« 熊取日記① | トップページ | 熊取日記③ »

2016年2月20日 (土)

熊取日記②

今日から練習だ!

のはずが・・・

そうです。あんまりにも目が回っていて、
肝心のコンサートのお知らせを、ほとんどしておりませんでした。

石田センセも、全くそこまで頭が回っていなかったというわけで
起きるなり、まずはいただいているお問い合わせにおこたえを。

よく考えると、パソコンもろくに開いていなかったので
メールも600通以上たまってしまい、
携帯のメールも気づいたら100通以上未整頓。

大変失礼いたしました。

順次、お送りさせていただきます。

午後には、祖母の病院へ。

あれ?いない。

「あぁ、久坂さんよく歩く練習されてますよ。」

と看護師さん。
じぃっとするのが苦手なのは、私もしっかり引き継いでいます。

「明日は雑誌をもってくるね。」

と約束をして、帰りには産地直売所で籠城のための食料を仕入れに。
雨のためか少々品薄。

お目当ての「おいしい菜」が無く、しょんぼり。

新タマネギ、春キャベツ、水菜、菊菜、大根、うまい菜、きくいも、青ネギ・・・
そして大量の柑橘!

ヤミ鍋の材料をたんまりと仕入れて、帰宅。


さて、今日はドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」
分析だけで日が暮れてしまった。

今回演奏するのは、ラヴェルが編曲した連弾版。

まず、オーケストラをピアノに置き換える段階で解釈が生じるため
ドビュッシー自身が編曲したピアノ2台版も参考に
オーケストラスコアと見比べて行く。

Debussy

音ならびや強弱などに、かなりの異訳があり
どこに重点を置くかを再確認。

やはり、ドビュッシーのスコアを最優先に、
オケだとどう聞こえるかを考えていく。


気の遠くなる作業だけど楽しい。

« 熊取日記① | トップページ | 熊取日記③ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊取日記① | トップページ | 熊取日記③ »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ