« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

台風前に

今日は何だ?

Mission

演奏前歩いていると、後ろから懐かしい声が。

「原田先生!お久しぶりです。」

おぉ。ここに居たのか。
すごくがっしりと大人になった姿の中にも
以前のままの優しい笑顔が。

なんだか嬉しい日。

2012年9月29日 (土)

米原

朝の9時からカット。
もう3ヶ月近く切っていないからびよんびよんに伸びた。

担当スタイリストの大川さんはとっても面白い人で
舞台に出るときと帰る時で、違う姿にデザインするそうだ。
(って私の頭の話ですが…)
この先はいったいどうなる?

今日の移動は14時に三島ということで、久々にこだまへ乗車。

新大阪をでて、米原停車中に弁当屋さんへ走る。
そう。駅弁好きなら知っている「井筒屋」

簾のようなふたが特徴の「湖北のお話し」を狙っていたら
今日はない!

っというわけで、代わりに入手したのは

Izutuya

んまい!ゴマとしそって合うんだ…

2012年9月28日 (金)

気になる

のぞみ229号 新横浜→新大阪

学校から走って新幹線へ。

先週末、鉄道デザイン展にいったもんだから、
のぞみが入線してくるところから、まず顔の観察が始まる。
コクピット、狭そうだなぁ…。でもカッコイイ。

そして、内装も。
挙動不審なほど、あちこち観察してしまう。
隣のおっちゃんもさぞかし気持ち悪かったろうなぁ。すんません。

新大阪駅でも、九州新幹線が来ていないかまたキョロキョロ。
居なかった…。しょんぼり。

とても楽譜を持ち歩く音楽人には見えぬ。

おぉい。頭切り替えろぉ~

2012年9月27日 (木)

おサル動向

とにかく、毎日のように小さな本番が続いている。

毎日黒の本番服で授業をし、チョークで白いブチねこのようになったころ
舞台にたっているという状況。

でも、なんだか楽しい。

この4日間、
高校も前期末ということで、後期の授業方針を話し合い
合わせも半端無く続き、でもたまにはおいしいものも食べて笑い…
本も4冊読んだし、偶然にも、会いたいと思っていた人となぜか会えた。

ほどよい緊張感とはこの事か。

よく分からないけれど、よく動いてバタンっと眠っている状況。


もっと、眉間にしわをよせてみたい。
なぁんて似合わない事をいうのはやめよっと。

おサルには動物的な日々が似合う。

久々にブログを更新しました。

忘れていたわけではないけれど、電子機器類に触ると
アナログな時間が減って調子が狂うらしい。

2012年9月23日 (日)

水戸で水戸岡さん

てっちゃん再燃。

夏に、和歌山で会ったネコのスーパー駅長・たまと
たま電車たち。

なんでもよぉく調べる石田センセから

「たま電車のデザイナーは水戸岡さんで、にゃんと!水戸で
鉄道デザイン展をやっている。」

との連絡が。

おぉ、行きたい。でもいつ行くのだ。
えぇい。決行scissors

土砂降りの中、水戸芸術館へ車を走らせた。


水戸岡さんのデザインにはいつも普遍性が存在する。
そして、作っていく過程でみんなが成長していくデザイン。
電車も人も街も職人さんもみぃんな。

九州新幹線「つばめ」のデザインで知られるけれど、
そこに至るまでにつくったJR九州をはじめとする電車たちへの情熱もすごい。

そしていつも、楽しいのだ。

Asoboy  ASO BOY の座席。

子どもに視点をおいた椅子が隣り合っている。
これでいて、回転もできて機能的。

「感動は、注ぎ込まれたエネルギーの量に等しい。」

チョイと疲れたなんて思っていた自分に再びガソリンが注入された。

さてと。

頑張るぞい。

2012年9月18日 (火)

ユニーク

おサルたちの合わせは、いつも計画表を書くことから始まる。

その計画表は…

Men  おサル語満載。(by Akiraくん)

メンデルスゾーンのピアノ・トリオだってこのとおり。

いつもユニーク、おサルカルテット。

また、次回を楽しみにしていまっす。

2012年9月16日 (日)

お山のサル その2

朝から、アイネク。

古典の音楽はとくに、基本が大切。
昨夜のぶっつけ演奏会?で、びっくりギョーテンな音楽になった事を踏まえ
今一度基本にたちかえる。

なによりも基本拍。

シンプルな音楽は、1人1人の心のワサワサがそのまま音に出てしまう。

今日は、基本パルスを信頼のまん中において、お互いを観察。

あららら?
こんなに慌てちゃって。
あらららら?
なぜだか、ここはゆっくり歌っているな。

ひとつひとつに意味があるのか、無意味なら基本へ、
意味が有るならそれを共有する。つまり
単に仲間の音をきくだけでなく、その心をも理解する。

自分だけで完結する音楽はない。

うまく一つの音楽を共有できないところが有れば、それを一緒に考える。
弾けないなら、なぜ弾けないかに一緒に向き合う。

「弾けないところは、おまえさらっとけ。」という心は
おサル仲間にはあり得ない。

午前だけでは、提示部しか終わらなかった。

ふぅdash

でも、基本の考え方はどの分野にも実は通じる。
妥協はしない。

Saru2

おサルは今日も空へ向かってのぼる。
どこまでもどこまでものぼっていくぞ。

おぉ!

お山のサル その1

12月の演奏会にむけて、今日から始動。

おサル4兄弟の頭を突き合わせる。
まず、プログラムを。

何をきいていただきたいのか。

色々出てくる。
ソロ曲はなぜだか、短調が出そろった。

 なぜだっ?

こんなに明るいおサルたちなのに…!?
うぅ~んtyphoon

っといいながらも、なんとか決まった。
1人1人が、12月までにまた新たに成長できるプログラム。

Osaru

おサルはどこまでも登る。

さぁ、がんばるぞぉ。

2012年9月15日 (土)

ありがとう

やっと会いに行きます。

Sinko

稲穂の垂れる山間にある長野の信更中学校吹奏楽部。
たった11人の吹奏楽。

4月に会った時と別人のように成長したみなさんに再会。
いやぁ。本当に別人なのだ。

1人1人に音楽の持つ力を感じてもらいたいというN先生と校長先生の温かさが
しみこんだみんなが待っていていてくれました。

お一人お一人の、自分の言葉で話してくれる一言一言が
更に私にもしみこんでいきます。

そして演奏。

自分の書いた音、ひとつひとつがすべて聴こえます。
今日は残念ながら病気で来られなかった仲間の音も
すべて聴こえます。なぜだか。

おもわず涙が込み上げてきたけれど、

「これが、彼らの出発なんだ。」

っと思うと、涙は力に変わっていきました。

本当にありがとう。
合唱も心にしみました。

音は正直。
しんどい時にはしんどい音がして、
たとえうまく演奏できなくても、一生懸命な時には必ず
人の心に響く音がこぼれおちる。
1人1人が自分の役割に向き合った音の集まりが
一つの音楽として聴こえてくる。

1人1人の顔が見える音楽。

なんて素敵なんだろう。

色んな人生をこれからも背負っていくと思うけれど、
みんな仲間。

Sinko2  素敵な仲間たち!

いただいたTシャツ。そのまま着て帰りました。
夜もそのまま演奏したのですが、みんなも一緒な気がして
なんだかとってもあったかい夜でした。

学園祭の演奏も聴きたかったなぁ。

沢山の温かいエネルギーをありがとう!
また、お会いできますように…

そして、いつも快く「つなぐ」という役割をになってくださるKayokoさん。
不思議な力をいつも感じます。
身体を大切に、これからもよろしくお願いいたします。

2012年9月14日 (金)

再び会いに…

朝からどったんばったん。

今日の本番が終わったら、会いに行くのだ。
長野へ。

東京を離れるにあたってやること満載。
なんだかすごい勢いで一日が過ぎていき…

21時半に東京を離れるの新幹線に乗る。
途中から記憶が???

「お客さん、終点ですよ。」

お決まりの言葉で、ハっと目覚める。

ありゃまぁ。

終点長野駅にとまる新幹線にただ一人、ぐぅすか眠っていた。

いやぁ。
まだ北陸に新幹線がつながっていなくて良かった。


夜遅くにもかかわらず、M4さんが駅まで迎えに来てくださる。
寝ぼけるおサルに優しい心遣い。

そっとラジオの音が響く。
目覚めてくると、お山の仲間たちの近況を。

少し会わないうちに、素敵な体験をした模様。
いいなぁ。

Mさん。いつも本当にありがとうございます。

さてと。明日からどんな日々が待っているんだろう。

ワクワク…

2012年9月13日 (木)

健康チェック

今日は、教員の健康チェックの日。

以前、殿方と間違われて大笑いしたレントゲン。
今日は無事、通過。

続いて…

マンモグラフィー。

毎度のことながら、技師さんの苦労を目の当たりにしながら
自分も…

「いてぇ~。」

(注:けして、声に出しておりません!)

結果は後日。
健康でありますように。

2012年9月11日 (火)

あははー

Kame

いつも、楽しい発言をしてくれるカメちゃんさん。

ありがとう。


後期もよろしくお願いします。
あ…、監督作品のDVDもぜひ見せてくださいね。

2012年9月10日 (月)

旅する列車

東北新幹線の中に、愉快な車体が。

Sendai  鳴子かなぁ。

赤べこということは… Akabeko

Zori  がんばれぇ~

鉄道博物館 Tettyan

そしてなんといっても…

Nikko  日光


おサルたち!

おっとっと。
乗り遅れるぞぉ。

2012年9月 9日 (日)

美しい…

翌日連れて行っていただきました。

猪苗代湖 Inawasiro_2

Bandai  磐梯山

  「でも、汚れてしまった。」

Inawasiro2

この広い空は、みんなのもの。

けがれてもなお、その事を伝え続ける自然に感謝。

2012年9月 8日 (土)

郡山にて

今生きているのはなんだろう。
そんな事を ポンっと教えてくれた場所で演奏を。

恩返しをしたい、お話ししたい。

そう思っていた自分のなんとちっぽけな事か。
もっともっともぉっっっと大きな愛が、

 ドッカン!!!!

と降ってきた。

子どもたちの眼の、なんと優しい事か。

おサルはあっという間にガキンチョに戻ってしまった。
でも…

とてもかなわない。

なんて優しいんだろう。

あっという間に石田センセとの本番が終わってしまった。


最初に演奏していただいた自分の曲の音色、忘れられません。
なぜか「ムーチョの曲」になったエスパーニャ、
あんなに1日で弾いたのも、きっと忘れられない思い出に。

みんな、ありがとうございます。

その後も、ずっとあったかい夜でした。
やっと会えたJくりさん、校長先生ご夫妻さま、
わざわざ時間をとっていただき、本当にありがとうございました。


なぜ、この場所はこんなに温かいんだろう。
沢山の悲しみを背負える人は、とっても温かい。

Hikari2_2  ひかりさん・ハウス。

また、帰ってきたい。

2012年9月 5日 (水)

ひとりひとりの

石田センセと合わせ。

私たちにとって大切なコンサートが今週末に。

今を生きるという使命の前に、本来優劣はない。
命をいただいて生きているからには、
一つ一匹1人各々に大切な使命があって。

こちらの世界に命をいただいたからには
みんな使命が有ります。

その事に、立場なんぞ関係なく一緒に向き合いたい。

意図せずして、利便性の中に生きた人間の犠牲になってしまっている未来の宝と
欲を越えて一緒に過ごしたい。

そう思う事だって、私の欲なのだ。
だから生きていられる。2年ほど前にやっと気付いた。

欲を持てるなんて、元気なこった。
こんなおサルだからこそやらねばならぬ事が有る。

うっきっき。

どんな週末がまっているんだろ。
早く会いたい。

2012年9月 3日 (月)

会いたいのだ

会いたい。

未熟な自分にはよく分からないけれど、
とにかく会いたい。

心に正直になればなるほどそう思う。

そんな自分がもどかしくて、
いつも心を落ち着けるために、音に集中している自分を知っている。

それしか方法がないから…

今月こそは。

たとえ、未熟すぎて受け止められないとしても
逢いにいくのだ。

大切な9月、始まる。

2012年9月 2日 (日)

どした!?

東京に帰って、その人工的暑さの中でのお仕事にうーうーしていたが、
今日は涼しい。

明け方眠ろうとすると、さむいくらいだ。
いつも開けドンドンの窓も、久々にすべて閉めて眠る。

ミンミンゼミも、心なしか遠慮がち。

さてと。
今日は、8月33日。

8月締め切りのお仕事を仕上げるのだscissors

ごめんなさい。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <街の小さなコンサート46>

    9月10日町田市玉川学園

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン

  • <gamadan コンサート>

     7月8日石川県金沢