« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

かんぱい!

初めて東京で年末年始を迎えます。

Fukusima

大切な方からいただいた福島の貴重なお酒。
あの時も見た磐梯山と猪苗代の風景。
神様がくださった自然の力を想い、
チョミっといただきながら、祈ります。


江東区の年越しは、海沿いの街らしく
船の汽笛が鳴り響きました。

どったばったしながらの年越し。

みなさま、良いお年を。

2013年12月30日 (月)

がら~ん

本番と合わせの日々も、2013年の年末。

Senzoku がらぁ~ん。

さすがに、人の姿が減っています。

でも、小さな窓の一つ一つに熱心に音楽に向き合う姿が有ります。
今日も沢山の熱意にふれました。

合わせ後、お郷に帰る人たちも。
良いお年を!

2013年12月25日 (水)

第32回クリスマスコンサート

今年もこの日を迎える事が出来ました。

時空を越えてみんなが集まる日。
先日旅立たれた森先生の姿もそこにありました。

そう。

いつも、ここに来るとみんなに会えるのです。

今年もまた、最後のキャロルで指揮を担当させていただきました。
年々、配置が変わっていきます。

コンサートデビューの子どもたちは最前列。
そしてお兄さんお姉さんになるにしたがって、みんなを見守る側に。

年上がよく面倒をみて、小さい子供たちを助け、
その子どもたちも、お兄ちゃんお姉ちゃんを目指して頑張る。
と同時に、年上のみんなも小さい子たちの喜ぶ姿を見て
人の役に立つことの嬉しさを謙虚に受け止める。

それって・・・・

宇宙と同じだといつも思うのです。
人間はチッポケな地球の一員にすぎません。
そして、その地球だって宇宙の中のチッポケな一員なのです。

この世に生きていることは身体が有るだけにすぎません。
大切にしたいものが有るという欲がある事で身体という形をいただいていますが
本来、みんな魂は一緒です。

音楽の前に優劣はありません。
みんな一緒です。

なので、キラキラしたひとりひとりの眼の中に
いつもたくさんのひかりと魂をみるたびに、
なんだか涙がこぼれます。
感謝の思いでいっぱいになります。

今年もみんなに会えてよかった。

いつもみんな一緒です。

ありがとう。

2013年12月23日 (月)

いざ、神戸へ!

おサル室内楽団、二手に分かれて神戸へ向かいます。

朝の7時半。

山を降りながら遠くにアルプスが見えます。
Sinsyu

6月にはこんな景色だった姨捨も…

いまやこんな冬景色。Obasute

あの日と同じく、特急しなのから日本車窓100選を眺め…
向かうは神戸。

今日は16時から練習モリモリ。

さぁ頑張る!

2013年12月22日 (日)

クリスマス・コンサート

夜が明けると…

Yuki 雪だらけ。

あわただしく合わせをして…いよいよ本番!

本日のプログラム→Program

盛りだくさん!
ぷれじ~るは来年20周年だそうです。
私にとっても、大切な場所。
峰の原のみなさんにたくさん育てていただきました。

この曲だって、ぷれじ~るに縁をつないでくれたカエルに
捧げた曲。

Vcem2 初心者から専門家まで一緒に。

長年お世話になっています!Vcem  

こうして、一緒に演奏させていただきながら、
色んな事を思い出しました。

音楽は本来、立場や年齢、環境を越えて
分け隔てなく、みんなで分かち合うことができるもの。

その事を教えて下さったのは、
中学生のころに出会ったロストロポーヴィチさんでした。

そんな普遍的な場、ぷれじ~る。

いつか50周年、100周年をお祝いできますように。

いつも本当にありがとうございます!

2013年12月21日 (土)

無事着くのか!?

本番だらけの1週間。

今日も本番を終えて、21時04分東京駅発の新幹線に飛び乗る。
そう、明日はぷれじ~る20周年の感謝コンサート。

おりしも、寒気到来。

そんな中、わざわざ駅まで迎えに来ていただき…

「山に登れるか分かりません。」

とのこと。

そこからのロードは本当にすごかった。
道すがら、立ち往生している車多数。

溝に落ちたものあり、雪のすごさに走行不能のものあり。

「止まったら二度と発進できません。」

という危機感の中、進みに進んだものの…

とうとう最後のカーブで登れなくなってしまった。
それでも、Kさんめげない。

「平地まで戻って加速します!」

すごい…

何度もその作業を繰り返し、ラッセルを続けた結果
無事ぷれじ~るに到着。

おサル仲間たちも待っててくれました。

ありがとう。

明日のコンサートがとても楽しみです。

2013年12月19日 (木)

オルガン

キーボード・ハーモニーの授業では毎年
オルガンの先生の許可を得て、オルガンの時間を持ちます。

これは、高校生の時クライストチャーチでオルガンを弾かせていただいた時
言葉にはしがたい感動を覚えた事、そして
どうしても現代のピアノという楽器に慣れ親しむと頼りがちな
サスペンドペダルを用いず、良い響きを指で探していけることを
求めて。

そしてそして、音色の作り方を歴史的視野から体験する事を目的に。

今年は嬉しいことに、クラスにオルガン専攻の学生さんが。
おかげで、音色と曲という観点から私も勉強させていただきました。

Orgue

↑授業前に、本日の一曲を練習してくれるオルガン専攻Yさん。


今年のキーボード・ハーモニーは、みんなで長所を持ち寄って
育っていける素敵なメンバー。

あと1度しか授業がないなんて…
とっても寂しいですが、新年もよろしくお願いいたします!

2013年12月14日 (土)

チョイと…

山を降りてからというもの…

ヴァイオリン筋肉痛と仲良く目が回っております。
少なくとも21日までは生きた心地がしません…
メールも電話も滞り、お洗濯も郵便も宅急便も
みぃんな滞っております。

(でも、しっかり晩御飯はいただきます。毎日お鍋!)

もうしばし、音信不通が続きますが
お許しくださいませ。

譜読みの量が半端無い~typhoon

新しい世界に首を突っ込みながら、毎晩気絶しております。
でも、やっぱり楽しいのだ。

大学の授業も来週まで。
もう一息頑張れば自分の時間がやってくる。かなぁ…

2013年12月 8日 (日)

ヴァイオリン痛

朝…

Mine2  サムイsnow

さぁ、今日は朝から綿密に計画を立てて練習。
ソロ曲あり、ドイツ語で歌の練習あり。

言葉は分からないけれど、バッハが残してくれたクリスマス・オラトリオ。
しっかりとした曲の構造に引っ張られて!?なんとか歌いきった。

午後は…

いよいよ、弦楽アンサンブル。
昔、同級生のチェリスト、カエルの生徒さんたちのために編曲した曲を
何年も経て、なんとおサル兄弟はもちろんのこと、
オーナーもまきさんも、近所の香川さんも、みんなで演奏してくださる。

こんな日がくるなんて、書いた当初は考えたことも無かったなぁ。

本当に幸せです。

っというわけで、私はハイポジションでもないチェロパートを
楽器の関係でヴァイオリンで演奏するハメにtyphoon

ヴァイオリニストってすごすぎる。
どうやって、あんなに華麗に弾いているのだか!?
山を降りるころには、すっかり手が曲がってしまった(気がする。)

その後も、バッハの2本のヴァイオリンのための協奏曲では
ソリスト同士で意見を出し合い、
モチロン、我々通奏低音組も頭を突っ込む。
ここの経過部は、どこが表であるべきか。
要素として、音型として、和声感として、
それぞれの立場から年齢も楽器も越えて意見を述べる。

モーツァルトのディヴェルティメントでは、古典はの演奏の基礎を確認。
イ音と解決音の関係や、その時代の装飾について。
ここまでくると、本当に大学の授業となんら変わらないほど
音楽の本質に向き合っての合わせ。
充実した時間が過ぎて…

あっという間に、山を降りる時間となりました。

今度は22日にコンサート。

楽しみにしていまっす。

あぁ…それにしてもヴァイオリン痛が激しい。
明日以降にもっと出るだろうなぁ。

2013年12月 7日 (土)

雪だぁ…

午前7時前。

Mine モチロン氷点下。

これでも暖かいのだそうだ。

ひょえぇ~

さぁ、今日も一日合わせを頑張るbanana

2013年12月 6日 (金)

クリスマスへ

今朝は教会で録音。

卓上に蝋燭が有りました。

Rousoku

どうして1本だけが短いのかを尋ねてみると、
降誕の日に向けて毎週1本ずつ火を灯すのだそうです。

そしてクリスマスには、すべての火が。

初めて知りました。
牧師さん、快く迎え入れてくださりありがとうございました。

さぁ。午後は…

新大阪から1時間新幹線、
名古屋から特急しなのに3時間乗って、

Kotin 本日の駅弁

長野から更に車に乗せていただいて計6時間(以上!?)。

そう。おサル室内楽団の会合です。
12月6日23時59分59秒までに、仕上げると夏にお約束した成果を!

たのしみたのしみ。

2013年12月 5日 (木)

見えた!

のぞみ115号 新横浜→新大阪

ガッコを終えて神戸へ。

三島駅を過ぎると・・・

Misima  おぉっ

今日は珍しく富士山がチョコンと見えるではないか。

もしやもしや!

富士市方向にまわると…

Fujisi_2  快晴sun

そんな季節になりました。

っということは、いよいよ冬本番です・・・

2013年12月 3日 (火)

超満員っ

おかげさまで無事終了いたしました。

本当に本当に…
絶句するほどの超満員sweat01
途中で椅子を出していただくほど。
みなさま、遠くから洗足学園大学の不思議な校舎まで
足をお運びいただき、ありがとうございました。

リハーサルも色んな方々が来てくださいます。

先生のお弟子さんKさんもお仕事をお休みして、
そして、Tさんも自分のお仕事前に、
譜めくりをお願いした学生Kくんは、時には甲斐澤先生の代わりに楽器を演奏。
普段はオケや吹奏楽の練習につかう空間なので
吸音材に音が吸われてしまい、なかなか演奏しにくい場所ですが
妥協せず、みんなで少しでもよい響きの場所をさがします。
そして、実は同じ時間に1階で本番のDuoの相棒、石田センセも
コントラバスとピアノのバランスを聴きに。
そう、ピアニストにとってコントラバスの伴奏はバランスが難しいので
本当にたすかりました。
学校側のスタッフさんや、カメラマン、そして編集担当のMさんも
みぃんな近くに来て、お話ししてくださったり助けてくださったり。
本当に感謝です。

そんな念入りに進めた準備も、いざコンサートが始まってしまうと
時間はあっというまに過ぎ…
本当にあーっという間に終わってしまいました。

ステージいながらも、みなさんの温かさが本当によく伝わってくる
コンサートでした。なんだかずぅっとエネルギーを頂いていたような…。


音楽ってなんだろう。

コンサートに行くという事は、私はその人に会いに行くものだと思っています。
聴きに行くという事は、その人柄に会いたくて
一緒に時間も空間も共有したくて行くのです。

一期一会。

その時にしか訪れない人々と空間と音楽と。
そんな出会いに感謝して、演奏させていただける事を
本当に幸せに思います。

みなさん、本当にありがとうございました。

そして、そんな温かい輪の源、甲斐澤先生と
演奏させていただいた事。

これも宝物です。

ありがとうございました!

Kaizawarecital ←花束に埋もれる!?甲斐澤先生

2013年12月 1日 (日)

コンサート情報

おなじみになりましたシルバーマウンテン・オープニング・コンサート。

私にとって、10月頭から続いたコントラバス・ウィークの最後は…

Kaizawa  どどぉ~ん

みんなの親分 甲斐澤先生のリサイタルです。

曲も多彩。
バロックから現代まで、ジャンルを越えたプログラム。

コントラバスと言えば、オーケストラなどで
みんなを支える楽器というイメージが強いですが
実は弦長が長く、音域も広い!

ソリスト楽器として共演させていただくようになってから
たくさんの面白さを発見しました。

なんといっても、高音フラジオも他の楽器に比べて効果的に用いられ、
(人工フラジオは、大きいのでオソロシク大変…)
低音はもちろん倍音が豊か。
近くで聴いていると、むしろ倍音の方がたくさんきこえてきて
不思議な錯覚におちいることがあります。

そんな特徴がプリミティブに生かされたラバスの作品も楽しみですし、
高音フラジオが楽しめる(弾く方は大変!?)ボッテジーニも。

もちろん、コントラバス・オリジナルではない曲もあります。
そんな場合には、甲斐澤先生ご自身がキチンと手書きで移調され、
単に演奏するという域をこえて、自分をとおして表現する姿が
いつも本当にすごいなぁ…と思うのです。
火曜日も、とっても楽しみです。

熱く、そして謙虚な優しさに満ちた音楽に会いに是非。

甲斐澤俊昭 コントラバス・リサイタル

2013年12月3日(火) 18時半開演

洗足学園音楽大学 シルバーマウンテン2F

ヴィヴァルディ:「調和の霊感」より ラルゲット
シューマン:アダージョとアレグロ Op.70
ブルッフ:コル・ニドライ

ラバス:Incantation pour Junon (ジュノンへの祈り)
        :Reitba
(アフリカの砂漠のポートレート)
ボッテジーニ:カプリチオ・ディ・ブラヴーラ
ヤング:愚かなり我が心

ピアノ:原田愛

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ