« 再会 | トップページ | ピアノの進化とともに »

2015年2月28日 (土)

選曲の不思議

2015duo

気づいたら本番まで2週間を切ったデュオ。

昨日の学生さんたちとのコンサートを終え、
2人ともひと山越え、集中モード。(多分・・・!?)


合わせの時間以外は、「演奏する」以外の勉強にいそしむ。

演奏家の役割は、作曲家がのこしたメッセージに向き合う事から始まる。
確かに、弾くという作業は大切だけど、それ以上に

・どうしてこの曲が書かれたのか。
・その時の作曲家はどういう環境にあったのか、どういう心だったのか。

など、音符の向こうの果てしなく広い世界をみる必要がある。


今回のプログラムにある、ブラームスが書いた
「シューマンの主題による変奏曲」。

この曲との出会いはとっても地味だった。

昔、ふと楽譜屋さんでみつけて手に取り、気になって購入。
まだ、「調教師とサル」のデュオを組んでない頃だ。

その後、その楽譜は長い間我が家で眠っていたのだが、
「あ、今日のお昼休みに石田センセと曲決めしないと。」
と授業の準備の合間に、ふと手に取っただけだったのに・・・

たくさん弾破した曲の中で、石田センセが

「これにしよう。これ、いいと思う。」

と言うではないか。


へ!?
この楽譜との出会いも地味だけど、曲自体も地味じゃないかい?

正直なところ、ノーテンキおサルはそう考えた。
どころがどっこい。

いつのまにか、このデュオはいつもそこへ落ちつくらしい。
去年のシューベルトも同様、
幸せな満載曲よりも、「そらの彼方」の作品に魅かれてしまう。


この主題が、シューマンが天界と会話して遺したものだったとは…

なぜ、自分がこの楽譜を手に取ったのか。
なぜ、石田センセがこの曲を選んだのか。

不思議なようで必然なような・・・

ブラームスがどうしてこの主題で曲を書いたのか。
その意味を、私たちなりにお伝えできるよう取り組んでいきたい。

« 再会 | トップページ | ピアノの進化とともに »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。そしてはじめまして。
びっくりしてメール差し上げました。もしかして南山の手台の原田愛さんでいらっしゃいますか??
私も熊取南山の手台で育ち、今は結婚し都内にいます。私も娘もピアノをやっていてソルフェージュ教室を探していたら、先日、ゆかり文化幼稚園ソルフェージュ教室から送られたFaxに原田愛さんのお名前があり、もしかして近所にお住まいだった方かなぁと期待をしたのですが、違いますでしょうか?突然に本当に申し訳ありません。

春風さま
はじめまして。書き込みをありがとうございました。
高校を卒業するまで、南山の手台に住んでおりました!
私もビックリです。
もう、東京で生きている方が長くなりましたが
やはり、南大阪でのくらしが自分のベースになっていることを感じます。
娘さんも音楽をされているのですね。
成城ソルフェージュ研究会は、私自身も学生時代お世話になり
今でこそ教える側になっておりますが、とっても視野が広く音楽の基礎を学べるところです。
いつかお会いできますように・・・・

お返事ありがとうございました。やはりそうでいらしたんですね。私も実家がベースで熊取に帰ると、穏やかな空気感に癒されます。広い東京で同郷の方が活躍されてると知り、たいへん嬉しく感激です。いつかお会いできる日を願っております。熊取魂で?大阪人魂で?(^_^)さらなるご活躍をお祈りいたしております!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再会 | トップページ | ピアノの進化とともに »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ