« シュワッチ | トップページ | 空から »

2014年12月22日 (月)

分析そして分析

この3月も、石田センセとデュオ・リサイタルを
させていただけることになりました。

っというわけで、今日はさっそく分析大会。
東京に居ると2月の頭までは、まったく楽譜すらひらけない状況になるため
時間が取れる時に、あせらずじっくり曲のアナリーゼをするのだ。

ピアノ曲は弾く前の作業がとても大切で、
連弾ともなると、その情報量はさらに倍増。

今日取り上げたブラームスの「シューマンの主題による変奏曲」は
変奏曲の達人ブラームスの手法を分解するのに、
けっこうなエネルギーを使う。

たまたま、まだデュオを組んでいなかった時に
ふと楽譜屋さんで興味をもって買ったこの曲を、
1時間のお昼休みに持っていった時、

「これを、今度のリサイタルで弾こう。」

と言われた時には、聴く方としても難しいのではと思いましたが
とてもイブシ銀の、噛めば噛むほど味のでそうな曲です。

これからが更に楽しみ!

しかし、クタビレタ・・・
今宵のんまいビールとお鍋が楽しみだ。

« シュワッチ | トップページ | 空から »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シュワッチ | トップページ | 空から »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ