« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月24日 (木)

11月に雪

昨夜の本番帰り、寒いなぁ・・・とは思っていたけれど。

ぬぁんと、都心が朝から雪snow
早めに家を出たものの、積雪もしていない都心が大混乱。
私が乗る電車も25分の遅延。バスも超混み込み!

Senzoku 粒の大きな雪

1限目の授業は、学生さんは電車遅延証明書をもれなく持参。
えらいこっちゃでした。

雪に弱い都心。
それより、せっかくの紅葉が中断されてドサっと落ちそうだ。

2016年11月23日 (水)

勤労感謝の朝

久々に在宅!(あ、夕方からは本番です。)
移動距離の半端ない2週間でした。
ブログも飛んでしまいましたが、
いつものように、少しずつコッソリ書きます。

というわけで、ほとんど家に居なかったためか

今朝はなんだかワクワクして、朝っぱらからスーパーでうこんを買って…

Dsc_1447 キャベツカレー!?

冷蔵庫に長いこと鎮座ましましのキャベツで常備菜を作る。

手がにんにくの香りに染まってしまったので、急遽

Dsc_1448

瀬戸田のレモンで蜂蜜レモン漬けを作る。

なんとなく胃にやさしく、風邪を吹っ飛ばしそうなものを作ってしまった。

さて、たまりにたまった譜読みをばんがる。
次から次へと楽譜が降ってくる、芸術の秋!?

2016年11月22日 (火)

2本のサクソフォン

赤坂見附駅前で富士そばをかっこみ、リハへ。
久々に、赤坂の街中を歩きました…

明日は…

Dsc_1449

塚田くんと大木さんの2本のサクソフォンによるコンサートです。

つい昨日に、初めて楽譜が届いた曲もあり、
まさに、「フレッシュ!」満載。

お二人の誠実なお人柄と、ミュージカル音楽への熱い思いなど
魅力がたくさん。

ディズニーやミュージカル界に私はうといので
原曲を聴いて勉強しているのですが、
言葉のない楽器の方が説得力があるんじゃ?と
びっくりすることも。

~プログラム~
ロッシーニ (編曲 野村秀樹)/ウィリアム・テル序曲より
プーランク/オーボエ・ファゴットとピアノのための三重奏曲
劇団四季メドレー/編曲 野村秀樹



東京公演は既に満席だそうですが、長野公演はまだ大丈夫だそうです!

2016年11月21日 (月)

秋の色彩

都心の木々も、連日の気温差に紅葉が進みました。

Dsc_1446 家の前のバス停にて

急に寒くなると、赤くなることなくドサっと葉っぱが落ちるけど

今年はなかなかきれいだ。

2016年11月20日 (日)

コントラバスウィークその3

午前中、元気な小学生のレッスンをしたのち
今日は、大きな楽器とリハーサル。

コントラバス・独奏シリーズ第3弾。
「江川かぁちゃん組」

今年もいよいよ個性がパワーアップ。
もちろん、腕もパワーアップ。

お互いの良いところを指摘しあい、さらにきわめて…
本番は、12月3日(土)午後。
楽しみです!

そして、夜は…

学生さんと、「延原雑技団」のコンサート。

合わせのたびに、一つ一つ作ってきたものが
本番に音として表現にリアルに広がっていくのが、とてもうれしい。

それにしても、雑技団!

普段、授業の面しかしらない学生さんの
また別の面がみえて楽しい時間。

そう移動距離1500キロの3日間でしたが、笑顔で終了。
みなさま、ありがとうございました。

2016年11月19日 (土)

広島から神戸へ

近所の方からいただいた広島のみかん。

Dsc_1431 パンパン!

むいたとたんこのとおり、はじける。そして甘いのだ。
なので、すぐ傷むとか。

いいなぁ。とってもおいしい。

お昼の新幹線まで、伯母ちゃんと広島カープのマツダスタジアムへ。
市民球場は小さなころから行っていたけれど、
今年大盛り上がりだった新球場には行ったことがなかったのだ。

Dsc_1434
んー!芝生のいい香り。
オフシーズンであっても、朝から芝生の整備がされているのだ。

話にはきいていたけれど、ソファーあり
バーベキュー場あり、いろんな形で楽しめるようになっている。
そして、たくさんのベビーカー置き場。
次の世代を大切にしているのも、カープならでは。

広島ファンは、とっても熱くあたたかい。

近くのローソンだって…
Dsc_1432 ブルーじゃない!

近所のお好み焼き屋さんも、そのお客さんも、
なぜか、ファームの選手から歴代選手までみんな知っている。

すごい…

お金がない分、育てていくことには定評がある球団だもの。
そうなるのも当然か。

後ろ髪ひかれながら、新幹線へ。
今日は初めて、JR西日本営業内で「さくら」に乗る。

Dsc_1442 普通席でも2×2のゆったり。

とっても、外国人が多いのにもびっくり。
車両半分は欧米人だったなぁ。

神戸のレッスンを終えて、最終便で東京へ。

Dsc_1443 スーパームーンも…

だいぶ、欠けました。

さ、ドレスを出さなくては。
明日は、女装!? 挙動不審になる日。

2016年11月18日 (金)

広島へ

ANA671 羽田→広島

真っ暗なうちに家を出る。

Dsc_1429

搭乗のころに夜明け。

上空から Dsc_1430

山のくぼみに雲がたまっている。
地上はどんなふうになっているんだろう。

遠くには日本海。

9時半には広島駅に到着。
午前中はお仕事。

午後には祖母に会いに。

広島カープの応援に懸命だったためか!?
この秋、左頭の細い血管が切れてしまい入院ときいてたれど…

元気元気!

差し入れのちらし寿司を、おやつに食べ
さらに懐に入れようとする。
カープが負けそうになって大黒柱と戦って折れた左肩も
いつの間にやら気にならない様子。
すごいなぁ。

もうすぐ98歳。
いつまでも、元気でヤンチャなおばぁちゃんで居てね。




2016年11月16日 (水)

準スーパームーン

一昨日は、うんじゅうねんぶりの大きな月だったとか。

Dsc_1427

どおりで、面白い色の月が東に…

2016年11月14日 (月)

久々の…

まだ東京に帰ってきた実感がないまま家を出る。
久々にダブル・カメこで東京一の通勤ラッシュを出勤。
一気に、「東京砂漠」にいることを思い出した!

授業にレッスン、合わせを15時半までにぎっしり詰め込んで
いそいそと向かうは…

久々のひかりかがやく楽器のレッスン。

今日は、楽器の主とともにパンチョス+飼い主でうかがう。

楽しい楽しい。
師匠がメンバーひとりひとりのために楽譜をその場で書いてくださり
そして、一緒に演奏もしてくださる。

なんて贅沢なんだろう。そして温かいんだろう…
天界にも届いたかな…

でも実はずっと一緒な気がしてならない!

Dsc_1424 男の包丁さばき!

お手製のポン酢に、紅葉おろし。
こだわりの手料理に、こだわりの温度の焼酎。
お人柄そのもので吹き込まれる命には
エネルギーがたくさん、それでいてホッとする。

温かな夜。

2016年11月13日 (日)

石見へ

帰りの飛行機が、萩・石見空港から。
というわけで、今日は高速のない山陰を大移動なのだ。

その前に…
ずっと行ってみたかった、「足立美術館」へ。
庭園がとっても美しいという。

Adachi

「庭園もまた一幅の絵画である」という
創設者足立全康氏の信念に基づいて、
今もみなさんでしっかり手入れをされているそうだ。

横山大観をはじめ、小林古径、上村松園、平山郁夫などなど
日本の近代現代絵画がたくさん。

日本絵画と庭園の調和。

日本人が大切にしている季節感や、色のうつろい。
そんなことをしっかりと伝えてくださる美術館だ。

午後、いそいそと西へむかう。
本当は、石見銀山や石見神楽をみてみたかったけれど
それはまた今度。

ちゃっかり

Dsc_1418 石見麦酒

を入手。
あ、こういうのもあります。Dsc_1400

今年の逃亡旅は、ちょいと運転の距離はながかったけれど
身も心もおだやかな日々。

Dsc_1417 萩・石見空港

山陰では紅葉がずいぶん進んでいます。
東京も、そろそろ秋色。
さ、帰ったらばんがるのだ。

2016年11月12日 (土)

鳥取

亡くなった祖母は島根出身と聞いていたけれど
祖母から晩年に受け取ったネックレスの箱に

「鳥取県」(旧字で)で書いてありました。

その文字を頭に描きながら、今日は鳥取市へ。

途中に、因幡の白兎で有名な白兎海岸の道の駅で休憩。

話題の…

Dsc_1374 スタバならぬ「すなば珈琲」

そして、

Img_4121 白兎神社で

うさぎ好きのMさんのリサイタル成功を祈る。

さて、今日の目的地は「鳥取砂丘」

Dsc_1378_2

そらも広くて、きもちがよい!

風紋 Dsc_1386

自然が作る美しさに、おもわず見とれてしまう。

砂丘の中にたくましく! Img_4143

すごいなぁ。とてもかなわない。

Dsc_1393

人間は、本当にちっぽけな存在なのだ。

天界のおばあちゃん元気かな…

2016年11月11日 (金)

島根

山陰地方。特に島根はあまり行ったことがない。
須佐と萩、そして船のお仕事で隠岐の島の港に停泊したくらいかな…。

夏に、広島のおじちゃまおばちゃまから
「平成の大遷宮で出雲大社がすごい」とお話を伺ってから
今年のたまった飛行機マイルを使っての秋の逃亡は島根となった。

さぁてと。昨夜は真っ暗ケでわからなかった港町。
夜が明けてみるといたるところに…

Img_4090_2 誰でしょ?

公園も… Img_4093

目玉と妖怪がいっぱい。

境港は、ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんの育った場所。
とにかく3歩歩けば妖怪にあたって楽しい街だ。

郵便局だってこのとおり!

Dsc_1349 郵便局好きおサルはもちろん!中に入ってご挨拶。

そしてお手紙を書いて、目の前で特別消印を。
ここでなくとも、街にある特別ポストに6種の消印をいただけるそうだ。

そこから、まずは出雲大社に向かう。
5つある鳥居をすべて順番にくぐり、

Dsc_1357 どどんっ

ちょうど、旧暦神無月ならぬ「神在月」。
神さまが集まって、すべてのご縁をお話合いされる期間。
今年は11月9日から16日とのこと。

全国の神さまの宿泊所にもご挨拶し、
日頃のご縁に感謝をささげる。

夕方、宍道湖畔の島根美術館へ。
と。
建物に入ったとたん、おじさんに話しかけられる。

「しじみ持ってきた?」

sweat01 なんだなんだ? そして。

「しじみどうぞ。」

と美術館の人に、渡される。

なんでも、美術館の広場にならんだ12羽のうさぎのうち
2番目のうさぎさんにしじみをそなえて、西をむいて(出雲大社方向)
なでると幸せが訪れるそうだ。

これも不思議なご縁。
感謝し、なでなで。

ほどなくして、日没をむかえ…

Img_4104

無言で見送る。

すっかり暗くなり、訪れた松江城も
Dsc_1362

人がほとんどおらず、ゆっくり思いをはせる。


心穏やかな一日。

2016年11月10日 (木)

さぁどこだ!?

授業を終え、羽田に向かう。

18時半に機上の人となった。
・・・にも関わらず、19時15分になっても飛行機はピクリとも動かぬ。

「ただいま、羽田空港の荷物管理システムに不具合が発生し、
すべて手作業で分類を行っております。」

えぇっ!
この飛行機ラッシュの時間帯にすべての荷物を手作業で仕分けを…
えらいこっちゃ。

「当機の荷物をすべて搬入終わりました。
これより重さバランスの計量を終えたのち離陸いたします。」

というアナウンスが流れ、1時間遅れで離陸。

約1時間半後に着いた空港では・・・

Dsc_1345

天井にも…

Dsc_1346

さて、何空港でしょ!?

2016年11月 8日 (火)

ぎっしり!

よる、宅急便のおにいさんが運んできてくださった大きな箱!

ぎぃぃぃぃっと
観音開きを開けると…

Birth_2 ぎっしりeye

わぁお。

いつもありがとうございます!
おかげさまで、まもなく元気に年をとります。

2016年11月 1日 (火)

Kawai Salon Concert in Omotesando No.610

コンサートのご案内です。

Varie

"アンサンブル・ヴァリエ" ジョイントリサイタル Vol.9

~古曽志洋子と仲間たち~

11月4日(金) 19時開演
カワイ表参道 コンサートサロン「パウゼ」

入場料 3,000円

チケット問い合わせ
カワイ音楽振興会 03-3320-1671
カワイ表参道 03-3409-2511

もしくは、直接ハラダまで。


われらがオヤビンの古曽志先生が主宰する
アンサンブル・ヴァリエのコンサート。

今回は、古曽志作品を中心に
声楽・フルート・ピアノ連弾でおとどけいたします。

私はモチロン、飼い主とともに連弾で
先生の作品「こねこのポール」と
フランスの作曲家、シャブリエの狂詩曲「スペイン」
を、演奏いたします。

アンサンブル・ヴァリエのコンサートは、
芝居好きの先生らしい発想からくる「語り入りコンサート」

コンサート前には、きちんと台本が届きます。
(あ、本番ではしっかり台本からはずれます。ハイ)


場所は、おしゃれな表参道沿いのカワイ。
先日10年ぶりくらいに歩くと、表参道ヒルズなど
なんとも、様変わりしていてびっくり。

花金のよる、不思議な古曽志ワールドへ是非!お越しくださいませ。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コンサートのご案内

  • <石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ>

    石田多紀乃 原田愛 ピアノ・デュオ
    12月9日長野県白馬村

  • <Strings Goto & Klavier Ai>

    ~Strings Goto & Klavier Ai~
     12月1日神戸・三宮ピアジュリアン

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ