« チンチーン | トップページ | 兼松講堂 »

2014年6月 3日 (火)

お薦めです

お薦め情報でっす!

Ishida

石田多紀乃 ピアノ・リサイタル
2014年6月5日(木)19時 津田ホール

モーツァルト:デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲 ニ長調 Kv.573
メンデルスゾーン:「無言歌集」より
             ホ長調 作品30-3
             イ長調 作品19-3 「狩の歌」
             嬰ヘ短調 作品30-6 「ヴェニスの舟歌」
             イ長調 作品62-6 「春の歌」
             ニ長調 作品85-4
             嬰ヘ短調 作品19ー5
シューベルト:ピアノ・ソナタ イ短調 作品143 D784
リスト:「詩的で宗教的な調べ」 S173より
             第3曲 「孤独の中の神の祝福」
             第7曲 「葬送」
             第10曲 「愛の賛歌」

全席自由 一般4000円 学生3000円 (消費税込み) → 当日券出ます
(学生券のお取り扱いはアレグロミュージックのみ、お渡しは当日)

お申し込み・お問い合わせ
      アレグロミュージック 電話 03-5216-7131
      

チケットぴあ 電話 0570-02-9999
東京文化会館チケットサービス 電話 03-5685-0650


★昨年のフランス・ロシアものから一転、今年はドイツもの。
  それも耳馴染みのある名曲揃い。お仕事帰りにぜひ、
  ふらりとお寄り下さい。

石田多紀乃公式サイトより)

デュオの相棒、石田多紀乃さんのソロ・リサイタルです。
今年はドイツもの。

いつも、考え抜かれた重い内容が多いので
分かりやすいものにしたと、きいた気がしますが、
充分内容の深い、彼女らしい 「名曲」 コンサートだと思います。

なかでも、シューベルトは今年に入って何かしら関わり続けているもの。
この春にも、シューベルトが使っていたというシュタインのピアノと向き合い
なぜ、この音、音楽になるのかを感じて考え続けていました。
数々の作品の中で今回彼女が選んだたソナタは、
やっぱり深いもので、ずしっと響きます。

リストも・・・
私はどちらかというと、弾くのはモチロン!
聴くこともあまり得意ではない作曲家なのですが、
(手が小さかったので、どうしても素直に受け入れられない。)
彼女が選んだリストは、技巧の欲を感じさせない
思想家、芸術家としてのリストを感じさせる曲。

結局、プログラム自体が彼女をあらわしているように思います。

芸術家の思想を垣間見るには絶好のプログラム。
欲という余計な化粧は無く、作曲家の思想そのものが見える
石田多紀乃さんの演奏に、是非会いにきてくださりませ。

お薦めです!

« チンチーン | トップページ | 兼松講堂 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チンチーン | トップページ | 兼松講堂 »

コンサートのご案内

  • <第45回 つくしコンサート>

    ~第45回つくしコンサート~
     6月9日静岡県御前崎

  • <フォルテピアノとモダンピアノ>

    ~フォルテピアノとモダンピアノ~
     5月12日(土)富山県砺波市

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ