« ウィーンのかおり | トップページ | 再び北へ »

2017年8月18日 (金)

コンクール

夏はコンクールシーズン。

日本管打楽器コンクール、サクソフォン部門は
たくさんの人が受けるので、選択曲はまだともかく、
課題曲は伴奏者としては、同じ曲を複数の人と演奏することになる。

非音楽的な状態。

でも、なかなか面白い。

楽譜という遺されたメッセージを、
お一人お一人の人の人生から紡ぎ出る音から
色んな道で読み解くのだから。

そりゃ、おサルのような私にも自分なりのこだわりもあります。

でも。

やっぱり、その人としかできない音楽をみてみたい。

仲間を信頼して、自分の見たこともない世界を見てみたい。

楽譜は一つだけど、妥協なく書ききった譜面からは
色んな解釈ができるから。

そんな思いで、いつも合わせをしている。

今回のこのコンクールでも、学生さんから
プロでご活躍の人まで色んな方々と演奏させていただいたけれど、
同じ答えになることは全くない。

コンクールも、演奏会も、舞台に立ってしまえば
学生であろうとプロであろうと、
先人が遺してくれた楽譜という遺産や思いを
自分のメッセージとして、更に次へ音で伝えていく演奏家。

合わせの過程で、
破天荒にワクワクする時間もあれば、(サルの血がさわぐ。)
基本に忠実になることで作り上げる信頼もたくさん。

コンクールの結果はさまざまでしたが、
だれと過ごした時間も、私にとってかけがえのない時間となりました。

Kanda

評価されるための音楽は無い。
どれだけ、その作品に真摯に向き合ったか。

期間は今日で終わりましたが、
おひとりおひとり、それぞれの思いと顔がしっかりと思い浮かびます。

充実の時間を、ありがとうござりました!

さ。管打はあと、オーボエ部門。
楽しみたのしみ。

« ウィーンのかおり | トップページ | 再び北へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウィーンのかおり | トップページ | 再び北へ »

コンサートのご案内

  • <第45回 つくしコンサート>

    ~第45回つくしコンサート~
     6月9日静岡県御前崎

  • <フォルテピアノとモダンピアノ>

    ~フォルテピアノとモダンピアノ~
     5月12日(土)富山県砺波市

Discography

  • 石田多紀乃&原田愛 Piano Duo
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

フォト
無料ブログはココログ