« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月27日 (土)

反目と革新

ドビュッシーの牧神の午後への前奏曲。

どうにも形にならない。
音色のウツロイが、マラルメの詩の内容に、ドビュッシーの音楽に、
どうにもこうにも近づいて行かない。

「なんか違う。くっきりしすぎてドイツ語みたい。」

「・・・」 (←長ぁい沈黙。ヤバい!爆弾ふんだ!? 冷や汗;)

しかしそんな時はたいてい、お互いの頭の中が見えていない所を

解消していくチャンスなのだ。

石田センセの弾く、ドビュッシーのピアノ作品の音が好きだ。
だから、こんなハズはない。おかしい。

そんなサルの反乱にも関わらず、隣の半眼大仏から冷静に分析の一言。

「下でモリモリ弾くから。」


チーン。

そうか。
「どうにも色がつかない」と、いつの間にか表現がでかくなりすぎ、
よって高音部担当の半眼大仏さまが、耳で調節してさらにクッキリ。

恐るべし。

この会話ののち、あっという間に色彩が変わった。

そういえば熊取滞在中に、ロシアのニジンスキーのバレエ版の映像をみた。
これがまた、音楽とは真反対?の古代エジプトの絵を思わせるような
カクカクとした牧神の動き。
ドビュッシーは当時、それをみて非常に幻滅したという話を読んだことがあるが
100年ほどのちの、今生きる私たちからみると、
音楽とともに、革新的に思える。

文化というものは、単に守るのではなく
個性による革新によって受け継がれていくものなのだと
改めて思う。

2016年2月26日 (金)

都会再び

ラッシュの日々が帰ってきました。
本当に人間が多い…

今日は、久々に学生さんたちとの合わせを再開した後は
ブラームスのピアノ四重奏曲第1番。(ブラームス自身の編曲版)

Pianoq 左は原曲譜 右は連弾譜

二人とも、原曲を何度もたくさんの弦楽器奏者と演奏してきたからこそ
思い入れも強く、解釈の違いが喧々諤々…

弓がダウンダウンだから、もっと時間を取って響きをきくべきでは?
このテンポは弓を飛ばすならいいけれど、本来もっと丁寧な音楽なんじゃ?

挙句の果てには、

「なんで、こここに音が無いの?ブラームスはどうして書かないんだろ。
原曲通り弾けるのに…」

なんて始まる。


もう少ししたら、弦楽器ならではのアプローチから
楽譜をもとにした、ピアノならでのアプローチに移行できるだろうか。
それとも・・・・。

この曲は、一般的にはあまり演奏されない。(らしい。)
シェーンベルクが、それを惜しんでオーケストラに編曲したくらいだ。

私たちも、この若さあふれる曲をみなさんにご紹介したくて
選曲したのかもしれない。
だからこそ、かつて学生の頃から仲間と考えに考えてきた思い出も半端なく、
常に楽譜に返って、検証し直す。

これが、時代を越えて伝えて行くクラシックの姿そのものであり
常に新しいエネルギーを生み出す源でもある。

しかぁし。非常に疲れる。
よく考えたら、ブラームスがこの曲を書いた年齢より
○年もとしをとっているからか!?

2016年2月25日 (木)

熊取日記⑦

東京さ帰る前に、今日も祖母のところへ。

「潮干狩りがしたいんよね。」

そういえば、この季節になるといつも潮の干満一覧を作って
祖母に渡していました。

80歳ころなんて、瀬戸内で取れた大きな大きなあさりを担いで
東京まで来てくれていたものです。

広島に帰ったらの楽しみでしょうか。

トボトボと関西空港にむかう途中・・・

Star  お?

ラピートβ特別版!Star2

・・・には乗らず、各駅停車で関西空港へ。
空へ飛ぶと、東側に不思議な光が。

Moon

赤いまん丸。
東から昇ったお月さまでした。

東京の空は狭いからなぁ。
しみじみと眺める。

2016年2月24日 (水)

熊取日記⑥

滞在中、お散歩するのが楽しみ。
今回はなんだかいっぱいいっぱいで、今日が初のお散歩。

以前、アローカナ(青い卵を産むニワトリ)に出会った
「アローカナコース」へ。

Ume よい天気sun

柑橘も満載。

Sanpo2

風は冷たいけれど、日差しがやわらかい。
帰ってから自宅周りを散歩してみると・・・

発見!Sanpo3

なぁんと、垣根の外にラベンダーがたくましく。
しかも、いい香りなのだ。

うちにあるラベンダーより、溝ばたのラベンダーの方が
元気に咲いているくらいだ。

たくましいなぁ。

みならって!?、今宵もたくましく練習を続けることに。
今日の最後はブラームスのピアノ四重奏曲。

二人とも、原曲の良さは知っている。
弦楽器のうたい方が耳にも身体にもしみ込んでいるため

「やっぱり、弦楽器にはかなわない。」

が口癖のように出てしまう。
しかし。それではいかんのだ。

本来、連弾の役割として大きなものに
「書いた作品を、みなさんにご紹介する。」
という役割が有る。
例えばオーケストラの曲を、わざわざオケを呼ばなくても
一緒に演奏する事で親しみ楽しんでご紹介するというような役割。

しかし、なぜピアノ四重奏曲を
ブラームスはわざわざ連弾に編曲したのだろう。

そこに、わざわざピアノ連弾で演奏する意味が有りそうだ。

練習を終え、ご飯前にお風呂に。
ご飯を食べると動けなくなるので、熊取では先に入る。
そして、入りながらも牧神の原曲の分析に余念がない。

ピアノで弾きながら疑問に思っていた動きが
少しずつ解明されていく。

ご飯を食べながらも、今度は連弾譜とスコアをチェック。

今日は常夜鍋。
出汁は、日本酒100パーセント。

いい香り。(モチロン、香りとともにアルコールは飛びます。あぁ残念)

明日はいよいよ東京に帰らねばならんなぁ。

2016年2月23日 (火)

熊取日記⑤

レクイエム。書けました。
本番まであと2週間とチョイにしてようやく。

12月に、チラシ制作のためプログラムを決めるとき

「歌詞がなくても、伝えられるかなぁ。」

という不安が頭の中にたくさん。
歌の曲を器楽で演奏するのは、
言葉が語らない分、音にその意味を込めるところまで行かねばならい。
それも、音の減衰するピアノで。

「やろう。」

というセンパイの一言で、背中をおされたようなものだ。

何といっても、特殊な編成。

弦はヴィオラ以下の低弦。
そして、合唱のテノールのあたたかさな響き。

でも、安易に音を上げたくないし、音を足したくない。
狭い音域に、すべてが込められているのをどうしたらよいのだろう。

安易に音を足したくないと思う理由。それは

フォーレが書いた初演当初、5楽章しかなく
オーケストラも
ヴィオラ以下の低弦 ハープ オルガンという編成で、
あとは、
ソロ・ヴァイオリン(サンクトゥスのみ)
ティンパニ(キリエのみ)

という、壮大さとは無縁のもの。

むしろ、やわらかな音色の温かさのなかに
ボーイソプラノとソロ・ヴァイオリンの天使の音の存在があるのだ。

そして、歌詞にも劇的な表現を避けていて、
「ディエス・イレ(怒りの日)」などの審判の日は扱わず
「イン・パラディウム(天国にて)」で音が天に昇っていく。

その後、出版社の要請などで(特殊な編成過ぎるとなかなか演奏してもらえない)
現在演奏される1901年版となるが
あえて、フォーレの本来の考えにたちもどりたい。

そんな、意思で書いていたら
本当に演奏不能な楽譜が出来上がってしまった…

それに、12月から1月の目の回るような忙しさの中で
少しずつ書いていた楽譜は、やはり穏やかさが足りぬ。

熊取で音出しをしつつ、温かな日差しの中で
石田センセという頼もしい相棒のテクニカルに支えられながら
ようやく、完成。

でも、きっと変わっていくだろうなぁ。
なんたって、テンテンとしか書いていないところも有るから!

Requiem

2016年2月22日 (月)

熊取日記④

お帰り!
日差しとともに目ざめる。

アニュス・デイ

今日仕上げるのだ。

そりゃぁ、原曲のままのほうが良いに決まっている。

でも、あえてこのデュオで演奏するのは
大切にしていたいことが有るから。

Requiem aeternam dona eis Domine,
et lux perpetua luceat eis.

太陽が天頂にのぼりきったころ…

「書けた!」

どてっ。(←食卓につっぷした音)

お昼から音出し。

「テノールの声がオルガンとヴァイオリンの中に
包まれているんだけど…」

やはり、石田センセはすごい。
片手に5人くらい住んでいるらしい。

「大丈夫。」

と一言。そのままハイハイと弾いてしまった。

今日は、他の曲も音出ししてみる。
やはり、編曲始めた頃の曲は音並びはかたい。

再び推敲を重ねる。

明日には、すべて書きあげよう。

2016年2月21日 (日)

熊取日記③

今朝は法事。
祖母の13回忌と祖父の33回忌。

保育園に通う頃から、帰るのは祖母の家。
今思えば、まだご飯を炊く薪釜や井戸がお庭にあり、
お手洗いもいわゆるボットン便所。
トイレットペーパーは今は懐かしの半紙のような紙でした。

おじいちゃんとおばあちゃんのおかげで
今が有ります。
改めて、感謝。

夕方。
さらっていると、楽譜がいい色に。

Sunset

いつの間にか、夕暮れ。

Sunset2

金のたこ焼きが・・・

Sunset3

また、あしたねぇ。

さて。

太陽を見送ったところで練習再開。
がんばんべ。

2016年2月20日 (土)

熊取日記②

今日から練習だ!

のはずが・・・

そうです。あんまりにも目が回っていて、
肝心のコンサートのお知らせを、ほとんどしておりませんでした。

石田センセも、全くそこまで頭が回っていなかったというわけで
起きるなり、まずはいただいているお問い合わせにおこたえを。

よく考えると、パソコンもろくに開いていなかったので
メールも600通以上たまってしまい、
携帯のメールも気づいたら100通以上未整頓。

大変失礼いたしました。

順次、お送りさせていただきます。

午後には、祖母の病院へ。

あれ?いない。

「あぁ、久坂さんよく歩く練習されてますよ。」

と看護師さん。
じぃっとするのが苦手なのは、私もしっかり引き継いでいます。

「明日は雑誌をもってくるね。」

と約束をして、帰りには産地直売所で籠城のための食料を仕入れに。
雨のためか少々品薄。

お目当ての「おいしい菜」が無く、しょんぼり。

新タマネギ、春キャベツ、水菜、菊菜、大根、うまい菜、きくいも、青ネギ・・・
そして大量の柑橘!

ヤミ鍋の材料をたんまりと仕入れて、帰宅。


さて、今日はドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」
分析だけで日が暮れてしまった。

今回演奏するのは、ラヴェルが編曲した連弾版。

まず、オーケストラをピアノに置き換える段階で解釈が生じるため
ドビュッシー自身が編曲したピアノ2台版も参考に
オーケストラスコアと見比べて行く。

Debussy

音ならびや強弱などに、かなりの異訳があり
どこに重点を置くかを再確認。

やはり、ドビュッシーのスコアを最優先に、
オケだとどう聞こえるかを考えていく。


気の遠くなる作業だけど楽しい。

2016年2月19日 (金)

熊取日記①

ANA 3821 羽田→関西

今日もいい天気sun

飛び立ったとたん・・・

Yokohama 横浜の向こうに富士山

真横でも・・・

Fuji2 雲一つない!

今日から1週間、熊取滞在。
恒例のサルの調教合宿!?、いえ「連弾合宿」です。

初日はまず、伸び放題になったサルの毛を整え、
夜は、ボッセ先生のお話を。

音楽も絵も文章も・・・
たまたま方法が違うだけで、根本は同じ。
ひとりひとりが持って生まれた使命、個性、
そこから生まれる、心と想像力と。

改めて、音楽の果たす役割、そして
次の世代にどう向き合っていくのかなど
たくさんのヒントとサゼスチョンをいただきました。

ありがとうございます。

2016年2月16日 (火)

日帰り関西

ANA 3823(羽田→関西) SKY 118(神戸→羽田)

東京に居たのは昨日だけで、今日も飛ぶ。

Fuji 本日の富士山

いつものように、神戸に行く前に祖母のところへ。
今日は、泉佐野市のコミュニティーバスで移動のため
バス待ちの間、一戦を交える。

ん~ Hanachan

広島に居た頃から、祖母は頭を使うのが好きで
ゲームも大好き。

「ここで、欲を出すといかんのじゃけん。」

などぶつぶつ言いながら、次の次の次の手まで考え尽くしている。

小さいころから、コテンパンのチョンにされていたが
今日も僅差で敗れました…

春になったら、故郷の広島に帰ることになったとか。
寂しくなります。

神戸のお仕事を終え、夜のフライト。

Jouku

22時過ぎの千葉県上空ですらこの明るさ。

明日は、朝からゲネと本番。

トマトラーメンをがっつりいただき、バタっと眠る。
忙しいようで、久々に心がゆったりの一日。

・・・のような気がする。

2016年2月14日 (日)

秋田の新幹線名物

新幹線といえば、竹輪とビール。

っというわけで・・・

Akita

とんぶり入りかまぼこ、いぶり卵、そして「KOMACHI BEER」
どれもおいしくて、盛岡につくまでにぺろりん。

そいえば、演劇で有名なわらび座での公演にちなんで

Tamezo  為三ビール

浜辺の歌が聴こえてきそうだ。

2016年2月13日 (土)

秋田3日目

羽後町の最寄り駅は、湯沢駅。

ちょうど秋田犬のお祭り「いぬっこまつり」が開催中。

Inuko_2 

本物の秋田犬は、とても大きい。
でも、犬の雪像はもっともっと大きい!

会場には、女川から牡蠣も・・・

Onagawa 頬張る音楽隊note

大きくて、本当にンまい。
海の復興が進んでいるのならとっても嬉しいです。

走り続けた秋と冬。
今日で一区切り。

乾杯!Yupopo


2016年2月12日 (金)

羽後町公演

いい天気です。

Tduo T石デュオ

竹ちゃんマンのマフラーが、この後舞台演出に大きな役割を果たします。

新しくなった湯沢駅で、今野さんの姿を発見!
みんなのお父さんのような大きな存在。
思わずにっこりしてしまいます。

さっそく羽後町名物冷がけそばをいただき

Hiyagake 大好き!

さっそく会場入りして、4時間半ぶっとおしのリハーサル。
オペラハイライトでは、小道具も含め動画を取りながら
動線や演出も入念にチェック。

あっという間に開演時間がやってきてしまった。

~ Program ~

 

第1部

ブラームス : ピアノ四重奏曲第1番 作品25より

第4楽章 「ハンガリー風ロンド」 (連弾版)

 

・ウェルナー : 野ばら

・シューベルト : 野ばら

 

・マスカーニ : カヴァレリア・ルスティカーナより

「アヴェ・マリア」

・カッチーニ : アヴェ・マリア

 

J.ニュートン作詞 讃美歌 : アメイジング・グレイス

 

 

第2部

 

・ショパン : バラード 第1番 作品23

・ヴェルディ : オペラ「椿姫」より

       乾杯の歌(二重唱)

       燃える心を

       さようなら 過ぎさった日よ

       パリをはなれて(二重唱)

 

特別ゲスト:江口順子(ソプラノ)竹内俊介(テノール)

石田多紀乃 原田愛(ピアノ・デュオ)


Tubakihime 背景は西馬音内盆踊りの藍染

今年も温かな空間で演奏させていただき、ありがとうございました!

毎年、羽後町の方々からリクエストもいただき、
それに応えたく、みんなで楽譜を持ち寄り
どんな風に演奏しようか…と頭を寄せ合う仲間に恵まれ・・・

終わってしまうとあっという間で、寂しく感じてしまうほど
楽しく、そしてホッとする時間でした。

いつも、そんな温かな空間と、人のつながりを大切にしてくださる
羽後町のみなさん。

この度も、本当にありがとうございました。
また、お目にかかれますように。

1455525313377  乾杯wine

2016年2月11日 (木)

秋田へ

お昼にパンをかって、東京駅へ。

Komachi

今年も、「はやて」と「こまち」チュー車両に乗って、一路秋田へ。
大曲で下車し、Oomagari←ダブルこまち

そこから奥羽本線に乗り換え、本日の宿泊地横手へむかう。
今年は雪が少ないと聞いていたものの、やっぱり一面銀世界。

Akita  夏は水田かなぁ…

横手はおりしも、かまくら祭りの準備中。

Yokote1 駅前のかまくら

音楽やさんは、おいしいものが好きだ。
着くなり竹ちゃんマンが天然水サイダーを発見してくださり
さらに驚いたことに、「横手焼きそば」のウマい店を
既に事前リサーチをしてくれていたのだ。

ありがとう!

っというわけで・・・・

Kuidoraku  どどんっ
横手焼きそば、牛すじ焼きそば、じゅんさい、馬刺し・・・

ンまい!
明日に向けて、栄養満点。

早々にホテルに帰り、それぞれに明日の準備を。
ソプラノの順子さんは、温泉で歌詞の暗譜に余念がなく、
熱中しすぎて

 くらくら~spa
となっていたとか。
いつも思うけど、歌の人はたくさんの異国の言葉を
どうやって覚えるのだろう。

明日はいよいよ羽後町入りなのだ。

2016年2月10日 (水)

終わった!

12月から続いた本番三昧と学生さんの実技試験。
本日ですべて終了!

授業とレッスン以外、毎日9時前から21時まで弾き続け状態。
ごはんだって、チューニングの間に口に放り込み状態。

本日で終了。

「終わったぁ!」

と叫んでしまった。

が、明日から秋田へ出発。

大好きな羽後町のみなさんに、音楽を届けるべく
夕方から全員集合し、合わせはもちろんのこと、
舞台進行から演出まで、あーだこーだと話し合う。

去年と同じメンバーで行う羽後町公演。
いよいよ明後日。

メンバーみんな楽しみでたまりません!
よろしくお願いいたしまっす。

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ