイン1784年製・レプリカ) 
楽器協力:竹田楽器さま

石田多紀乃 原田愛(ピアノ連弾)

2012年8月13日 (月)

200年とチョイの旅 その1

7月14日の午後、峰の原高原の
ペンション・ぷれじ~るで行われたコンサート

その中で、峰の原の子供たちと演奏した時の記録です。
携帯で撮った動画で、けして画質音質とも良くありませんが
お許しくださいませ。

まず、ガット弦の反応に戸惑い…
なにより、430Hzという微妙に低い音高に、
耳の感覚をもとに指が勝手に移動してしまうのに戸惑い…

よく一晩でその事に向き合ってくれました。
本当にありがとう。

本番直前に大事件が有りましたが、
それにもめげずにむかえた本番です。

フォルテピアノ:シュタイン製(1784年レプリカ)
楽器協力:竹田楽器さま

田隝晃(ガット弦ヴァイオリン) 田隝晟(ガット弦チェロ) 原田愛(フォルテ・ピアノ)

2012年8月12日 (日)

ららら?

今日の本番に向かおうとすると…

「交通規制により、これより先には参りません。」
駅の随分手前でバスをおろされてしまった。

なぬ?

猛暑の中歩いていくと…

Hukagawa_2

江戸三大祭りの一つ「深川八幡まつり」の日だった。
水掛祭と言われるとおり、いたるところ水浸し。

すごい勢いでバケツごと水をかけている。

昔、高校生の頃岸和田まつりの盛り上がりに
驚いた事が有るけれど、
江戸ッ子もなかなかすごい。

バスよりもお神輿。
天高くお神輿が上がるたびに、大歓声。

江戸で初めてお祭りを体験した日。

2012年8月11日 (土)

おかえり!

自分も久々に東京に居るけれど…

朝の8時過ぎに

「ぴぃんぽぉ~んflair

入院していたパソコンが帰ってきた!
再現不可能なほどの重症で、買った当初の姿で帰ってきた。
真っ白で純粋無垢な状態。

えらいこっちゃ。

なにもかも2008年の購入当時の姿。
な…仲良くしようね。

2012年8月 9日 (木)

まだまだ続くのだ

森町。

Mori

合宿が終わって、昨晩滞在させていただきました。
何年も前に、ここの工房にこもらせていただいた事が有ります。
本当に豊かな音色で、次世代を育てていきたいと願うFさんとTさん。

昨日は、本当に豊かな音を奏でるピアノに出会いました。

今朝は朝からレクチャー。
熱心な指導者さんたちと頭をつきあわせる。
まだまだ伝えきれていない。そう思わせてもらえる数時間でした。
また、ぜひ一緒に向き合えますように。

掛川滞在も今日でおしまい。

明日からは暑い厚い熱い東京がまっているのだrock

2012年8月 8日 (水)

「つま恋合宿」発表会

今日はいよいよコンサート。

Program  プログラム

盛りだくさんです。

こうして振り返ると、沢山の愛情が見えます。

突然の提案もありました。

「クリスマスオラトリオも最後の発表会でやろう!」

そう決まったら…
まず、限られた楽譜をコピーして製本までしてくださるご父兄。
初体験の関東甲信越組も取り組める環境が揃います。
毎年歌う関西組小学生が一生懸命ドイツ語を教えてくれます。
演奏する先生組も、ピアノスコアを見ながらどう弾くか必死。
途中からしかない楽譜で、でも冒頭を記憶で呼び戻し…
なかでも、ティンパニーがない!という現実に向き合うけやきさんが最高sun
ドラムのタムを、即席でレとラにチューニングして対応。
そのユーモアにみんなも和みます。
歌だって、初テノール、初バスを歌うふたりのために
女性が二人も殿方パートを。(石田センセはバスflair

大里家族ならではのいろんな温かさで、ひとつひとつ乗り越えていく。

そうして迎えた発表会。
かつて、このプロジェクトを快く迎えてくださった支配人の角さんをはじめ
お忙しいなか、つま恋のスタッフのみなさん、
そして、掛川にお住まいのFさんご夫妻、長年応援してくださる方々の姿に
更に勇気づけられました。

Orch1
Orch2

弦楽器持ったばかりオーケストラもこのとおり。

コンサート中も、強力ご父兄さま、
そしてファミリー新入りのTさんも事細かに助けてくださいました。

そんな皆さんへの感謝をこめて、みんなで「ありがとう」の歌を。

今年も、充実した3日間でした。
みんなの伴奏をしながら、いろんな思いがよぎりました。
音楽を通じて人が人を育てていく。

時には厳しく、時にはユーモアで。
そこにはいつも大きな愛情がありました。

また、来年。
その輪が、更に広がっていきますように。

Tumagoi3

2012年8月 7日 (火)

音楽漬けは続く…

熱心な子どもたちは、朝の6時から練習しているらしい。

すごい…

aiai は、バッタンと気絶して眠りこけてしまい
おサルたちとお約束した時間に起床。

おっとっと。

Saruduo マフィア・デュオ!? T&A

交換eyeglassおサル H&aiai Saruduo2 うぅsweat01

こんな(!?)関東甲信越組を、温かく迎えてくださる大里ファミリー。
今日も一日音楽漬けです。

弦楽器をほとんどさわったことのない人たちの弦楽オケ。

中1と小4の彼ら存在も、とても心強いのです。
一生懸命大人に楽器を教える場面も。
(私も、教えていただきました。ありがとう!)

そういう彼らもまた、普段オーケストラで弾いているお兄さん先生から
新たな世界を吸収しているのかもしれません。

ひとつの音楽を通して、一人ひとりが自分に向き合うことで
自ずと他の人の良いところがみえ、吸収し、また自然とその逆も。

それらがうまく循環するように、的確な指示を出す大里先生。

自分の役割をしっかりと見据え、コントラバスの役割をそのままに
みんなを支える石田センセ。

自然体で、みんなに向き合い大切な事を伝えていく若き先生
石塚さん、けやきさん、そして玄くん。

いいなぁ。

人間にはひとりひとり役割があります。
そのことに、自然とむきあい、またいつかそれを見つけていく人間を育てる。


今年もたくさんのことを学ばせて頂きました。
ありがとうございます。

ご父兄の方々のこまやかなご配慮も本当に心強かったです。
この力強いサポートがあってこそ、
先生をはじめみんなが、音楽漬けで居られるのです。

食後も遅くまで合わせが続きます。

Mozart  アイネ・クライネ中。

みんながチョコマカと、大切なところでは特に!
第1バイオリンのひかるくんを必死に見ています。

玄先生はチェロで一生懸命コントラバスの音域を弾いてくださり、
石塚先生は、ヴィオラを弾きながら身体でアンサンブルを伝え…

こうして世は更けていきましたとさ。

お風呂もみんなで入ったね。
水風呂に入って、叫びながら逃げた気もする… 
(素っ裸で何をやってんだか!?)

明日は、コンサート。

楽しみ楽しみ。

2012年8月 6日 (月)

つま恋合宿

夜中に帰宅し…
われわれおサルたち3人は6時半起床。

今日から掛川つま恋へ。

東京からは、新しく大里ファミリーに加わる人3名。
おサル兄弟2人とTさん。
それに、すっかり合宿でおなじみの石田センセ
それからヴァイオリン2本にチェロ1本に荷物。

荷物満載で東京を出発car

つくなり、懐かしい笑顔たち。

今年で3年目。
なにが始まる!?

Tumagoi1 え、いきなり?

ひぇ~ Tumagoi2  必死!

でも、どこか楽しそう。

がんばるぞrock

2012年8月 5日 (日)

海だ!

Miura2

いい天気!
いよいよコンサートです。

三浦市民ホール。
港のすぐお隣。

楽屋からは…Miura3

船がたくさん見えます。

開演前、お散歩をしていたら思わぬ方々と再会。
レコーディング会社の技師さんと、弦楽器やさん。

本当に驚きました。わざわざありがとうございます!

交流コンサート。
ゲネプロもお互い聴きあって、ピアノ位置や、はたまた
チェロのエンドピンをさす板まで決めていきます。
なんといっても、ドイツで活躍中の高見にいさんの細かな配慮は
本当に職人肌。たくさん助けていただきました。

コンサートは…
本当に沢山の方々にお越しいただきました。
ありがとうございます!

今回のコンサートに至るまで、ご尽力いただいた三浦市のみなさま、
そして須坂のあたたかな心Kさんとそこに集まるみなさま。
沢山の方々の心温かなサポートがあってこそのコンサートでした。

今回は第1回。
これから、どんな未来が待っているんだろう。

山と海。

場所も世代も越えた交流が、広がっていくのが
とっても楽しみです。

Miura4

2012年8月 4日 (土)

三浦市再び

京急線で南下していくと、海水浴に向かう様子の人がたくさん!
海も見えてきました。
先月の長野県須坂市から海の三浦市へ。


今日は、昨年11月以来の市立病院でのロビーコンサート。
懐かしの病院の方々が迎えてくださいました。

三浦市と須坂市の交流コンサート、in 三浦市が始まりました。

また、こうして迎えてくださった病院と、
それに伴い尽力してくださった皆様に感謝です。

Miura1

ありがとうございました!

また、お会いできますように…

2012年8月 3日 (金)

つなげよう届けよう

明日から、三浦半島に行ってまいります。

つなげよう とどけよう コンサート in 三浦 vol.1

おなじみ、お山のおサル仲間・・・でなかった
峰の原高原のぷれじ~るカルテットの一員として
参加します。

Miurasi

姉妹都市の三浦市と長野県須坂市。
未来を見据えての交流コンサート。

是非、お越しくださいませ。

<三浦市>

高見信行(トランペット) 高梨壮一郎(ピアノ)

<須坂市>

ぷれじ~る・カルテット

田隝晃(ヴァイオリン)
田隝晟(チェロ)
田隝宇宙(チェロ)
原田愛(ピアノ)

お問い合わせ takami1978@yahoo.co.jp

8月5日(日)18:30開演

三浦市民ホール(うらり2F)

主催:つなげよう とどけよう コンサート実行委員会
協力:三浦市民ファミリーコンサート実行委員会
後援:三浦市 須坂市 三浦市教育委員会 須坂市教育委員会
    公益社団法人三浦青年会議所
    株式会社ヤマハミュージック東京 横浜店

2012年8月 2日 (木)

ふぅ・・・

久々に朝在宅。

なんだか、うれしくって眠れず、
朝の5時まで本を読んでしまった。(子供か!?)

目覚ましもかけず・・・

でも結局いつもの癖で落ち着かず、結局8時にはのこのこと起きだして。
半月ぶんのブログを。(まとめて書いてごめんなさいsweat01

本当に充実した7月でした。
書きながら、かいてない事だらけだな・・・と思うこと多数。

長野のコンサート、高校生と過ごした富山・立山、
そしてコンサートの嵐、カキコキ締め切りと試験三昧・・・
締めにはDuoコンサート。

なんといっても幸か不幸か、パソコン・ハードディスクの故障。

現在も、パソコンは入院中で
満足にメールを読めない環境にあります。

連絡が滞っているみなさま、申し訳アリマセン。

現在10年前のパソコンと戦っております。

退院は8月10日予定。
今しばらく、10年前のペースですごします。

ごめんなさい。

今日は成績会議。
帰宅後、明日の分析レッスンを兼ねて譜読みをしようと思ったけれど・・・

Sunset

夕日を見たらなんだか力がぬけてしまった。
そっか、地球は回っていたんだな。

なんだか、ごくごく当たり前のことを改めて感じなおしてしまった。

チョイと人間にもどってみよっと。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢