« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

ぱちっ

峰の原高原にご縁を頂いて以来、ずぅっと
温かな視点から見守ってくださるKさん。

Yuki  

そう。君のような…

聴きながら、なんだか涙がでてきてしまった。

音楽ともに、一緒に夜をすごしていただきありがとうございました。
毎日寒い日が続きますがお身体大切にされてください。

また、お会いできるのを楽しみにしています!

2012年11月29日 (木)

再び長野へ

ガッコが終わり次第すたこらサッサ。
車で長野へ。

毎日のようにおくっていただく気象情報によると
目的地の峰の原高原は、昨日マイナス10度だったとか。

ひぇ~snow

車は上田市内に停めて、そこからは雪国仕様の車に乗せていただく。
明日は、お世話になったあの方へプライベート・コンサート。
連弾の相棒、石田センセのリサイタルを聴いていて、
どうしても、その温かい音を届けたいと思ったのだ。

っというわけで、ワタクシは運転手scissors

その前に、今日はぷれじ~るでたっぷりおいしいディナーを。
いやぁ、いつも最高です。
地産地消のコンセプトから生み出されるお料理はもちろん、
ヘルシーでお人柄がそのものお味と流れていく時間。

幸せすぎて…

お食事のあと、ふたりとも朝の5時までぶっ続けの大爆睡を遂げました。
こんなにゆるんだの久しぶりだ。

幸せだなぁ。
ありがとうございます!

2012年11月26日 (月)

氷見んまいっ

実は、コンサートの前に
氷見の方から手作りケーキとお魚をいただきました。

Himiburi

東京へ大切に持ち帰らせていただいた昆布じめ。
いやぁ…

おいしいったら。

東京さ出てきてしばし封印していたお魚好きが一気に開花。
あっという間に、ペロンと食べてしまいました。

氷見といえば、ぶり。

ぶりは2月だとか。
あぁ、食べに行きたい~

2012年11月25日 (日)

開演!

朝から大事件が有りましたが…!? (昨日も大事件がありましたなtyphoon

Program

無事、終了いたしました。
お越しいただきましたみなさま、ありがとうございました。

こうして、人の温かさで縁がつながっていき
このメンバーで、この場所で演奏させていただけることを
心から幸せに思います。

このご縁のきっかけをつくってくださったNさんご夫妻、
弦楽器をいつも快く提供してくださる西さん、
(遠くから足を運んでいただき、ありがとうございました!)
MOKUNEの会のみなさま、
たじまファミリーのみなさま…

たくさんたくさん。

舞台に立ちながら、たくさんのご縁の温かさを感じます。
こんなに集まってくださるなんて。

おサル兄弟、幸せ者です。

そして、この場所を提供してくださる竹田さんご夫妻さま。
この度も、大変大変お世話になりました。

おサルたちの大暴れをものともせず、
しかるべき道を、まっすぐに進まれるそのお姿に
たくさんのことを学ばせて頂いています。

ありがとうございました。

また、近々お会いできますように。

コンサートの写真がまったくありませんので…

こちらへ→ http://ameblo.jp/nekoazuma/entry-11413939037.html

大好きなM4さまのサイトです。長距離運転ありがとうございました。
おかげさまで、無事その日中に東京さたどり着くことができました。

2012年11月24日 (土)

富山へ

朝からおサル4兄弟は富山へ。

いやぁ、道中300キロずっと元気
どないなっとんかしら…。(お疲れのところ運転ありがとうございました。)



明日は、南砺市でコンサート。

南砺市の竹田楽器さんとのご縁も、もとはといえば
ぷれじ~るさんと、そこからつながるご近所のみなさんのご縁から広がったもの。
人の出会いは本当に不思議だ。

みんなに感謝のコンサート。

そういえば、はじめて南砺市の竹田楽器さんに連れて行っていただいたとき
まだ長男ひかるくんが赤ん坊だったもんなぁ。

午後から、現地ゲネ。
現地のアーティストとも合流。震災支援コンサートでご一緒させていただいた
田形さんの優しいうたとも再会。
そして、チェリスト・カンタさんも一緒に演奏してくださるという事で
更にモリモリのリハーサル。

…の後は、もちろん!

beer

Chanko

元力士さんのちゃんこをみんなで囲む。
いやぁ。おいしかった。

コンサートは明日。

しっかり眠るぞぉ。

2012年11月23日 (金)

さぶっ

朝から…

Nagano な、新幹線に乗って

(注:長野新幹線です。)

着いた先は・・・

Minenohara  風向きに雪が

新雪に Mine

誰かの足跡。

さぁ、新雪のように純粋なおサルたちと
雪をも溶かす合わせなのだ。

楽しみ。いや怖い!?

2012年11月20日 (火)

日本の秋

今年から、原色ではなく微妙な色合いを学び始めた
高校3年の和声のクラス。

たった一つのバスにも、メロディーも和音も連動して
いろんないろんな色の可能性が広がる。

音は、意志をもって選ぶもの。
とはいえ、クラス授業ではどうしても人数が多いので
黒板で創る時は、みんなに意見をききながら仕上げていく。
今日は準固有和音とドッペルドミナント諸和音などを主に扱う課題。

なんとなく、模範解答的なものは私の頭にはあるが…

さすが高校生。頭が柔軟!

「え…sweat01

という提案が山ほど。
今日のこだわりは「日本の秋。」

バスに反行して、それなりに美しいものをみいだしたものの

「他には?」ときくと、反対の意見がでた。

「ReからSi♭に行きました。」

そこから、意見した本人を差し置いて(!?)新しい枝が伸びていく。

暗い進行だな。日本の秋にしよう。
ん~、ここは泣きが入るのがいい。

そこから、同じ増六の和音でも3種。
どれが、一番泣きが入るのか吟味が続く。

あげくの果てに、「やってはいけない進行」という道を
満場一致?で選択。

こんなにみんなで選んでもらって、この課題も幸せだ。

普通には選ばない選択をしても、そこにサッと意味を見つけられる
このクラスが大好き。

そして、更に「自分が」ではなく、人の意見にも自分のことのように
取り組んでいってくれるその姿勢が、なにより大好きだ。

あと、1ヶ月。

さみしいなぁ…。

2012年11月18日 (日)

時速250キロ

のぞみ122号 新大阪→新大阪  東京 (ご指摘ありがとうございました!地球を回ってどうする)

ヴィヴァルディーのソナタの解釈について朝から話を。
バロックの解釈と演奏については、いつも
根本に向き合うことの大切さにぶち当たる。

そんな午前を送った後、午後の授業に向けていそいそ新幹線へ。

雨の六甲山麓から晴れの新大阪。
東に向かえば向かうほどよい天気と思いきや…

Hujisi

富士山は見えず。
時速250キロ?で、電柱もたなびく。

2012年11月16日 (金)

空から

SFJ21 羽田→関西

Fuji

富士山も冠雪。
初めて、湖とともに富士山を確認しました。

遠くが近くなる季節。

寒いけど、温かい。

2012年11月14日 (水)

新たなる道

フランスに旅立った学生さんと久々の再会。

たくましくなったなぁ。
夏にお会いして以来、たった数か月ぶりなのに…

一歩をふみ出す。

しかし、まだ10代。
不安もあっただろうけれどふみだした第一歩。

こんなにも大きいのか…

でも、それが背負える人間だからこそ歩める一歩。
応援しています。

そろそろ、フランスへ帰るのかな。
行ってらっしゃい。

また、大きくなった姿を楽しみにしています。

2012年11月13日 (火)

咲きました

Rose

春のDuo リサイタルでいただいた再びバラが咲きました。

毎週のように、半分東京不在な主にもめげず…
まだ咲き続けています。(11月23日現在)

たくましいのだ。

見習おっと。

2012年11月12日 (月)

朝焼け

眠れなくて、夜が明けた。

Asayake

朝焼けがきれいだ。
昔、ばぁちゃんに聞いた話によると今日はきっと雨。

きれいな空が告げる雨。

なんでだろ。

2012年11月11日 (日)

続・独奏祭典

今週もコントラバスの独奏祭典。

今日は、埼玉のおかぁちゃん一族。
どぉんと懐深いE川先生のもと、1人1人の個性があたたかく響く。

私自身もそんなE川先生の懐に取り込まれた1人。
授業での出会いから、こんなに広がっていくとは。

今年もまたみなさんと、そして新しい仲間と
演奏させていただけたことを幸せに思います。

最後は、先日ご紹介した新曲。
今日はまた、新たな姿が。

いやぁ、楽しかった!

甲斐澤門下でもあるE川先生もまた、暗譜で
情熱の演奏。
ゲネプロでは、そのエネルギーに呑まれないのに必死!

マイリマシタ。

すごいなぁ。
また、今年も沢山のエネルギーをいただきました。

音はその人そのもの。

Efami

でっかいファミリーに、またお会いできますように。

ありがとうございました!

2012年11月 9日 (金)

サンキュー

もう、夜中から晩までセビリアの理髪師のオッサンと… いや
序曲のスコアと格闘しています。

書いても書いても、まだ半分にも行かない合唱室内楽版への編曲。

うぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!

(注:書く作業は楽しいです。締め切りのプレッシャーがtyphoon

めげそうになり、苦しんでいると今日は沢山のメールが。
そして、ポストには温かなお便り。
夜には、耳元に素敵な大合唱が届きました。

本当に本当に幸せ者です。

サンキューなとし。(年齢がバレます。)

皆さんに感謝の気持ちをいつも携えた1年にしたいです。

ありがとうございました!

2012年11月 8日 (木)

さまざまな

「せんせぇ~。明日はおめでとう!」

前田ホールの楽屋口から元気な声が飛んできた。
そういや、そうだなぁ。

ありがとう!

この1週間は、弦楽器やら管楽器やらと
バロックから現代まで、色とりどりな音楽を合わせている。

本当に幸せなことだ。

プロとの演奏ももちろん楽しいし、学生たちとモミクチャになるのも大好き。

「先生そこんとこ、もうチョッと上の音色を弱めてみたらどうだろ?」

などと、客観的な意見を言ってくれるようになった学生もいて、
なんだか嬉しくなってしまう。

トリオでの音色の作り方の基本を少し話しただけで、
そこから広がる可能性を、どんどん一緒に探しに行ってくれる。

ともすると、数回の合わせでハイ本番!というプロたちの演奏より
よっぽど、密度の濃い話ができている瞬間も。

若いっていいなぁ。

自分の先入観なんて、チッポケなもんだから。
そんな事を当たり前のように気づかせてくれるみんなが大好きだ。

2012年11月 7日 (水)

調子が悪いのよねぇ

ここ1週間ほど、携帯の調子がおかしい。
コンセントから充電すると、電池が減っていくのだ。
10回中9回くらいの頻度で。

なぜだ!?

おかげで、自分の時間が増えて良い…なぁんて事を
いってはいけないので、ドコモショップに行ってみたが。

「とくに、異常はみあたりません。」

なぬ。
お店では正常に充電で来ておる。

 なんでやねんtyphoon

お店のお姉さんなら、このケイタイもご機嫌をなおすのか!?

っというわけで、多少音信不通気味です。
電化製品と特に仲がわるくなる季節がやってまいりました。

いや、電化製品にもてあそばれているだけか。

おサルの現代生活難は続く。

2012年11月 6日 (火)

次々に

先月、今治から連れて帰った花束のカーネーション。

Imabari  ビンはワインの空き瓶

まだ、咲き続けています。
次から次へとつぼみが…

長い間、楽しませてくれてありがとう。

2012年11月 5日 (月)

番外編

ゲネと本番の間に、いつものお散歩。

ポカポカ陽気で、ついつい目が行ってしまう。

眠いにゃ Neko

Mike 石のぬくもり…

そして、秋バラ。

ツル・ルスティカーナ Turu

Hana 花霞

そして…

ラヴ!Love  さぁ、演奏がんばるぞ。

2012年11月 4日 (日)

コントラバス独奏祭典

今年もやってまいりました。
コントラバス独奏演奏会。

朝の9時過ぎには、元町・中華街駅の地上にむかうコントラバスたち。

いつ見ても、びっくりします。

朝から熱演。
そして、ゲネと本番の間も…Kaizawasense2

熱演 !!

コンサートも、もちろん大熱演 !!!

特に、最後の甲斐澤先生のアルペジョーネ・ソナタ。

絶句。

師匠自らが、こうして全暗譜で舞台で大熱演する姿は
みんなを惹きつけます。

私は、もうお一方のピアニスト高橋先生の譜めくりでしたが
いつの間にやら…楽譜から目が離れて
甲斐澤ワールドに耳はもちろん、目まで。

終演後 Kaizawasense  最高の笑顔

それにしても、このコンサートの素晴らしさは
みんなで助け合う事。

舞台裏や舞台袖で、お互いを気遣います。

新旧門下生のみなさんが、「お久しぶり~」と懐かしの再会をする場面も
なんだか、久々の実家の様相でした。

いいなぁ。

また、来年も楽しみにしております!

ありがとうございました。

2012年11月 3日 (土)

おかあちゃん一族

この3週間は、コントラバス満載です。

今日は、江川おかあちゃん一族のプレ・コンサート。
一年ぶりのみなさんの成長ぶりがたくましく、
来週のコンサートがいよいよ楽しみです。

すべての人のプログラムを終えた後…

ひそかに(!?) 新曲のあわせ。
どうもフランス人の最近の新作らしいが、正体不明とのこと。
おそらく日本初演。

今日は初音出し。

いいなぁ新曲。
まだ、真っ白な状態で自分の前にあらわれ、
先入観なく音楽に向き合えるから。

来週はいったいどんな演奏になるのか。
ワクワク。

さて。
来週のコンサート情報です。

「江川直子一門 コントラバス・コンサート」(って題でよいのかしらん?)

2012年11月11日(日) 14時開演

駒込・ソフィアザール(北区中里1-26-10)

2012年11月 1日 (木)

気配

一気に気温がさがってきました。

Huyu

この空は…
すでに、冬は近い。

おぉ、てぇへんだ。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ