« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

新幹線弁当

のぞみ219号 東京→新大阪

以前入手した、はやぶさ弁当
http://aiharada.air-nifty.com/blog/2012/04/post-2015.html

の新型ヴァージョンを東京駅で発見。

Komachi

中身は…食べてしまった。

山菜にきりたんぽ、そしていぶりがっこまで
いつも秋田でいただく幸がもりだくさん。

秋田県羽後町のみなさんを思い出しながら…
西へむかいました。
みなさんお元気かなぁ。

2013年5月30日 (木)

レコーディング古今

昔、レコーディングというと一発勝負のようなところがあった。

うっすらとしか記憶にないけれど、演奏した後デレクターブースに行くと
でっかいテープがあって、どこで切れるかを真剣に話して下さっていた。

いまや、音の波形一つとっても編集することができる。
いわゆるスタジオ音楽の録音の場合は、共演者と別々のブースに入り
お互い間違っても、相手のためにもう一度演奏しなおしということはなく、
耳からヘッドホーンで録音を聴きながら、もう一度演奏し
録り直して即編集していく。

スゴイ時代だ。

今日のレコーディングは、クラシック録りだけど
やはり継ぎはぎの事は、そんなに気にしなくても済む。

初めてレコーディングを経験したMさん。

「え、CDってこんなに継ぎはぎしているものなんですか?」

そりゃそうだよなぁ。
普段聴いているCDでは、気をつけて聴かないとわからないくらい
精密に編集されている。

ある方から、はじめてLPレコードの音を聴いた時

「そこに鳴り響いたチェロ、弦のうなり、松脂の粉が飛び散っているかのような」

錯覚を覚えているというお話しをうかがった。

音を聴くという事に、ここまで想像力を広げられるひとは
今、どのくらいいるのだろう。

便利さと同時に失ったものの大きさを考えずにはいられない。


っとはいっても。
授業をフルに行った後のレコーディング。

文明の力に助けてもらったのも確か。
一発録りだったら、何回演奏しなおしていることやら。

複雑な心境…

2013年5月29日 (水)

調律

午前中、久々に在宅。
しかも、ピアノが弾けない。

そう、今日は半年に一度の調律の日。

朝早くから来ていただき、音のチューニングに入るのは10時半すぎてから。
最初の2時間は、ピアノの中身をごっそりだして、
ハンマーにまつわるアクション全体をきちっと調整してくださる。

終わってから、ピアノ一つ一つに備わっている個性についての話から
弦3本が1音を担当するピアノの音の調律の可能性に発展。
いつも気になっている、0ビートの世界にひそむ音色の多様性を。

かつて、コンサートのゲネで「共演者の人の演奏によって、チューニングの棒を
最後にコンっとする向きを変える。」という話しを聞いた事があって
たった最後に「コンっ」とするだけで、そんなに変わるのはなぜだろう…
と思っていたなぞの一端がとけていく。

音の不思議。

2013年5月28日 (火)

サル VS サル

連弾の相棒、石田センセが会うなり笑うではないか。

ナゼ?

Duo じぃっと手を見るeyeglass

そっくりなんだって。

そういや、今日は歩くたびに頭がふゎんふゎん。
寝ぐせ爆発、大売り出し。

誰も買ってくれないか。いや飼ってくれない!?

2013年5月23日 (木)

おっとっと

朝、地下鉄のホームで走っていたら…

カタンっ。

口からなにかが。
でも目の前で電車が行っちまう。
両手でおっとっとと受け止め、電車に乗ってコッソリじぃっと見ると。

銀歯だった!

なんでやねん。

歯ぎしりがすごすぎて割れた奥歯に、むりやりはめた銀歯が
とうとうはずれた。
えらいこっちゃ。

でも、歯医者に行っている暇ないしなぁ。

東京で生きるのはてぇへんだ。

2013年5月19日 (日)

会津若松

福島のこどもたちが好きだ。
とってもめんこい。

東北人らしく、自分からはどんどんこないけれど
話してみるとあったかく、ニッコリしている。

去年の9月に、郡山で会った子どもたちを思い出す。

授業を終えて、時刻表をみるとなんと電車は1時間後まで無し!

Akabeko upwardleft赤べこなでて…

お手紙を書く。

そして… Banetu 赤べこ電車で

ゴトンゴトンと1時間。

大きなお父さんのような磐梯山と、
深く受けとめるおかあさんのような猪苗代湖。

その間を、ちっちゃなちっちゃな人間たちが
1枚1枚の田んぼに、苗を植えていた。

今日は田植えの日。あちこちに白い軽トラと
家族総出の田植えの様子がみえる。

懐かしいな…

おら、東京に帰って大丈夫かな。

2013年5月18日 (土)

自然のちから

春満開の裏磐梯。

Sakura サクラモチの香り

なんてきれいな色だろう。

Gosiki 神様がくださった色 

どこまでも透明な空の鏡 Urabandai_2

とても写真では伝えられない。
本当の豊かさってなんだろう。

東京の日常をわすれた日。
ふわりふわり。

2013年5月17日 (金)

731キロ

朝からおサルに変身banana

新幹線に乗り…

Fuji うっすら

富士山をかすめ、東へ東へ。

来週のリサイタル講座の合わせをし、今夜のゲネもかすめ…
(本番は集中して演奏しました。)

本番終了後、一路東京駅へ走るrun

Tokio ホーム下

大好きな世界に誇る新幹線劇場(クリーニングスタッフの素晴らしいチームワーク)
をつぶさに観察し、走ってホーム端っこにチョコンと停まるつばさに乗車。

大爆睡し…

大好きな皆さんと再会。
楽しい時間でした。遅くに本当にありがとうございます。

そして…
記憶を失いました。
手のかかるおサルですみません。

移動距離731キロの1日。

行ってらっしゃい!

また一人、海外に旅立っていきます。
短い時間でしたがお話しできました。

おんもしろい高校生でした。

人と必ず違う意見を言える人。
独特の世界観に、授業中何度も笑わせてもらいました。
おかげで、私も先入観をぶち壊して真に伝えるべきものに向き合えました。

「ミス・世界の国歌motorsports

いってらっしゃい。
身体は大切にね。

なぁ~んてやってたら、自分が1時間に1本のバスに乗り遅れた。
時刻表見間違ったかな…

タクシーで新横浜へ。
行ってきまぁす。ハイ。

2013年5月14日 (火)

バラ・勢い止まらぬ

まいど、バラ・レポートです。

昨日今日の陽気に誘われて…

Rose ポンポンポポォ~ン

い…いつ咲いたの!?

こんな風に、譜読みが進みますように。
思わず拝んでしもうた。

さて、譜読みの山に戻るべ。
あと7冊sweat01

2013年5月11日 (土)

元気だ!

本番を終えて、夜は久々にコンサートへ。

帰ってくると、更にこれらのコンサートを上回る勢いのお手紙発見。

Karen_2  きれいな切手。そしてデカイ消印

地球の裏からお便りが。
二つの学校に通いながら、パワフルに生きるKさんからのレポート。

いつも元気をもらいます。

彼女がいたクラスの事を思い出します。
いやぁ。
スゴイ授業でした。
終わると、自分が抜け殻になりそうな…

手作り便せんでありがとう。
踊るコントラバシスト。応援しています!

2013年5月10日 (金)

バラ その後

朝、いつものようにお出かけ前にチェック。

Mai10 

二つ目も咲きました。

ポンポォーンっ

2013年5月 9日 (木)

音楽オタク

授業後、久々に母校へ。

っということで、ついでに今年から芸大で学び始めた教え子さんに会う。

手には、この夏演奏する曲の楽譜が。
無伴奏チェロ組曲を、ファゴットで演奏するらしい。
どう演奏していいかを考えて、原典版はモチロン
チェリストがどう考えたが書かれた楽譜、他にも
チェリストのことが書かれた本まで借りていた。

さっと楽譜を開いて、どう読むかよいか一緒に考えてみる。
一緒にいた石田センセも、舞曲の考え方についてを話しだす。
「お久しぶり!」と顔を見るだけのはずが、いつのまにやら…。
音楽オタクである。


最初に有ったのは彼が高校1年生の時。

「考えるの苦手です。」っと言っていたのに大きくなりました。

また、いつか演奏聴けるかな。
楽しみにしています!

2013年5月 7日 (火)

おめでとうございます

今日は、いつもお世話になっているKさんのお誕生日。

っというのに、彼女は朝から沢山の人々の思いをかなえるべく
動き出している。
本当に、すんごい方です。

いつもありがとうございます!
この1年も、健康で充実したものとなりますように。

さて・・・
お山の朝の気温は

Kion  氷点下!?

さて、東京さ帰って今日もばんがるrock

2013年5月 6日 (月)

おサル・カルテット 2013

昨日のうちに、今日の計画を立てた。

朝ごはん後は、モチロンお散歩。
これも計画のうち。

Osaru  さてどれが誰?

一番手前が、お兄ちゃん。
身長もとうとう抜かれました。はやいなぁ。

よじ登るのも…Saru2

練習のうち!?

モチロン、演奏の練習もみっちり。

Saru3

モーツァルトのディヴェルティメントでは、
テンポ感、装飾、ボーイングについて。
そして、人の音を聴いて楽器を響かせるという事について。
ピアノを抜いて、お互いの調和がお互いの音を響かせるという事を
実際に確認していく。
いいなぁ。純正律…

ベートーヴェンのピアノ三重奏は作品1-1を扱う。
去年、メントリで随分背伸びをしたので、
基本に忠実な表現を勉強。

強弱が、効果としてなにをもたらしているのか。
冒頭部分一つとっても
スタッカートのついた音とそうでない音はなぜあるのか。
更に、八分音符と四分音符につけられたスタッカートは長さを違えるべきか。

更に更に、この曲を書いたころベートーヴェンはどんな人生を送っていたのか。

初回にして考えること満載。

あぁ楽しかった。
しかし、これからがもっと楽しいし追究することもたくさん。

次回も、楽しみにしていまっす。

2013年5月 5日 (日)

始動

今年度のおサルカルテット始動。

山に上がるバスから…

Sagalake  桜が…

木のしたでは、お花見宴会が繰り広げられていた。
標高1500メートルはどうかな。

なにより、みんなに会えるのが楽しみだ。

着くなり、ふっと居なくなったSoraくんが持ってきてくれたもの

よつばcloverYotuba ありがとう!

夜には、待ちに待った手作りの味。

Akiraくん特製 Akira  チーズ!

3月に来た時には、タイマー持って温度計持って一生懸命作っていました。
おいしかったよ。たくさんありがとね。

2013年5月 4日 (土)

う~ん

久々に、両親がお仕事で数日東京に滞在。

いつも先をみすえた人生を歩きパワフルな母と
穏やかで、温かい背中の大きな父。

日々、学生たちや次の世代のこどもたちとももくれて
必死に、でも充実感もしっかり感じて生きているけど
それは、両親が元気で生きていてくれているからこそ。

帰り際の母の一言。

おカネがすべてではないけれど、もっと評価される人生を送りなさい。」

大きく豊かと思われる流れの中に見過ごされがちな、
小さくとも大切にするべきものに視線を注ぐ人間でありたい。

モチロン今は小さくとも、後々1人1人に大きな力となっていく事をみすえている。

そう考えて生きているけれど、どうつながるんだろう…


いつも、大きな視点で意見を言ってくれる両親に感謝。
身体を大切にね。

2013年5月 2日 (木)

連休谷間

今年は連休が分断。

なのに、学生たちの出席率は非常に良い。
月曜日なんて、祝日だったのに全員出席。

私たちが学生のころには考えられない…

「ねぇ、考えて生きてる?無理に出席しなくても
自分の人生でゴールデンウィークにしかできないことが有ると思ったら
意思をもって休むってのも有りだと思うよ。」

 注:モチロン授業する側は全力を尽くしております。

そしたら、何人かが「え!?」っという顔を。

「そんなこと言われたら、考えちゃいます。」
っと1人。

やっと本音がちらほら出てきてよくよく聞くと、
考える暇もないほど忙しいらしい。
授業がミッチリ。宿題もミッチリ。

よいよい。

しかし…本当にそのまま続いてよいのか。
ワリワリは、授業をさぼってでもやりたい事に忙しかったからなぁ。
よく働き、よく自分たちで演奏する機会を探しまわっていたから。
そうしているうちに、色んな人と出会い視野が広がる。

上級生になると、授業を聴きながら携帯のラインを眺めているらしい。
そんなに情報通(!?)に埋もれていて自分を見失わないのかな…

学生を心配しながら、自分も振り返る。
あぁ。

便利な社会の良さってなんだ?

2013年5月 1日 (水)

咲きました

とうとう!

Rose2 

咲きました。


そして午後には…
おサルも咲きました。
何年かぶりにドレスを新調。

お直ししていただいたドレスを着て
思わず笑い転げましたとさ。

あぁ、ガニ股を先に直さんとアカンわ。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ