« 東北へ | トップページ | 太平洋へ »

2016年8月 7日 (日)

文化の町

着いたらどうする?

「冷がけ!」

と、声がそろう。
冬の冷がけ蕎麦もいいけれど、
なんたって今日は35度を超えているんだもの。

正午過ぎに到着。さっそく近所のお蕎麦屋さんに行くと
懐かしいお顔がたくさん!

いつも優しい笑顔でこだわりが素敵なS田さん、
あれ?湘南にいらしたはずの皆のお父さんK野さんも。

わぉ。

広い羽後町なのに、あっという間に
会いたかったみなさんと再会。

おりしも町は「藍と端縫いまつり」を開催中。
国指定重要無形民俗文化財の「西馬音内盆踊り」の実演もあり、
町では、あちこちで家に伝わる衣装を展示してくださっています。

町を歩いていると…

あれ、さっきまで地口と甚句を歌ってらしたA川さんが。

Aizome ←藍染手法を教えていただきながら
すっかり助手をつとめている竹ちゃんマン。

絞りの手法もたくさん教えていただきました。
ありがとうございます。

夜、長年お世話になっているみなさんと
たくさんお話しさせていただきました。

皆さんには、いつも文化の担う役割を教えていただいています。

そのお人柄が私も大好きだった、藍染絞り作家の縄野三女さんが
92歳でなくなられたと。
秋田美人で、お話はもちろんその身のこなしも
「文化を担う」というおかたい姿というよりは、
存在そのものが文化人。

そのような方が育った背景や歴史を伺いながら、
それぞれの立場でしかできない役割 「個性」を
お互いに認め合い、生かし、心豊かに生きていく事が
年齢や立場、職業、そして国境をも越えて
受け継がれていく「文化」の役割なのだということを
羽後町でまたしっかかりと気づかせていただきました。

何より、それを語ってくださるみなさんの温かいこと。
いつもそんな輪に入れていただき、ありがとうございます!

また、元気にみなさんとお目にかかれますように…。

« 東北へ | トップページ | 太平洋へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東北へ | トップページ | 太平洋へ »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <歌って健康!>

     ~三世代でつなぐ声の輪~
     10月20日長野市芸術館

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン