« 合わせ始まる | トップページ | 海と空 »

2017年2月18日 (土)

弾きこもり

ラヴェルの「スペイン狂詩曲」。
純粋な管弦楽作品としては、彼にとって初めの作品。

ようやく手をつけたものの…

秋田の滞在中に、オーケストラスコアとの照らし合わせを進めていたが
あらためて、ピアノで演奏するとなるとやることが沢山。

色々読んだ文献の中に、
「スペインの作曲家ファリャによると
この曲は、まず4手ピアノ用に書かれた」とあった。
管弦楽曲として書かれたと思っていたので、まずびっくり。

私たちが使用しているデュラン版の楽譜には、
「(もしくは、2台ピアノ)」と書いてある。

そして、彼の楽譜の書き方は、
弾くことよりも、構造を重視した記譜法。
よって、その構造をしっかりと音色にしていくために
どちらの手で、どの音を担当するかを検証しなおさねばならないのだ。

このことで、プリモは一人でも手がモモクレルのに
セコンドも絡むと、いよいよ
脳のまわりにも毛糸がモモクレタような状態に。

お互いの手が上に逃げるか下に逃げるか
さらに、奥に逃げるが手前に逃げるか。

とても、管弦楽版の音色分析が絡む余地がまだない。

2台で弾いたらなんとも無い事も多い。

しかし。

あえて、連弾で取り組むのは本来の役割の一つ
「ピアノ1台あれば、オーケストラを呼べないようなところでも
オーケストラを届けられる。」
を大切にしていたいから。

いつか、「管弦楽版を聴きに行こう!」と思ってもらえたら嬉しい。

夕方。
万歩計が、70歩しか歩いてないことを告げていたので
行き当たりのお散歩へ。

Img_4207 つばさが丘から大阪湾を臨む

送電線が、五線紙に見える。
こりゃ病気か!?

« 合わせ始まる | トップページ | 海と空 »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 合わせ始まる | トップページ | 海と空 »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ

コンサートのご案内

  • <歌って健康!>

     ~三世代でつなぐ声の輪~
     10月20日長野市芸術館

  • <吉田優サクソフォンリサイタル>

    ~吉田優サクソフォンリサイタル~
     10月4日目黒・パーシモン