« ゆれる~ | トップページ | てっちゃん »

2014年4月 5日 (土)

カール・シュタイン製の音

「シューベルトのピアノだよ。」

と竹田さんに言われて初めて弾かせていただいたのは
もう10年以上も前のこと。

3代目シュタイン(カール・シュタイン)のフォルテ・ピアノだ。

とうとう、今年はこのピアノとがっつり向き合わせていただくことになりました。

今年は、連弾でとうとうシューベルトのファンタジーを演奏し、
更に、何かとシューベルトとご縁が続くので、これを機に
しっかりとその当時の音に向き合っていきます。

しかしだ。

どんな音色なのかはもとより、
コントロール可能なのか、どんな機能があるのか
はたまた、運搬が可能なのか。

コンサート以前に検討するべきこと満載。

っというわけで、ともかく一日中さわらせていただく。

オドロキの連続。
こんなにキツイ表現なハズない、と思っていたところも
このピアノなら、何ともいえない余韻がのこる。

Dump  ダンパー付近

弦は1音あたり3本。でありながら、ボディーは木のみ。
音量は、以前演奏させていただいたモーツァルトの時代の
ものよりかなり豊かだが、でもやっぱり木の響きが。
一番戸惑ったのは、ペダルの機能。
コントロールが難しい。構造がシンプルなだけに
そうとう楽器と仲良くならないと…

一日の終わりには、
「楽器の仕組みを知ってもらってた方がいいでしょ。」
と、竹田さん自ら楽器を解体して見せてくださる。

Takedasan  譜面台には燭台

なぜ、弱く弾こうとすると音が抜けるのか。
タッチのスピード、それから再打鍵するときはどの深さからなら可能か。
などなど。
発達途上にあったピアノのアクションそのものも
じっくりと観察させていただく。

いやぁ面白い。
人間ぽいのがなんたって面白い。
楽器を通して自分を表現するのではなく
楽器が音というものを話しだすのだ。

ピアノが発展途上だった時代、作曲家もまた
想像・創造する魅力を記号に落としていたにすぎない。

こりゃ大変だ。

演奏する人間もまた、それに見合うだけの想像力が要るではないか。

ものが豊かと言われる時代、
それが一番難しくて遠く… でも楽しい時間になるに違いない。

コンサートは

7月6日(日) お昼
ペンション・ぷれじ~る(長野県須坂市峰の原高原)

の予定です。

カッコーやうぐいすの声とともにさわやかな風が吹きわたる高原へ、
木の香り豊かな音に会いに是非 !!

« ゆれる~ | トップページ | てっちゃん »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶりでーす。7月のふじれーる行きたいなあ〜 今年はシューベルトなんですね…‥私も今イ長調のソナタ弾いてます

 去年からjazzのアドリブにまた悩みながらですが、ビルエヴァンスのワルツフォーデビーやウィントンケリーの曲をやってます
 少しなれてきたかな? そしてうちのベーシストと演奏するのが、ゆめでーす。
 なのに、そのベーシストが、ラフマニノフのチェロソナタop.19の3楽章にはまってしまい、伴奏譜をくれました⁉
 人一倍ちいさな手なのに、ラフマニノフはむりやーと言ってたのに、外声だけでもと、つきあってたら、…大変な事態に
 「合わへんやん!」向こうは耳コピからしてるし、こっちも異常にむずかしいし、てんやわんやです。
 しかも、コントラバスで弾こうとしてるし…でも、とても美しいバラードですね。少し恥ずかしいくらいロマンチックですね
 ちなみに 枝信夫を検索すると演奏が出まーす。ちょっと、宣伝‥ そんなこんなの2014'です。
 ことしは、あいさんのピアノに出会えますように!

枝さま

ご無沙汰しております!
メッセージをありがとうございました。

ベーシストとは・・・ご夫妻なのですね!
素敵です。
ラフマニノフのチェロ・ソナタを初めて演奏した時はちょうど冬で
同じく手の小さい私も、いつのまにやら指の股?が何度か割れました…

ぷれじ~るは花の百名山である根子岳にもちかく、
7月はカッコウやうぐいすも鳴く、気持ちの良い初夏です。
是非、今年はお会いできますように・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆれる~ | トップページ | てっちゃん »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <歌って健康!>

     ~三世代でつなぐ声の輪~
     10月20日長野市芸術館

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン