« あやしい・・・ | トップページ | 春から夏へ »

2015年5月19日 (火)

タンギング

今日はカメ子さんと出勤。
朝から音出しをして、3511に向かう。
まだレッスン室が真っ暗けだったので、
バルトークのスコアを読みながらベンチに座っていると

「おっ楽器がかがやいてるねぇ~」

と巨匠の声。

ハイ。楽器は輝いています!

しかし・・・
今日は楽器は吹かない。

学生さんの伴奏だ。
それだけで、3511をまたぐ気分が違う。

なんでだろ?

最初にシンガポールからの学生さんのレッスンを聴講。
音のイメージ、それに伴うアンブシュア。そしてヴィブラート。
そして、なにより楽譜通り演奏する事。

どの楽器でも大切にする「基本」

とっても勉強になります。

そして、イベールのコンチェルティーノ。
本来オケもみんなソリストの曲だ。

ソリスト11人分を演奏しながら、サクソフォン・ソロを聴く。

第1主題のつくり、それに伴う音の作り方。
第2主題からの移行部での解釈。
とくに後者は、和音がどんどん緊張感を増していく事を
どう表現に伝えたらよいか、自分では吹けなくて
イメージでしかいつも伝えられないので
吹き方を具体的にきけて、嬉しい。

レッスン後。

「吹いてみなさい。」

あ、ハイ!

「あの。タンギングできません。タンギングするとヨダレが・・・」

「ハハハ、若い証拠だな。」

「い」の口でトゥートゥートゥーと言ってみなさい。
と言われ、それが出来たら楽器へ。

あ、出来ました!
しかし、5秒もするとヨダレが。というか
口の上側がひらいてきてしまう。

何か1曲と出された先週の宿題は「茶摘み」に決めていたものの
タンギングが出来ないと演奏できない。

このままだと、新茶の季節が終わってしまうjapanesetea

ばんがる。

« あやしい・・・ | トップページ | 春から夏へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あやしい・・・ | トップページ | 春から夏へ »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ