« 芽吹き | トップページ | 空に向かって »

2017年4月22日 (土)

作曲家と演奏家のはざま

6月2日、デュオの相棒の石田多紀乃さんが
24回目となるソロリサイタル。

もう24年も続けているリサイタル。本当にすごいなぁ・・・
なんて思っていたら。

他人事ではなくなってしまった。

プログラムの中の1曲。

フランクの「プレリュード、フーガと変奏曲」を編曲せよ、と。

ハイ。いつもお世話になっております。やらせていただきます。
というのは冗談で…

この曲に出会ったのは、東京さ出てきて
成城ソルフェージュ研究会に通っていた受験生の時。

たしか、初見の課題として出会った。

初見といっても、すらすら弾くということが目的ではなく
読譜力の発展。

なんたって、オルガンの曲だから立派に3段譜。

とにかく、美しい響きに心から陶酔していたH先生が
持ってきてくださる曲はいつも、
田舎のガサツ育ちのおサルの耳に、なぜか染み込んでいった。

その中でも、この曲は弾いたとたん惹きつけれ、
授業後、必死に楽譜を探した。
ペランペランの楽譜をようやく入手して
ひたすら弾いていた記憶がある。

そんな思い出の曲なこともあって、お引き受けしてしもうた。
えらいこっちゃ。

まずは、資料を。

原曲のオルガン譜はモチロン、
フランク自身が編曲したハルモニウム(もしくはピアノ)とピアノの2台版。

以上を比較検討。
今回のリサイタルではピアノを使用するので、
フランクが、オルガン曲をピアノを使用する曲にしていく過程で、
何を大切にしたかを検証していく。

同時に、オルガンの勉強も必要だ。
楽譜には、使用するストップ(音色を選ぶ機構)の記述があり、
音色や倍音をどう扱っているのかをみていくことで
フランクのが曲の構造をどう考えていたかを検証していく。

オルガンについては、2007年に野平先生が
バッハの平均律を全曲レコーディングした際に、
ストップを扱う立場にあり、なんとしても理解したくて
必死に本を読んだ。

が、フランス式となると…

う~ん。

やること満載。ただでさえ、演奏の譜読みの楽譜でグヂャグヂャの机が

Frank このとおり。

なんたって、リサイタルまであと1ヶ月とチョイだもの。
ホンマ、えらいこっちゃ。

編曲中に考えたことは、また後日。

« 芽吹き | トップページ | 空に向かって »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芽吹き | トップページ | 空に向かって »

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ